[CML 025867] 2013年平和のための京都の戦争展8/11。沖縄。混声合唱組曲悪魔の飽食。川田文子さん。

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 8月 11日 (日) 09:53:01 JST


2013年平和のための京都の戦争展8/11。沖縄。混声合唱組曲悪魔の飽食。川田文子さん。


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


2013年平和のための京都の戦争展

が

8月6日〜11日立命館大学国際平和ミュージアムで行われ、

今日8/11日曜日は最終日です。


展示と共に今日は下記の企画が行われます。

ご都合つきましたら、ぜひお越しください。


2013年平和のための京都の戦争展
ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sensotenkyoto

より


8月11日(日)のスケジュール 
2013/7/9(火) 午後 2:14
イベント日程
ボランティア活動
ツイート 


◆11時〜11時45分 2階孔子学院講義室 
沖縄を知ろう!
「沖縄の中の日本ー基地、暮らし、女性の人権」
平井美津子さん(中学校の先生)
三線の演奏
うちなんちゅー有志の会
◆正午〜1時 1階ステージ

上北なかままつり合唱団

あくまで平和な合唱団
混声合唱組曲「悪魔の飽食」
毎年恒例

(※混声合唱組曲「悪魔の飽食」については

[CML 017828] 「日本の合唱史」(青弓社)
より 池辺晋一郎 混声合唱組曲「悪魔の
飽食」と関連
2012年 6月 17日 (日) 07:22:23 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/
2012-June/017650.html
)

を参照ください。


◆1時〜1時45分 2階孔子学院講義室
かみしばい
「二度と」「おかあさんのうた」「平和のちかい」「みんなでぽん」
畑中恵美子さん
◆2時〜2時45分 2階孔子学院講義室
「沖縄の元日本軍『慰安婦』ペ・ポンギさんのこと」
川田文子さん(ノンフィクション作家)
戦争中、沖縄には、日本軍の慰安所が、民家を没収するなどして、たくさん作られました。
朝鮮半島から連れてこられ、戦争を生き延び、戦後の沖縄を生きたペ・ポンギさん。
ペさんのもとに通い、心を通わせて彼女の人生を書き起こした川田さん。
ぺさんの人生と沖縄を知ることで、今の日本の姿がくっきりと見えてくるはずです。
ハーグの会
(資料代300円)
◆3時〜3時45分 2階孔子学院講義室
「日本軍『慰安婦』問題の悲劇をくり返さないために私たちができること」
2時からの学習会をさらに深めよう。2時からのお話をきいた人限定。
コメント 川田文子さん
ハーグの会


◆2時〜4時 2階ミュージアム会議室
ミニシンポ「原水禁運動の歴史から何を学ぶか」
講演:丸浜江里子さん(元中学校教諭、『原水禁運動の誕生』著者)
コメント:赤松千代さん(立命館大学院生、社会学)
日本史研究会 無料


会場は

立命館大学国際平和ミュージアム
です。

公式サイト
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/
所在地

〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
電話番号
075-465-8151
ファックス
075-465-7899


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)





CML メーリングリストの案内