[CML 028309] 本日12/17(火) パブコメワークショップ「トンデモ『エネルギー基本計画』にみんなの声を」@東京しごとセンター(飯田橋)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 12月 17日 (火) 04:37:29 JST


紅林進です。

本日12月17日(火)、東京・飯田橋の「東京しごとセンター」で開催されます
「FoE Japan」主催の下記 パブコメワークショップのご案内を転載させていた
だきます。 


(以下転載)

12/17 パブコメワークショップ
「トンデモ『エネルギー基本計画』にみんなの声を」 

エネルギー基本計画素案の問題点をわかりやすく解説します。 
その場でパブコメを書いてみましょう!

日時 2013年12月17日(火)18:30~20:30 
会場 東京しごとセンター セミナー室(5F)(東京・飯田橋)
地図 http://www.tokyoshigoto.jp/shisetsu.php?page_id=150

内容 ・エネルギー基本計画素案の問題点
・パブリック・コメントを書いてみよう! 
・さらなるアクション 

参加費 500円 
主催・問合せ FoE Japan 
         http://www.foejapan.org/
                  TEL : 03-6907-7217 FAX : 03-6907-7219 
協力 eシフト、原子力規制を監視する市民の会 

<参考映像> 
FFTV 「エネルギー基本計画にパブコメ募集中!原発ゼロの声を再び!」 
【出演】松原弘直(ISEP)、吉田明子(FoE Japan)ほか 
12/12(木)21:00~22:00放送
http://www.youtube.com/watch?v=OpUQXvZDEPE 

<これまでの経緯> 
約3年に一度見直される「エネルギー基本計画」。2011年から始まった見直し
プロセスが最終段階に差し掛かっています。安倍政権は発足後まもなく、2012
年の「国民的議論」およびそれをもとに「原発ゼロを目指す」と書き込まれた革
新的エネルギー・環境戦略を、ゼロベースで見直すと表明しました。
前政権下の脱原発派委員が24人中8人いた審議会(基本問題委員会)は解散し、
2013年3月から旧来の枠組み(基本政策分科会(6月、総合部会から改称))の
もとで議論がなされてきました。 その中では、「国民的議論」に関する資料提示
すらないまま、 
・原発はベース電源として維持すべき 
・安全保障上の観点からも原発維持は必要 
・原発の停止による化石燃料利用でコストが上昇、CO2排出も増加
・アジア各国や世界では原発推進が多勢 
といった方向での事務局資料提示や委員の発言が相次ぎ、脱原発派委員の
コメントは「少数意見」とされてきました。
 参照 エネルギー基本計画案に異議あり↓    http://www.foejapan.org/energy/news/131217.html#01  


CML メーリングリストの案内