[CML 028523] Re:  言論統制といえます。ブラックは英語ですよ

hinokihara hinokihara at mis.janis.or.jp
2013年 12月 27日 (金) 16:09:32 JST


檜原転石です。

石垣さん、こんちは。




> 東本さん
>>いい加減に「つまんない屁理屈」はやめていただきたいものです。
>
> これは一つの言論統制と言えます。
> 東本さんがそう思われるのでしたら、個人の判断でスルーすれば良いではありませんか。

 

東本さんの以下の発言は――
[おそらく多くの人が泥さんと同じように思っているでしょう。私もそうです。]は何の根拠もなく、私と対峙した数人はともかく、多くの人も勝手に巻き込んで言論封殺、まことに滅茶苦茶で、「それを言っちゃあーオシマイよ」のレベルです。

私はいろんなブログに私の主張を書きましたが、理解を示したのが1件、また多分理解し以後トンデモ和製英語「ブラック」を使わなくなったのが1件です。他は全て無視です。もし屁理屈にすぎないのなら、論理的に論破が可能で無視する必要もありません。わたしなら確実にそうします。

またこの場で前田さんや大山さんが態度表明できないのは、トンデモ和製英語「ブラック」を使う労働問題弁護士との仲間意識でしょう。これでは判事と検察官が仲良く、有罪率が99.9%となり、冤罪・誤判を多数生み出す日本の裁判の構図と一緒です。もちろん弁護士などは警察との接触も多く、警察用語の「黒」になれていることもあるのでしょう。

何のことはない、この場も日本の縮図なのです。メダカ社会では目立ってはいけません。仲間の失敗を指摘する澤藤統一郎も追い出されました。
仲間内ではなあなあで事を運ぶのが全てなのです。よって仲間批判は抑制されます。

てなわけでメダカ社会日本は今、最悪の状況です。皆が右見て右翼になってしまったからです。ドイツでは犯罪であるようなことを言う市長(例えば橋下徹・河村たかし、2人とも歴史修正主義者)が安倍晋三の参拝を擁護します。NHKの変わり身の早さも際だっています。侵略神社・靖国の本質を国民がほとんど理解していません。死んで哀しむというのが人間性のすべてですが、カルト神社は死んで喜べという倒錯ぶりなのにです。アジア人のほとんどは侵略神社・靖国が追悼施設ではないことを知っていて、日本人だけが知らないのです。あらゆる状況の場面場面で日本人は「井の中の蛙」状態です。この後やっている企業独裁の警察国家下でメダカ市民はどう生きるのか?仲間をせっせと売るのでしょうか?オカミにぺこぺこすることだけはできそうですが・・・「地頭には勝てぬ」が昔からの処世術のようで。




CML メーリングリストの案内