[CML 028215] 団塊大人ぶる元リーダーは速やかに隠居なさるらんことを!!

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2013年 12月 12日 (木) 09:46:04 JST


特定秘密保護法が強行採決された
その日あるいは次の日から、
毒矢が、民衆に向かって、
矢継ぎばやに射こまれています。

いわく
◆「武器輸出三原則」安倍政権が見直しをすすめる理由とは【争点:安全保障・アベノミクス】
http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/05/three-principles-on-arms-exports_n_4395235.html
◆エネルギー政策 反省ゼロの基本計画
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013121102000126.html
◆自公・安全保障に関するPT、防衛計画大綱などの最終案を了承
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259542.html

さらに
◎大増税と高負担、
◎年金切り下げ、
◎福祉切捨て。

武器輸出、戦争、
原発と放射線、
生活・人権抑圧、
この「三本の矢」によって「国難」を切り抜けようとする国家へ!

(大昔「三矢作戦」という秘密作戦がありましたが、
三矢サイダーが大好きだった私は、子どもながらにこの言葉を覚えています。)

特定秘密保護法の強行採決が、
実質上、
ある種のクーデターであったことが良く分かります。

これらへの反抗を、それぞれの場でいいつづけることしか、
クーデターを跳ね返す力は育ちません。
ときには集まって声を束ねるしか対抗はできません。

しかるに、
CML、平和への結集、この2つのMLでは、
残念なことに、
「平和」とか「護憲」とかを僭称しながら、
これらを頭書にかかげたことを、一切語らない、 

「かつてのリーダー」(複数)がのさばっています。

これら団塊「大人(たいじん)」たちは、
安倍クーデターの大波に便乗しているとしか思えません。
云ってることは「右翼に学べ」ということと、 

若くて新しいリーダーを「こき下ろす」こと、 

これだけです。

願わくは、
こうした団塊大人ぶる元リーダーは、
速やかに身を引いて、隠居なさるらんことを!!

猫の手も借りたいのは山々ですが、
この人たちの手は借りないほうがいいでしょう。 


団塊のひとりとして
ni0615田島拝




CML メーリングリストの案内