[CML 025745] 国と東京電力に東電福島原発事故による損害賠償請求する訴訟の8/4説明会・相談会/被災者支援京都弁護団

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 8月 3日 (土) 19:47:33 JST


国と東京電力に東電福島原発事故による損害賠償請求する訴訟の8/4説明会・相談会/被災者支援京都弁護団


転送・転載歓迎
※転載が前日になりすみません。


京都の菊池です。

・・・
お知り合いの避難者の方で,今回の訴訟説明会をご存知でない方がいらっしゃいましたらご案内いただければ幸いです。

また,当日お越しになれないけれどご関心があるという方は,弁護団事務局までお気軽にお問い合わせください。
・・・

福島県外からの避難者の方もこの集団訴訟に参加できます。
説明会・相談会にぜひご参加ください。

避難者支援の方も、この説明会・相談会に参加できます。



被災者支援京都弁護団
(【弁護団事務局】
※受付時間:月〜金9時〜17時(電話連絡は申込後、折り返しご連絡致します)
〒604-0804 京都市中京区堺町通竹屋町下ル絹屋町120番地 田辺法律事務所内
TEL:075-211-2270
FAX:075-211-5633)

の

福島原子力発電所事故による損害賠償請求訴訟
の
●集団訴訟Q&A

http://www.hisaishashien-kyoto.org/BLOG-ACTIVITY_REPORT/2013/06/no1025621.html

より

・・・
20 勝てますか。

裁判の結果をお約束することはできません。

しかし,
私たちは

負けては行けない訴訟だという意気込みでこの訴訟に取り組みたいと考えています。


1 どういう訴訟を用意しているのですか。

国と
東電を
相手にして,慰謝料(精神的な苦痛に対する損害賠償)の支払を求めて,

京都地裁に提訴をします。


2 弁護団の考えている訴訟の目的は何ですか

国の施策転換,被害回復,真相究明の3つがあります。

(国の施策の転換)
国の避難者に対する施策は基本的に放置だと考えています。
特に自主避難者に対して必要な支援は殆どなされていない状態です。
こうした国の施策を変えるためには,原発事故について国に責任があったことを明らかにする必要があります。
また,自主避難者は「自主的」と言われて勝手に逃げたかのように位置づけられているのですが,こうした姿勢を改めさせるためにも裁判所による判断が必要だと考えています。

(被害回復)
中間指針追補で認められた水準の賠償は極めて不当と考えています。
正当な被害回復もまたこの訴訟の目的です。
また,このまま放置すると消滅時効ですべての請求権が消滅する可能性があります。

(真相究明)
現在,4つの事故調による報告書が公刊され,また原子力規制委員会による検証もなされる予定となっています。
しかし,情報量において豊富な政府事故調,国会事故調,東電事故調は

いずれも国の法的責任を認めていません。

真の意味での責任を明らかにするのは,司法以外にないと考えます。


(原告の範囲)
3 どういう人が原告になれますか。

福島県内から避難してこられた方。

福島県外でも生活圏内に年間1ミリシーベルト以上の空間線量があり,避難をしてこられた方。

・・・


---
避難者のみなさま

うつくしま☆ふくしまin京都
(ブログ
http://utukushima.exblog.jp/
)
事務局の奥森です。

 原発事故による損害賠償問題で、国と東京電力に対する集団訴訟が全国各地で準備されています。

 この度、

京都でも

「東日本大震災による被災者支援弁護団」が、

集団訴訟の説明会を
下記により開催することになりました。

 私たち、うつくしま☆ふくしまin京都は、
この集団訴訟に全面的に支援をしていこうと考えております。

 国や東京電力の責任を明らかにさせるためにも、
多くの避難移住者に、この訴訟に加わっていただきたいと考えております。

福島県外の方も参加できます。

詳しくは、以下の集団訴訟Q&Aを参照してください。

 1人でも多くの方のご参加をお待ちしております。


●集団訴訟Q&A

http://www.hisaishashien-kyoto.org/BLOG-ACTIVITY_REPORT/2013/06/no1025621.html


<転送・拡散大歓迎、重複ご容赦>
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
福島原子力発電所事故による損害賠償請求訴訟
訴訟説明会・相談会のご案内
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆日時  平成25年8月4日(日)午後1時30分〜午後4時30分
     (可能な範囲でお越し下さい。)

◆場所  メルパルク京都6階会議場6
http://www.mielparque.jp/kyoto/access/

メルパルク京都
 〒600-8216
 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
 【TEL】075-352-7444 【FAX】 075-352-7390


◆主催  被災者支援京都弁護団


 原子力発電所事故により避難中の皆さまへ

 原発事故発生から2年以上が経過しましたが,
政府や東電は

避難者に対して
抜本的な救済策を講じようとせず,
特に自主避難者は事実上,放置されたままです。

 そこで私たち被災者支援京都弁護団では,
国の政策転換を図ることを目的に、
東京電力及び国を相手取った損害賠償請求訴訟の提起する必要があると考え、
下記(※上記に移動)のとおり,訴訟説明会・相談会を開催致します。参加は予約不要,無料です。
(但し、当日満席の場合は、やむを得ず、事前にご連絡頂いた方を優先とさせて頂きます。参加をご予定の方は、事務局宛に事前に参加のご連絡いただくことをお勧め致します。)
当日、その場で訴訟の参加をお決め頂かねばならないというものではありません。
請求内容や今後の手続等についてご説明させて頂きます。皆さまのご不明な点やご不安な点等,何でもご遠慮なくお尋ね頂ければと思います。

 なお,お知り合いの避難者の方で,今回の訴訟説明会をご存知でない方がいらっしゃいましたらご案内いただければ幸いです。

また,当日お越しになれないけれどご関心があるという方は,弁護団事務局までお気軽にお問い合わせください。


●被災者支援京都弁護団について●

 東日本大震災を原因として京都へ避難されている被災者の方を支援するため,
平成24年2月,京都の弁護士の有志によって結成された団体です。
無料相談会や情報発信,ADR等を行っています。
ベテランから若手まで多様な弁護士が所属しています(平成25年6月現在43名)。
電話相談も受け付けておりますので
お問い合わせ下さい。

【弁護団事務局】
 ※受付時間:月〜金9時〜17時(電話連絡は申込後、折り返しご連絡致します)

〒604-0804 京都市中京区堺町通竹屋町下ル絹屋町120番地 田辺法律事務所内
TEL:075-211-2270
FAX:075-211-5633




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内