[CML 028469] Re: ブラックが恣意的に使われています: 理論闘争は必要ですが Re: 主要な敵は誰か

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 12月 25日 (水) 06:48:21 JST


東本さん
ありg
-----Original Message----- 
From: higashimoto takashi
Sent: Tuesday, December 24, 2013 8:12 PM
To: 市民のML
Subject: [CML 028462] Re: ブラックが恣意的に使われています: 理論闘争は必要ですが Re: 主要な敵は誰か

> 別件ですが、福沢諭吉が『権利』という訳文を考えたと聞いていますが、
> Trueは『権理』と訳すべきだとある人に聞きましたが、同感です。

上記は誤りです。

「権利」あるいは「権理」の原語(英語)は「True」ではなく「Right」です。

その英語の「right」を「権利」という日本語に訳したのは福沢諭吉ではなく西周だとされています(wikipedia「権利」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%88%A9

そして、その西周の「権利」という訳語は誤りで、「権理通義」、あるいは約めて「権理」、「通義」、「権義」と訳すべきであると主張
したのが福沢諭吉です。

なぜ福沢諭吉は西周の「権利」という訳を退けて「right」は「権理通義」、「権理」、「通義」、「権義」と訳すべきだと主張したのか?

その理由は下記の2本の記事に詳しいです。ご参照ください。

■権利と通義(1)(国思う故に愚痴あり 2013年09月17日)
http://blog.goo.ne.jp/shura55/e/6c7dad9d1dbe786e2c7b67d65ab6b989
■福沢諭吉『学問のすゝめ』(ものろぎや・そりてえる 2009年5月10日)
http://barbare.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-9b72.html



東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/


From: 石垣敏夫
Sent: Tuesday, December 24, 2013 5:11 PM
To: 市民のML
Subject: [CML 028459] ブラックが恣意的に使われています: 理論闘争は必要ですが
Re: 主要な敵は誰か
前田さん
ありがとうございます。
>ブラック企業は悪徳企業に含まれますが

ブラックが恣意的に使われていることは確かですね。
そこに賛同しています。
別に「悪徳企業」でも 「残虐企業」でも
別の言葉を考える必要があります。
自称「偉い人」が言葉の定義をどうするかはその方の自由ですが
一人歩きするのは困ったものです。

子どもたちにも「ブラックは悪い」という偏見を植え付けている要因に
なっています。

別件ですが、福沢諭吉が『権利』という訳文を考えたと聞いていますが、
Trueは『権理』と訳すべきだとある人に聞きましたが、同感です。
このようなことはまだ無数にあると思いますので、
ご自分の見解を述べるだけですませて欲しいものです。
石垣


Re: 理論闘争は必要ですが Re: 主要な敵は誰か

前田 朗です。
12月24日

ご苦労様です。

> 「ブラック企業」は「悪徳企業」
> 「悪徳業者」と呼ぶべきでしょう。
>

しかし、残念ながら、石垣さんも言葉の意味を正しく理解していませんね。

ブラック企業は悪徳企業に含まれますが、悪徳企業=ブラック企業ではありませ
ん。

ブラック企業でない悪徳企業はいくらでもあるからです。

ネット用語であれ、今野さんの定義であれ、せめて言葉がどのように定義されて
いるかを認識してから議論した方がいいです。




CML メーリングリストの案内