[CML 028266] 福島・11月12日の検討委のディアは一切無視して報じていない。発表は、NHKテレビなど世論形成に一番影響力がある映像メデイアは無視

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2013年 12月 14日 (土) 23:28:18 JST


M.nakata です。重複おゆるしください。
いつもメールを送らせていただきありがとうございます。 
  
  <転送拡散大歓迎>
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 「2013年12月01日 の逝きし世の面影」ブログ記事から、後半部分を抜粋してご紹介です。
 ●不都合な事実は、もっと面白いニュースの洪水で隠すのが一番良いのである。
 ●今の日本では政府やマスコミ全員で放射能被害を隠しているのですが、
 多分日本人がパニックを起こさないようにと考えているのでしょう。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 日本中が、情報統制されているようです。
  
 まさにNHKは公共放送から、国営放送になったようです。首相の記者会見を
 延々とそのまま流しています。国民が視聴料を払うこの形態は、お上の放送に何故料金を払うのか?
 国民をなめきった自民党政権に、異議を唱えて、消費者の不買運動を起こせないでしょうか?
 国民は眼に見える行動に変え、政府に反対の意思を示すべきではないでしょうか?
  (貼り付け開始)

■安倍晋三の風評被害対策」今上天皇に福島第一原発20キロ圏の広野町の米
    -----------------------------------------------------------------------
(文略)

 -------------------------------------------------------------
●逝きし世の面影ブログ11月28日記事冒頭に掲げた日本の防空識別圏の東経123度線が本来の垂直線では無い。
しかも日本人では誰も知らない(無関係な)離於島が書いてある。
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/8a03cc915c8d80c12b6d6be0cb91d74b

何れも『有り得ない』種類の話なのである。
しかも日本は、中国の駐日大使を外務省に呼んで抗議していない。外務省の局長が次席の駐日公使に電話しただけ。
日本の政府やマスコミですが世間に対して、わざと『大騒ぎ』に見せているだけなのですよ。

●徳田議員も猪瀬知事も意味はまったく一緒。間違いに誘導する赤いニシン(Red herring レッドへリング)なのである。
不都合なニュースは、隠そうとすると逆に目立ってしまう。
●不都合な事実は、もっと面白いニュースの洪水で隠すのが一番良いのである。

★11月12日の検討委の発表は、NHKテレビなど世論形成に一番影響力がある映像メディアは一切無視して報じていない。
活字メディアでは誰も気が付かないように小さく新聞の端っこに辛うじて報じたが、数字を間違っていた。

福島県の子供の数は36万人。当時胎児だった15000人の子供達も検査すると言い出したが合計人数は385000人だと発表。
小学校低学年の算数を間違えているのである。
前回8月20日の発表時には朝日新聞だけ子供の数が一人多い『座敷わらし』に驚いた。

●ところが、何と今回11月12日時には福島県検討委は一人どころか『座敷わらし』が1万人だと言い出したのである。
福島県検討委発表ですが、以前には男児を全部まとめて女児に性転換する離れ業まで演じています。

●基本的に何でも在りの無茶苦茶、嘘八百の安全安心プロパガンダなのである。

『戒厳令直前の非常時、緊迫した日本の情勢』

●なんと、11月28日の毎日新聞では、共産党の仁比議員の参議院本会議質問で特定秘密保護法について、『この法案は国会議員も処罰対象にしている』との発言で、騒然としていた議員席が一瞬にして静まったと大きく報じています。

前代未聞、空前絶後。
●誰も経験したことがない恐るべき事態が今、私達の目の前で起きているのです。
ところが、恐ろしすぎるので誰も認めたくない。

★安倍晋三首相によって日本国の非常事態宣言が、密かに行われているのである。

●12月6日に『何が秘密であるか』が誰にも判らない(秘密が特定されていない)★特定秘密保護法が成立すれば、
自動的に平時の憲法や法令がすべて停止されて仕舞う。
 
●日本全土に、事実上の『戒厳令』が引かれ様としているのです。

『予想以上に悪い、福島第一原発』

11月12日発表では二次検査終了は13万人分であり、福島県の子供達の3分の1しか検査が終わっていない。
検討委のサボタージュが疑われるのです。
●しかもこの事実をマスメディアが報道しない。
●マスコミのサボタージュも疑われる。

●普通の常識なら、トランプを数枚開いた段階で『とんでもなく悪い』とすれば、残りのカードを全部開いたらもっと悪い。
●伏せられている情報が『悪すぎる』と予想されが、3分の1しか分からない現在の時点でもチェルノブイリよりも福島の方が数十倍悪い。
しかも原発事故から、たったの2年半しか経っていない。

今は序の口で、これから放射能の影響が本格化して、多分原発事故から9年後の2012年に向けて爆発的に発症するのである。
福島県ではチョルノブイリと同じ家畜とか鳥の白斑が多数報告されているが、カネボウ化粧品の白斑症状と類似している。
●全製品を回収したカネボウは『白斑と化粧品との因果関係が不明である』として、現在一切の損害賠償を拒否しているのですよ。
●首都東京の熱中症の多発も、放射能の影響による全般的な体調不良の影響が考えられる。

●今までマスコミの自主規制で隠蔽していたが、今後、具体的な放射能汚染が明らかになれば、
必然的に外国人の全員とか日本人の金持ちや中産階級の日本国からの脱出が始まって仕舞う。

★今の社会体制が根本的に崩壊する瀬戸際なのである。

●政府としては何としても情報漏洩を防ぎ、一人も福島県や首都東京周辺から逃がしたくない。
●日本の歴史を塗り替える未曾有の放射能パニックが、目の前に迫っているのである。

●悪過ぎる事実を丸ごと隠すためには恥も外聞もない。
●何が何でも無理を承知で、特定秘密保護法の早期可決の緊急性は明らかなのである。

『原発事故からたった2年半でも「悪過ぎる」日本』

枝野幸男が何回も繰り返し言ったように『放射能は、直ぐには健康に影響しない』のである。
チェルノブイリ原発事故では、最悪だった9年後のベラルーシの小児甲状腺がん発症数は91人だった。
●しかるに、日本はたったの2年半後で、人口がベラルーシの5分1のしかない福島県の3分の1の子供を調べた段階で59人にも達している。
●日本の方が遥かに早いし悪い。

●今の日本では政府やマスコミ全員で放射能被害を隠しているのですが、多分日本人がパニックを起こさないようにと考えているのでしょう。
●これを共産党の志位委員長も協力しているが、政府の悪事に加担しているのですから真実が暴かれた時、これでは共産党が崩壊します。 
そして真実とは遅いか早いかの違い程度で、かならず公になるものなのです。『先送り』程度の話であり、隠せません。

『共産党(赤旗)までが日本政府の放射能被害隠蔽に全面協力』

●今の共産党(赤旗)ですが、何故か小児甲状腺がんの爆発的発症を政府やマスコミと同じように読者に隠しているのです。(11月12日の検討委発表を、他の新聞に比べ赤旗は一番遅く一番お粗末に報じる)
●共産党は7年以上前から自らを(与党の暴走を抑制する)確かな『野党』と断言していたが、今の共産党の立ち位置は『確かな野党』ではなくて『隠れ与党』である。

●手紙(放射能の告発文)を受け取り山本太郎と和やかに談笑した天皇と、その山本太郎を批判した共産党の志位委員長。
これでは政治的に天皇の方が左翼かリベラル。対して共産党は保守か右翼の構図となり、世の中が逆さまなのです。

●何時の間にか、誰も気が付かないうちに左翼の共産党が保守になり保守の自民党がネオナチの極右になり日本全体が大きく右にスライドしているのですから恐ろしい。

東映仁侠映画の台詞ではないが、生まれ故郷は荒れ放題。
●ケダモノごっこで馬鹿と阿呆の絡み合いを演じている、今の世の中は『右』も『左』も真っ暗闇。何処にも真実が無い社会なのです。

***************************************************************************************************



CML メーリングリストの案内