[CML 025821] 【報告】第841目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 8月 8日 (木) 07:24:36 JST


青柳行信です。 8月8日。

「きみへ」 さよなら原発! 
http://twitsound.jp/musics/tsMDocgv4

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第841目報告☆
     呼びかけ人賛同者8月7日29245。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】8月7日1名。
   匿名
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
いやあ、暑かったですね。
熱風が吹いて来るんですもの。
あんくるトム工房
汚染水 留まるところを知らず http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2563
汚染水は 漏れている  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2562
   後手後手の政府の対応はひどいですの
   いったい どうなるのでしょう。 
   とにかく 原発と おすぷれいは いりません。

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「もうひとつのアメリカ歴史」を暴露せしストーン監督が被爆者に聴く
       (左門 8・8−377)
※被爆者は「大きな苦しみを受け、
しかもその記憶を伝える責務を持ち、愛にあふれ、
世界を本当に良くしたいという理想にあふれた大事な方々だ」
と受け止められた。
その視点から、ヒバクシャを描いた映画を創っていただきたい。 

★ 飛永永子 さんから:
青柳様
暑い所大変ですね。おつかれでしょう。

★ 金信明(原発なくそう!九州玄海訴訟原告」の「福岡市かすや地区」) さんから:
<浪速の歌う巨人「パギやん(趙博)」のライブ&トーク>
日 時:8月11日(日) 14:30〜16:30
場 所:福岡県中小企業振興センター401会議室(吉塚駅東口すぐ)
            福岡市博多区吉塚本町9-15
    地図:http://www.joho-fukuoka.or.jp/hall/map/index.html
入場料:1,000円
問い合わせ先:弁護士法人奔流本部オフィス 092-642-8525(担当:池永、岸野)
ぜひご参加ください。その後交流会も予定しています。(予算2〜3千円ほど)

パギやんの歌は
http://tinyurl.com/n43u7lg で見られます。HPは「黄土通信 http://fanto.org 見られます。

パギやん=趙 博(ちょう・ばく)さんのご紹介
「浪速の歌う巨人・パギやん」の異名をとるシンガーソングライター&歌劇派芸人。「FMわぃわぃ」(神戸市長田区)「FMさがみ」(神奈川県相模原市)「南相馬ひばりエフエム」
(福島県南相馬市)のDJ。1956年大阪市西成区生まれ。大学でロシア語を、大学院で教育学を専攻。1983年文学修士号取得。コンサートはもちろん、語り芸「歌うキネマ
&声体文藝館」シリーズも全国で公演。代表作は『ホタル』『砂の器』『青春の門・筑豊編』『泥の河』『パッチギ!』『キクとイサム』『マルコムX』『風の丘を超えて/西便
制』など。音楽劇『百年、風の仲間たち』(演出:金守珍)、二人芝居『ばらっく』(共演:土屋時子)の脚本も手がけている。CD『百年目のヤクソク』『うたの轍』、DVD
『コンサート・百年を歌う』、著書『僕は在日関西人』(解放出版社)『夢・葬送』(みずのわ出版)『パギやんの大阪案内』(高文研)など多数。公式サイト http://fanto.org

体重百キロの巨体に力感あふれる歌、そしてネット右翼どもに忌み嫌われる"過激"な発言の数々、そこからは、"濃い"イメージがついつい先走ってしまいがちだ。が、実際に相対す
る趙博は物静かな、実に繊細な男である。でも、それにダマされてはいけない。情況に対する沸々とした怒りが、その立ち居振る舞いと、静かな物云いの中に込められているのを感
じる。内に深くマグマをたたえた人です。

そのパギやん=趙博さんのオモイです。

僕は「在日朝鮮人」として大阪の「被差別部落」に生まれ育ち、劣悪な住環境の中で生後2週間で右目を失いました。学校では、西山と名乗り朝鮮人という事実をひた隠し、隻眼を
バカにされまいと、勉強、けんか、スポーツ、何でも一番やないと終わりなんやと必死でした。学校とは、一瞬も気が抜けない戦場そのものだったのです。
 最難関の高校を目指した中学3年の冬。「出世したる。この家にいたら未来はない、飛翔せよ」を生活訓にし、1日4時間の睡眠。これがたたって結核になり、生死をさまよって
受験はパー。境遇への憎悪から卒業証書と卒業アルバムを燃やしました。
 でも、妥協して入った高校が良かった。療養と称して入り浸った保健室の美人な先生に勧められ、萩原朔太郎や井上靖らの詩や小説に触れ、吉田拓郎、ボブ・ディランらのフォー
クソングにはまった。文学と音楽を愛する格好いい自由人を目指しました。
 大学では、学生運動に没頭。予備校講師を18年勤め、「ロックで学ぶ入試英語」など、好き放題やりました。でも、「未来形の『Will』になぜ過去形があるのか」などと、
こっけいでも、講師をうならせた生徒たちが「この参考書をやれば○○大学に入れますか」と年々おかしくなった。飲み会もしない。ネットで講師のランク付けをして小バカにす
る。ギラギラさがない。予備校では、国が仕掛けた偏差値競争と闘う反権力闘争だと信じてやってきたのに、今やすり寄るばかり。塾の最終講義では、自分の闘争の敗北を認めつ
つ、「お前ら終わっとるんじゃ」とぼろくそに言ってやった。
 学校も、文科省に「日の丸、君が代」を強制されっぱなし。そして、子どものいじめが陰湿化し、被害者と加害者がころころ入れ替わる。1回どついたら友情は修復不可能。おか
しいやろ。娘が、小中学校と不登校になったが、その豊かでまっとうな感受性から不登校になったことを心底誇りに思います。 
 大阪の学校には「非行は宝」という素晴らしい言葉がある。必要なのは、こうした発想の転換。学校に期待するよりも、僕らおやじが人生を楽しんでいる姿を子どもに見せましょ
う。

福岡市博多区・東区・かすや地区の「九州玄海訴訟」の原告団共催で、大阪で反原発運動に活躍されている「パギやん(趙博)」のライブ&トークを行います。
<次回の追加提訴は8月9日、1万人を目指して、原告募集中です!> 
「原発なくそう!九州玄海訴訟」とは
 福島第1原発事故は、いまなお被災地の内外で膨大な被害を生み出しています。私たちは、国と九州電力を相手に玄海原子力発電所の操業差し止めを求めて、佐賀地方裁判所に提
訴し、これまでに約6000名の市民が原告となっている、史上最大の原発訴訟です。

★ 清水満@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
雑事に追われあいかわらず忙しい日々を送ってますが、あいだを縫って原発関連情報98をお送りします。

8/3-4に兵庫県明石市に講演に呼ばれて行ってきました。そこで「あとりえとおの」さんと会い、講演の前に彼の原画展(明石ピースフェスタ)を見てきました。
http://ateliertono.blogspot.jp/2012/03/blog-post.html
http://mainichi.jp/feature/news/20130802ddlk28040330000c.html

とおのさんは、福島の伊達市で原発事故に遭い、その思いを訴えるべく絵を描き始めた人です。福島・関東などで原画展をしていましたが、3月に明石市へ避難してきました。彼の絵
は優しく暖かいものが多いですが、それは一面で、実はピカソの「ゲルニカ」のような「フクシマノサケビ」などは迫力があります。とおのさんの絵はまだ九州では展示されたこと
がないので、これをみなさんに見てもらいたいほどです。
とおのさんは昨年12月にピースボートが福岡に寄ったときにその中にいたそうです。
福島住民の彼のような人が開沼博のような人物を批判しないといけないと二人で話しました。
8月は24日岩手の陸前高田市高田高校での支援ワークショップに参加したあと、25日は北上市でデンマークの教育・地域づくり・脱原発について講演してきます。

1,さて、福島原発は汚染水問題でたいへんなようです。過小評価の日本のメディアよりも海外メディアが大きく伝えています。
http://www.cnn.co.jp/world/35035662.html
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97605B20130807
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324513804578652903693994978.html
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97606X20130807?rpc=188

2,東電任せではダメだということでようやく政府もしかたなしに関与をしようとしています。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97600L20130807

3,汚染水問題について、小出裕章さんの見解です。
http://linkis.com/kaze-to-hikari.com/8R4L

4,被曝者は脱原発を述べているのに目の前で推進をいう安倍首相です。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013080702000113.html

5,ようやく福島原発関係者の刑事告発が受理されています。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=271237&g=123203

6,電力会社が原発を推進するがゆえに赤字になっていることがわかる昨年度決算を述べた記事です。原発をもたない沖縄電力だけが黒字です。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1308/05/news014.html

7、電力会社は企業用の業務用料金を上げたために、企業が他の新電力(特定規模電気事業者)から電力を購入しています。そのために猛暑の7月でも需要が下がっています。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1308/02/news013.html
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130807/biz13080710440005-n1.htm

8,巨額の廃炉費用を電気料金からまかなうために、政府が電力会社の損失処理会計を改訂しようとしていますが、それがごまかしだというわかりやすい解説です。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogasawaraseiji/20130807-00027082/

9、予想されたことですが、山本太郎さんがさっそく御用メディアからでっち上げの攻撃をくらっています。
http://tanakaryusaku.jp/2013/08/0007674
ついでにこの記事も。
http://dot.asahi.com/news/politics/2013072400023.html

10、「源八おじさんとタマ」で知られるrjtvoekptmiさんが、新作「憲八おじさんとタマ」シリーズを出しています。http://www.youtube.com/watch?v=DueYPXbJsUk
http://www.youtube.com/watch?v=AvjyR_jnf9A
http://www.youtube.com/watch?v=korC65bOr1I
http://www.youtube.com/watch?v=1wzHjFGKajs
http://www.youtube.com/watch?v=QfVRVhYDmH4

11、おまけでもう一つ。憲法9条の効果は意外なところにもあります。
http://mainichi.jp/feature/news/20130725dde012040041000c.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
毎日、猛暑が続きます、7日使用電力が最大値になった旨の記事がありますが、それでも足りています。
さて、福島第一の汚染水問題、一日300トン海へ流出・・・、2年超を経て今頃になって、それでも“収束宣言を撤回しない”国が、ついに関与する方向で予算化というニュースが流
れています。ネットになる記事を冒頭に並べてみます。政府が予算化するだけで、東電に執行を任せると今までと変わらない事態が続いてしまうことになりはしないか? どうする
んでしょう。
1.「汚染水対策に国費投入=福島原発、凍土で遮水壁−政府」時事通信08/0712:38
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080700385
記事「・・・・・汚染水対策は、原子炉建屋への地下水流入を防ぐために、周囲の土を凍らせて遮水壁をつくるのが中心となる。菅官房長官は会見で『これだけ大規模な凍土による
遮水壁は世界でも例がない。国も一歩前に出て実現を推進する必要がある』と強調した。・・・経産省は2014年度予算の概算要求に関連費用を盛り込む見通し。」
・・・・維持するために、膨大な電力が必要だが、どうするんでしょう。まさか、そのために原発稼動を考えてないでしょうね。
2.「『凍土方式』で汚染水阻止=国費で支援、来年度予算計上へ−『東電任せ』転換 」時事通信08/0719:01
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080700549
記事「・・・・・・政府と東電は、15年度前半の運用開始を目指している。」
3.「汚染水くみ上げ9日開始=海側を緊急掘削−エネ庁『流出300トン』・福島第1 」時事通信08/0721:50
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080700941
記事「・・・・福島第1原発から放射能汚染水が専用港に流出している問題で、東電は7日、1、2号機取水口間の護岸に深さ2.5メートルの穴を1本堀り始めたと発表した。流
出対策として地下を薬剤で固めて流れをせき止めた結果、陸側で水位が上昇していることに対応した緊急工事。9日から、汚染された地下水をポンプでくみ上げる。・・・・」
・・・・万事が後手です。
4.「福島第1原発の汚染水流出 規制委、異例の陣頭指揮」河北新報8月7日⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/20130807t63010.htm
記事「・・・・・規制委の突出ぶりは、事態の深刻さへの焦りと対応が後手に回る東京電力へのいら立ちの裏返しと言えそうだ。・・・・『規制機関が踏み出すべき領域かどうか疑
問もあるが、リスクが高まっている』・・・・・・規制委が2日に開いた汚染水対策作業部会の初会合。座長役の更田豊志委員は開催理由をこう説明し、早速東電から聴取を始め
た。東電が「調査する」「検討する」と答えた事項について『次回、耳をそろえて持ってきてほしい』と強い口調で要求した。・・・」

福島第一事故現場周辺では、
5.「海底くぼ地に高濃度セシウム=汚染分布を初確認−東大」時事通信08/0720:10 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080700924
記事「・・・・福島第1原発周辺の海底を東京大が調査したところ、くぼんだ所や河口付近で高濃度の放射性セシウム137が検出されたことが7日、分かった。・・・・海底の汚
染状況にむらがあることは分かっていたが、詳細が確認されたのは初めて。・・・・」
5’.「海底にセシウム高濃度地点が約40カ所 福島原発沖のくぼ地」西日本08月08日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/21681/1/
・・・・・こちらの記事、図解入りです。

被災地フクシマでは、
6.「漁協が試験操業延期=福島第1の汚染水流出で−いわき市」時事通信 08/0718:07
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080700790
記事「・・・・同漁協は原発事故以降、同原発南側の海域で漁業を自粛。その後、県や漁協の放射性物質検査で基準を下回ったため、9月開始の方向で調整を進めていた。・・・・
福島第1原発で放射能汚染水が海に流出している問題で、福島県いわき市漁業協同組合は7日、9月に予定していたシラス漁と底引き網漁の試験操業を延期することを決めた。対象
となる魚から基準を上回る放射性物質は検出されていないが、消費者の理解を得られないと判断した。・・・・」
・・・・タンクに溜めた汚染水を流出する話なんか、どこに行ったか、と。
7.「福島・川俣町が二つに再編 避難区域最後の見直し」西日本 (8月7日18時03分)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/31670
記事「・・・・福島第1原発事故で、計画的避難区域に指定されていた福島県川俣町山木屋地区が8日午前0時、『居住制限区域』と『避難指示解除準備区域』の2区域に再編され
る。政府が7日決定した。『帰還困難区域』の設定はない。・・・山木屋地区は、川俣町内でも第1原発に近い南東部にある。国が原発事故翌月の2011年4月、20キロ圏の警
戒区域や、その外側で放射線量が高い計画的避難区域に指定した県内11市町村の中で、最後まで再編が決まっていなかった。・・・」
7’.「<福島原発事故>避難区域の再編完了 11市町村」毎日新聞 8月8日(木)0時32分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000001-mai-soci
長文記事「・・・・帰還時期の目安を示す区域再編を、国は帰還の前提と位置づけて進めてきた。だが、5年以上戻れない帰還困難区域を中心に、除染や賠償手続きなどの遅れか
ら、帰郷を諦める住民も増えつつある。・・・・・」
・・・こちらの記事、図解入りです。

原発立地自治体では、
8.「原子力災害時の避難で課題  (茨城県)知事、『具体的な形考えたい』常陽新聞8月7日
⇒http://www.joyo-net.com/
記事「(茨城)県原子力災害対策検討部会で公表された避難時間推計シミュレーションについて、橋本知事は6日の定例会見で、『本当に時間がかかると感じた。もう少し具体的な
形を考え、安全な時間帯に避難できる方策を講じなければならない』と述べた。・・・・・」
9.「東海第2 県主導で広域避難計画、年度内策定目指す 市町村へ全体構想」茨城新聞8月7日 
⇒http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13757989727531
記事「日本原子力発電東海第2原発(東海村白方)の事故を想定した広域避難計画について、橋本昌知事は6日の定例会見で「県が全体としての構想をつくり、それに沿った形で市町村
に動いてもらうことが大事」と述べ、県主導で計画を策定する方針を示した。市町村がそれぞれ個別に避難ルートや避難先を決めると、激しい渋滞や避難所不足などの混乱が避けら
れないと想定されるため、市町村計画を事前に“交通整理”して先導する。県では年度内の策定を目標にしている。・・・・・」
・・・・避難計画、作りようがないのでは、100万人超の可能性があるから。

電力会社は、
10.「7社で電力需要が今夏最大 冷房使用で押し上げ」東京新聞8月7日 22時39分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013080701002223.html
記事「政府が節電を要請している沖縄以外の電力9社管内のうち、東京電力と中部電力を除く7社管内の電力需要が7日、今夏最大を更新した。厳しい暑さで冷房の使用が増えたの
が主な要因だ。・・・・関西電力が午後2時台に2634万キロワットを記録したほか、九州電力が午後4時台に1544万キロワット、東北電力が午後2時台に1251万キロ
ワットなどとなった。いずれも速報値。・・・・電力供給の余力を示す予備率は、7社とも政府が最低限必要とする3%を上回り、安定供給に支障は出なかった。(共同)」
・・・・それでも十分に足りている。
11.「中部電力、東電管内で本格売電へ 越境競争時代に突入」朝日新聞デジタル 8月7日(水)5時43分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130807-00000006-asahi-ind
記事「・・・・中部電力が今年10月から、東京電力管内で企業向けの電力販売に乗り出す。三菱商事から新電力会社「ダイヤモンドパワー」(東京都)を買収し、首都圏市場に参
入する。地域ごとに電力市場を独占してきた大手電力が、他の地域に本格参入するのは初めて。大手電力どうしが競争する時代の幕開けになりそうだ。・・・・中部電は10月1日
付で三菱から持ち株の80%を買い取り、経営の主導権を握る。買収額は10億円程度とみられ、社長も中部電から新たに派遣する。三菱商事が売却するのは、当初の計画ほど販売
が伸びなかったためだ。一方で、20%の株式を保有し続け、引き続き電力事業にかかわる。」
12.「関電離れ、企業や自治体千超す 4月の値上げ後」東京新聞 (8月7日 11:11) 
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013080701001103.html
記事「・・・・関電によると、契約をやめた顧客数から契約を結び直した顧客数を差し引いた数は、4月1日から7月1日までの3カ月間で1050だった。・・・・関電と同時に
企業向け料金を値上げした九州電力でも顧客の離脱が相次いでおり、7月から値上げした四国電力、9月から値上げする北海道電力、東北電力にも同様の動きが広がりそう
だ。・・・・」

新たな発電資源、
13.「川崎にバイオマス発電所建設へ 昭和シェル、国内最大級」西日本[08月07日 12時10分 更新]
⇒http://qbiz.jp/article/21636/1/
記事「石油元売り大手の昭和シェル石油は7日、川崎市川崎区に木材を使ったバイオマス発電所を建設すると発表した。出力は4万9千キロワットで、2011年に閉鎖した子会社
の製油所跡地を活用する。総事業費は約160億円。14年5月に着工し15年12月に稼働する予定だ。・・・・・昭和シェルは「計画段階としては国内最大級のバイオマス発
電」としている。廃材でつくった木材チップなどを北米から輸入して燃料とし、再生エネルギー固定価格買い取り制度を利用して他電力などに販売する。一般家庭約8万3千世帯の
年間消費量に相当する電力を供給できるという。・・・・・」

九州では、
14.「九電副社長ら招き、あす8日質疑」佐賀新聞8月7日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2527812.article.html
記事全文「佐賀県議会原子力安全対策等特別委員会(石丸博委員長、36人)は8日、玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の新規制基準に基づく安全審査について、九州電力か
ら参考人を招致し、質疑を行う。・・・ 九電からは山元春義副社長、今村博信玄海原発所長らが出席。原子力規制委員会に提出した新規制基準に対する適合性確認のための申請内容
について説明する。 ・・・・各会派を代表し、伊東猛彦議員(自民)、武藤明美議員(共産)、徳光清孝議員(県民ネット)の順で質疑を行い、その後、フリー形式で質疑する。」 
・・・・・・・佐賀県議会、しっかりしてくださいね。

こんな事件もおきていると、
15.「九電関係者装い電話・訪問 県内は3件発生」佐賀新聞8月7日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2528010.article.html
記事「九州電力関係者を装い、電話をかけたり、自宅を訪問したりする事案が本年度に入って宮崎県を中心に急増している。佐賀県内でも電気設備の点検などを装い、金銭的被害が
出たケースも確認されており、同社は注意を呼び掛けている。・・・・」
15’. 「『九電』装う電話・訪問急増 数十万円被害も」西日本 [08/07 21:10]? 
⇒http://qbiz.jp/article/21652/1/
記事「九州電力は7日、九電関係者を装う電話勧誘や訪問販売が4?7月に九州7県で245件と急増し、既に前年度の1年間(82件)を上回ったと発表した。九電は5月に家庭向
け電気料金を値上げしており、「電力使用量が減る」と、不要な器具を数十万円で買わされたケースもあるという。・・4月前半に宮崎県で問い合わせや連絡が112件と集中した
ため、九電は同17日、同県内で注意を呼びかけていた。7月末現在では、宮崎196件▽福岡29件▽鹿児島8件?などと、熊本を除く6県で前年度を上回るペースになってい
る。・・・・」

いま届いた西日本新聞朝刊では、1.〜5’間での一連の汚染水問題の記事が3面に図解入りであります。
見出しに、「首相『東電には任せない』」とあるが、果たして如何ような体制で臨むのか?
すぐ横に、
16.「自民にも原発慎重派!? 小委で新増設凍結案、反発相次ぐ」
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/31679
記事「・・・村上誠一郎委員長は7日の会合で、使用済み核燃料の最終処分の方法や処分先が決まるまで、原発の新増設を凍結するよう求める提言案を示した。・・・出席者からは
反発が相次いだ。・・・・一部議員は「新増設を政府が否定していない」と指摘。『党の小委員会が凍結を言うのはおかしい』などと批判した。・・・・提言案とりまとめの行方は
不透明だが、村上委員長は会合後、記者団に『党が国民の安全や将来を真剣に考えているという姿勢を示すべきだ』と述べた。」
・・・・・委員長、ポーズだけでは困ります!!
6面、
17.「聞き書きシリーズ 原爆を背負って27回 “長崎被災協の結成” 被団協谷口さん」
12面・13面経済欄に、10.11.の類似記事があります。
30面、
18.「オリバー・:ストーン監督 長崎訪問 原爆が戦争を終わらせた、作り話」最終更新08月08日 00時18分
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/31724
19.「被爆地の怒り 母から娘へ “過ち繰り返さないため” 広島 伝承者要請事業」
20.「原水禁と原水協 長崎で大会開催 核兵器廃絶訴え」
31面には、15’.の記事があります。
今朝の紙面は以上です。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信様
<ウェル戸畑での私の「即時原発ゼロの設計図」のネット放送>について報告いたします。
IWJ(Independent Web Journal)で
さよなら原発!北九州連絡会主催のウェル戸畑での私の「即時原発ゼロの設計図!」の 
講演会がインターネット放送されましたので、お知らせいたします。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/94642

2013年8月3日(土)13時半より、福岡県北九州市戸畑区のウェルとばたにおいて
中西正之氏講演会「即時原発ゼロの設計図!」が開かれた。
■内容(予定)13:30〜16:00
  a.. 第一部 川内/玄海原発の再稼働を阻止しましょう。緊急行動の提案をします。 
       報告 深江守氏(さよなら原発!北九州連絡会 事務局長)
  b.. 第二部 即時原発ゼロの設計図
  講演 中西正之氏(元燃焼炉設計技術者)
■主催 さよなら原発!北九州連絡会(詳細)
※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。
■Ustream録画
録画は、3時間10分でかなり長時間です。
1時間のものが3本と10分のものが1本で見るのは大変です。
ただ、プロジェクターの画面もよく映っており、「即時原発ゼロの設計図!」
の提言はよく説明できたと思います。

「即時原発ゼロの設計図!」は青柳通信に少しずつ投稿したものを、まとめたもので
内容はほぼ同じですが、プロジェクターで図表が使用できることと、口答説明なので
短編的な文章よりは判りやすい事は良いと思われます。

九州電力が原子力規制委員会に川内原発1・2号炉と玄海原発3・4号炉の再稼動申請書
を提出して、審査が始まっていますが、原子力規制委員会が再稼動の認可をする前に、これらの
原発の再稼動がいかに不条理なものであるかを、全九州の住民や首長、議会、役所職員に理解
してもらうことが、重要と思われます。そのために、このインターネット放送がすこしでも役にたてたらと思い
お知らせいたします。

★ 中田 さんから:
■ここがヘンだよ、日本の原発報道 ドイツ人研究者との対談
 (田中龍作ジャーナル)2013年7月28日記事のご紹介です。
   http://tanakaryusaku.jp/
◆ここがヘンだよ、日本の原発報道 ドイツ人研究者との(田中龍作ジャーナル)
http://tanakaryusaku.jp/ 2013/07/0007615対談

2013年7月28日 00:16  筆者はドイツの研究者から3・11後の「原発報道」についてインタビューを受けた。彼は拙サイトを読んでくれているという。せっかくの機会なので海外の研
究者がなぜ日本の原発報道に興味を持ったか、相互インタビューを試みた。ここにその一部をご紹介する。

 トビアス・ヴァイス氏。ドイツ国籍の研究者でスイスのチューリヒ大学の博士課程に在学中だ。専門は日本政治。高校生の頃、村上春樹の小説を読んで日本に興味を抱いた彼は、
提携する福井大学に留学経験もある。流暢な日本語を操る30歳。

 ヴァイス氏は3・11当時、日本に滞在していた。1週間後に帰国した際、原発事故に対するドイツメディアの厳しい論調と、日本マスコミのユルい論調とのギャップに驚いたこと
が、研究を始めるきっかけになったという。
 以下、ヴァイス氏とのやりとり。Wはヴァイス氏。Tは田中。

<日本のマスコミはどうなってるの?>
W:ドイツメディアは原発事故を厳しく非難した。日本では事故があったのに原発が話題にならない。東京新聞以外の新聞には(原発に関するニュースが)あまり掲載されない。原発
に反対する政党もいくつかあるが、メディアが扱わない。

T:メディアは原発の安全神話に加担してきた。なぜかと言えば日本のマスコミには電力会社から巨額の広告費が流れているから。勝俣会長(当時)は大震災の日(2011年3月11
日)、記者クラブOBを連れて中国旅行に出かけていた。それも東電持ちで。私がそのことを追及すると記者席から「そんな質問するな」とヤジが飛んだ。ヤジの主は大新聞の記者
だった。

<記者クラブは問題?>
W: 記者クラブの存在は外国から見ると大きく思えるが?
T: ガンだ。日本の報道のガンというより日本のガンそのもの。
W: 福島の原発事故で一番問題だったことは何か?
T: 東電と政府が情報を隠したこと。政府はメルトダウンしていることを知っていて隠し、メディアも知っていたが書かなかった。記者クラブが情報を独占するから権力がウソをつ
いていることを見抜けなくなる。

<反原発の新聞はある?>
W: 朝日新聞はやや反原発か?
T: そんなことはない。朝日もずっと原発賛成でやってきた。日本で反原発のメディアなんてない。
W: 事故以降マスコミはどのように変化したのか?
T: 事故後は手のひらを返したように書き始めたが、それでも日経、読売、産経は、みな再稼働推進だ。
W: 東京新聞は評価されていると聞いているが?
T: 東京新聞も反原発になったのは3・11の後です。既存メディアの中では結構批判的に書いているが、他(の新聞社)はしがらみがあり、追及の手が緩む。事故後、東京電力では
一日2回記者会見をやっていた。当初、記者たちはヤクザ口調で質問していたが、2週間くらい経って東京電力が質問する際に会社名と名前を言わせるようになった。とたんに皆、
人が変わったようにおとなしくなった。営業から文句がくるからだ。
 
原発事故後間もない頃の東電記者会見。答弁しているのは武藤栄副社長。右隣りに座っているのは松本純一・原子力立地本部長代理(いずれも当時)。=東電本店 写真:田中龍作
=
<ネットの役割>
W: 人々もインターネットで情報を集めるようになった?
T: インターネットがなければもっと隠されていた。メディアがなぜ追及し始めるようになったかと言えば、ネットで本当の事が出て来たからだ。自分の所でウソをついていること
が隠しきれなくなった。メルトダウンしたことは分かっていた。

<反原発運動は政治じゃない?>
W: 日本では反原発運動は政治ではないと言われているらしい。反原発運動は政治活動ですよ。なんでみんな政治じゃない、政治はやらないと言うのか?
T: シングルイシュー、つまりどこかの政党を支持すると、他の政党を支持する人が来られなくなるから。政治に関わらずに脱原発だけをやりましょうというスタンスですね。表向
きは。

<安倍政権とメディア>
W: 今回(の選挙で)安倍政権が全然批判されないのは変だ。気になります。民主党も前回の(第一次)安倍政権もかなり批判されていたようだが。
T: 対立する政党がない、極端に言えば一党独裁だから。新聞社は経営が厳しいのでひたすらなびく。軽減税率を適用してもらいたい一心だ。

<反原発はなぜ投票行動に反映されない?>
W: 日本では市民と政治が分断されているようだ。投票率が低い。ドイツでは09年に行われた総選挙が今までで一番投票率が低かったが、それでも70%台です。
W: 日本では皆「気にしないこと」になっている。関心がないのか、なくはないんだろうが投票に反映されないのは不思議に思う。

T: 原発事故が起こって初めての国政選挙は自民党が圧勝した。不思議に思いませんか?
W:  自民党は票を増やしていない。なぜ反原発票がまとまらないのか?反原発を掲げる政党もバラバラ。そういうことがよくわからない。
T: 東京では原発問題で、混乱を避けるために被曝を隠ぺいした候補Aを知識人や有名人と言われる人々が推し、被曝隠しを追及する脱原発候補Bを庶民が支持して競り合った。結局
脱原発を訴えるBが当選した。海外から見ても知識人であればAを支持すると思うか?

W: 一般的には言えないと思うが、おかしいと思う。その辺は全く理解できないですね。
T:  やはり不思議の国ニッポン?
W: (笑)文化よりは、構造的な問題だと思いますね。権力が自民党に集中したのが長かった。他に投票できるところがない。投票できる受け皿を作る必要がありますね。長期的に
見ればやがて日本にも変化が来ると思います

★ 内富@原爆と原発を考える京都市民の会 さんから:
京都では「原爆と原発を考える京都市民の会」主催(ピースムービーメント実行委員会さんと共催)で8月4日に映画「ひろしま」上映と広島の被爆者の米澤鉄志さんの講演の集い
をひとまち交流館でジャスト80名の参加で行いましたが、京都新聞の記者さんからこのイベントと米澤さんの新著「ぼくは満員電車で原爆を浴びた」(小学館)について何かの形
で記事にしたいと言われていたので記事載らないな〜と思っていたら今朝の京都新聞朝刊1面に「凡語」(朝日新聞の「天声人語」に相当)の形で以下の記事が掲載されておりまし
た!皆さん、ぜひお読みいただければと思います。

凡語	京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/info/bongo/

原爆を語り継ぐ
 宇治市の米澤鉄志さん(79)は小学5年生だった。疎開先から広島市内の祖父母宅を訪ねに、母と満員の路面電車に乗っていた

▼爆心地から約700メートル。ピカッと光って、すさまじい音がした。爆風で乗客は折り重なって倒れ、突き刺さったガラス片で血まみれになった…。米澤さんが語るのを、京都
市内の集まりで聞かせてもらった

▼母子とも助かったのは、すし詰め状態の電車の真ん中にいたから。外に出ると真っ暗、黒い雨が降る「生き地獄」を歩いた。たどり着いた疎開先で嘔吐(おうと)と高熱に苦し
み、頭髪が全て抜けた。母は終戦のころに亡くなった

▼体験の語り部を続けている米澤さんが初めて、「ぼくは満員電車で原爆を浴びた」(小学館)という本を先月出した。福島第1原発事故に衝撃を受けたからだ。「これまで原発の
放射線の恐ろしさをあまり語らなかった」。被爆者としての責任を感じたという

▼きのう平和祈念式で松井一実広島市長は、日本政府がインドに原発を売り込む原子力協定交渉を批判した。参列した安倍晋三首相はどう聞いたろう

▼米澤さんは福島の子どもたちを心配する。内部被ばくの不安、転校先でのいじめ。自身が体験したことだ。核廃絶の願いは核兵器だけでなく原発にも向かうべき。今夏も広島に帰
り、語りかけている。

[京都新聞 2013年08月07日掲載]

伝えたい少年原爆体験記。11歳のヒロシマ
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784092271661

 広島に原爆が落とされたのは、1945年8月6日でした。11歳の米澤鐡志さんは、爆心から750メートルの電車内で母親と一緒に被爆します。母親は9月に亡くなり、母乳を
飲んでいた1歳の妹は10月に亡くなります。
 この本は、米澤少年の目で見た、8月6日その日のことと、その後何が起こったか、という記録です。

 ブラウスが突然発火して、体が焼け始める女性、皮膚が布地のように垂れ下がって、幽霊のように見えた人たち、防火水槽に飛び込んで亡くなっている赤ちゃんを抱いた女性、川
を流れていくたくさんの死体。
 11歳の少年が見た光景を、読者も知ることになります。
 
 「どんなにつらい記憶でも、知らないよりは知ったほうがいいと私は思います。本書は読むのも苦しい内容ですが、きっと未来のための知恵を与えてくれるでしょう」(京都大学
原子炉実験所 小出裕章さんによる「はじめに」より)。

 原爆や核についてお子さんと考えるとき、最適の1冊です。

編集者からのおすすめ情報
 米澤さんは「語り部」として、被爆体験講話を全国各地で行っています。爆心地1キロ以内での体験の迫力に、米澤さんの「語り」を聞いた人たちは、誰かに伝えなくては、とい
う思いにかられてしまうのだそうです。

 これまでたくさんあった、本にまとめる誘いをすべて断ってこられましたが、
2011年3月の東日本大震災での福島原発の事故と、ふるさとを追われた福島の人々を見て、考えが変わり、広島を体験して生き残った自分の役割として、体験を本の形に残し
て、これからも多くの人に読んでもらいたい、と思ったのだそうです。

 そのころ、この本の文章を担当した由井りょう子さんとの出会いがありました。由井さんは、米澤さんの話を聞き「本にまとめましょう」という提案をします。米澤さんは、本の
ために追加取材を受けることを決めました。

 この本は、これまで米澤さんの「語り」を聞いたことのある人にとっては、「やっと本になった」という待ちに待った本、はじめて接する人にとっては「こんなすさまじい体験を
小学校5年生がしたのか」と驚きとともに知るヒロシマの現実、という本でしょう。
 米澤さんは、被爆一世の語り部として、最年少です。
 小学校4年生以上で習う漢字にはふりがなをふりました。
 すべての方にとって、原爆被爆の実際を知るために、おすすめです。 
 
 米澤さんの被爆講話申し込み先
 http://www.geocities.jp/hankaku1945/ 		 	   		  

★ 木村(雅)さんから:
いよいよ討論集会が本日になりました。よろしければご参加願います。

再稼働阻止全国ネットから二つの案内
○8.8(木)再稼働阻止討論会
規制委が再稼働新基準を決定し4電力会社が申請(7月8日)した!
「原発現地と結んでどう再稼働阻止するか8・8討論集会」
				再稼働阻止全国ネットワーク

 原子力規制委員会が7月18日に東電からフクイチ海洋汚染の報告を受けていたにもかかわらず、東電が汚染水が海に漏れていたことを発表したのは参議院投開票日の明くる日の
22日(月)! これが規制委の実態だ!
 規制委が新規制基準を7月8日に施行し、堰を切ったように4電力会社が12基の原子炉の再稼働申請を提出、更にフクイチ事故責任企業東電まで柏崎刈羽原発の申請を目論んで
いる。7月16日には最初の「原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合」を開始し、原子力マフィアが着々と再稼働に向けて走り出した。
 再稼働阻止全国ネットワークでは、この重要な時期に如何にして再稼働を阻止するか、どの原子炉が最初の本命か、現地と結びついてどう阻止していくか、そのためには何が必要
か、などを考える討論集会を開催します。
是非ご参集願います

・日時:8月8日(木)18時30分開場、19時開会、21時30分終了
・場所:スペースたんぽぽ(たんぽぽ舎が入っているビル4階、水道橋下車5分)
・資料代:500円
・緊急報告:「海洋汚染問題を中心に福1の現状と問題点」(山崎正隆)
・問題提起:規制委員会の罪状、防災と原発立地・周辺の闘い、原発現地の活動等
(阻止ネット事務局)
・主催:再稼働阻止全国ネットワーク
問合せ メール info at saikadososhinet.sakura.ne.jp
TEL 070-6650-5549、FAX 03-3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛と明記)
(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)

○8.24〜25 再稼働阻止・全国相談会 再稼働阻止全国ネットワーク
・日時:8月24日(土)13時〜21時
      25日(日) 9時〜13時
・場所:スペースたんぽぽ(たんぽぽ舎が入っているビル4階、水道橋下車5分)
・資料代:1000円
・全国の原発立地現地とともに如何にして再稼働を阻止するかを相談します。

○−−−−−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−−−−−○

●「さよなら原発!11・10九州集会」(仮称)●
    実行委員会結成集会
日 時:8月18日(日)14時より 
場 所:福岡県教育会館(福岡市東区馬出4-12-22)
  地図:http://tinyurl.com/jwb9de6

 さよなら原発!11.10九州集会(仮称)
ホームページHP http://bye-nukes.com

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第6回口頭弁論期日 9月27日(金)14:00 佐賀地裁
     午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
     原告総数 原告総数 6693名(8/7現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
   ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       サマータイム  午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
     8/10〜8/18 まで閉設。
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
  ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
<facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内