[CML 028318] 『21世紀のグローバル・ファシズム』出版記念シンポジウム1.19 in東京

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2013年 12月 17日 (火) 17:10:17 JST


前田 朗です。

12月17日

転送転載歓迎

『21世紀のグローバル・ファシズム』出版記念シンポジウム

木村朗・前田朗編 『21世紀のグローバル・ファシズム― 侵略戦争と暗黒社会
を許さないために― 』

http://www.kobunsha.co.jp/sinkan.html

2014年1月19日(日)午後2時〜5時(開場 午後1時半) 

港区勤労福祉会館・第一洋室

    (東京都港区芝5丁目18番2号)

JR山手線、京浜東北線田町駅西口(三田口)徒歩5分

地下鉄浅草線、三田線三田駅A7出 口 徒歩1分


参加費(資料代含む):500円

発言者

野平 晋作(ピースボート共同代表)

川内 博史(前衆議院議員)

上原 公子(前国立市長、執筆者)

清水 雅彦(日本体育大学准教授、執筆者)

西野瑠美子(バウラック共同代表、執筆者)

木村  朗(鹿児島大学教員、編者)

前田  朗(東京造形大学教授、編者)

 特定秘密保 護法だけではありません。安倍政権のもとで、集団的自衛権の解
釈変更や国防軍創設の憲法「改正」が狙われ、他方で領土問題やヘイト・ス
ピーチなど偏狭なナショナリズムの煽動が急ピッチです。こうした動きがあらゆ
る分野に広がってきています。民主主義からファシズムへの 「不可逆点」を越
えつつある今の日本。

 戦後日本の 歩みを振り返り、今どのような時代に生きているのかを検証し、
何をなすべきか、危機克服に向けた課題と方策を模索するための開かれた議論
が求められています。

 本書には、 各分野で活躍される第一線の方々から、鋭い提起をいただきまし
た。ぜひご一読くださるよう、お薦めいたします。

主催:グローバル・ファシズム研究会

連絡先: 八王子市宇津貫町1556 東京造形大学・前田研究室

    E-mail maeda at zokei.ac.jp



CML メーリングリストの案内