個人情報について Re: [CML 028221] 鄭大均と辛淑玉

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2013年 12月 13日 (金) 12:05:17 JST


前田 朗です。
12月13日

服部さん

ご苦労様です。

批判するわけではありませんが、ちょっと気になるので一言。

個人情報をどこまで書いて良いのか、という点です。

もちろん、本人が開示した情報であれば、個人情報としての保護の必要性は低く 
なります。

森永さんの少女買春論については、ご本人があちこちで書いてきたことなので 
「保護されるべき個人情報」とは言えないかもしれませんが、「少女 買春肯定 
論者」であっても、子ども買春禁止法以後に本当に実践しているのかどうかまで 
は知りません。

それ以外の点について、本人が開示した情報なのかどうか私は判断できません。

森永さん本人が異議・批判を表明しなければ、それはそれで良いのかもしれません。

ただ、CMLの趣旨に照らして考えても、他者を犯罪者と名指しする結果となる 
投稿については、内容と方法について検討が必要ではないでしょう か。

アベやイノセを犯罪者と告発するのとは違いますので。

以上です。特にお返事は必要ありません。

失礼しました。


> 服部です。
>   
> 森永さん、いや、数字さんは相変わらずの芸風ですね。
> 共産党や辛淑玉さんとくらべても数字さんはずいぶんと情けなく見えてしまうのですが。
> レイシスト、ファシストを殲滅せよ、死刑にせよ、といいながら、自宅に引きこもってガタプルしながら
> キーボードを叩くことしか能のない数字さんに共感できる民族同胞なんて
> 数字さんの脳内で生み出された妄想の中にしか存在しないんじゃないですか?
> それで自分は精神疾患だから実践活動が出来ないと言い訳し続けもう20年近く、
> そろそろ寂しくなってきませんかね。
> しかも精神疾患で外出できないはずなのに大麻と少女買春の実践のためならどこへでも行く行動力、
> そしてそれをSNSで自慢げに語る大胆さにも驚かされます。
> 最近はイギリス留学して毎日ネットとサッカー観戦を楽しんでおられるようですが、
> そろそろその芸風を変えられてはいかがですか?



CML メーリングリストの案内