[CML 028000] 福島原発事故と特定秘密保護法案を抱える今こそ:ガダルカナルから見えてくるもの(彦坂 諦、小金原・憲法九条の会、2013年11月30日)

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2013年 12月 2日 (月) 17:38:25 JST


[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

千葉県松戸市の小金原・憲法九条の会が2013年11月30日、講演会「”戦争”を語る」を開催しました。話者は『ある無能兵士の軌跡』シリーズの彦坂 諦さん。

演題は「ガダルカナルから見えてくるもの」となっていますが、福島原発事故と特定秘密保護法案を抱える今こそ、考えるべき内容です。

「嫌になるほど、あきれるほど、ちっとも変わってませんから、この国は」

乗り越えるべきは、福島原発事故と特定秘密保護法案そのものだけではないことが、分かります。

講演台本:ガダルカナルから見えてくるもの(彦坂 諦、小金原・憲法九条の会、2013年11月30日)
http://kaze.fm/wordpress/?p=514

ビデオ:ガダルカナルから見えてくるもの(彦坂 諦、小金原・憲法九条の会、2013年11月30日)
http://www.youtube.com/watch?v=UJbIYgu0LQk


太田光征


CML メーリングリストの案内