[CML 028131] Re: IK改憲重要情報(30)

T.kazu hamasa7491 at hotmail.com
2013年 12月 8日 (日) 14:12:00 JST


河内謙策さま
河内拓哉さま
皆様

尖閣列島の領土主張がお互い様ならば、
下記の河内さまの論理は全く成り立ちません。 

意味不明です。

確かに、
日米安保の下で決めた日本側(=米軍側)の防衛識別権は、
先に定めたので、一定の(ゲバルト)既得権があるのかもしれませんが、
国際法上は、隣国がどのような防衛識別権を決めようとも、
それを撤回させることはできません。
どうしてもというなら、
実力干渉(戦争または戦争の脅し)で押さえ込むしかありません。

河内謙策さんは、
日米安保(軍事)条約をフルに活用して、
中国を押さえ込め、と御主張なさっているようです。
そう受取ってよろしいですか?

「護憲」とか「九条」とかいう言葉も、
河内さまにおいてはずいぶんといい加減ですね、 

反対側主張にまでに拡張されています。

「護憲」とか「九条」とかいう言葉が、
ナショナリズム国権主義の言葉に堕してしまったようですが、
詭弁弁論のプロ弁護士の世界では、
もはや平成の御世なのだから当たり前だとでもいうのでしょうか?

もと民主青年同盟指導者がゆうのですから、
きっと確かな論拠があるに違いありません。

しかし、その論拠を御主張なさるまえに、
1970年にわれわれ一般学生を、
安保改定阻止へと煽ったことの、落とし前を付けてください。
あなたが「中国と戦う」まえにです。

そうして頂かなければ、
元信州大學全共闘委員長猪瀬直樹と、
あなたさまとは同じことです。
(アッチにいったとハッキリ表明しない分、あなたさまの方がヒドイかもしれません)

ni0615田島拝





From: 河内 謙策
Sent: Sunday, December 08, 2013 1:29 PM
To: 河内 拓哉
Subject: [uniting-peace][29628] IK改憲重要情報(30)

グループのメインページ | 掲示板 
Yahoo!グループ - ヘルプ

[uniting-peace]グループの掲示板に投稿があったことを、Yahoo!グループよりお知らせいたします。
---
IK改憲重要情報(30)[2013年12月8日]

私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信しま
す。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自
由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策

連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 
河内謙策法律事務所
(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)

弁護士アピールを支持する市民の会
http://2010ken.la.coocan.jp/kaiken-soshi/

___________________________________________

   中国の防空識別圏をめぐって(その3)

中国の防空識別圏設定を巡って、アジアの国際的緊張が極度に高まりましたが、一
触即発の危険な状態は過ぎたようです。
著名な中国ウォッチャーの石平氏は、中国はまさに、米国の断固とした意思と覚悟
を完全に読み間違って大きな失敗を犯した、中国の支配体制は総崩れを招く可能性が
ある、と論じています。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131205/chn13120512580005-n2.htm

  しかし、石平氏の議論にはいくつかの疑問があります。
まず、今回の事態が危機的な事態を脱したのは、平和のための努力の反映というよ
り、米日戦闘機の防空識別圏の飛行に見られるように、米日政府が中国共産党指導部
とのチキンレースに「勝った」ことによるものと思います。もし米日戦闘機に中国が
緊急スクランブルをかけていたらどうなるか、と考えると、今でも戦慄を感じざるを
えません。
結果がよかったから、では済まされない問題がそこにはあるのです。私は、歴史に
おいて、ギャンブルに勝つことにより戦争が回避されることがあることは知っていま
すが、ギャンブルに勝つことによる平和を否定するのが憲法9条だと思います。

次に、今後の問題です。石平氏は、直接にはこの問題を論じておられませんが、中
国の防空識別圏設定の問題はまだ完全に終了したわけではありません。
御存知のように国会(衆議院)は、中国の防空識別圏撤回を求める決議を採択しま
した。
http://japanese.ruvr.ru/2013_12_06/125512331/

この防空識別圏撤回決議をめぐって、鋭い論陣を張られたのが天木直人氏です。天木
氏の主張については、同氏のメルマガ12月6日号、12月7日号をご覧ください。
http://www.amakiblog.com/(氏のメルマガのサイトではありません)

天木氏は、アメリカはもともと日本政府と一体ではなく(日本政府は、もともと一
体だと誤想していたようですが、最近は気づいてアメリカに追随しているようで
す)、独自の立場から、防空識別圏問題ににアプローチをしているのだと分析してい
ます。それは、端的に言えば、中国政府に防空識別圏の撤回を求めない立場です。論
理的に言えば、防空識別圏反対と防空識別圏撤回は異なる、防空識別圏の撤回は求め
ないで、運用の改善を求めればよい、という立場です。この立場では、防空識別圏問
題は解決しません。したがって、日本の国民は、今後は、国会決議に基づき、防空識
別圏の撤回を求めるよう日本政府を、さらにアメリカ政府を監視する必要がありま
す。そうでなければ、中国が防空識別圏を撤回しないまま、この問題はうやむやにさ
れてしまうでしょう。
今後の問題として、もう一点追加するとすれば、日本は、中国の南シナ海での防空
識別圏の設定に反対し、
ベトナム、フィリピン、インドネシア、ブルネイ等の国々との連携を強める必要があ
ります。今回の中国の防空識別圏設定は、中国のアジア覇権確立をめざす重大な一歩
ですし、日本のことが問題になるときだけ日本が発言するのでは、日本の平和主義は
独善主義、一国平和主義だというそしりを受けることになるでしょう。

_____________________ 

以上



ホームページ:http://kaze.fm/
ヘルプページ: 
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/
グループページ: 
http://groups.yahoo.co.jp/group/uniting-peace/
グループ管理者: 
mailto:uniting-peace-owner at yahoogroups.jp
グループをやめる(自動処理)
uniting-peace-unsubscribe at yahoogroups.jp





---
なお、投稿者は本メールの送信者欄に表示されている方です。

==============================================================
グループの幹事・管理者さんの負担軽減に徹底的にこだわった
スマートフォンアプリ登場!
「つくるーぷ - グループ連絡網 アプリ・メールで簡単参加」
http://tklp.yahoo.co.jp

Android版をダウンロード:http://yahoo.jp/YRJK7g
iPhone版をダウンロード :http://yahoo.jp/C4VHIc





CML メーリングリストの案内