[CML 026179] Re: シリア化学兵器――米当局者「国連は調査活動を延長しない方がよい」/仏がサリン使用確認前にシリアに抗サリン薬を輸出/英国がシリアに化学兵器原料を輸出/仏がシリア介入訓練

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2013年 8月 29日 (木) 21:51:32 JST


泥憲和さん、ありがとうございます。

これは論評に値しないものですね。会話の中でシリア当局が攻撃をしたと認めたものではまったくありません。攻撃後なら、誰でも驚いて照会するはずです。

イスラエルも盗聴していたそうですが、これも何の証拠にもなっていません。

Israeli intelligence 'intercepted Syrian regime talk about chemical attack' | World news | theguardian.com
http://www.theguardian.com/world/2013/aug/28/israeli-intelligence-intercepted-syria-chemical-talk

The 8200 unit of the Israeli Defence Forces, which specialises in electronic surveillance, intercepted a conversation between Syrian officials regarding the use of chemical weapons, an unnamed former Mossad official told Focus. The content of the conversation was relayed to the US, the ex-official said.

太田光征

(2013/08/29 12:28), 泥憲和 wrote:
> これ↓がシリア軍による化学攻撃の証拠だというのですが・・・
> 
> 先週の金曜日、ダマスカスの東が化学攻撃された数時間後、1人のシリア国防省当局者が化学部隊指揮官に取り乱して電話し、1000人以上を殺した神経ガス攻撃についての回答を求めた。
> それらの会話を米国情報機関が傍受した。
> http://thecable.foreignpolicy.com/posts/2013/08/27/exclusive_us_spies_say_intercepted_calls_prove_syrias_army_used_nerve_gas
> 
> Last Wednesday, in the hours after a horrific chemical attack east of Damascus, an official at the Syrian Ministry of Defense exchanged panicked phone calls with a leader of a chemical weapons unit, demanding answers for a nerve agent strike that killed more than 1,000 people.
> Those conversations were overheard by US intelligence services, The Cable has learned.
> ----- Original Message ----- From: "OHTA, Mitsumasa" <otasa at nifty.com>
> To: <uniting-peace at yahoogroups.jp>
> Sent: Thursday, August 29, 2013 11:16 AM
> Subject: [CML 026168] シリア化学兵器――米当局者「国連は調査活動を延長しない方がよい」/仏がサリン使用確認前にシリアに抗サリン薬を輸出/英国がシリアに化学兵器原料を輸出/仏がシリア介入訓練
> 
> 
>> [転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]
>>
>> シリア化学兵器――米当局者「国連は調査活動を延長しない方がよい」/仏がサリン使用確認前にシリアに抗サリン薬を輸出/英国がシリアに化学兵器原料を輸出/仏がシリア介入訓練
>> http://unitingforpeace.seesaa.net/article/373333623.html
>>
>>
>> 仏フィガロ紙から、シリア化学兵器関連の情報をお知らせします。
>>
>> Mon Figaro - ARMES CHIMIQUES
>> http://plus.lefigaro.fr/tag/armes-chimiques
>>
>> 8月28日付フィガロ・ブログの記事 http://goo.gl/xylqNK   西側外交筋の話として、米国当局者が国連に対して化学兵器調査団の活動を延長しない方がよい、と伝えたという。
>>
>> 2013年6月24日付フィガロの記事 http://goo.gl/fXOOv8   シリアの首都ダマスカス近郊ジョバルでサリンが使用されたとフランスが公式に認めた6月4日の前に、フランスが抗サリン薬をシリア向けに発注。輸出先は自由シリア軍が支配する対トルコ国境のバブアルハワ。
>>
>> 2013年7月18日付のフィガロ記事 http://goo.gl/pnympz   英国議会報告書によれば、英国は過去2年間、シリアに対して化学兵器の原料になるフッ化ナトリウムを輸出してきた。「ロンドンはシリア反乱軍に対する化学兵器の防護服の輸出について発表したばかりだ」。
>>
>> 2013年5月27日付のフィガロ記事 http://goo.gl/uVtRR0   フランスの特殊作戦部隊がシリア介入を見越したヨルダンでの訓練を終了、と伝えている。
>>
>> 以下は、以前にご紹介しました。
>>
>> 西側に訓練されたシリア反乱軍がゴウタ(8月21日の化学兵器攻撃疑惑の地域)を通過(フィガロ紙)。西側が貯蔵化学兵器の確保でシリア反乱軍を訓練(CNN)。http://goo.gl/MCo8XR
>>
>> ウィキリークスがストラトフォーのメールを曝露(2012年3月)。http://goo.gl/7bo8O8  西側の特殊作戦部隊がシリア入りして反乱軍を支援。「仮定」の活動内容は、ゲリラ攻撃、暗殺作戦、アラウィー軍による支援の断ち切り、内部崩壊の誘導。
>>
>>
>> 太田光征
>>
> 
> 


CML メーリングリストの案内