[CML 025692] 復興は自らの手で

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 8月 1日 (木) 22:07:39 JST


 坂井貴司です。

 1945年8月9日、長崎県長崎市に墜とされた原子爆弾は、この都市を広島
同様、死体とガレキの山にしました。

 被害のあまりの酷さに、「今後数十年は草木も生えない」と言われました。

 しかし、市民は被爆の傷を抱えながら、自分の街は自分で復興しよう!と立ち
上がりました。「大長崎建設株式会社」という会社を市民が資金を出し合って立
ち上げ、焦土に県営アパートを建て、新しい街作りの区画整理を行って地券を販
売しました。長崎方式と呼ばれたやり方で復興を成し遂げた市民の記録です。

NHK総合
「原爆復興〜立ち上がった長崎市民〜」
http://www.nhk.or.jp/nagasaki/program/osusume/
 


放送日:8月3日
放送時間:午後4:00 〜 4:50

再放送
放送日:8月10日
放送時間午前0:40〜1:30(※9日(金)深夜)

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内