[CML 027981]  11/24護憲円卓会議(神戸)集会関係の報告です。

佐藤三郎 minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp
2013年 12月 1日 (日) 12:15:33 JST


ML参加の皆様へ 11/24護憲円卓会議(神戸)集会関係の報告です。<重複して受信
の方は、ご容赦下さい>

 集会参加は、長野二名・愛知二名・京都一名を含め約五十名、特定秘密保護法案
をめぐる切迫した情勢下、集会・デモ等と重なり参加できない等の連絡がいくつか入
る中で討議に加わって頂いた皆様、ご苦労様でした。
 集会の具体的な内容は、インターネット報道メディア「IWJ兵庫1」をインター
ネットで検索してもらえば、集会当日の映像を見ることが出来ます。竹内 忍さん
(長野)・池住義憲さん(愛知)の報告には各30分しかとれなかったので、ご希望の
方には、当日配布の資料をお送りしています。A4版23頁とボリュウムは多いので
すが、全国的にその具体例が少なく、それぞれ大きな特色をもつ愛知・長野のとりく
みの様子が、映像と資料の双方を見てもらうと分かりやすいので、ご連絡下さい。。
 本日12月1日(日)には、名古屋・東別院会館で2回目の政党等と市民団体の討論集
会(13時30分〜)が行われます。7月「参院選の総括」と「脱原発・壊憲阻止のため
今後どう連携を進めるか」(2点共闘)について、政党と市民が共に考える場が6月
に引き続き、今また開催されようとしている事例は、愛知以外には見出すことは出来
ません。この取組はは極めて重要な意味を持っていることを感じます。 池住さんは
「政治を考える市民の会」の取組(運動)について、『「政党支持」運動ではなく、
2点共闘の可能性を探究する「政策実現」運動である』とする基本的な考え方を強調
されました。各地域の政治状況・労働運動・市民活動等の条件は異なっており、愛知
の取組に即同調出来るかどうかについては検討が必要ではありますが、多くの示唆を
頂いた報告でした。
 竹内さんの報告は、添付の資料だけでは伝わらないユニークで楽しいものでし
た。〜 既存政党の相変わらずの態度を追認するのではなく、市民団体の仲間の女性
の背中を押し、カンパを集め、「いま選挙へ、市民候補を!」をスローガンに「素敵
な憲法に乾杯! 市民パーティ」を結成し参院選に飛び出す。選挙後,憲法と脱原
発、いのちを大切にする社会に向けたムーブメント創りのために、選挙で生まれた多
くの出会いと繋がりを活かしてスタート(8/31パーティ開催、会場バーアクアビー
テ,会費1ドリンク付1000円)…5万数千の得票に落ち込む私とは違い、竹内さんは明
るい。壊憲「国民投票」が現実になる日に向けて,今16歳の若者たちに語りかけるの
だと、集会後の二次交流会を中途退席、「これだと23時頃には学校に戻れるので失礼
します」とのことでした。その行動力には付いてはいけないが、元気をもらった1日
でした。
 「護憲円卓会議(神戸)」の今後を決める実行委員会を「12月10日(火)13時30分
〜兵庫勤労市民センター第7会議室」で開催します。多くの方の参加をお願い致しま
す。実行委員会の継続討議が可能かどうかが、会の今後を決める鍵となります。集会
参加出来なかった方々を含め、心ある方の参加を重ねてお願い致します。

<護憲円卓会議(神戸)実行委代表 佐藤 三郎>
*****************************
minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp tel&fax 078-733-3560
**********************




CML メーリングリストの案内