[CML 025759] 8・9新日鐵住金大阪支社前宣伝行動参加のお願い

nakatamitsunobu mitsunobu100 at gmail.com
2013年 8月 4日 (日) 17:36:28 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会の中田です。
複数のメーリングリスト・個人に投稿しています。重複される方申し訳ありません。

 強制連行された韓国の元徴用工に対するソウル高裁判決が7月10日に出されましたが、
会社は大法院に上告をしました。上告への抗議の宣伝行動です。
ご支援よろしくお願いします。

日 時 8月9日(金) 8:15〜8:45
場 所 新日鐵住金大阪支社
     住友ビル(地下鉄淀屋橋駅4番出口)
     http://www.nssmc.com/company/location/osaka.html/

日鉄裁判支援する会ブログ  http://nittetu.blog.fc2.com/

韓国大法院への会社の上告に対する抗議声明
-----------------------------------------------------------------------------
被害者の人権を踏みにじる新日鐵住金の大法院上告に抗議する!

新日鐵住金に対して韓国人元徴用工4名が訴えていた裁判について、7月10日、ソウル高
等法院は、被害者一人当たり1億ウォンの支払いを命じる判決を下しました。
判決直後の7月16日には日本の裁判を支援する会が、また7月29日には、高齢の被害者に代
わって原告代理人である弁護士の張完翼氏が日本の支援団体とともに、新日鐵住金に上告
断念を重ねて申し入れていたにもかかわらず、7月30日に新日鐵住金が大法院への上告を
したとのマスコミ報道が為されました。
新日鐵住金は自らの企業行動規範として「法令・規則を遵守し、高い倫理観をもって行動
します。」「各国・地域の法律を遵守し、各種の国際規範、文化、慣習等を尊重して事業
を行います。」「本規範を遵守し、その確実な実行に向けた体制を確立するとともに、本
規範に違背する事態が発生したときは、迅速に原因究明と再発防止に努め、的確に説明責
任を果たします。」と述べています。しかし、今回の上告は、この自らの行動規範にも反
し、余命いくばくもない90才を越える被害者の人権を踏みにじる許しがたい行為です。
新日鐵住金がグローバル企業としての発展を望むならば、過去を正し、隣国との「和解」
を進めることなしに未来はありません。日本政府がいかに「日韓条約」で解決済みと言お
うとも、韓国で下された「司法判断」は韓国内において、あるいはグローバル展開をする
企業にとっては無視することはできません。
新日鐵住金は、速やかに被害者へ補償を行い、自らの企業としての社会的責任(CSR)
を果たせ!  

2013年8月1日
日本製鉄元徴用工裁判を支援する会


CML メーリングリストの案内