[CML 025901] 【報告】第847日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 8月 14日 (水) 07:14:50 JST


青柳行信です。 8月14日。

明日、憲法“改正”に反対する集会とデモの案内です。
主催は教会関係がメインですが、どなたでも参加自由です。

☆ 8・15平和を建設する集い2013
・日時:8月15日(木)午後2時
・場所:福岡渡辺通教会
     福岡市中央区渡辺通4-5-1 092-751-6103
     (渡辺通りVivi福岡より50m入る)
       地図: http://tinyurl.com/ls3nw3q
・テーマ:“壊憲”をねらう自民党憲法改正草案
・講師:横田 耕一さん(九州大学名誉教授・憲法学)
・参加費:500円
・主催:反ヤスクニ福岡連絡会
※集会後、午後4時半より天神までデモ
問合せ:倉掛 092-752-1964

「きみへ」 さよなら原発! 
http://twitsound.jp/musics/tsMDocgv4

【転送・転載大歓迎】
   ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第846目報告☆
      呼びかけ人賛同者8月12日迄2926名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
毎日、暑いですね。
沖縄では、大学にヘリが墜落してから 9年になるそうです。
反省のない 為政者たちです。
あんくるトム工房
沖縄国際大学ヘリ墜落から9年 
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2572

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「風立ちぬ」宮崎駿監督のアニメを観たり「いざ生きめやも」
    (左門 8・14−383)
※大空に憧れて「ゼロ戦」を設計した堀越次郎を
「戦争神話」から取り戻すための歴史アニメです。
戦争の痛み、戦闘に追いやられた兵士たちの苦闘を
爪の垢ほども知らない閣僚たちが、靖国神社参拝を
「政治パフォーマンス」としてやらかしています。
真実の「風を!」

★ 石橋 近(北九州映画サークル会員) さんから:
作日、園子温(そのしおん)監督の「希望の国」を見ました。
見終わって、この国に希望はあるのか?とおもいましたが、
「国民一人ひとりが、政府やマスコミ、御用学者に騙されず
努力することが、希望だよ」と言っている、と思いました。
ことさら、政府や東電との争いを描くのは控えめにして、原発
は間違いだったと、みんなに気付かせる映画と思います。
「爆心ー長崎の青い空」「少年H」もおすすめです。

★ 久野成章 さんから:
同じ行政機関の限界の中でも、「広島平和宣言」のそのお粗末さは脇に置き、
「長崎平和宣言」の志の高さに賛同しつつ、もう一つ紹介したい。
広島の平和記念式典では被爆者の発言はありませんが、長崎の被爆者代表、
築城昭平さんの「平和への誓い」は、安倍首相の前で読み上げられました。
中国新聞の発言要旨では肝心のところを意図的にバッサリ切っているから、
なおさら紹介します。

毎日新聞と朝日新聞はこの重要な発言の全文を掲載しています。
http://www.asahi.com/national/update/0809/SEB201308090011.html
朝日新聞

中国新聞が削除している箇所が【 】です。
 【今年もまた、暑い夏がやってきました。】あの日のことは、私の脳裏から消えることはありません。
 【当時、】私は18歳、【師範学校の2年生でした。毎日、動員学徒として】三菱兵器【住吉トンネル工場に
通っていました。1945年8月9日、】夜勤を終え、【爆心地から北1・8キロのところにある】寮に【戻
ったのが午前7時ごろでした。主食のカボチャを食べた後、すぐに】寝ました。 

 バリバリバリという音で目が覚め、その瞬間、爆風で吹き飛ばされ、【気がついた時には部屋の壁に
打ちつけられていました。隣に寝ていた友人は血だるまになっていました。私自身も】左手首と左足が
焼けただれ、飛び散ったガラス【の破片】で体中から血が流れ、赤鬼のような姿になっていましたが、【は
だしのまま】20メートルほど先の防空壕(ごう)まで逃げました。 

 【防空壕の中はすでに】人でいっぱいでした。その前には黒焦げになっている人、【皮がペロリと垂れ下
がっている人、】鼻や耳がなくなっている人、息絶えたわが子を抱きしめ【放心状態で】座り込んでいる母
親、【全身焼けただれ茫然(ぼうぜん)と立っている人々】の姿がありました。まさに地獄絵図でした。 

 【やがて起こった火事に追われ、長与の臨時治療所にたどり着きました。その翌日から疎開先の自宅
で療養しましたが、2カ月もの間、高熱と血便が続き、立つこともできず、脱毛と傷の痛みに悩まさ
れました。近くに避難をしている人が次々と亡くなっていく話を聞くと、次は私の番かと恐怖の中で
死を覚悟したものでした。私はそのときまだ、放射能の怖さを知りませんでした。】 

 【幸いにして、私はこうして生き延びることができました。】今、強く願うことは、この大量破壊・【大
量】殺人の核兵器を一日も早く、この地球上からなくすことです。【しかし、いまだに核実験が行われ、
核兵器の開発は進んでいます。もし核兵器が使用されたら、放射能から身を守る方法はありません。
人類は滅亡するでしょう。】 

 【わが国は世界で唯一の戦争被爆国として、核兵器廃絶の先頭に立つ義務があります。私たち被爆者
も「長崎を最後の被爆地に」をスローガンに核兵器廃絶を訴え続けてきました。それなのに、先に開
かれたNPT再検討会議準備委員会で「核兵器の人道的影響に関する共同声明」に賛同署名をしませ
んでした。私たち長崎の被爆者は驚くというより、憤りを禁ずることができません。】 

 【その一方で、世界を震撼(しんかん)させた】東京電力福島第一原子力発電所の事故で、【新たに多く
の放射線被曝(ひばく)者がつくりだされ、平和的に利用されてきた】原発が決して安全ではないこと
が改めて示されました。【それにもかかわらず、事故の収束もみえないのに原発再稼働の動きがあると
ともに、原発を他国に輸出しようとしています。】 

 【ヒロシマ・ナガサキ、そしてフクシマの教訓として】「核と人類は共存できない」ことは明らかです。
【政府は誠実かつ積極的に、核兵器廃絶さらには原発廃止に向けて行動してください。】 

 【そして今、平和憲法が変えられようとしています。わが国が再び戦争の時代へ逆戻りをしないよう
に、二度とあのような悲惨な体験をすることがないように、被爆者のみなさん、戦争を体験した世代
のみなさん、あなたの体験をまわりの人たちに伝えてください。長崎では核兵器の廃絶と平和な世界
の実現を願って活動を続けている高校生、若者がいます。彼らが集めた署名は100万筆になろうと
しています。】 

 【この高校生たちに励まされながら、】私はこれからも被爆の実相を次の世代に伝えていきます。核兵
器も戦争もない、平和な世界をつくることは、私たちすべての大人の責任です。 
 ここに、私の願いと決意を述べて、平和への誓いといたします。 
 平成25年8月9日   被爆者代表 築城昭平 
なお、私たちの「市民による平和宣言2013」(日本語、英語)をも紹介します。
http://www.d6.dion.ne.jp/~knaruaki/tudoi/2013/2013page1.html 	

★ 清水満@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
原発関連情報99をお送りします。

1,猛暑が続いていますが、経産省官僚や電力会社はこれを再稼働の宣伝に使えると喜んでいます。
すでに夏前にそのようなメールのやりとりをしています。メディアの「猛暑」の連呼には裏があるのかもしれません。
http://dot.asahi.com/wa/2013071000002.html

2,新潟県の泉田知事を追い込むために、再稼働をしないとまた値上げをするぞと東電などが外堀から責めているようです。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013081301001413.html

3,しかし、値上げがこれ以上できないことは東電も知っているはずです。中部電力や中国電力が関東に進出してきます。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1308/09/news018.html

4,徳島県知事は再稼働しないと値上げするぞと脅す四国電力社長を「知恵がない」と一蹴しています。佐賀や鹿児島県知事にこういう態度がはたしてとれるか。
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20130809000142

5,福島原発の元運転員が関係者では初の会見をしています。社員だったのに、東電上層部の対応に不信感をもって辞めたということです。
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1628

6,すでに7月には元東電社員の木村俊雄さんが会見して、東電のデータ隠匿を批判しています。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=279934
http://kinoryu.cocolog-nifty.com/go_kinoryu/2013/07/post-9c73.html

7,原発と原爆、日米軍事同盟と原子力協定についてマスメディアで初めて放送したと評判の『ザ・スクープスペシャル「原発と原爆 〜日本の原子力とアメリカの影〜」』です。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-692.html

8,これをみたあとに、岡林信康の「アメリカちゃん」を聴くと44年以上前の曲なのに今でもまったく変わっていないことがよくわかります。
http://www.youtube.com/watch?v=KVI3SzT75I4

9,海外メディア(しかも体制派の経済紙)の方が事態をはっきりと報道しています。
イギリス・ファイナンシャル・タイムズの社説では、日本に原発事故の処理能力がないことを断言しています。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGV13001_T10C13A8000000/

10、アメリカのニューヨーク・タイムズも同じことを批判しており、構造的原因が原子力ムラにあること、構造を抜本的に変えることなく、弥縫策でしのぐ日本の対応にあることを
指摘しています。
http://kobajun.chips.jp/?p=13163
http://kobajun.chips.jp/?p=13198

11、うやむやにして先送りにする政府対応をさすがに被災地川内村の村長すら批判しています。
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/20130813t61011.htm

12、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「アベノミクス」は成長の大半は政府の景気刺激策と東日本大震災復興のための支出によるものと分析し、疑問を呈しています。これと
消費税アップ前の住宅建設も大きいでしょう。
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013081300660

13、ブルーメンベルグ紙は、安倍政権の歴史的評価は経済より原発事故対応で決まるとしています。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MRGAAN6JIJV401.html

14、山本太郎氏が国家権力による「山本つぶし」について語っています。今後「週刊ポスト」と「月刊WiLL」(ワック・マガジンズ)が続き、自民党議員が煽動しているとか、内閣
情報調査室が影で動いているということも語られています。
15、http://biz-journal.jp/2013/08/post_2678_2.html

16、市民科学研究室が、2011-12年度の10都道府県の食品放射能測定値のデータを整理しています。
http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/2013/07/20112012.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日も、「四万十市、4日連続で40度以上 50地点で猛暑日」という見出しに見られるような暑さが継続、この傾向2週間くらい続くかとの報道もあり、各地で局地的な大雨な
どの気象異変も伝えられています。

さて、今朝は、福島第一原発での汚染水や作業員の被曝管理問題の続報が続く中で当事者である東電がまた、原発再稼動に向けて試算を発表した記事から始めます。
1.「8.5%再値上げ必要=原発再稼働ない場合−東電試算」08/13-13:30
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013081300386
記事全文「東京電力が、柏崎刈羽原発(新潟県)が再稼働しなかった場合、2014年3月期に経常黒字化するためには電気料金を同年1月にも8.5%程度値上げする必要がある
と試算していることが13日、分かった。しかし東電は12年9月に既に値上げしており、再度の値上げには強い反発が予想される。このため、実際に再値上げを行うかどうかは、
今後の原発再稼働の動向などをにらみながら慎重に検討するとみられる。」
・・・・・こういう計算だけははやい、この試算には、フクシマで今後発生する費用はどうなっているのだろう??
次の記事に、少し長い文の説明がある、
1’.「<東電>1月にも8.5%値上げ必要…原発停止長引けば」毎日新聞 8月13日(火)12時8分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000036-mai-bus_all
こちらの記事は見出しのニュアンスが異なる、
1”.「柏崎原発来年1月再稼働なら黒字 値上げでも可能、東電試算」河北新報8月13日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/2013081301001413.htm
記事「・・・・・再稼働が出来ない場合でも、14年1月に8・5%程度の電力料金の値上げを行えば、約600億円の経常黒字になるとも試算した。・・・・・・(一方で)柏崎
刈羽原発(新潟県)が2014年1月に再稼働すれば、同年3月期に約340億円の経常黒字を確保できると東京電力が試算していることが13日、分かった。試算は取引金融機関
に示した。・・・・」

福島第一事故現場で、
2.「貯水槽40センチ浮く 福島第一原発、地下水の浮力か」朝日デジタル8月13日22時36分
⇒http://www.asahi.com/national/update/0813/TKY201308130368.html?ref=com_top6
記事「・・・・東京電力は13日、福島第一原発で4月に汚染水が漏れた地下貯水槽が最大40センチ浮き上がったと発表した。周囲を流れる地下水によって浮力が生じたことが原
因とみられる。汚染水は地上タンクに移送され、貯水槽は空だった。東電は、新たな汚染水の漏れはないと説明している。 ・・・・東電によると、高濃度の汚染水が入っていた3号
貯水槽(縦56メートル、横45メートル、深さ6メートル)が最大約40センチ浮き上がり、5、6号機の建屋地下の低濃度汚染水を入れていた4号貯水槽(縦40メートル、横
25メートル、深さ6メートル)も最大約15センチ浮き上がった。・・・・・」
・・・・・敷地内・周辺の地下の異常な状況が次々報じられる。

次も汚染水・放射性物質被曝の続報、
3.「福島第1 くみ上げ効果は未確認 規制委の対策検討会で」しんぶん赤旗8月13日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-13/2013081319_01_1.html
また東電は、1、2号機護岸で1日に60トン、全体で140トンをくみ上げることによって、汚染された地下水が海に流出しないとする解析結果を示す一方、地下水位が上昇しな
いようくみ上げた場合でも水ガラスの壁やそれより深い地層などから1、2号機間で1日に5〜15トン、全体で12〜35トンの地下水が海洋へ流出が続くとしていま
す。・・・・会合で規制委からは、解析自体の信頼性について疑問の声も出ました。この問題では7日に経済産業省が汚染された地下水が1日300トン、海に流出しているとする
推定を発表しています。
4.「福島第一 10人が放射性物質汚染」東京新聞8月13日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013081302100005.html
記事「・・・・・・免震重要棟前でバスを待っていた午後零時半ごろから約五分の間に、何らかの原因で放射性物質に触れたらしい。・・・・・・その後、水に汚染がないことが確
認され、放射線量も下がったため、いずれも解除した。今後は霧発生器の噴射口などを詳しく調べる。また、バスが放射性物質を巻き上げた可能性や十人の行動なども調べ、原因の
特定を進める。・・・・・・社員から検出された放射性物質は一平方センチあたり四〜一九ベクレル。社内基準は超えたものの、法令で除染が必要になる基準より低かった。内部被
ばくもなく、東電は「健康への影響はない」とみている。」
・・・・・この記事、現場の図入りです、ここでも“健康への影響はない”、という言葉が使用される・・・・・。

被災地フクシマ、
5.「帰還前提は非現実的」 川内村長、復興方針に不満(8/13 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/20130813t61011.htm
記事「・・・福島県川内村の遠藤雄幸村長は12日、福島第1原発事故で放射線量の高い区域の住民帰還について『住民に安易な希望を持たせているのはいつまでなのか。現実的な
対応が必要だ』と語り、帰還が事実上不可能でも帰還を前提に復興方針を議論する現状の在り方をあらためるべきだとの考えを示した。・・・・福島県いわき市であった県と同県双
葉郡町村長らの意見交換会で述べた。・・・遠藤村長は『(高放射線量区域の帰還は)5年先とか6年先とかの話があるが、地域によってはもっと時間がかかる。現実的でない希望
を持たせることがいいのかどうか、考えるべき時期に来ている』と語った。」
・・・全村帰村を進めている村長が、やっとこんな発言をしました。
6.「帰還困難区域への一時帰宅(8月13日)」福島民報8月14日付紙面
記事「富岡町35世帯89人、大熊町159世帯433人、双葉町94世帯260人、浪江町93世帯257人、個人の積算放射線量、1〜9、1〜51、0〜22、0〜77マイ
クロシーベルト」
栃木県、
7.「仮置き場での暫定保管、提案へ 指定廃棄物問題で矢板市長」下野新聞(8月13日 朝刊) 
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130812/1110781
記事「・・・・・遠藤市長は次回の市町村長会議でも県内処理を定めた国の基本方針の見直しを「従来通り主張する」。その上で処分場設置の住民合意は不可能との観点から「仮置
き場で安全な方法で保管するしかないと提言する」と説明した。・・・・・・仮置き場は現在、県内に174カ所ある。 」

海外、
韓国、昨日既報の火力発電停止後の続報、原発に依存してきたツケがこの国でも、
8.「深刻な電力不足で3日間エアコン禁止 韓国」日本テレビ系(NNN) 8月12日(月)22時34分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130812-00000062-nnn-int
記事「・・・・・・11日、首都・ソウルで行われた電力危機対策会議で、尹相直資源相は、『原発があと一基でも稼働を停止した場合、計画停電が必要だ』と述べている。 」
・・・・・火力2基故障、原発が23基中6基止まっている結果として。

九州、
9.「川内原発の対策再考を 『事故時の拠点運用複雑』 規制委」西日本08月14日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/21932/1/
記事全文「原子力規制委員会は13日、新規制基準に適合しているか判断する安全審査会合を開いた。九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に関しては、事故時の拠
点となる緊急時対策所の運用など、複数の問題点を指摘した。・・・川内原発には、2015年度までに完成予定の免震重要棟の代替施設として、9月までに新しい緊急時対策所
(180平方メートル)が建設される。九電は地震や津波による事故の場合は新対策所を使用する方針。それ以外は耐震性が不十分な現対策所(90平方メートル)を使い、事態が
深刻になれば新対策所に移動するとした。・・・規制委の更田豊志委員は『運用が複雑。(新対策所に)一本化した方がシンプルでふさわしいか議論したい』と述べ、九電側に再
検討を求めた。」
10.「玄海3、4号機 『安全性を確保』 事業者協会が評価」西日本[08月14日 03時00分 更新]
⇒http://qbiz.jp/article/21935/1/
記事全文「九州電力は13日、玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)で5日から行われた世界原子力発電事業者協会による相互評価が12日に終了し、『停止中の発電設備の安全性
が確保されている』『安全な運転に向けた諸活動が適切に行われている』と評価されたとする結果の概要を発表した。同協会は、世界の原発事業者でつくる民間組織。原発の安全性
を高めるため、技術者らが設備の管理態勢や運転技術などを互いに評価する取り組みを続けている。今回は7人の専門家が参加し、さらなる施設の安全性向上に向けた提言も行った
という。同協会は『事業者間の活発な議論を妨げる』として、7人の国籍や詳細な調査結果は公表していないという。」
・・・・調査員や詳細の調査報告はしない???

11.「お買い得情報を家庭配信 昼間に外出誘導→節電 凸版印刷 北九州市で実験中」西日本[08月14日 03時00分 更新]
⇒http://qbiz.jp/article/21919/1/
記事「・・・節電の実証実験「北九州スマートコミュニティ創造事業」が行われている北九州市八幡東区の東田地区で、商業施設の割引情報を家庭に流すことで、電力の需給逼迫
(ひっぱく)を回避するユニークな社会実験が7月下旬から続いている。平日の昼間、主婦などを買い物に誘い出し、家庭の冷房需要を削減するアイデア。9月13日まで実験を続
け、電力需要の抑制効果や、地域経済への波及効果を検証する。・・・・割引情報による節電実験に取り組んでいるのは凸版印刷(東京)。夏休みに入った7月22日から9月13
日までの約2か月間、東田地区と周辺の約400世帯に、近隣のイオンモールなど大型商業施設やスーパー、飲食店など21店で平日の午後1から5時に利用できる5から10%程
度の割引情報を、地区内の家庭に設置された情報端末や電子メールなどで配信。電力需要が高まるこの時間帯に外出を促す。・・・・・・・・・」

今届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面下方右に、9.の記事、
6面、
12.「聞き書きシリーズ 原爆を背負って31回 “伝わらぬ被爆実態” 被団協谷口さん」
その下方に、原爆に関する読者の投稿記事が2件あります。
13面経済欄に、11.の記事、
今朝は以上です。

★ 前田 朗 さんから:
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動 8・14を国連記念日にしよう! キャンペーン
(8月11日)の映像です。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/95814

★ 社会批評社の小西 さんから:
本日、火野葦平を中心とした「NHKスペシャルー従軍作家たちの戦争〜陸軍
のメディア戦略」が放送されます。ぜひ、ご覧下さい(作家・浅田次郎解説)。
以下は、メーリングリストからの転送です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この度、社会批評社から、日中戦争に戦場の実態をリアルに描いた火野葦平の
ルポ「兵隊三部作」(「土と兵隊 麦と兵隊」、「花と兵隊―杭州警備駐留記」
が復刊されました。

 当時ベストセラーになり、火野を国民作家にしたこのルポは、日本陸軍のメデ
ィア戦略によって生まれたものでした。
 
 日中戦争当時、中国の蒋介石政権は日本軍の残虐行為を国際社会に訴えていま
した。のちに陸軍報道部長となる馬淵逸雄は、これに対抗するため、火野を報道
班に抜擢し、徐州作戦に従軍させ、ルポを書かせました。

 このメディア戦略は日本国内では大当たりしました。「兵隊三部作」は爆発的
に売れ、映画化されました。戦意高揚に大いに貢献しました。これに気をよくし
た陸軍報道部は、「ペン部隊」を編成して、林芙美子ら流行作家を数多く参加さ
せルポを書かせました。また、菊池寛が率いる文藝春秋は会社を挙げてペン部隊
に協力し、お抱えの作家を送り込みました。

 火野葦平の軌跡から、軍と作家がどのような協力関係にあったのかをNHKス
ペシャルが描きます。

NHK総合 NHKスペシャル放送日:8月14日(水)午後10時00分〜10時49分
「従軍作家たちの戦争〜陸軍のメディア戦略〜(仮)」
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0814/index.html
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■(株)社会批評社 東京都中野区大和町1-12-10 
  電話03-3310-0681 ファクス03-3310-6561
  shakai at mail3.alpha-net.ne.jp
  http://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/shakai.htm
[社会批評社・新刊好評発売中]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●火野葦平著「兵隊三部作」『土と兵隊 麦と兵隊』『花と兵隊』(各本体1500円)
●『本土決戦 戦跡ガイド(part1)―写真で見る戦争の真実』
 (小西誠著)本体1600円
●『見捨てられた命を救え―3・11アニマルレスキューの記録』(PART1・PART2)
 (星広志著)本体1500円
●『フクシマ・ゴーストタウン―全町・全村避難で誰もいなくなった放射能汚染地帯』
 (根津進司著)本体1500円
●『サイパン&テニアン戦跡完全ガイド―玉砕と自決の島を歩く』
 (小西誠著)本体1600円

★ no name  さんから:
BS放送局の「BS11」の夜9時からの報道番組「INsideOUT」、今週は毎日戦争関
係の番組です。
特集:「この夏上映 シリーズ 映画で戦争を考える」
夜9時から54分間、再放送翌日深夜3時30分から

【8月14日(水)】「終戦のエンペラー」
ゲスト:浅井信雄(国際政治学者)
VTR出演:奈良橋陽子(「終戦のエンペラー」プロデューサー)
1945年8月30日、進駐軍を率いて終戦直後の日本に降り立ったマッカーサー元帥
から、昭和天皇の戦争責任に関する極秘任務を命じられた男が真実にたどり着く
までの姿を息詰まるタッチで追った「終戦のエンペラー」。番組では、奈良橋陽
子プロデューサーの単独インタビューを交えながら、映画の見所を紹介するとと
もに、マッカーサーが終戦の日本でどのような役割を果たしたのか?そして昭和
天皇が終戦にあたってどういう役割を果たしたのか?を通じて、戦後日本の歩ん
だ復興の歴史や今議論が持ち上がっている改憲問題や日米同盟のあり方を考える。

【8月15日(木)】「英霊たちのみた8・15〜68年目の敗戦の日〜」
ゲスト:坪内祐三(評論家)
8月15日、日本は68年目の敗戦の日を迎える。旧日本軍の将兵は、「靖国でまた
会おう」と言い交して、戦場に行ったと言われる。現在、靖国神社には戊辰戦争
以来アジア・太平洋戦争までに亡くなった軍人・軍属ら戦死者246万人が「国家
のために一命を捧げられた英霊」として祀られている。そんな一日をカメラで撮
影し、スタジオで語る。

【8月16日(金)】「標的の村」
VTR出演:三上智恵(琉球朝日放送報道部)
8月10日から順次全国で公開される「標的の村」は、琉球朝日放送が追い続け
た"沖縄の戦い"のドキュメントだ。沖縄、山原の東村は米軍のジャングル演習地
に囲まれた村。この演習地に新たにヘリパッドが建設されることを知った住民は
反対運動に乗り出す。このヘリパッドは、いずれ「オスプレイ」の訓練施設とな
るからだ。しかし、立ち上がった住民の前には、国からの考えられないような障
壁が立ちふさがる。そしてやがて彼らの反対運動は「オスプレイ配備反対」の戦
いとなり、運命の日を迎える...。内地では、ほとんど報道されることのない沖
縄の真実をこの映画は伝えます。

★ 松岡 さんから:
<cinema13-17「ひろしま/石内都・遺されたものたち」(リンダー・ボーグランド)>
「ひろしま/石内都・遺されたものたち」(リンダー・ボーグランド)を見た。
写真家石内都が広島で被爆して亡くなった少女、少年らの遺品(ワンピース、ス
カート、ブラウス、学生服、手袋、靴など)を撮った作品郡をその制作過程、カ
ナダのバンクバーでの「ひろしま展」を見る観客へのインタビューとともに描い
た深く心にしみいる映画だった。私はテレビ版の「ひろしま」を見ていて、「ひ
ろしま」を描くあたらしい視角(遺品の背後に存在した人々を思い描くことを誘
う視点)に感動し、ぜひ映画版を見たいと思っていた。映画版で特に印象に残っ
たのは、国境を越えて移住してきた経験を持つ人々が多いカナダという土地柄を
背景にして、「ひろしま」の作品群を見た人々のグローバルで、豊かな感想だっ
た。
「ひろしま/石内都・遺されたものたち」公式サイト
http://www.thingsleftbehind.jp/

○−−−−−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−−−−−○

●明日、憲法“改正”に反対する集会とデモの案内です。●
主催は教会関係がメインですが、どなたでも参加自由です。

☆ 8・15平和を建設する集い2013
・日時:8月15日(木)午後2時
・場所:福岡渡辺通教会
     福岡市中央区渡辺通4-5-1 092-751-6103
     (渡辺通りVivi福岡より50m入る)
       地図: http://tinyurl.com/ls3nw3q
・テーマ:“壊憲”をねらう自民党憲法改正草案
・講師:横田 耕一さん(九州大学名誉教授・憲法学)
・参加費:500円
・主催:反ヤスクニ福岡連絡会
※集会後、午後4時半より天神までデモ
問合せ:倉掛 092-752-1964

●「さよなら原発!11・10九州集会」(仮称)●
    実行委員会結成集会
日 時:8月18日(日)14時より 
場 所:福岡県教育会館(福岡市東区馬出4-12-22)
  地図:http://tinyurl.com/jwb9de6

 さよなら原発!11.10九州集会(仮称)
ホームページHP http://bye-nukes.com

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第6回口頭弁論期日 9月27日(金)14:00 佐賀地裁
      午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
      原告総数 原告総数 6751名(8/9現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
        サマータイム  午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
     8/10〜8/18 まで閉設。
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
<facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
        青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内