[CML 028094] 持続結集の要請

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 12月 6日 (金) 23:01:56 JST


みなさん
本日の日比谷野音は前回同様1万人を超えています。
武藤類子さん、糸数慶子さんらの危機に迫る
お話に、身がひき締まりました。

国会周辺も大勢集まっているとのことです。
民衆が動きはじめた、という感じがします。
マスコミも危機感を持っています。
持続して廃案に追い込みましょう。

実行委員の海渡弁護士から明日も明後日も国会への抗議行動の
要請が出されました。
             (石垣)



ベトナムのニントゥアン第二原発における国税25億円を費やした事前調査も、よ
うやく開示された報告書は真っ黒け。この調査は日本原電が実施し、25億円のう
ち5億円は復興予算が流用されました。

額賀福志郎・衆院国家安全保障特別委員長は、「誤解だ。原発情報は秘匿されな
い」と発言しました。しかし、福島県弁護士会副会長の槇弁護士が発言したとお
り、条文上、そのような保障はなく、時の為政者の判断で、「テロ防止」名目で
いくらでも秘匿可能です。

全国各地から、これら問題に取り組んできた反原発団体が結集し、秘密の実態を
共有し、秘密保護法の廃案を訴える院内集会を行います。原発裁判を担っている
弁護士も参加します。

集会後、参議院の地元の議員に対して「あくまで廃案を!」と要請します。

◆よびかけ:グリーン・アクション/美浜の会/FoE Japan/フクロウの会
/秘密保護法を考える市民の会/原子力規制を監視する市民の会
※問い合わせ:秘密保護法を考える市民の会(TEL/FAX
:03-5225-7213)



CML メーリングリストの案内