[CML 028531] 韓国:鉄道労働者のスト権を守れ(レイバースタートキャンペーン国際署名)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 12月 28日 (土) 07:07:16 JST


紅林進です。
 
韓国・朴槿恵政権は鉄道民営化を強行しようと、それに反対する
鉄道労組の幹部たちを逮捕・弾圧しようと、労働組合のナショナル
センターである「民主労総」本部に警察部隊を乱入させし、民主労総 
組合員130名を連行するという暴挙を行いました。
 
このような韓国鉄道労働者に対する攻撃に対して、レイバースタート 
キャンペーンでは、以下の国際署名が呼び掛けられています。=> 
http://www.labourstartcampaigns.net/show_campaign.cgi?c=2082(日本文) 
http://www.labourstartcampaigns.net/show_campaign.cgi?c=2072(英文) 
http://www.labourstartcampaigns.net/show_campaign.cgi?c=2078(ハングル文)  

今年6月以降、韓国政府は広範な反対にもかかわらず、新たな鉄道リストラ・
民営化計画を推し進めています。政府と韓国鉄道公社(KORAIL)が社会対話
を頑なに拒否する中、ITFに加盟する韓国鉄道労組(KRWU)は、12月9日より
ストライキに突入すると宣言しました。一方、政府と使用者の過去の姿勢から、
いったんストライキが始まれば大規模な権利侵害が起きるという深刻な懸念も
広がっています。2009年にKRWUが打った同様のストでは、政府とKORAILは、
刑事告発、拘留、損害訴訟、解雇、その他懲戒処分などの報復措置に出てい
ます。2012年には、国際労働機関(ILO)がこうした一連の行為を非難し法改正
と関係改善を求めたほか、今年10月にも緊急介入を計りましたが、韓国政府
からの反応は一切ありません。みなさんが韓国政府に至急メッセージを送られ、
鉄道政策で社会対話に入るよう求める一方、国際法令が認める鉄道労働者の
スト権を尊重するよう求めて下さい。 

上記のレイバースタートキャンペーンの賛同署名については下記のサイトから
行えます。=>
http://www.labourstartcampaigns.net/show_campaign.cgi?c=2082(日本文)
http://www.labourstartcampaigns.net/show_campaign.cgi?c=2072(英文) 
http://www.labourstartcampaigns.net/show_campaign.cgi?c=2078(ハングル文) 


また今回の韓国・朴槿恵政権による暴挙に対して、私の知人たちが
やっている「日韓市民連帯の会」では、以下の抗議声明を出しました
ので、併せて以下、転載させていただきます。 

=>関連ブログリンク
http://blogs.yahoo.co.jp/tocka_jikkoi 

【声明】朴槿恵政権による鉄道民営化と組合潰しに抗議する  

私たち「日韓市民連帯の会」は、鉄道民営化に反対しストで
闘っている鉄道労組、ならびに民主労総、そしてそれを支援
する韓国市民に対し、日本から熱い連帯の意志を表明しま
す。私たちは韓国大統領選直後から、朴槿恵政権の動向を 
注視してきました。今や明らかですが、朴政権の本質は新自 
由主義の政策を強力に推進するだけでなく、労働組合や民主 
勢力の破壊を狙う超反動政権という点にあります。  

国土交通部の徐昇煥長官は、「(労組の)民営化反対の主張
はストライキの勢いを維持するための戦術・戦略で、根本的
な(ストライキの)理由は競争が嫌だということではないかと 
判断する」と言い放ちました。全く分かっていない。民営化や 
外注化は同業他社との過酷な競争を招き、労働条件の切り 
下げだけでなく、安全性の崩壊までもたらします。それは、 
国鉄分割民営化や郵政民営化を経験した日本の私たちが、 
身をもって知っています。      

12月22日、鉄道労組幹部の逮捕を狙って、民主労総本部
に警察が乱入し、民主労総組合員130名を連行するという
攻撃がなされました。この蛮行には、何らかの正当性も、一
切の法的根拠もありません。国際的にも認められた、労働者
の団体交渉権や争議権を、暴力的に叩き潰すという、朴政権
の本性を自己暴露した事態というほかありません。  

現在、鉄道労組はスト継続を表明し、12月28日の民主労総 
のゼネスト、市民行動などの予定が伝えられています。鉄道 
民営化と労組破壊に反対するゼネストと一連の闘いを、日本 
の私たちも断固として支持します。労働者の正当な権利行使 
に対する、朴政権の暴力的な圧殺は許されません。韓国労
働者の背後には、全世界の労働者や市民がいます。今こそ 
力を結集して、朴政権を打倒しよう!  

2013年12月27日  

日韓市民連帯の会  

=>関連ブログリンク
http://blogs.yahoo.co.jp/tocka_jikkoi  


CML メーリングリストの案内