[CML 022468] 【報告】第657日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 2月 5日 (火) 07:29:12 JST


青柳行信です。 2月 5日。

本日、● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:2月5日(火)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
議題:さよなら原発!3・10福岡集会
ホームページ http://bye-nukes.com/fukuoka 

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第657日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 2月4日現在 総数2718名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
   
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
今日は だいぶ暖かだったですね。
少しずつ春に近づいているような気がします。

ニュースは 腹の立つことばかりです。
東電に3兆円を超える額を つぎ込むとか、北陸電力が 高校生に
原発の安全教育をやったとか、原子力規制庁の幹部が 資料を原発側に横流し
するとか。 いったい 日本の社会は どうなっているのかとあきれることばかりです。
3.10に向かって 大きなうねりを作っていかないと、日本はがたがたになってしまう
のではないかと危惧しています。
あんくるトム工房
東電に 3兆円をつぎ込む  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2268

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆「放射能笑う門には入らぬ」と「神風」神話を九州に撒く(左門 2・5−193) 
  ※九電のアナクロニズムは桁外れですね。第2次大戦中だって庶民は
    見抜いていました。とはいえ、「原発安全神話」を3・11までは信じ
    込まされていたんですから・・・・。街頭で、ラベル投票してみたら? 

★ 南方新社 梅北 さんから:
  木村朗編 『九州原発ゼロへ、48の視点』
http://www.nanpou.com/book/bok_364.html
<青柳コメント:九電本店前ひろば・テントにも50冊あります。>

★ 木村幸雄 さんから:
2月3日の大津のキリスト教会で行われました
小出裕章さんの講演会「原子力と命のあり樣」がユーチューブにアップされています。
ぜひご覧ください。
 http://youtu.be/5ffFvdoEqWU

「原子力と命のあり樣」と題して講演された小出さんは、
原子炉は、当初、核兵器を製造するために作られたもので、
決して原発のために開発されたものではない、それは現在も同じ役割を果たしていることを強調され、
子どもが、放射能に感受性が高いことから、子どもの命を守ることが、
原発を利用することを決めた大人の責任であると。
そして、騙されたとはいえ私たちには、騙された者としての責任があることを強く指摘され、
自民党政権になった現在、二度と騙されないように訴えられた。(話された内容のほんの一部です。)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も規制委をめぐるネットの記事からはじめます、
1.「公開質問直後も個別面談=日本原電が名雪元審議官と−資料漏えい問題」時事通信02/0417:10
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013020400537 
記事「・・・同社は4日、原子力規制委員会の判断を不服として公開質問状を提出した昨年12月11日、名雪氏と個別面談していたことを明らかにした。・・日本原電は4日、活
断層の可能性が高いと判断された昨年12月10日以降、名雪氏と個別面談した回数もこれまで5回としていたが、7回だったと訂正した。」
次の記事では、会った回数が8回になっている・・・、
2.「原電が訂正、接触頻繁に 前審議官ほかに3回面会」 西日本2月4日 20:12
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/346677
記事「・・・日本原電によると、市村泰規常務は昨年12月1〜2日の現地調査の翌3日に、規制庁の名雪氏にあいさつの名目で面会した。同月中に計5回、年明け以降も計3回、
面会していた。」
3.「元審議官、特別な意図否定=「裁判の準備書面みたいなもの」−原電への資料漏えい 」時事通信02/04-10:35
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013020400156
記事「日本原電の求めに応じて渡した評価書案に関して「裁判の準備書面みたいなもの」と表現。「いきなり評価書を渡されても(日本原電が内容を理解できないため)議論がかみ
合わない」と自らの行為を正当化した。・・ただ、評価書が公表された1月28日の会合に日本原電は招かれていなかった。名雪氏は『私の中では、会合に出席すると思っていた』
と話した。」
・・・居直りです、原子力ムラは再編されたに過ぎない・・・・。
4.「原発事故緊急対応拠点 移転遅れ 復興予算の凍結が影響」東京新聞2月4日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013020402100007.html
記事「原発事故時の対応の中枢となる『緊急時対応センター(ERC)』を旧経済産業省原子力安全・保安院(東京都千代田区霞が関)から、昨年九月に発足した原子力規制庁(港
区六本木)に移転させる作業が遅れている。新しいERCは規制庁が入るビル四階の委員長室のすぐ下の三階に入る予定で、迅速な対応が期待されている。・・・・・・昨年十二月
七日に発生した地震では東北、関東地方で震度5弱、福島第二原発で二四センチの津波を観測した。規制委の田中俊一委員長らは六本木の規制庁のビルから車で現在のERCに駆け
つける事態となり、地震発生から約二十分後に到着するなど時間がかかった。」
・・・これもおかしな話です。なんということでしょう。今事故が起きれば、・・・どういう事態になるんでしょう?
次に、東電をめぐる記事、
5.「東電支援、総額3兆円超=賠償増で7千億円追加―13年3月期、赤字拡大へ」時事通信 2月4日(月)20時1分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130204-00000058-jijc-biz
記事「東電は2012年5月に認定された総合特別事業計画で、賠償金の総額を2兆5462億円と算定していた。今後、不動産の賠償が本格化し、支払額が想定を上回る見通しとなったこと
などから、13年1月に追加支援を申請。変更後の事業計画には、民法上の時効(3年)にかかわらず、東電が被災者の賠償に応じることも盛り込まれた。・・・また東電は4日、13年3
月期の連結業績予想を下方修正した。火力発電で使う液化天然ガス(LNG)などの輸入費用が円安で増えており、燃料費は前期より2割多い約2兆8100億円と過去最高に達する。このた
め、純損益の赤字は従来予想の450億円から1200億円に悪化する。
原賠機構の川端和治運営委員長は4日、記者団に対し、総合特別事業計画について「いずれ進められなくなる」と述べ、抜本的な見直しが必要になるとの認識を示した。」
6.「環境省、東電の入札延期を要請 石炭火力増設で」東京新聞2月4日 20時08分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013020401002073.html
記事「石炭火力は他の火力発電と比べて燃料費が安い半面、二酸化炭素(CO2)の排出量が多いとされ、地球温暖化への影響を環境省は懸念している。・・・温暖化対策と電力需
給の安定、どちらを重視するかをめぐり政府内の意見対立があらわになった。」
7.「吉田前所長の聴取記録押収=事故調から原発捜査で−検察当局」 時事通信02/0411:18
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=201302040021802/0410:35
記事「吉田前所長が体調不良で聴取に応じられないためだが、責任追及を目的としない事故調の記録を捜査に使うのは異例。」
・・・・・かなり厳しい容態のようです、何もかも隠さず話してほしいですけどね。
さて、自民党が動きを始めました、
8.「エネルギー調査会が初会合=自民時事通信02/0414:46 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013020400412
記事「自民党は4日、資源・エネルギー戦略調査会(山本拓会長)初会合を党本部で開いた。細田博之幹事長代行は『原発を動かさないと日本経済はやっていけない』と早期の再稼
働を主張。他の出席者も、原子力規制委員会について『原子炉の設計の専門家が一人もいない。必要な専門性を備えているのか』と疑問を呈するなど、再稼働の見通しが立たない現
状への不満の声が目立った。」
・・言いたい放題・・。
次に、被災地フクシマの記事、
9.「除染作業で元請け18社に要請=適正な被ばく管理など−福島労働局」時事通信02/0420:56
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013020400843 
・・・・・・要請?、こんなときこそ命令でよいのではないですか。なにかがおかしい・・・。
10.「5日、和解仲介申し立て 伊達・勧奨地点非指定の1000人」福島民友(02/04 09:50)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0204/news6.html
記事「東京電力福島第1原発事故に伴う特定避難勧奨地点の指定を受けなかった伊達市の住民約1000人は5日、東電に指定世帯と同等の賠償実施を求め、原子力損害賠償紛争解
決センターに集団で和解仲介を申し立てる。原発被災者弁護団によると、請求総額は20億円規模に上る見込み。・・・集団で申し立てるのは、同市霊山町の小国と石田、月舘町・
相葭(あいよし)の3地区の住民。東電には、指定世帯が受けている精神的賠償と同等の1人月額10万円をさかのぼって賠償するよう求める。」
・・・・線引きが県民を分断させる・・・・。
11.「双葉町民『何のための選挙』町長辞職で争点喪失」福島民友(02/04 09:20)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0204/news3.html
記事「全町避難の中で行われた2011(平成23)年11月の前回町議選から、まだ約1年3カ月。当選議員が町長選にくら替え出馬すれば落選者の繰り上げ当選の可能性も高
く、実質的に落選者の出ない選挙に町民からは「何のための選挙か」と疑問の声が上がった。」
12.「双葉町議8人決まる 町長選は新町議で調整か 選挙戦は濃厚」福島民報2月4日 08:59
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201302046428
記事「今回の町議選で当選した伊沢史朗氏(54)と岩本久人氏(55)を候補者に推す動きがあり、今後、新町議間で調整が進められる模様だ。既に元町議の尾形彰宏氏(54)
が立候補の意思を固めており、選挙戦となる可能性が高い。・・・候補者を新町議の中で1人に絞るべきという意見もあり、両氏がともに立候補するかどうかは流動的な面もあ
る。」
・・・選挙でもめている場合ではないが、じっくり今後の対応を取り組める体制をしっかりとつくれるとよいが、拙速な方針を出すようね町長は選ばないこと祈る、でも無理かな。
次の記事は、検索してゆっくり読んでほしい、
13.「【国策への異議1】司法判断に悔しさ 訴え続けた不安現実に」福島民報2月4日02/04 10:34
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/02/post_6147.html
記事「・・・東日本大震災と原発事故から間もなく2年を迎える。町外に避難した檀家(だんか)18人が自宅に戻れないまま、他界した。季節がめぐる中で、墓地には草が生い重
なり、そして枯れた。墓地の除染は、まだ始まっていない。寺の本堂には、納骨できない遺骨が安置されている。」
・・・・避難者の苦悩・・・・。無念な最後を迎える。

今届いた西日本新聞朝刊では、一面に次の二つの記事があります、
14.「東電支援、3兆2千億円超に 経産相が事業計画見直し認定」西日本電子版02月04日 22時06分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12053/1/
次の記事、紹介するのもなんですが、
15.「九経連 松尾会長続投へ」西日本電子版02月05日 03時00分 更新
記事「松尾氏は、一連の「やらせ問題」の責任を取る形で昨年春に九電会長を退任しており、去就が注目されていた。今春の理事会で内定し、6月の総会で正式決定する。
九電トップが独占してきた九経連会長ポストをめぐっては、松尾氏は『九電の指定席ではない』と公言。九電以外の地場大手企業首脳の登用も具体的に検討されたが、固辞されて断
念。さらに、原発停止に伴う経営悪化で、九電は33年ぶりの電気料金値上げを国に申請しており、松尾氏の後任に就いた貫正義会長(68)が九経連会長を引き継ぐのも利用者な
どの理解が得られないと判断したもようだ。松尾氏は九電社長を2003年から4年間務め、07年6月から会長。12年4月に相談役に退いた。九経連会長は09年5月に就任し
た。」
・・・再稼動問題が経済界の一番の懸案だから誰もなりたがらない・・・・。
6面に社説、
16.「原発安全基準 走りながら考える危うさ」
社説検索⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/
・・・・その通りです。7月を目指して、毎日長時間の会議で進めていることの“違和感”には同感です。
12面経済欄、
17.「環境省、東電の入札延期を要請 石炭火力増設で」西日本電子版02月04日 21時50分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12054/1/
18.「東電、赤字1200億円 3月期予想」
22面福岡ワイド欄、
19.「福津にメガソーラー 4基中の1基、運用開始 年内フル稼働」西日本電子版02月05日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12079/1/%83%81%83K%83%5C%81%5B%83%89%81%5B%20%95%9F%92%C3/
・・・・昔塩田、いまメガソーラー、太陽を当てにするのに変わりない。
27面社会欄、
20.きょうの九電の「でんき予報」は、85%とあります。

★ 清重伸之(東京都東村山市)さんから:
青柳さま
昨日は「岐阜県多治見市から 核融合実験の危機」の転送情報を掲載して下さ
り、ありがとうございました。いつも貴重な情報を感謝しています。お体大切に
おすごしください。
私の友人が運営するブログです。
↓
さよなら原発@東村山
http://de1014.blog.fc2.com/

★ 吉田典子 さんから:
「総理総裁たる方は、徹底的に庶民になりきっていただかなければならない。
庶民と隔絶した意識と生活の中からは、庶民の納得のゆく政治ないしは庶民の協力が得られる政策は生まれてこないと思います。
飽食暖衣、自らは安逸を貪りつつ、国民に向かって耐乏や節約を求め、国民の努力を要求しても、それは空念仏になることでありましょう。」
昭和35年7月、総理に就任した故池田勇人に、故大平総理が言った言葉です。
九電には、瓜生さんと役員に、同様の事を言う側近は、いないんでしょうか。
役員報酬三人前8600万円と聞いて、電気代の値上げを承知する庶民は、おりません。
役員が、庶民並みの生活をするだけなら、当然、痛みを耐えているとも言われません。
それでも、高給取りが庶民並み生活を経験すれば、少しは考えが変わるかも、と庶民は期待してみたりするんですが。

★ 松岡 さんから:
<book13-12『若者のホンネ/平成生まれは何を考えているか』(香山リカ)>
香山リカ著『若者のホンネ/平成生まれは何を考えているか』(朝日新書)を読
んだ。「平成生まれの若者は何を考えているか」とサブタイトルにあるように、
精神科医であり、大学教員である香山さんが付き合ってきた若者のリアルな像、
ホンネを書いた本である。たとえば、最初の章を引けば、マイブランド、SNS
疲れ、ゲーム中毒、クルマばなれ、環境にやさしい、医療不信、情報ソース、愛
されキャラであり、私の時代とは違う若者像が描かれていて、大変おもしろい。
私も大学で、前期は18歳、後期は20歳の若者と接していて、彼らは周囲を気
遣い、やさしくて、またややさびしげで、孤独でもあるように感じる。香山さん
は「あの頃の私と比べると、彼らはとても素直で従順、ヒネくれたところとか反
逆的なところがきわめて少ない。しかし、誰かの言うなりというわけでなく、一
生懸命、自分の身の回りのことや社会のこと、世界のことに対峙し、『そこで自
分には何をできるか』と考えている。そして、なんといっても彼らはとてもやさ
しくて(後略)」(あとがき)と言われる。わたしもそのように感じる。この本
の視点を参考に彼ら、彼女らのことを考えてみようと思った。

<目次>
まえがき
1章 ”今どきの若者”の気持ちを知る!
2章 誰にも言えない心とからだの悩み
3章 大人が知らない最近の恋愛事情
4章 若者が関心のある社会とは
5章 いったい若者は何を考えているのか
あとがき 

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:2月5日(火)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 3・10福岡集会とサウンドデモ  
 日 時:3月10日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
住 所:福岡市博多区上川端町
    地図:http://tinyurl.com/6rr76od
主 催: さよなら原発! 3・10福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう! 九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
ホームページ http://bye-nukes.com/fukuoka 
賛同カンパ送り先:郵便振替 番号 01770−5−71599
加入者名 さよなら原発! 福岡
賛同金一口 500円(何口も可・大歓迎)

↓↓↓↓ツイッター用告知文↓↓↓↓
【拡散】さよなら原発3・10福岡集会/3月10日(日)14:00集会開始@福岡市・
冷泉公園(博多区上川端町)http://bye-nukes.com/fukuoka 打楽器募集!太鼓など
買わなくても、金属片(フライパンやスチール缶等)とスプーンさえあれば、サンバ
風な楽器に。
…ツイッターやFaceBookなどでもぜひ拡散をお願いします!

● 原発労災・梅田隆亮さん第5回口頭弁論 ●
日 時:3月13日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(1748)当座26149691

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
<facebook、twitter、mixi、ホームページ、メルマガ、ブログ等で拡散よろしく>
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内