[CML 028488] Re: 哲学の貧困: ブラックが恣意的に使われています

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2013年 12月 26日 (木) 10:22:04 JST


前田 朗です。
12月26日

泥さん

ご苦労さまです。

ご指摘の通りです。

泥さんは以前にも指摘していますし、私も

> 
> 白にも赤にも青にも茶にも黄にも緑にも金にも、プラスイメージもマイナスイ
メ
> ージもあるのです。ただそれだけのことです。

と述べています。

こんな当たり前のことが分からない人が、一人ではなく、複数いることが驚きで
す。

それだけ思い入れが強いのかもしれません。

「爽快な青空」しか認めない人は、「ブルーな気分で真っ青」という言葉に対し
て「青色星人に対する差別だ」と怒鳴って糾弾するのかもしれません。

ではまた。


----- Original Message -----
> みなさん
> 
> つまんない屁理屈の応酬はやめませんか?
> 
> 「白=佳、黒=悪」というイメージはありますが、
> 「黒=佳、白=悪」というイメージだってあるのです。
> 
> 柔道選手は、一日も早く白帯から黒帯になりたい。
> 逆に力士は黒まわしから白まわしに上がりたい。
> 
> 白は死装束です。
> でも律令では白は高貴な色で、着ることが出来るのは天皇だけでした。
> 
> 白旗は降伏の印です。
> 一方、白は勝利をも意味します。
> 
> 白は反革命や政府側を意味するので、私はその立場に立ちたくありません。
> 
> 要するに、時と所で異なる意味が付与されているのです。
> 黒も同様です。
> 暗い、悪、 絶望といったイメージで使われることもあれば、
> 威厳、高級、上品といったイメージの場合もあります。
> 
> 錬金術ではブラックは富や財産を表します。
> 米国でブラックが黒人「だけ」を意味するのなら、
> アメックスもダイナースも、最上位のクレジットカードがブラックカードなの
はなぜでしょう。
> カードで一番強いのは黒のスペードです。
> 黒字を喜ばない企業はありません。 
> 
> 黒やブラックが悪い意味だけだったら、
> オールブラックスなどというチームはあり得ないです。
> 
> このように両面性のある言葉なのに、 
> 
> 一面だけ取り上げて決めつけてものを言ってても、
> 議論は成立しないでしょう。
> くだらないメールばかり増やすのは止めて欲しいです。
> 
> あ、これは石垣さんへの返信の形になっていますが、
> 石垣さんだけを責めているのではないのでご了解下さい。
> で、ついでなので書きますが、
> 
> > 『売春禁止法』がより例です。
> > 売る方は罰せられ、買う方は罰せられない、
> 
> これは不正確です。
> 罰せられるのは売春(=性行為)それ自体ではありません。
> 処罰の対象は、女性に売春をさせる行為です。
> 売春をする女性は、客引きやつきまといといった行為が罰せられます。
> 
> ----- Original Message ----- 
> From: "石垣敏夫" 
> <motoei at jcom.home.ne.jp>
> To: "市民のML" 
> <cml at list.jca.apc.org>
> Sent: Thursday, December 26, 
> 2013 6:47 AM
> Subject: [CML 028482] 哲学の貧困: ブラックが恣意的に使われてい 
> ます
> 
> 
> > 前田さん
> > お世話様
> > 定義した方が誤っています。
> > 「ブラック呼称は黒人差別」という見方は
> > 今の世の中、白人と男支配の現実から言えることでしょう。
> >
> > 私は「ブラックは悪」という考えは、
> > 自然現象から来ていると思います。 
> > 
> > 夜は黒、恐ろしい。
> > 昼は白、安心できる
> > 闇の世界等々
> > この「ブラックは悪」は
> > 哲学の貧困から生まれていると思います。
> > 夜と昼は自然で、世界は対立物の統一という哲学の
> > 根本を歪めている、支配者の思想です。
> >
> > 夜と昼は当たりまえで有り、どちらが優れいるとは言えません。
> > ビューティフルなら、白も黒もビューティフルです。
> >
> > 人間、夜は眠る為に暗いのです、 
> > 
> > 恐ろしいのではありません。
> >
> > 金儲けの為に電気を発明し、夜も働かされ
> > 搾取されるようになった、支配者の哲学でしょう。
> >
> >
> > 裁判でも 白は無罪、黒は有罪、 
> > 
> > 囲碁でも 白は格上、黒は先手でハンデを頂く。
> >
> > 子どもに夜を怖れることはない。 
> > 
> > 自然なのでから、と話すことでしょう。
> >
> > 別件ですが、
> > 昔は「売春」という言葉はありましたが。
> > 「買春」という言葉はありませんでした。
> > 私が「買春」という言葉を書き始めたら、
> > そんな言葉は辞書にない、と言われました。
> > 『売春禁止法』がより例です。
> > 売る方は罰せられ、買う方は罰せられない、
> > 言葉にも階級制があると思っています。
> >
> >   石垣
> >  
> >
> > ありがとうございます。
> >
> >> ブラックが恣意的に使われていることは確かですね。
> >
> > その通りです。
> >
> > ただ、「恣意的であっても一定の定義がなされ、社会的に流通している言葉」
を
> > 巡って議論するのであれば、先ずは元の定義を踏まえて議論する必要があり
ます。
> >
> > そうでなければ、元の定義の当否も論じることができません。元が恣意的だ
から、
> > もっと二重三重に恣意的に使ってもいいということでは、議論にはなりませ
ん。
> >
> >
> >>
> >> 子どもたちにも「ブラックは悪い」という偏見を植え付けている要因に
> >> なっています。
> >>
> >
> >
> > その証拠が何も示されていません。もともとあった黒のマイナスイメージに
つい
> > ては、すでに泥さんが明快に指摘しています。それに反論する根拠を示さず
に、
> > 上のように断定するのは説得力がありません。
> >
> > 石垣さんらしい議論の仕方をするのであれば、むしろ、「ブラック(黒)」
には
> > 美しい意味、素晴らしい意味もあることを前に押し出していくことではない
でし
> > ょうか。
> >
> > 「白は善・美で、黒は悪・醜」という決めつけをするのは根拠がありません。
> >
> > 白にも赤にも青にも茶にも黄にも緑にも金にも、プラスイメージもマイナス
イメ
> > ージもあるのです。ただそれだけのことです。
> >
> > ではまた。
> >
> >
> >>
> >> Re: 理論闘争は必要ですが 
> >> Re: 主要な敵は誰か
> >>
> >> 前田 朗です。
> >> 12月24日
> >>
> >> ご苦労様です。
> >>
> >> > 「ブラック企業」は「悪徳企業」
> >> > 「悪徳業者」と呼ぶべきでしょう。
> >> >
> >>
> >> しかし、残念ながら、石垣さんも言葉の意味を正しく理解していませんね。
> >>
> >> ブラック企業は悪徳企業に含まれますが、悪徳企業=ブラック企業ではあ
りま
> > せ
> >> ん。
> >>
> >> ブラック企業でない悪徳企業はいくらでもあるからです。
> >>
> >> ネット用語であれ、今野さんの定義であれ、せめて言葉がどのように定義
され
> > て
> >> いるかを認識してから議論した方がいいです。
> >>
> >
> >
> > 
> 
> 




CML メーリングリストの案内