[CML 022452] 【報告】第655日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 2月 3日 (日) 08:30:48 JST


青柳行信です。 2月 3日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第655日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 2月2日現在 総数2718名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】2月2日1名。
   佐藤大介
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
また、北海道で大きな地震があったとニュースで伝えています。
原発のプラントのそばで起こる危険性を考えると、とても心配です。
配管にひびが入れば、また、大きな事故につながります。
原発は今すぐ 廃炉に向かうべきです。
昨日、長崎の漫画家 西岡さんが福岡で講演されたそうです。
原発のことを 真剣に考える方が 着実に増えています。

あんくるトム工房
また、大きな地震です。 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2263
文化ホールをなくさないで http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2262

★ 吉田恵子(佐賀県唐津市)さんから:
青柳さん、メールありがとうございます。
私も、勝連さん(熊本在住)同様、今日は青柳さんたちにあい
さつとお礼を言いに行こうと思っていたので、勝連さんが、「今から青柳さんのテン
トに行きます。」と言われたとき、とてもうれしかったです。
本当に、いつも貴重な情報をありがとうございます。
毎日のメールに、はげまされています。
正確な情報なので、意見をいうときの根拠としても重要です。
 今、安倍政権が、まさに日本国憲法を明治憲法のように変えようとしています。国
家機密法までできたら、真実を知ることすら難しくなり、人権が守られない国になっ
てしまいます。原発の放射能からみんなを守ることも難しくなります。
 そうならないよう、子孫のためにも、原発問題をみんなで考える取組と、日本国憲
法を守る取組、国家機密法を制定させない取組をしていかなければと思っています。
これからもよろしくお願いします。

★ 坂井貴司 さんから:
 嫌なニュースばかりが続いて気分が滅入りますが、これはおもしろい!と言え
る番組が放送されます。
 
NHK教育ETV特集
「音で描く賢治の宇宙〜冨田勲×初音ミク 異次元コラボ〜」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2013/0203.html

放送日:2月3日(日) 夜10時
再放送:2月10日(日)午前0時50分(土曜日深夜)

 作曲家、冨田勲さんは、宮沢賢治の世界を音楽にした「イートハーブ交響曲」
を完成させました。少年時代、自分自身も大地震に遭遇した経験から、東日本大
震災の被災地に思いを込めた曲です。
 
 この交響曲を、富田さんは、なんと合成音声で歌うバーチャルアイドル「初音
ミク」に歌ってもらうことにしました。
 歌詞を入力して歌わせるソフトのアイドルである「初音ミク」は、アキバ系を
越えて世界的な人気を博しています。CDが数多く発売され、コンサートまで開
かれています。
 その「初音ミク」が、宮沢賢治を歌うのですから、これはおもしろそうです。

★ 石垣敏夫 さんから:
   [脱原発・埼玉:4798] 加藤寛氏の『原発ゼロ!』アピ−ル 転送します。
千葉商大名誉学長の加藤寛氏が死去 政府税調会長務める 教え子に小泉元首相ら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130201-00000545-san-bus_all

慶応大の加藤寛と言えば〜若くない人(汗)はよくご存知ですね〜〜
歴代自民党政府の経済顧問にして臨調・国鉄民営化を推進した新自由主義の権化。
その加藤寛氏が、昨年あの「城南信用金庫」の〜
【「原発に頼らない安心できる社会」を目指すシンクタンク「城南総合研究所」】の
名誉所長になって〜「新自由主義でも脱原発」のアピールを出していた。
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121114/1352835805

慶大の教え子である小泉純一郎は「原発ゼロ」を主張しているが、
こちらも教え子竹中平蔵は〜沈黙している。

加藤寛氏のアピール
  @@@@@
『ただちに原発をゼロに! 国民の手に安全な電気を取り戻し、日本経済の活性化を実現しましょう!!』
 原発はあまりに危険であり、コストが高い。ただちにゼロにすべきです。
原発がなくても日本経済は問題ないことは今年の原発ゼロですでに実証されています。
火力発電だけで電力は十分に供給可能です。

 燃料費がかかると言いますが日本の経常収支は黒字です。
仮に赤字になっても、為替レートで収支は調整されるので全く問題ないのです。
それに為替レートが円安になれば国内企業にとっては輸出競争力が高まり、
かえって経済の活性化につながるのです。

 松永安左エ門のつくった9電力体制は、地域分割で独占の弊害を是正しようとしたものですが、
今では、政府と癒着し、利用者を無視し、さらに原子力ムラという巨大な利権団体をつくってマスコミ、
そして国家をあやつるなど、独善的で横暴な反社会集団になりさがっており、
独占の弊害が明らかになっています。
これを公共選択論という経済学では、レントシーキング(たかり行為)といいます。
かつての国鉄は、独占を排除し分割民営化により、利用者や国民を向いた経営に転換しました。

 太陽光や風力、地熱、バイオマスなどの発電技術、LED、エコキュート、
スマートグリッドなどの節電技術、さらには蓄電器などの蓄積技術などにより、
電力の技術革新も急速に進み、地産地消や新たな配送方法が発達することが予想されます。
こうした技術革新の中で、そもそも、原発に依存したこれまでの巨大電力会社体制も、
近い将来は、時代遅れになり、恐竜のように消滅すると思われます。

 このまま「古い電力である」原発を再稼働しても、決して日本経済は活性化しません。
むしろ脱原発に舵を切れば経済の拡大要因になる。
中小企業などものづくり企業の活躍の機会が増える。
新しい時代の展望が開ければ新しい経済が生まれる。
脱原発は新産業の幕開けをもたらし景気や雇用の拡大になる。
経団連が雇用減少というが、脱原発は雇用拡大です。

 その意味でも、ただちに原発をゼロにすべきです。
そしてかつての国鉄改革のように、電力の独占体制にメスを入れて、発送配電分離はもちろん、
官庁の許認可に頼らない、真の自由化を実現し、
国民の手に安全な電気を取り戻し、日本経済の活性化を実現しましょう。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、気温もあがりすごしやすい快晴の天気でした。きょうも継続するようです。
さて、今朝は、被災地フクシマの様子からはじめます。
地方紙-福島民友では毎日の“お悔やみ欄”が原発事故から一年半を過ぎた昨年夏頃からそれまで1〜2段だったのが7〜8段になったということを最近現地の方からお聞きしました、
実際に新聞も送ってもらって確認しました。震災以後、避難のストレスなどで死者が増加、先の見えない避難生活での絶望が死を加速視していると思われます。一方で、放射線の影
響での若い人の突然死も増加していると予測されますが、これは証明するものがないと統計に上げられないかも知れな.い、被災地はいかんともしがたい事態が進行しています。
1.「原発関連死 国、県の対策進まず 検証チーム編成未着手復興庁の対応遅れ」福島民報2月2日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/02/post_6123.html
記事「・・・・・東京電力福島第一原発事故による長期避難に伴う本県の「原発関連死」の対策が進んでいない。平野達男前復興相が明言した関連死の国と県の検証・対策チームの
設置はいまだに実現しておらず、関連死を防ぐための対策や工程などは示されていないのが現状だ。・・・・復興庁は『緩やかに連携しながらデータの分析、検証を進めている』と
しているが、避難者からは『一刻も早く検証し、対策を打ち出すべき』と批判の声が上がっている。・・・・県によると31日現在の津波や地震による直接死は1599人、関連死
は1270人。」
・・・・・・県の発表している数字は少なすぎると思う。さいたまスーパーアリーナに避難している福島県双葉町からの避難者総数は、約1200人167名もの方が亡くなっている、との
情報もあります、また、過去に次のような記事もありました。
1’.「震災県内死3000人超す 関連死1184人 検証・対策チーム発足まだ」福島民報12/07 09:16
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201212075311
記事「東日本大震災から1年9カ月となるのを前に、震災による県内の死者は6日午後5時現在、3004人に上り、3000人を超えた。震災と東京電力福島第一原発事故に伴う
避難生活による体調悪化や過労、自殺などで亡くなった「震災関連死」が1184人と全体の約4割を占める。復興庁は避難の長期化が影響しているとみている。」
次の記事が事態の深刻さ伝えています、
2.「福島で心のケアシンポ 『以前より深刻に』」共同通信2月2日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news04/2013/02/post-8095.html
記事「・・・代表理事で前岩手県宮古市長の熊坂義裕さんは、内科医として日々被災者と向き合っていて、『最近は“未来に希望が持てない”と話す被災者が増え、悩みが深刻に
なってきた』と指摘。『心の基本となる生活基盤再建のため、経済的支援が必要』と訴えた。
次に、地方紙-福島民友では、
3.「津波被害農地、転用許可が不要に 集団移転促進」(02/02 08:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0202/news1.html
記事「東日本大震災で津波被害を受けた沿岸部の防災集団移転で、政府は1日までに、市町村が移転促進区域内で被災宅地周辺の農地を買い取る場合に限り、農地転用許可を不要と
する方針を固めた。現在は農地転用のため市町村が土地利用計画を定める必要があるが、被災者から買い取る農地の区域を事前に明確にできないため計画策定が難しく、集団移転の
支障になっている。31日に決まった金融機関の被災宅地の抵当権放棄と併せ、集団移転を進める総合的な対応が動き出した。」
4.「目立った実績見えず 『東電復興本社』1カ月」(02/02 09:55) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0202/news9.html
記事「・・・賠償の迅速化や除染、地域支援の拡充を進めることを目的にしているが、いまだ目立った実績は見えず、被災者からは厳しい視点が向けられている。」
・・・やはりそうだろう、ポーズだけ・・・。次もその二の舞になる可能性大、
5.「『福島再生総局』発足 効率的活動で復興加速化」(02/02 09:55)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/0202/news8.html
6.「がれき撤去作業開始 原発20キロ圏初、推計47万トン」(02/02 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0202/news10.html
・・・・こんな地域で“除染”、一体いまなぜ必要なのか、作業者の被曝対応は考えられていないし、放射能を帯びた巨大な山があちこちに出現する結果を招く・・・・。
7.「鮫川の『堆肥センター』稼働へ 原発影響で見合わせ」2月2日
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0202/news7.html
記事「・・・・村は1キロ当たり8000ベクレル以下の一般廃棄物の原料を使用し、化学肥料を減らした農産物を販売することで農家の所得向上、農業振興につなげたい考え。
村は原料に放射性物質が付着していないかなどを検査し、安全を確保した上で、この堆肥を使った農産物のブランド化を目指す。」
・・・放射性物質の拡散が広がる・・。
8.「規制委の動きに対して、警鐘、 原発新基準 議論は狭く拙速 専門家 “規制委の監視必要”」しんぶん赤旗2月2日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-02/2013020214_01_1.html
記事「現在進められている原子力規制委員会の原発新安全基準づくりの議論は範囲が狭く拙速―。東大名誉教授の井野博満さんと元原発技術者の後藤政志さんら専門家が1日、国会
内で記者会見し、新基準づくりを批判しました。・・・井野氏は『原発の安全対策は可能なものは全て行うのが前提」と強調。中央制御室が機能しなくなった時に設置する「特定安
全施設』が規制委の案では『更なる信頼性の向上のため』とされているのは『すぐには設置しなくていい』ということになると指摘しました。また、井野氏は規制委が「独立した2
系統の電源確保が必要」としていることに電力会社が2系統つくるのは困難だと、対策を値切ろうとしていることを批判しました。後藤氏は、新基準骨子案で原子炉の排気(ベ
ント)施設にフィルターを設置するとしていることに対して、格納容器を大型化し放射性物質を閉じ込めるという対策が本筋で、“最初にベント(排気)ありき”はおかしいと強調
しました。規制委の新基準案への国民への意見公募期間が2週間とされることについても、『あまりに期間が短い。国民の監視を強める必要がある』という発言が相次ぎました。」
・・・明らかに再稼動を目指しての拙速な作業です。
電力関連記事、
9.「電力の発送電分離は4〜6年後 経産省専門委の報告書案」西日本電子版02月02日 11時39分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12002/1/
記事「電力システム改革を議論する経済産業省の専門委員会が、電力会社の発電部門と送配電部門を切り離す『発送電分離』の時期を『4〜6年後(2017〜19年)』と報告書
案に明記する方向で調整に入ったことが2日、分かった。」
・・・昨日の夕刊で記事がありました。  
10.「主要な火力発電所、地震高確率地域に6割 朝日新聞調査
⇒http://www.asahi.com/national/update/0202/TKY201302020223.html
記事「・・・国の地震調査研究推進本部が昨年12月に更新した地震動予測地図を使い、電力会社や特定規模電気事業者など計16社が持つ出力100万キロワット以上の火力発電
所64施設の設置状況を調べた。その結果、人や建物に被害が出る可能性が高まる震度6弱以上の地震の発生確率が30年以内に『26%以上」』とされる地域に40施設が立って
いた。「50%以上」の地域でも33施設にのぼった。」
九州の原発をめぐる記事、
11.「離島住民ら避難訓練=玄海原発の事故想定−長崎」時事通信2月2日
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013020200113
記事「隣接する長崎県と県内7市町は2日、原発から半径30キロ圏内の離島などの住民の避難訓練を実施した。自衛隊や海上保安庁も参加してヘリコプターや船も使用。7島の住
民の一部約130人が同県佐世保市などに避難した。訓練は玄海原発2、3号機で電源が失われ、放射性物質が放出されたと想定。56機関計約1500人が参加した。」
・・・迷惑な話です。

さて、今朝の荷に日本新聞では、発送電分離関連の9.の記事が2面に、11.の記事が26面社会欄にあります。
11’.「玄海原発30キロ圏で防災訓練 長崎県北部4市 最多の1500人参加」 西日本2月3日 00:08
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/346428
12.きょうの九電の「でんき予報」は、85%とあります。

★ 清重伸之 さんから:
 <岐阜県多治見市から 核融合実験の危機>
友人のみなさまへ
岐阜県の大島さんと言う方からの情報を転送します。
ご一読の上、どうぞ署名にご協力ください。

初めまして、突然のメールにて失礼致します。
私は、岐阜県に住んでおります大島と申します。
原発に反対していまして、どこかの団体等には所属せず、
個人的に署名集め等をしております。

岐阜県内で、もうすぐ「核融合実験への同意書の調印」が行われます。
核融合により発生させるエネルギーは、
原発に代わる新しいエネルギー源として狙われています。
※既に御存じでしたら申し訳ありません。

「核融研の重水素実験、地元同意へ 年度内にも協定」
http://www.asahi.com/national/update/1120/NGY201211200005.html

「正しい情報を探すブログ」
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11454085216.html

9分30秒の辺りから2分間、小出弘章先生が核融合の危険性と将来性について明言
して います。
2011年12/1(木) 大阪毎日放送ラジオ 小出裕章氏 音声12分
http://www.youtube.com/watch?v=uu31ANx5cyc&feature=player_embedded

2013年1月18日岐阜県知事への申し入れ書
http://rengetushin.at.webry.info/201301/article_16.html
※下記引用です
核融合研は「公正中立な第三者の専門家、市民」から構成されている安全評価委
員会で、重水素実験の安全性が確認されたとしています。(中略)
しかし、この安全委員会の委員16名について調べたところ、核融合推進の専門
家が5名、原子力を推進してきた専門家が5名含まれています。すなわち、委員
の過半数を超える専門家は核融合研の理解者で占められており、重水素実験の安
全確認は既定の結論でした。さらに、委員のなかには、核融合研の重要事項を審
議・決定する核融合研の運営会議のメンバーである人さえいます。「公正・中
立」とは名ばかりです。

周りに気付かれない様静かに進められてきた為、
大変な事態にも関わらず、 県内外、地元ですら認知度が異常に低いです。
署名集めも困難な状況となっている様です。
その為、原発に反対なさっておられる各団体様、個人様等に
この様に失礼ながらもメールを送らせて頂いております。
お忙しい中本当に恐縮ですが、
どうかどうか、お名前一つでも力をお貸し頂けませんでしょうか。

もしもお力添え頂けますようでしたら、本当に恐れ要りますが
下記HP等から署名にお名前を頂けましたら幸いです。

多治見を放射能から守ろう!市民の会
(署名用紙、一般市民向けのチラシ等があります)
(署名用紙の「多治見市」は二重線で消して頂ければ他県、他市の方でも良いそ
うです)
http://t-mamorou.digi2.jp/index.html

集めて下さった署名は、下記へお送りください。
 ↓
〒507−0077
多治見市幸町6−26−19
「多治見を放射能から守ろう!市民の会」 井上敏夫 0572・29・1096

突然のメールにてこの様な失礼をどうぞお許し下さい。
私も一市民として、出来る事ひとつひとつを模索中です。
なにとぞ宜しくお願い致します 大島

★ 竹森@排外主義にNO!福岡 さんから:
  <2.9排外主義にNO!福岡 公開学習会のお知らせ>
終わらない戦後を問い続ける
   ー安倍政権はなぜ復活したのか?ー
朝鮮学校の無償化排除そして福岡市の補助金廃止を考える
 
2009年末の京都朝鮮学校への「襲撃」事件に象徴されたあからさまな
排外的言動が起き、改めて在日朝鮮人をはじめとした排外主義への異議を
発信していくため、会は発足しました。
 しかしながら、国は、高校無償化政策においても朝鮮学校をその対象から外し、
その後大阪をはじめ地方自治体でも朝鮮学校への補助金を廃止する動きが続いて
います。
 あろうことか、福岡市も次年度の補助金を廃止の方向で検討するという
子どもたちへの人権を侵すことのみならず、国の植民地主義を
反省しないアメリカの言いなりの施策に追随するのみで、
「戦後」すら、ないものとする歴史を塗ろうとしています。

今回、福岡教育大の小林さんをお迎えして「当然の権利である在日朝鮮人
の民族教育がなにゆえこんなに警戒され続けるのか」について、歴史から
現状から、ともに考えたいと思います。 
 
■日 時:2月9日(土)午後6時開場 6時半開始〜8時半 
■場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

■お話:小林知子さん
 福岡教育大学国際共生教育講座教員・在日朝鮮人運動史研究会会員
 南北コリアと福岡の友だち展事務局
【参考文献】「在日朝鮮人の『多様化』の一背景」『国際社会』6巻(『東アジ
アと日本社会』)、東京大学出版会、2002年
「未済の帝国解体 ―在日朝鮮人の戦後」『岩波講座 アジア・太平洋戦争』4
巻(『帝国の戦争経験』)岩波書店2006年

■映画 「リメンバースピリッツ! 奇跡を起こした創造者達」50分
 2004年アクロス福岡でのウリ民族フォーラムで上映された作品。
「九州地方同胞社会の形成、祖国解放と民族教育のはじまり 
 九州中高の創立 今日の民族教育」(紹介文より)

■主催連絡先:排外主義にNO!福岡 092−651−4816
☆当日は映画の上映を先に行います。
☆会場で朝鮮学校へのカンパを含めたカンパをお願いします。
 
○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:2月5日(火)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 3・10福岡集会とサウンドデモ  
 日 時:3月10日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
住 所:福岡市博多区上川端町
    地図:http://tinyurl.com/6rr76od
主 催: さよなら原発! 3・10福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう! 九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
ホームページ http://bye-nukes.com/fukuoka 
賛同カンパ送り先:郵便振替 番号 01770−5−71599
加入者名 さよなら原発! 福岡
賛同金一口 500円(何口も可・大歓迎)

↓↓↓↓ツイッター用告知文↓↓↓↓
【拡散】さよなら原発3・10福岡集会/3月10日(日)14:00集会開始@福岡市・
冷泉公園(博多区上川端町)http://bye-nukes.com/fukuoka 打楽器募集!太鼓など
買わなくても、金属片(フライパンやスチール缶等)とスプーンさえあれば、サンバ
風な楽器に。
…ツイッターやFaceBookなどでもぜひ拡散をお願いします!

● 原発労災・梅田隆亮さん第5回口頭弁論 ●
日 時:3月13日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(1748)当座26149691

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
<facebook、twitter、mixi、ホームページ、メルマガ、ブログ等で拡散よろしく>
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内