[CML 026138] ウィキリークス(2012年3月):西側の特殊作戦部隊がシリア入りして反乱軍を支援し、活動内容の「仮定として」、ゲリラ攻撃、暗殺作戦、アラウィー軍による支援の断ち切り、内部崩壊の誘導を挙げた

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2013年 8月 28日 (水) 13:43:06 JST


[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

ウィキリークス(2012年3月):西側の特殊作戦部隊がシリア入りして反乱軍を支援し、活動内容の「仮定として」、ゲリラ攻撃、暗殺作戦、アラウィー軍による支援の断ち切り、内部崩壊の誘導を挙げた
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/373251389.html

ウィキリークスが2012年3月、インテリジェンス会社ストラトフォーの内部メールを曝露した。

http://goo.gl/QWyRzN (強調付き)
http://goo.gl/y1jYHR (オリジナル)

11年12月にペンタゴンで英仏代表を含む米空軍戦略スタディーグループの会合が行われ、そこにインテリジェンス会社ストラトフォーの分析員が同席した。同グループの参加者が「特殊作戦部隊(おそらく米・英・仏・ヨルダン・トルコ)が既にシリア入りし、偵察と反乱軍の支援に当たっている」と語った。

ただ、活動内容としては空爆を否定し、「仮定として」ゲリラ攻撃、暗殺作戦、アラウィー軍による支援の断ち切り、内部崩壊の誘導を挙げたという。

この件、Press TVの記事を翻訳する形で日本語ブログでも紹介されているが、ほとんど知られていない様子。

PressTV - Wikileaks document reveals: US-led NATO troops operate inside Syria
http://www.presstv.ir/detail/230376.html

ガーディアンも当然、ストラトフォーのメールの件は知っていて、というか元ウィキリークスのJames Ball氏が取り上げている。が、今に至るまで、ペンタゴン会合の件を書いた節がない。

WikiLeaks releases first 200 of 5m Stratfor emails | World news | The Guardian
http://www.theguardian.com/media/2012/feb/27/wikileaks-stratfor-emails-anonymous

日本での報道はこの程度。

米がシリア反政府派に秘密資金 民主化後押し - 47NEWS(よんななニュース)
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:BgRsXw5hcfwJ:www.47news.jp/CN/201104/CN2011041801000497.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

太田光征



CML メーリングリストの案内