[CML 025805] 【報告】第840目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 8月 7日 (水) 07:15:26 JST


青柳行信です。 8月7日。

「きみへ」 さよなら原発! 
http://twitsound.jp/musics/tsMDocgv4

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第840目報告☆
     呼びかけ人賛同者8月6日2924名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】8月6日4名。
   江島芳記  田中良之 合戸正合・喜公子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
 疲れさまです。
6日は、広島の平和の記念日ででした。
オリバー・ストーン氏のスピーチが よかったです。
あんくるトム工房
ひろしま 平和記念日   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2561

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆原爆は「絶対悪」と広島市長 依存する諸政府は悪を知るべし
    (左門 8・7−376)
※広島市長平和宣言。安倍首相・アメリカ駐日大使を目の前にして、
被爆者の立場から「世界の為政者のみなさん、いつまで、
疑心暗鬼に陥っているのですか。
威嚇によって国の安全を守り続けることができると思ってるのですか。
広島を訪れ、被爆者の思いに接し、過去にとらわれず人類の未来を見据えて、
信頼と対話に基づく安全保障体制への転換を決断すべきではないですか。
ヒロシマは、日本国憲法が掲げる崇高な平和主義を体現する地であると同時に、
人類の進むべき道を示す地でもあります」と訴えました。
投げられたボールを正しく投げ返してください! 

★ 前田 朗 さんから:
ブログを更新しました。
原発推進派はたった0.6%!?
http://maeda-akira.blogspot.ch/2013/08/blog-post_6.html

★ 金子譲 さんから:
【Kさんを支える会:一刻も早くKさんを取り戻したい!保釈金醵金協力の訴え】
Kさんの一刻も早い保釈を目指すために新たにチラシを作成し、
広く呼びかける活動が始まっています。改めて、ご協力をよろしくお願いいたします。 
http://samadi.cocolog-nifty.com/ksan/2013/08/post-3eb5.html

【Kさんを支える会:手紙、差し入れについてのお願い】
集まった手紙・メッセージ、差し入れは一括して担当者がKさんのもとに届けます。
一部、直接拘置所に送られ、混乱したようですので、
必ず下記住所宛に送るよう、よろしくお願い申し上げます。
http://t.co/GUQd2NDJbq

★ 脱原発・放射能汚染を考える吹田の会 さんから:
青柳 さま
ご苦労様です
「脱原発・放射能汚染を考える吹田の会」のNo.56ができました。
参議院選挙は自民党と公明党の大幅な議席増の結果となりました。
「アベノミクス」の名目でばら撒かれた各種補助金、日銀の露骨
な「景気回復宣言」、そしてマスコミの自民党と維新中心の選挙
報道は、「脱原発・再稼働反対」の多数派を「選挙難民」として
しまいました。安倍政権の原発推進を押しとどめ、「脱原発・再
稼働反対」を実現するためには、運動の責任はより重要となりま
した。
闘いの中から確信と力をもらおうと思って、26日に首相官邸前
抗議行動と経産省前テントひろばに参加してきました。
そして2日には関電本社前抗議行動に参加しました。
原発がすべてなくなるまで、そして再稼働を許さないためには、
闘いをやめることはできないとの意気込みを感じ、我々も微力で
あっても闘いつづける決意を新たにしました。

月2回、金曜日に続けられている関電本社前での抗議行動は、
コンスタントに200人程度の参加で抗議が行なわれています。
次ぎは盆休みのあと8月30日の午後6時半から8時まで行なわ
れます。是非ご参加下さい。そして300人、500人、1000
人と拡大して行きましょう。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、広島に原爆が投下されて68年、ネットでもその記事が多くみられます。海外では原発に関する異例の動き?など、後半で紹介します。
さて、厳粛な式典でも、この人はとんでもない、犠牲者・被爆者そして原発被災者に顔向けできない、
1.「首相はフクシマ触れず 配布原稿には明記、広島市での式典あいさつ」西日本最08月07日 00時11分
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/31492
記事全文「安倍晋三首相は6日、広島市で行われた平和記念式典のあいさつで、2011年3月の東日本大震災の発生以来、歴代首相が言及してきた東京電力福島第1原発事故に触
れなかった。首相側は特別な意図はないとしているが、野党は『原発の海外輸出や再稼働に前のめりな首相が意図的に外した』と指摘している。・・・原爆と原発事故は放射能被害
という共通点があることなどから、11年の記念式典で民主党の菅直人首相(当時)は『原発に依存しない社会を目指す』とあいさつ。昨年も同党の野田佳彦首相(同)が『脱原発
依存の基本方針の下、安心できるエネルギー構成の確立を目指す』と触れた。・・今回、報道機関に配られたあいさつ文書には『一昨年、原子力災害を経た者として、原子力の
最も安全な利用を世界に先駆けていく責めを負うところとなった』との一文があったが、首相はこの部分を読まなかった。・・・式典後、官邸関係者は「もともと原稿に入れる予定
もなく、完全な手違い」と説明。菅義偉官房長官も会見で、特別な意図は「全くないと思う」と釈明した。」
・・・・おそらく原発輸出の支障がでると思ったのではないか、その程度の認識でしょう。
1’.「原爆は『絶対悪』 ヒロシマ被爆68年 核兵器廃絶、平和誓う (8月6日 13:56) 
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013080690135606.html
1”.「広島のように復興したい」=松井市長と面会−福島県浪江町長 」時事通信08/0617:36
記事全文「平和記念式典に出席するため広島市を訪れていた福島県浪江町の馬場有町長は6日午後、松井一実市長と市役所で面会した。馬場町長は、東京電力福島第1原発事故で住
民避難を強いられたまま、除染やがれき処理などが進まない現状を説明。その上で『時計の針が止まったようで、心折れる感じもするが、頑張って広島市のように復興したい』と決
意を語った。」

福島第1原発事故現場では、
2.「東電、汚染水の遮水壁越え可能性認める 識者ら現場視察」朝日デジタル8月6日20時37分
⇒http://www.asahi.com/national/update/0806/TKY201308060388.html?ref=com_top6
記事「・・・・・・有識者や原発周辺市町村の担当者らでつくる福島県の協議会が6日、遮水壁工事など汚染水対策の現場を視察した。東電は協議会に、地下の汚染水が遮水壁をす
でに乗り越えている可能性を初めて認めた。8月末に予定していた遮水壁手前での地下水のくみ上げを急きょ前倒しし、今週末から開始する。 ・・・・・」
福島第1事故現場では、人が近寄れない今の不明のまま、
3.「第1原発3号機で再び湯気 東電『低温多湿で出現か』」福島民友(08/06 09:55)
http://www.minyu-net.com/news/news/0806/news10.html
記事「東京電力は5日、福島第1原発3号機原子炉建屋の5階中央部で約4時間30分にわたり、再び湯気が上っているのを確認したと発表した。湯気は4日朝から見えなくなって
いた。東電は『気体は一定程度出続けているとみられ、低温多湿といった温度や湿度の変化で見えるようになった』としている。・・・・」

被災地フクシマでは、
4.「被災転校受け入れいまだ2万人超 『多くが戻れず』」西日本(最終更新08月06日 18時35分)
http://www.nishinippon.co.jp/feature/earthquake/article/31425 
記事「・・・・被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県から他の都道府県に移ったのは1460人減の1万2803人。東京電力福島第1原発事故による影響が大きい福島からが
1万986人で大半を占めた。宮城は1474人、岩手は343人だった。・・・・・・文科省は『被災した県からの流出には歯止めがかかりつつあるが、いまだに多くの子どもた
ちが元の居住地に戻れていない』としている。・・・・」

5.「風評被害を本県と茨城、栃木共通課題に FIT構想推進協」福島民友8月6日
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0806/news8.html
記事「本県(福島)と茨城、栃木の3県が連携して広域的な地域づくりを推進するFIT構想推進協議会(会長・佐藤雄平知事)は5日、栃木県茂木町で総会を開いた。東京電力福
島第1原発事故による風評被害を3県共通の課題として共有、国に対し対策に関する財政支援などを要望することを決めた。同協議会が国への要望項目をまとめるのは東日本大震災
後初めて。・・・・・・」
5’.「国が風評払拭を 福島、茨城、栃木3県 輸出促進、観光に財政支援」福島民報08/06 08:46
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/2013080610097
記事「・・・・・原発事故に伴う賠償をめぐっては、本県と茨城、栃木、群馬、新潟の5県が、政府の賠償責任を原子力損害賠償法で明確に位置付けるよう法改正を求める方針を決
めている。」

宮城県をはさんで北側の岩手県でも、
6.「(岩手県)一関、線量21戸基準超 年内にも除染方針 市調査結果(8/6 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/20130806t33011.htm
記事「福島第1原発事故で国の『汚染状況重点調査地域』に指定されている岩手県一関市は5日、除染の必要性を把握するため、住宅や事業所約2万1000戸を対象に実施した
『空間放射線量調査』の結果をまとめた。平均線量が国の基準値の毎時0.23マイクロシーベルト以上となったのは21戸で、最高値は毎時0.28マイクロシーベルトだっ
た。・・・調査対象は市が2012年5月に策定した除染実施計画で定める一関、花泉、千厩、東山など19地区の住宅と事業所。雨どいなど、局所的に基準値を上回った場所は
6137カ所あった。同時に行った市道調査で平均が基準値以上となったのは11路線だった。・・・市は基準値以上の21世帯で年内をめどに除染を実施。局所的に高い線量が測
定さ
れた場所は自治会などの協力で年度内に除染される。市道は除染法を検討する。」
栃木県、
7.「市主導で2000世帯の住宅除染実施へ 大田原市」? 下野新聞8月6日朝刊
⇒http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130805/1105895
記事「【大田原】市は5日までに、空間線量率が毎時0・23マイクロシーベルト以上の約2千世帯を対象に9月から、市主導で住宅除染を行う方針を固めた。 ・・・昨年12月から受
け付けていた一般住宅除染の申請率が約9・6%と低調だったことを受け、申請制から市主導の方式に切り替える。市危機管理課は「申請制では住宅ごとの『点』での除染だったの
が今後、『面』での除染が進むことになる」としている。」
茨城県、
8.「霞ケ浦の除染ガイドライン改訂など要望  市民団体が知事や国に」常陽新聞8月6日 
⇒http://www.joyo-net.com/
記事「・・・・・霞ケ浦・北浦の放射能対策を求め、署名活動などを行っている市民団体「いのちの水・霞ケ浦を守る市民ネットワーク」(助川弘之、飯島博共同代表)は5日、橋
本昌知事あてに、除染措置に関するガイドラインの改訂と、常陸川水門(逆水門)の河口堰への変更を国に求める要望書を提出した。・・国へも同様の要望を行い、『周辺住民など
は日増しに危機感を募らせている』として早い対応を求めている。・・同ネットワークは昨年1月から放射能問題などについて4回の要望や申し入れを行ってきた。・・・・・」

電力会社の動き、
9.「元東京電力福島第1原発所長の故吉田昌郎氏の告別の会」時事通信08/0621:06 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080600946
記事全文「故吉田昌郎氏(元東京電力福島第1原発所長、7月9日死去)の告別の会 8月23日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。東電主催。喪主は
妻洋子(ようこ)さん。」
10.「『多大の負担』をおわび=電力3社の社長」時事通信08/0620:58
 ⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080600942
記事「・・・・・家庭用電気料金の値上げを認可された北海道、東北、四国の電力3社の社長は6日午後、それぞれ地元で記者会見し、(おわび)、・・・・・9月からの値上げ実施
決定を踏まえ、東北電と四国電は2014年3月期の連結業績予想を一部公表。売上高を東北電が前期比12.1%増の2兆100億円、四国電が12.2%増の6300億円と見
込んだが、損益予想はともに引き続き未定とした。・・・・・・」

原発立地自治体の動き、
11.「東電の安全審査、容認=(新潟県)柏崎刈羽原発、県は了承せず−地元自治体」時事通信08/0619:14
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080600520 
記事「・・・・・・一方、東電の広瀬直己社長は資源エネルギー庁で上田隆之長官と会談し、安全審査申請を地元自治体の柏崎市と刈羽村が事実上了承したと報告。上田長官は『前
進と受け止めている』としながらも、引き続き新潟県の理解を得るよう求めた。・・・・報告後、広瀬社長は記者団に『市、村の了承をきっかけに改めて泉田知事に面会を申し入れ
た』とした上で、『(県の了承なしの申請は)考えていない』と言明。上田長官は、国として東電と県の仲介に乗り出す考えのないことを強調した。・・・・会田市長は6日、同原
発の横村忠幸所長に会い、東電が計画する6、7号機への『フィルター付きベント』の設置を、了解する意向を伝えた。・・・・フィルター付きベントは、放射性物質を低減し
ながら格納容器の圧力を外部に逃す排気設備で、原発の新規制基準で設置が求められている。市長は安全審査申請の条件として、ベントの運用を自治体と十分に協議することなどを
挙げた。その上で『原発再稼働を認めるものではない』とした。」
12.「申請自体は問題ない」=東海第2原発の安全審査−橋本茨城知事」時事通信08/0618:09 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080600788
記事「橋本知事は『今でも非常事態が絶対起きないわけではない。フィルター付きベント設置や防潮堤の建設もやってもらえばいい』と語った。また、『再稼働に結びつくかどうか
は別問題』として、安全審査を申請しても、直ちに原発を再稼働できるとは限らないとの見方を示した。・・・・・」

政府は、
13.「運転終了後も料金で回収=原発の廃炉費用−会計制度見直し・経産省」時事通信08/0619:10 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013080600845
記事「経済産業省の作業部会は6日、原発の廃炉に関する会計制度の見直し方針案をまとめた。原発の運転終了が決まった時点で積み立て不足があった場合に関連費用を一度に損失
計上することを求める現行制度を改め、廃炉決定後も10年間は電気料金で費用を回収することを可能にし、電力会社の負担を軽減するのが柱だ。方針案を受けて経産省は同省令の
改正作業に近く着手し、年内に新たな会計制度を施行する方針だ。」
・・・・今頃になって、・・・原発は高い電気料金となります。10年?使用済み核燃料の「処分費用は、その後国が面倒を見る?これも最終的には国民が負担する!
14.「温泉発電普及へ一手 お湯再利用に補助金 経産省検討」東京新聞2013年8月5日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/scheduledstop/list/CK2013080502100012.html
記事「経済産業省が、地下の熱水のエネルギーで発電する「温泉発電」に用いた後のお湯の再利用事業を支援し、温泉地などの町おこしの後押しを検討していることが五日、分かっ
た。ハウス栽培や水産物の養殖、足湯の整備などを行う全国約二十カ所の事業に補助金を出す。総事業費は約三十億円となる。・・・・・・温泉発電 温泉のお湯や蒸気を利用する
地熱発電の一種。源泉は100度前後と高温であることが多く、通常は水を加えて温度を下げて使っているが、この熱エネルギーを発電に活用する。専用の発電設備に高温のお湯を
入れて、アンモニア溶液など水より沸点が低い液体を温めて気化させ、その蒸気で発電タービンを回す。一般的な地熱発電のように地面を深くまで掘る必要がなく、環境への影
響も少ないため、温泉地域が地熱発電を導入する『入り口』として期待されている。」

海外で、異例の、
15.「日本の原発輸出に反対広告 越国営紙、異例の掲載 」西日本(8月6日 19時51分)
http://www.nishinippon.co.jp/feature/earthquake/article/31454
記事「【ハノイ共同】ベトナムの国営英字紙ベトナム・ニューズは6日、日本の月刊写真報道誌「DAYS JAPAN」による原発輸出反対の全面意見広告を掲載した。広島原爆
の日に合わせたという。・・・ベトナムは日本へ原発2基を発注することを決めており、東電福島原発事故の後も方針は変わっていない。共産党の一党支配下で、厳しい言論統制を
敷く同国では意見広告自体がまれ。国営メディアが、国策に反するような内容を掲載するのも極めて異例だ。・・・広告は「計り知れない危険性があることから、日本の人々は原子
力技術の輸出に反対だ」と訴えている。・・・・ベトナムでは反原発の声はほとんど上がっていない。」
・・・・・・ベトナム政府の何らかの意思を反映しているか???
16.「米原発、計画凍結・撤退相次ぐ シェール革命などで採算厳しく 」日経新聞8/6 1:11
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM03013_V00C13A8FF1000/
記事「【ニューヨーク=小川義也】米国で原子力発電所の新設計画の凍結や廃炉、事業者の撤退が相次いでいる。「シェール革命」で天然ガス価格が下落。老朽化や東京電力福島第
1原発事故を受けた規制強化もあり、原発のコスト競争力が低下しているためだ。原発推進の方針を堅持するオバマ政権下で新設の動きもあるが「経済性」の壁は高い。日本の原発
メーカーの戦略にも影響を与えそうだ。・・・・」→(以下、有料記事)
・・・・ここでも金が優先の動き、原発を止めるということではない。

再生エネの取り組み、参考資料として、
17.「生協、再生可能エネルギー普及拡大への挑戦(1)」データマックス 8月 5日 07:00
⇒http://www.data-max.co.jp/2013/08/05/post_16455_is_01.html
17’.「生協、再生可能エネルギー普及拡大への挑戦(2) 」データマックス8月 6日 07:00
h⇒ttp://www.data-max.co.jp/2013/08/06/post_16455_is_02.html

九州では、
18.「玄海原発に燃料搬入 2号機も再稼働へ準備 」西日本電子版NEW [08/06 19:48]
⇒http://qbiz.jp/article/21598/1/
記事「九州電力は6日、運転停止中の玄海原発(佐賀県玄海町)2、3号機用の新核燃料計102体(約67トン)の搬入を終えたと発表した。玄海3号機など九電の原発4基は再
稼働に向けて原子力規制委員会の安全審査を受けている最中だが、運転開始から30年以上経過した玄海1、2号機は安全審査申請のめどが立っていない状態。九電は2号機用の新
核燃料について『将来の再稼働に備え、計画通りに搬入した』としている。・・・・ (→以下、有料ページ)
昨日朝刊紙面記事見落とし
19.「原発事業者協が玄海を評価へ 3、4号機」西日本[08月05日 19時02分 更新]
⇒http://qbiz.jp/article/21534/1/
記事「・・・・九州電力は5日、運転停止中の玄海原発(佐賀県玄海町)3、4号機の安全性について、世界各国の原発事業者でつくる民間組織「世界原子力発電事業者協会」(本
部・ロンドン)による相互評価を受けると発表した。・・・・同協会は1989年、旧ソ連・チェルノブイリ原発事故を機に発足。九電も加盟しており、原発の安全性向上を目的に
評価活動などを手掛けている。・・・・九電管内では今年6月に川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1、2号機の相互評価も実施し『設備面や運用管理面で九電の取り組みは適切』と
の結果をまとめている。 」

今、届いた西日本新聞朝刊では、原爆の記事がトップから社会面まで続きます。
1面に、1’のと同様の見出し、
2面に、1.と同様の記事が囲み記事としてあります。
3面に、11.の類似記事、
6面に、、
20.「聞き書きシリーズ 原爆を背負って26回 “青年と乙女の結婚” 被団協谷口さん」
12面経済欄に、13.の類似記事、
23面スポーツ欄に、
21.「歌手 吉川晃司さん 地元広島で始球式 被曝2世」
・・・・・この日の広島―阪神 戦は、鳴り物による応援のない日、だった・・・・・。
26面福岡都市圏、
22.「福島の海「生と死」描く 青いモザイク 曖昧表現 日がしくの画家さかいさん 天神で油絵展」
・・・・ギャラリーとわーるで11日まで。
23.見出し「大宰府で『8.6のつどい』平和訴え児童ら熱演」
32面社会欄に、18の記事があり、横に原爆関連の記事が並びます。
24.「記憶を伝えて 長崎原爆から68年◆(刃造悗了廚し僂阿燭瓠
25.「88歳 被曝語る決意『子どもたちに役立てて』八女・佐藤さん 星野村式典に参初参列」
・・・・被爆体験を封印してきた人が始めて語る決意をした、と。
26.「変革願う横 『核武装を』 平和祈念公園 来訪者 複雑な表情」
・・・核武装と、あわせて「在日は日本から出て行け」とも・・・・囲み記事です。

紙面にはないが、
27.「玄海原発安全審査 申請の内容を九電が説明」西日本08月07日 03時00分 更新
記事全文「九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の今村博信所長は6日、同町議会原子力対策特別委員会に出席し、玄海3、4号機の再稼働に向け、九電が原子力規制委員会に申請し
た安全審査の内容を説明した。・・・今村所長は「7月12日に申請したが、引き続き安全確保に努めていきたい」と述べ、原子炉の冷却機能喪失時に備えた可搬型ディーゼル注入
ポンプの配備など新規制基準を踏まえた対策を報告した。委員からは『航空機テロなどの対策はどうなるのか』との質問が上がった。」
今朝は以上です。 

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<)牟綵市の響灘250万キロワット大型発電所の概要>について報告します。
7月27日にも北九州市の響灘250万キロワット大型発電所の建設計画の速報を行っていますが、
この計画が進むと、玄海原発3・4号炉の再稼動も不要になり、九州電力は250万キロワットの発電事業を
失い、佐賀県も250万キロワットの発電事業の税収を失い、佐賀県民の雇用も失う事可能性も有るので、
この計画の内容を良く見ておく事が必要と思われます。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1307/30/news013.html

スマートシティ:洋上風力と火力発電所を新設、北九州市の臨海地域にエネルギー
北九州市の環境局が「北九州市エネルギー拠点化推進事業」を7月26日に発表した。地域のエネルギー供給体制を強化すると同時に、新成長戦略の主要プロジェクトとして取り組む計
画で、全国の政令指定都市の中で最も先進的な内容を含んでいる。

北九州市が地域エネルギーの拠点を建設する場所は、臨海地域の「響灘(ひびきなだ)地区」である(図2)。この地区一帯には大型のコンテナ船ターミナルのほか、石炭輸入基地が
あり、さらにLNG(液化天然ガス)の輸入基地を建設中だ。火力発電用の燃料を効率的に調達でき、事業者にもメリットがある。
 新規の発電所建設に向けて、専門家と事業者をメンバーに加えて「火力発電立地検討部会」を8月23日から開催する。火力発電所は石炭や天然ガスを使った大規模な設備のほかに、
バイオマスを含む中規模な発電所も合わせて検討することにしている。総事業費は大規模な発電所が2000億〜4000億円、中規模な発電所が100億〜200億円を見込む。

 一方の風力発電では、すでに響灘地区には15MW(メガワット)の大規模な発電所が稼働中で、さらに3社の事業者が発電所の建設を決めた。沖合1.4キロメートルの洋上では、NEDO
(新エネルギー・産業技術総合開発機構)とJ-POWER(電源開発)が6月から実証実験を開始したところだ。

 北九州市は響灘地区の沖合を洋上風力の候補地として、火力発電と同様に「洋上発電立地検討部会」を8月下旬から開始する予定である。参加メンバーに事業者を想定していないこ
とから、洋上風力発電プロジェクトは北九州市みずからが取り組む可能性が大きい。総事業費を1000億円と見込んでいて、かなり大規模な発電設備になることが予想される。

構想によると、石炭とLNGを燃料とする100万キロワット規模の大型火力発電所を1基ずつ、20万〜30万キロワット規模の中型火力発電所を1基建設。洋上風力発電所は100基程度
で、合計20万〜30万キロワットを見込んでいる。発電した電気は、新たに設立する地域エネルギー会社を通じて地場企業に安価で供給する計画。

この計画の中に、石炭を燃料とする100万キロワット規模の大型火力発電所を1基と有りますが、これは石炭焚き超々臨界圧発電ボイラーの事と思われます。
環境省は従来日本で建設されてきた、普通のタイプの石炭焚きボイラーは発電効率が悪く、大量のCO2を発生していること、排ガス処理能力が低くて、硫黄酸化物や窒素酸化物、
PM2.5を大量に発生していることにより、日本での新設は禁止しています。しかし、磯子火力発電所ボイラーは最新鋭の石炭焚き超々臨界圧発電ボイラーであり、比較的にはC
O2も少なく、排ガスの大気汚染も少ないので、この磯子発電所で実現された、世界最高水準の石炭焚き超々臨界圧発電ボイラーと同じ性能を持つ石炭焚き超々臨界圧発電ボイラー
には建設許可を行っています。
今回の響灘の石炭焚きの100万キロワット規模の大型火力発電所はこの基準をクリアーできる発電所と思われます。

★ 今岡良子 さんから:
あきらめない、夏2013 大阪女優の会 vol.11
『核 〜いま、私たちが立っている場所〜』
8月9日(金)19:00
8月10日(土)13:00★/17:00★
8月11日(日)13:00★/17:00
☆印の回の終演後にアフタートークを行います。
アフタートクゲスト
10日13:00:宇野田陽子さん
10日17:00:アイリーン・美緒子・スミスさん
11日13:00:今岡良子さん
会場:ドーンセンター 1Fパフォーマンススペース
 <http://www.dawncenter.or.jp/top/index.jsp>
料金:2000円
問合せ先:090-9966-7652(大阪女優の会制作部)
 <mailto:osakajoyunokai at yahoo.co.jp> 

★ 阪上 さんから:
--------------------------------------------------------------------
《緊急拡散希望》 海を汚さないで!国は再稼働よりも放射能汚染対策に注力を!
汚染水問題で緊急集会と政府交渉(8/8:13:30〜)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/88-1330-1ea6.html
-------------------------------------------------------------------
東京電力福島第一原発の汚染水流出が深刻な事態です。6月以降観測用井戸から
高濃度の放射能が検出され海への流出が続いていましたが、東電は参議院選挙後
までその事実を認めませんでした。海の汚染は着実に広がっています。
原子力規制委員会は止水対策を直ちに実施するよう東電に求めています。しか
し、東電まかせにすること自体が間違いで、国が責任をもった取り組みが問われ
ています。
国はあらゆる人的資源、施策を汚染水対策に集中させるべきではないでしょうか。

汚染水の状況はどのようになっているのでしょうか? 国のなすべきことは何で
しょうか? 
集会および交渉を開催しますので、ぜひご参加ください。

◆日時:8月8日(木)13:30〜15:00:集会 
                      15:00〜16:30:規制庁他政府交渉(予定・調整中)
◆場所:参議院議員会館101
(最寄駅:東京メトロ・永田町駅・国会議事堂前駅)

◆内容(予定、敬称略):
福島第一原発の汚染水の現状…木野龍逸/ジャーナリスト
漁業者の立場から(調整中)
海産物への放射能拡散状況と、国際条約の観点から…高田久代/グリーンピー
ス・ジャパン
資源エネルギー庁/規制庁への緊急署名提出(調整中)
資源エネルギー庁/規制庁との質疑(調整中)など
◆資料代:500円
◆申込:資料準備の関係上、下記からお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/6483043945737

◆主催:
原子力規制を監視する市民の会 福島老朽原発を考える会
プルトニウムなんていらないよ!東京 グリーンピース・ジャパン
ハイロアクション福島 脱原発福島ネットワーク FoE Japan
グリーン・アクション 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)

◆問い合わせ先:
福島老朽原発を考える会 阪上 090−8116−7155
FoE Japan 満田 090−6142−1807

★数分です。おススメです。ぜひご覧ください。⇒ ※関連映像 
再稼働注力より現状打開を 汚染水対策遅れに批判(ANN:テレビ朝日系)
http://www.youtube.com/watch?v=oY95fURXVJ4

※関連記事
汚染水「貯水に限界」 田中氏、基準以下の海放出へ見解(福島民友)
http://www.minyu-net.com/news/news/0802/news8.html

〇福島第1の汚染地下水、遮水壁上回った可能性高い=原子力規制庁(ロイター)
2013年 08月 5日 18:38 JST
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE97406420130805

〇東電福島第1原発、放射能汚染地下水は東電の遮水壁を上回った可能性高い=
原子力規制庁福島第1原発事故対策室長
2013年08月5日 17:51 JST
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPT9N0DU04K20130805?rpc=188

○福島第一、汚染水封じ込めピンチ 地中の壁で地下水急増(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0803/TKY201308030013.html
-------------------------------------------------
【緊急署名】
これ以上、海を汚さないでください
政府は汚染水を止めることに集中してください
規制委・規制庁は、原発の再稼働審査を中断し、汚染水対策を優先してください
※締切:8月8日(木)朝9時
【個人署名】
フォーム1
https://pro.form-mailer.jp/fms/18534d4846287
フォーム2
http://goo.gl/fyHjPZ
【団体賛同】
https://pro.form-mailer.jp/fms/f21b5ad846288
-------------------------------------------------

★ 崔 勝久 さんから:
市民の国際連帯を求める反原発運動を一度、「在日」の立場から、
植民地主義という観点から考えようとした昨日の集会は内容の
充実したものになりました。

「企業内植民地主義」、「多文化共生は植民地主義のイデオロギー」について。
http://oklos-che.blogspot.com/2013/08/blog-post_6.html

★ 木村幸雄 さんから:
8月6日。二度と、ヒロシマ・ナガサキを繰り返さないために
2005年になくなった「生ましめんかな」や「ヒロシマというとき」の作者、
原爆詩人の栗原貞子さんの詩を送ります。

人間が人間でなくなった日々

黄色い星を貼りつけられ
貨物列車につみこまれ
ついたところは 荒野の収容所
縞の服を着せられて
夜も昼も黒いミルクを呑まされ
むちで打たれて働かされ
あげくの果てに
裸でガス室に送られ
チクロンAで殺された

一視同仁 天子の赤子だと
名前を奪われ 牛馬のように
連絡船につみこまれ
ついたところは軍都ヒロシマ
軍需工場や壕掘りでむち打たれ
あげくの果てに閃光で
内臓まで灼かれ
黒い骸(むくろ)をカラスが
群がって眼球までついばんだ

通行証をやると校庭に集められ
男も女も としよりもこどもも
銃で撃たれて埋められた
赤ん坊を宙に放りあげ
銃の先で受けとめた マレーシアの虐殺
被爆地ヒロシマの第五師団
十一連隊第七中隊の 私たちの
父や兄や夫やこどもたちの仕業だ

ゆるすまい アウシュヴィッツ
忘れまいヒロシマ・ナガサキ
心に刻もう マレーシア
人間が人間でなくなった日々
人間が人間でなくされた日々
             (90.1.20)
「『唯一の被爆国』を唱える被爆ナショナリズムでもって核時代を乗り越えることはできない。」
   (栗原貞子著「問われるヒロシマ」1992年)
ヒロシマ・ナガサキで被爆した、数万人の朝鮮人・中国人、そして、
捕虜収容所で被爆したアメリカ・イギリス・オランダの捕虜などを考えたとき、さらには、
福島事故が、海外にまで放射能を撒き散らしている今日、
『唯一の被爆国』などというナショナリズムから早く脱却したいものだ。
本日の毎日新聞の「台韓の被爆者は今」と題して、
2ページ全面にわたって、9人の被爆者を取り上げています。

★ 内富一 さんから:
オリバー・ストーン監督は10月に大阪で開催される「9条世界会議・関西2013」にも参加・講演されます!
9条世界会議・関西2013
http://9jou-kansai.com/

2008年の9条世界会議関西は、舞洲アリーナで8000人が集まりました。この力で、世論を大いに盛り上げました。今回の会場はそれよりも、大きな会場です。会場を溢れさせて、大
きな世論のうねりをつくりましょう

フィナーレ みんなで歌おう! We shall overcome(原水禁大会@広島)
https://www.youtube.com/watch?v=taP1-lCXL4g

「青い空は」 2013年6月24日2013年国民平和大行進で石川県か
https://www.youtube.com/watch?v=_gG9rUFcFUQ

広島の平和祈念式典といえばこの歌です・・・
ひろしま平和の歌 (合唱)
https://www.youtube.com/watch?v=h_C3Mf0QFI8

もう一丁 ひろしま平和の歌
https://www.youtube.com/watch?v=6vo9DjO3kWs

朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0805/OSK201308050157.html
原爆投下68年 オリバー・ストーン監督、広島を歩く
オリバー・ストーン氏=5日午後、広島市中区、佐藤慈子撮影

 原爆投下から68年。戦争に批判的な米国の映画監督、オリバー・ストーン氏(66)は5日、朝日新聞のインタビューに応じ、広島で被爆の惨禍を想像することの大切さを訴え
た。日本ではいま、集団的自衛権をめぐる憲法解釈の見直しや改憲論議など、戦後日本のあり方を変える動きが目立つ。核なき平和を求める被爆地の声は届くのか。

 オリバー・ストーン氏は5日夜、広島市内で朝日新聞のインタビューに応じた。核廃絶を実現するために、若い世代に向けて「広島についてもっと学ぶことだ。学べば意識は変え
られる」と訴えた。

 ストーン氏は「世界は過去で埋め尽くされている」と話し、想像することの大切さを強調した。「僕は1945年のこの場所にいるような気がしている。いまここであの日の瞬
間、爆風を感じている」
 「瀕死(ひんし)の被爆者がさまよっていた。父と母の姿も見えた。川に浮き沈みする遺体も見えた」。原爆ドームや平和記念資料館を訪れ、脳裏に浮かんだイメージをこう表現
した。5日、母親と弟を亡くした被爆者の男性から「原爆とは知らなかった」と聞いたという。「当時の人はその爆弾が何かわからなかっただろう」と思いをはせた。
 資料館にある「人影の石」も記憶に残ったという。「人々の影が一瞬で焼き付き、体は一瞬で吹き飛ばされたのだろう」

 原爆を投下した米国の責任についても言及。「敗者のナチスが原爆を落としていれば、批判を受け続けただろう。しかし勝者の米国の場合は(悪に)制裁を加えたと例外扱いされ
る」
 参列する6日の平和記念式典では、安倍晋三首相の発言に注目しているという。「首相が何を言うのか聞きたい。彼は核兵器を全廃しようと言うにちがいない。軽い調子で」。皮
肉を込めてそう語った。
 若い世代には「僕だって5、6年前まで広島の歴史を知らなかった。学べば意識は変えられる」とメッセージを送った。

■原爆ドームを訪問
 4日に広島入りし、原爆の惨禍を伝える広島平和記念資料館を視察したオリバー・ストーン氏は、5日も平和記念公園や原爆ドームなどを訪問。午後には「8・6ヒロシマ平和の
つどい2013」に出席し、一緒に来日した米アメリカン大学のピーター・カズニック准教授と対談した。

 ストーン氏は対談で、米国で浸透している「原爆が戦争の終結を早めた」という見方について、「人々は不快な歴史の事実を受け入れがたい。私自身も理解するのに時間がかかっ
た」と語った。一方、日本とアジア諸国の関係について「日本はアジアへの加害責任に向き合っておらず、犠牲者の立場に立った視点がない」と批判した。
 今後、ストーン氏は長崎、沖縄を訪問し、15日に離日する予定だ。

■オリバー・ストーン監督一問一答
 ――広島を歩いた印象は
 想像の中で、僕自身が1945年のこの場所にいるような気がしている。いまここにいて、あの日の瞬間を感じた。

 ――広島で見たり、聞いたりしたことで印象に残ったことは
 資料館はとても役だった。多くの写真を見ることができた。破壊された風景のパノラマ写真は衝撃だった。
 だが、(米国の歴史を批判する)僕たちの主張は、米国の大手メディアは受け入れない。時々無力感を感じる。

 ――伝えたいことは
 私の最大のメッセージは、真実を学んでほしいということ。若者に関心を高めてほしい。被爆者が亡くなっていくなか、彼らが生きているうちには核の廃絶はできないかもしれな
い。
 若い世代は、広島についてもっと学ぶべきだ。僕だって5、6年前まで広島の歴史を知らなかった。私は年老いたが、学べば意識は変えられる。(聞き手・宮崎園子、金成隆一) 
		 	   		  
★ BARA さんから:
  朝日新聞・WEB2013.8.3
核廃絶と日本 9条守り世界をリードせよ ピーター・カズニック
http://digital.asahi.com/articles/TKY201308020648.html?ref=pcviewer

映画監督のオリバー・ストーンと私は、米テレビドキュメンタリーシリーズ
「もうひとつのアメリカ史」を2012年に制作した。
その中で示したが、「原爆投下は日本の降伏をもたらし、本土決戦の
回避で数十万のアメリカ人と数百万の日本人の命を救った」とする
神話は、アメリカが戦後世界における良心的な大国であるという主張を
支える役割を果たした。

 核大国で核をいつでも使う用意があるとするアメリカは、自分を善玉と
して演出する必要があったのである。

 しかし実際には、日本の降伏は原爆投下によるものではなく、
ソビエトの侵攻によるものだった。つまり、原爆投下は軍事的にも
倫理的にも正当化する余地はないということだ。

 「変化」が期待されたオバマ政権は、最近になってブッシュ政権の
元報道官が「ブッシュが4期目を務めているようだ」と言ったほど、
ブッシュ政権のひどい政策のいくつかを合法化、組織化した。

 米国家安全保障局(NSA)によるネットの監視行為が暴露された
スノーデン事件は、多くのアメリカ人にとって、とどめの一撃だった。
政府の透明性を約束したはずのオバマ大統領は、内部告発者らを
前例がないほど狂暴に訴追している。カーター元大統領は
「アメリカでは現在、民主主義が機能していない」と述べている。

 さらにオバマ大統領は、世界各国に米軍事基地をつくって
「米軍事基地帝国」を維持している。

 オリバーは、私が参加するアメリカン大学と立命館大学が共催する
「平和の旅」に4日から合流し、広島、長崎、沖縄を訪れる。戦後の
米国の歩みをたどるかのごとく、旅は最初の原爆投下地から始まり、
米国の覇権維持のための最も大事な拠点とされる在外米軍基地の
ある沖縄で終える。

 指導者たちが核兵器をどのように扱ってきたかという歴史を
ふまえ、スリーマイル島、チェルノブイリ、福島の教訓からも、
人間には核兵器であろうと核発電であろうと、制御する能力は
ないとの結論にオリバーと私は達した。

 だからこそ日本は、米国の核の傘の下に隠れているのをやめ、
原爆によって攻撃された経験を持つ唯一の国としての特別な役割を、
国際的な核廃絶運動のリーダーとなることによって果たすよう
呼びかけたい。それは、憲法9条を捨てる方向ではなく、堅持することを
意味する。

 また、米の軍事政策、帝国主義的政策がもたらした結果に
対して戦いを続ける広島、長崎、福島、沖縄の人々に連帯を表明したい。
 (構成・井上未雪)

○−−−−−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−−−−−○

●「さよなら原発!11・10九州集会」(仮称)●
    実行委員会結成集会
日 時:8月18日(日)14時より 
場 所:福岡県教育会館(福岡市東区馬出4-12-22)
  地図:http://tinyurl.com/jwb9de6

 さよなら原発!11.10九州集会(仮称)
ホームページHP http://bye-nukes.com

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第6回口頭弁論期日 9月27日(金)14:00 佐賀地裁
     午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
     原告総数 原告総数 6651名(8/6現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
   ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       サマータイム  午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
     8/10〜8/18 まで閉設。
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
  ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
<facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内