[CML 025951] 学生は職場では弱い立場に置かれているが生活がかかっている。おかしいことはおかしいと言いたい/ユニオン

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 8月 17日 (土) 21:58:44 JST


学生は職場では弱い立場に置かれているが生活がかかっている。おかしいことはおかしいと言いたい/ユニオン


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


学生は職場では弱い立場に置かれているが生活がかかっている。

とくれば、

だから、理不尽でも、がまんしている。黙っている。

となりそうですが、


個人加盟の労働組合「首都圏学生ユニオン」の
代表に就任予定の岩井さんは
「学生は職場では弱い立場に置かれているが生活がかかっている。おかしいことはおかしいと言いたい」
と話された。
とのこと。


黙ってがまんしていられる猶予など
ないほどに生活状況が
追い込まれていることに
思いいたれませんでした。想像力が欠如していました。

そして、

おかしいことはおかしいの声
を受け止めるてくれる人に
労働組合に
出会われたことの幸運を思います。


おかしいことはおかしいとの声を発しないと
なかなかその出会いはないと思います。


私たち大人は、
こんな社会を作ってしまいましたが、

若者たちは、
おかしいことはおかしいと感じ、発信し、連帯する芽を持っているようです。


個人加盟の労働組合「首都圏学生ユニオン」
の結成の記事を
教えていただきました。

転載します。


[labor-members 33094] 毎日新聞に学生ユニオンの記事


首都圏青年ユニオン
(東京公務公共一般労働組合 青年一般支部)
(ホームページは
URL http://www.seinen-u.org
です)

の山田です。

本日(8/17土曜)の毎日新聞に首都圏青年ユニオンが取り組む学生向けの労働運動の記事が大きく出ました。

<ブラックバイト>被害学生ら労組結成へ
毎日新聞 8月17日 2時31分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130817-00000005-mai-soci


法令を無視した労働を強いる「ブラック企業」の対策に厚生労働省が乗り出す中、
残業代の不払いや雇い止めといった「ブラックバイト」の被害に苦しむ大学生たちが、
個人加盟の労働組合「首都圏学生ユニオン」を今月にも結成する。
店の売り上げのノルマ達成に協力するため自腹を切らされるケースもあるといい、若者が協力し合って問題解決を目指す。【東海林智】
・・・
※続きは、上記記事URLを参照ください。



菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内