[CML 028264] 私の「怒り」 ――こういう人たちによって日々「革新運動」は根腐れされていく

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2013年 12月 14日 (土) 14:27:50 JST


私は先日「vanacoralの日記の主宰者の『赤新聞』(イエロージャーナリズム)記者・田中龍作批判」という記事を書いて、そのvan
acoral氏の「ジャーナリスト(?)田中龍作(@tanakaryusaku)、江田一派を賞賛」(vanacoralの日記 2013-12-09)という記事を紹介
しておきました。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-728.html

その私の記事に対して「vanacoralの日記とか言う人、相当うさんくさいですね。小沢バッシング、山本&三宅バッシングをしている
人はかなり共通項があり、こいつらが日本のファシズム化に貢献していると私は見ています」と言ってくる人がいました。私はこの
人の「こいつらが日本のファシズム化に貢献している」という批判のフレーズに彼の思想の貧困を思い、とりわけ「こいつら」という
言い方にむしょうに腹立たしいものを感じたので、「なにをかいわんや。 『こいつら』とはお前のことを言うのだ」と「こいつら」という
悪罵に相応しい罵倒の言葉を返しておきましたが(「憤り」と「怒り」をこめて)、この人は少し反省したのか今度は罵りのトーンをや
や押さえて「東本さんが紹介したブログを書いている人は、マイナスのエネルギーに満ちあふれていますよ」という言い方で応酬し
てきました。

以下はその人への反論。すなわち、私の「憤り」と「怒り」の正体です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「東本さんが紹介したブログを書いている人は、マイナスのエネルギーに満ちあふれていますよ」というご指摘ですが、具体的な
例示がありませんのでなにをもって「マイナスのエネルギー」と言われているのか推測するしかありませんが、私が前便で紹介し
た「ジャーナリスト(?)田中龍作(@tanakaryusaku)、江田一派を賞賛」(vanacoralの日記 2013-12-09)という記事の冒頭の「小
沢一郎・山本太郎・三宅洋平とかいったいかがわしい連中の腰ぎんちゃくであるジャーナリスト(?)田中龍作氏」云々という部分
を指してのご指摘でしょうか?
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20131209

だとすれば、そのご指摘は違うと思います。

第1。私も政治家・小沢一郎を「いかがわしい連中」のひとりだと思っており、小沢批判記事をたくさん書いていますが(http://mi
zukith.blog91.fc2.com/?q=%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E&page=1)、ランダムにそのうちの1、2の記事をご
紹介しておきます。たとえば、

■「小沢一郎氏は『集団的自衛権行使』否定論者だ」というある左翼・小沢擁護論者の論を論駁する(弊ブログ 2013.03.26)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-544.html
■小沢氏の強制起訴と鈴木氏の逮捕・有罪・収監を「問題あり」とするある論への反駁(1)(弊ブログ 2010.10.09)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-89.html
■小沢氏の強制起訴と鈴木氏の逮捕・有罪・収監を「問題あり」とするある論への反駁(2)(弊ブログ 2010.10.09)
http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi/8567550.html

私は小沢批判記事を「政治革新」という課題を実現するために重要な記事として書いています。「マイナスのエネルギー」として
書いているわけではありません。「vanacoralの日記」の主宰者もご同様でしょう。

第2。山本太郎批判についても同様です。同批判も「政治革新」という課題を実現するために重要な記事として書いています。
「マイナスのエネルギー」として書いているわけではありません。「vanacoralの日記」の主宰者もやはりご同様でしょう。

■山本太郎の相棒・三宅洋平、被爆デマを拡散(vanacoralの日記 2013-07-14)
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20130714
■歴史学者・住友陽文氏の山本太郎批判(vanacoralの日記 2013-10-31)
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20131031
■「緑の党(日本)」という政党の「革新」度のほんもの性について疑う ――澤藤統一郎さん(弁護士)の「出がらし『緑茶会』には
問題山積」という論攷に関連して(弊ブログ 2013.05.13)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-577.html
■ 放射能問題、「トンデモ話」を見破れ!--山本太郎「議員」の主張を例に(アゴラ 
 石井 孝明 2013年07月29日)
http://agora-web.jp/archives/1550414.html
■デマッターとしても著名な山本太郎さんが、ついに選挙演説でもデマをまきちらし始めた(NAVERまとめ 2013年07月17日)
http://matome.naver.jp/odai/2137395623585939401

第3。三宅洋平批判についてもまた同様です。三宅洋平は以下のようなトンデモデマを信じ込み、そのデマを理性もなく拡散し
ているような人物です。こういう人物を批判することも「政治革新」という課題を実現するために重要です。とりわけ、少なくない
人たちが三宅洋平という人物を通じてこうした荒唐無稽のデマ情報に踊らされ、扇動されているという事実がある以上。

■「不正選挙」デマ:http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-11575189998.htmlhttp://twileshare.com/atct
*「不正選挙」論が単なるデマ情報でしかないことは多くの人から論証され尽くされていることですが、そのひとつとして以下の
ような記事をご紹介しておきます。
・陰謀派が主張する、2012年衆院選「不正選挙」説を検証する
http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2013/01/myth-election-93cc.html

■「地震兵器」デマ:https://twitter.com/MIYAKE_YOHEI/status/46141196749389824
*この情報の流布も単なるデマの流布でしかない例証のひとつとして以下の記事もご紹介しておきます。
・HAARPは人工地震兵器ではありえない!その理由とは!?
http://utyujintoufononazo.up.seesaa.net/image/HAARP.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記のような否定しようもない明白で単純な事実すら理解できない「こいつら」こそが逆に「日本のファシズム化に貢献している」
というのが私の見方です。以下の言葉から私の「こいつら」に対する煮えたぎるような「怒り」を察知していただけるでしょうか?

      「こういう人たちによって日々「革新運動」は根腐れされていく。彼(彼女)らをもはや「リベラル・左翼」と呼ぶべきでは
      ない。彼(彼女)らは客観的に見て「革新運動」を根腐れさせるためだけにある「Dasein(存在)」、すなわち「The Dull
      (愚者)」というほかありません。」(弊ブログ 2013.11.13)
      http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-712.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/




CML メーリングリストの案内