[CML 025865] 放射能流出・遅報は大本営発表か、 どなたか教えてください

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2013年 8月 11日 (日) 05:29:00 JST


一部再掲

参院選挙後の
放射能流出発表は大本営発表か

大本営発表で日本国民は騙され続け、日本政府はヒロシマ、ナガサキの原爆・ソ連の参戦後に敗北宣言をした。
この状況と今はどこが異なるのか。

既報
海に放出された、トリチウム(三重水素・半減期12年)は20兆~40兆ベクレル。
(東京新聞8月3日)
トリチウムは比較的危険度が少ない、と言われているので国と東電は発表したのか。
他はどうなのか。
危険である
ストロンチウム90(半減期29年)
プルトニウム239(半減期24000年)
セシウム137(半減期30年)
等々は検出されていないのか。
発表しないとすれば、日本在住者は既に危険であり、海外に退出しなければならない状態におかれているのか。
これを発表したらパニックが起こるので政府と東電はひた隠しにしているのか。
どなたか教えてください。
                      
政府が「秘密保全法案」の成立を急いでいるのは
このことにも関係しているのでしょうか。(石垣)

色平さんからの情報
兎園 @fr_toen 1時間
毎日。秘密保全法案:漏えい、政治家に罰則 非公開延長も。 http://mainichi.jp/sel
ect/news/20130809k0000m010130000c.html …
uniting-peace][28049] 


トリチウムの危険性
トリチウムの危険性については、アメリカ・イリノイ州原発周辺住民の被害で他地域と比較し脳腫瘍・白血病30%以上の増加、

小児癌が二倍になったということが報告されている(2011.12.28NHK放映)


CML メーリングリストの案内