[CML 026009] 時効まで15年間逃げ切るか 折原一の「逃亡者」もの

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2013年 8月 22日 (木) 10:05:01 JST


「逃亡者<http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167451134>」
折原一 文春文庫

江上剛のワイン片手に騙される快感...なる書評<http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011071704096.html>
で、ひさかたぶりの折原本。

公訴時効成立まで11時間前の起訴の、あの事件<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%92%8C%E5%AD%90>
をモデルにしている。

殺人の時効、15年。

(今は、時効なし?)<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%A8%B4%E6%99%82%E5%8A%B9>

警察(国家権力)から逃げ切れるか。

さらに恐ろしい暴力夫から逃げられるか。

どきどき、わくわくの逃亡ミステリー。

最期が、えっという展開。
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/ee0e44bfb5791e6997dd164aae4b4596
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内