[CML 028002] 生田弁護士「デッチアゲ懲戒事件」の経過とお願い−再度

okumura etuo gf742bpjye82j6v7vzw2 at mopera.net
2013年 12月 2日 (月) 18:38:34 JST


懲戒請求者になって頂いた方にも、
再度、届くとおもいます。重複、すみません。
再度、お送りします。

----------------------

えひめ教科書裁判を支える会からの
生田弁護士「デッチアゲ懲戒事件」の経過報告と、更なるお願い
BCCでお送りします。重複される方、すみません。
転送歓迎

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
(下記の経過報告及びお願いのチラシPDF版)
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/ikuta/13.pdf

生田弁護士「デッチアゲ懲戒事件」の経過報告と、更なるお願い
     
お礼
 このたびは、生田暉雄弁護士の活動妨害を意図しての、諸権力による「デッチアゲ
懲戒事件」に対して、支援・協力していただき、ありがとうございます。

経過の概要
1, 前回、報告させていただきましたように、全国の多くの方々からの「適正手
続・審査」要請にもかかわらず、香川県弁護士会は、生田弁護士に対する懲戒処分
(1か月間の業務停止)を強行しました。これに対し、生田弁護士は直ちに「懲戒処
分への異議申立及び効力停止申立書」を日本弁護士連合会(日弁連)へ提出しました
(注1)。
 そして、みなさまには、この件においても、日弁連に対して、上記「申立書」に対
する「適正手続・審査」要請を行っていただきました。
 
2, 上記の「懲戒処分の効力停止申立」(仮処分申請のようなもの)に関しては、
9月25日付で(既に実際の処分期間が過ぎているからだと思われますが)、「必要性
が認められない」という理由で、却下の通知が届きました。
 この「申立」の本体である「懲戒処分への異議申し立て」(本裁判のようなもの)
そのものに関しては、日弁連から、まだ、何らの連絡も届いていない状況です。した
がって、もし、可能でしたら、前回お願いしました「日弁連に対する適正手続・審査
要請」を引き続き行っていただけないでしょうか(注4)。

3, 最近になって、以下のような、新たな動きが出てきました。
 この「懲戒事件」の発端となったのは、背後に、明らかに何らかの権力機関の動き
を想定せざるを得ない、「S氏による香川県弁護士会への生田弁護士懲戒申立」でし
た(注2)。このS氏の名で、今回の香川県弁護士会の懲戒処分に対する「異議申立
書」が、同じく日弁連に提出されました。その内容は、生田氏の除名処分を求める、
以下のようなものです。(除名されれば、弁護士たる身分を失い、弁護士としての活
動ができなくなるだけでなく、3年間は弁護士となる資格も失います)

 「香川県弁護士会が、平成25年8月30日付で、弁護士 生田暉雄に対してなした懲
戒処分は軽すぎるので、生田暉雄弁護士を除名処分にするとの採決を求める。」

 この「申立書」自体は、何らの証拠も付さぬ形で生田氏への人格攻撃を繰り返して
いる体のものであり、また、本人自身による文章でないことが一目瞭然の、何ら説得
力を有せぬものであります。しかし、この「異議申し立て書提出行為」自体には、引
き続き、何とかして、生田弁護士の活動を妨害・停止させようとする者たちの執拗な
「執念」を感じさせるものです。
 
4, すでにお知らせしましたように、香川県弁護士会による前回(2006年)の「懲
戒処分」は、「相手側」の上記のような行動もないまま、日弁連によって「取り消
し」が確定されました。しかし、今回は、前回以上の「相手側の執拗さ」を私たちは
感じ取っており、私たちとしても、小さくない不安と共に、「日弁連に対する適正手
続・審査要請」以外の新たな行動を起こす必要性を強く感じるに到っています。
当の生田さん自身は、自分自身への攻撃であるこの「懲戒処分」の件で動く暇もな
く、<人権・正義>に関する様々な事件・懸案のために東奔西走する日々を送ってい
ます。


*香川県弁護士会・懲戒委員らに対する「懲戒請求者」になってください
 
 このような状況を受け、私たちは、法も憲法も適正手続も放棄して、生田氏への
「懲戒の為の懲戒」を強行した香川県弁護士会の懲戒委員・綱紀委員らに対する「懲
戒請求」を行おうと思います。その理由・目的は、以下のとおりです。(注3)

 執拗に繰り返される、香川県弁護士会による「生田潰し」の行動に歯止めをかけ
る必要があること。
 これから行われる日弁連による審査・採決に向けた上記「相手側の行動」に対し
て、その「効果」等を減殺させるべき措置・行動を、私たちも起こす必要があるこ
と。

上記´△髻⊆尊櫃卜呂△襪發里砲垢襪燭瓩法∋笋燭舛蓮△燭澄崢┣請求」をするだ
けではなく、香川県弁護士会の不正・腐敗を明らかにした「懲戒請求理由」を、マス
メディアなどをとおして公開・公表し、「相手側勢力」に、社会の注視を感じ取らせ
ていきたいと考えています。そして、「相手側勢力」の横暴に歯止めをかけていきた
いと思っています。
 そのためには、多くの人びとが、この「デッチアゲ懲戒事件」に関心をもち、この
ような不正・腐敗・横暴を絶ちたいとの強い意思を持っていることを、社会的に明示
することが必要です。
 つきましては、たびたびのお願いで恐縮ですが、「懲戒請求」の「請求者」になっ
ていただけないでしょうか。どうか、よろしくお願い致します。
(懲戒請求書のPDF版)http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/ikuta/14.pdf

「懲戒請求書」の送り先など

1,名前・住所、月・日の記入と認め印をお願いします。
2,「懲戒請求書」の送り先(当会がまとめて提出します)  
  〒791-8004 愛媛県松山市鴨川3-4-14 えひめ教科書裁判を支える会
3,期限:12月10日                         
                         えひめ教科書裁判を支える会
----------------------
(注1)
 代理人は次の方々です。
安藤誠基 弁護士(香川県弁護士会)・大口昭彦 弁護士(東京第二弁護士会)・永見
寿実 弁護士(東京弁護士会)・矢澤y+治 弁護士(第二東京弁護士会)・安田好弘
弁護士(第二東京弁護士会)・渡辺千古 弁護士(東京弁護士会)

(注2)
 前回の発信から時間が経ちましたので、前回の発信文から、「デッチアゲ懲戒事
件」の「背後権力」等に関するところを再録させていただきます。

 生田弁護士は、えひめ教科書裁判や各種の冤罪事件(高知白バイ事件など)、最高
裁の裏金問題などはじめ、社会的正義の立場に立った弁護士活動・闘いを一貫して
行ってきました。
 ご存知の方も多いと思われますが、生田弁護士は、7年前にも、香川県弁護士会に
よって「懲戒処分(業務停止3カ月)」にされたことがあります。その時は、上部機
関の日本弁護士連合会の決定によって処分の取消しが行われ、同「処分」理由のデッ
チ上げが明らかになりました。
 前回の「懲戒申立」から「懲戒処分」決定までの背後には、<香川県内の警察・財
界・権力側の弁護士等々の癒着構造と、その「構造」の維持に「邪魔な」生田弁護士
>という構図がありました。

 今回の「処分」決定を進めた者たちは、むろん、明示的な証拠など残していませ
ん。しかし、前回同様、今回も、以下のような「背後権力の」状況・事実が存在して
います。

(懲戒処分は市民などからの「懲戒申立」を受ける形で、当該弁護士の所属する弁護
士会が行います)

 ‐綉の香川県内の腐敗した権力構造状況における生田弁護士の位置は持続してい
ます。これまでにも、この「状況」のなかで、実際の懲戒処分や処分「未遂」のほ
か、県警によるデッチアゲ「逮捕直前」にまで到ったこともあります(このときは、
正確な内部情報を事前に入手することができ、やはり、全国の皆さんの支援によっ
て、未然に食い止めることができました。)

◆,海譴泙任痢崕菠」と同様、今回も、「懲戒事由(理由)」にあたる内容を、
「申立書」からではなく、弁護士会自身が作成しています。

 懲戒委員会の委員長は、生田弁護士が原告代理人をしている相手側・被告の代理
人をしている弁護士です。

ぁ 嵜塾人」が所在する高知県では、生田弁護士が代理人である「高知白バイ事
件」(県警による冤罪)の再審請求が、請求を認めない形で「幕引き」されようとし
ている「大詰め」状況にあります。
 また、上記「白バイ事件」の再審請求過程そのものが、次々と高知県警の不正を暴
きだす性格のものでありますが、これ以外にも、生田弁護士は、現在、「協力者」と
ともに、高知県警の腐敗・不正を全面的に明るみに出す作業の渦中にあり、マスメ
ディアへの公表なども行っています。
  これらのこととともに、今回の「処分」の前提には、弁護士会の権力構造に沿っ
て、「懲戒処分」を恣意的に行うことが容易な、つまり、「適正手続」が保障されて
いない、香川県弁護士会の「懲戒会規」・懲戒処分システムの存在があります。今
回、生田弁護士が提出しようとした弁明書は受け取りを拒否され、生田氏の弁護人の
弁明書提出の機会も与えられないといった状況でした。  〔以下略〕

(注3)
 弁護士への懲戒請求(申立)は、すべての市民が行うことが出来ます。懲戒の請求
があると、当該弁護士会は綱紀委員会に事案の調査をさせ、綱紀委員会は、懲戒委員
会に事案の審査を求めることが相当かどうかについて議決をします。「相当」との議
決がなされたら、懲戒委員会が事案の審査をし、懲戒するかどうかの議決をします。

(注4) 
日弁連に対する適正手続・審査要請先
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1丁目1番3号 弁護士会館15階
TEL 03-3580-9841(代表)  FAX 03-3580-2866
日本弁護士連合会   山岸 憲司会長 
goiken at nichibenren.or.jp

要請内容の例
生田弁護士による「懲戒処分取消し」に関する要請文

ご存知のように、香川県弁護士会は生田暉雄弁護士への懲戒処分を行いました。
当該「懲戒書」の内容は、生田弁護士を懲戒に処するという香川県弁護士会の結論が
あらかじめ存在していたと考えなければ理解できないもので、事実誤認や論理破綻・
矛盾に満ちたものでした。また、弁護士会という位置にありながら、憲法と司法制度
が要請する「適正手続」を全く無視した「決定過程」でした。
 貴会におかれましては、ぜひ、権力の不正・腐敗に抗して闘う本来の弁護士を潰そ
うとする香川県弁護士会の策謀を糺すべく、憲法の要請する適正手続に則った正当な
審査・決定を行ってくださいますよう、切に要請致します。
---------------------- ここまで

生田弁護士を「懲戒処分」の問題性の概要は、下記のHPに掲載しています。
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/ikuta.html

生田暉雄(いくた てるお)さんのプロフィール
1970年 裁判官任官
1987年 大阪高等裁判所判事
1992年 退官(裁判官歴22年)
同年 弁護士登録(香川県弁護士会所属)

著書
『裁判が日本を変える!』日本評論社
『裁判員拒否のすすめ』WAVE出版

***************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2 at mopera.net

ユーチューブ(映像資料)
 安倍政権の「教育再生」の問題点
1、教育委員会制度とは 13分43秒
https://www.youtube.com/watch?v=iByza-XunEQ
2、「教育再生」の全体像 11分36秒
https://www.youtube.com/watch?v=7czHkXTvxAk
3、教育委員会制度の「抜本的見直し」7分31秒
https://www.youtube.com/watch?v=fWvnMxQLDZo
4、中野区の準公選制から学ぶもの 14分22秒
https://www.youtube.com/watch?v=Hwid5AZhDJU
5、中教審改革に欠けているもの 11分43秒
https://www.youtube.com/watch?v=IXE_tscV09U
6、戦前の反省に基づく戦後教育 8分53秒
https://www.youtube.com/watch?v=cQk3HZAOXJE

えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm
安倍自民党政権の「教育再生」は、憲法改悪の地ならし-資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2013/saisei.html
憲法の活用こそ、憲法を「改正(改悪)」させない〈ちから〉! 憲法活用にススメ
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub8.htm
****************


MLホームページ: http://www.freeml.com/kyoukasyo-west

----------------------------------------------------------------------
メールだけでみんなを招待できる便利機能♪
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=k9SlG
------------------------------------------------------[freeml byGMO]--




CML メーリングリストの案内