[CML 028414] 緊急!12.25米軍レーダー基地はいらない!アピール行動@京都市役所前

藤井悦子 peace at tc4.so-net.ne.jp
2013年 12月 22日 (日) 20:46:21 JST


藤井悦子@京都です。
12月25日に、京都に米軍基地を作らせない!
緊急アピール行動のご案内です。
京都市と、京都市民・府民にアピールするための行動です。
是非是非ご参加を。

ここから、拡散お願い
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
緊急!12.25米軍レーダー基地はいらない!
アピール行動@京都市役所前
『知ってはりました?京都に米軍基地って!そんなんいらへんわ。』
https://www.facebook.com/events/1444215739131538/

12月25日(水)京都市役所前於 
昼夜2回、粛々と市役所前に人の輪を作りたいと思います。

☆お昼12時~13時
  (京都市長への要望書提出行動も予定:政策企画課が応対)
☆夕方18時~19時
  (各自光り物や懐中電灯などを持参下さい、こちらでも余分に用意します)
※都合のつく時間に是非参加をお願いします!!

■設置予定と一方的に発表!
  今年の2月、まさに寝耳に水といった感じで突如発表された京丹後市経ヶ岬の米軍基地建設計画。地元住民をはじめとして、京都に暮らす私たちの疑問や不安に応える姿勢をまったく見せないままに、そしてそれ以前に、多くの京都府民に建設計画をも知らせることもせず、山田啓二府知事は9月、米軍基地の受入れを表明しました。防衛省は地元の了承もなしに来年にも設置予定と一方的に発表しました。
  沖縄の高江や辺野古がそうであるように、京丹後市経ヶ岬も日米安保の矢面に立たされようとしています。

■多くの府民に知らされていない!
  決して遠くのできごとではありません。このままでは府民の多くが知らないうちに、京丹後市はもちろんのこと、府内各地、とくに繁華街である京都市内を米軍関係者の車が走る事になるでしょう。京都市は安全保障上の問題は国の意向に従うと言っていますが、住民の安全はないがしろなのでしょうか?
  住んでいる人が少ないゆえの小さな声がかき消される事のないよう、そして自分たちの暮らしを壊されることのないよう、多くの方の生活圏であるここ京都市でも、経ヶ岬への米軍Xバンドレーダー建設は要らないという声を形にしたいと思います。

■沖縄の負担軽減にはならない!
  今月19日朝、入院中の仲井眞沖縄県知事が官邸に出向き安倍首相と会談。17日の沖縄政策協議会で県知事が求めた普天間飛行場の5年以内運用停止などの負担軽減策や沖縄振興策についても、政府は来週24日に回答後、25日以降に再会談が持たれる予定であると報じられています。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-216872-storytopic-53.html]

 京都で米軍基地を受入れることは決して沖縄の負担軽減にならないばかりか、受入れることにより沖縄の基地引き受けを肯定することになりかねません。
  ここから声をあげることで、沖縄の民意を背負う仲井眞知事、1月の名護市長選への追い風に少しでもなれればと思います。

「世界で初めてのクリスマスは貧しい馬小屋でささやかにお祝いされました。」
ささやかに平和を語る日にしたいです。

米軍レーダー基地はいらない!アピール行動有志
問合せ先:09085256136(北野)
・・・・・・・・・・・
ここまで 


藤井悦子
http://www3.to/agenda/


CML メーリングリストの案内