[CML 025687] 沖縄戦に消えた官僚

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 8月 1日 (木) 12:39:05 JST


 坂井貴司です。
 
 太平洋戦争前、日本の都道府県知事は、旧内務省の官僚が内務大臣から任命さ
れて就任するいわば「お代官様」でした。その土地とは無関係な官僚が知事とし
て赴任しました。東京出身の者が福岡県知事になり次の赴任先は秋田県で、埼玉
県知事をした者が高知県知事になる、ということが普通に行われました。

 さて、太平洋戦争末期の1945年1月、沖縄にアメリカ軍が上陸するかもしれ
ないという噂が流れる中、大阪府内政部長の島田叡が、沖縄県知事として赴任し
ました。 
 
 多くの官僚が、危険な目に遭うことが明らかな沖縄県知事に任命されることを
嫌がって辞退したり、手を回して自分が任命されないようにしている中、島田は
何も言わずに、沖縄県知事の任命を受けました。

 県知事となった島田は、「県民のため沖縄のため」をモットーに、戦時下、貧
困と飢えに苦しむ県民のために奔走しました。島田は、「軍民共生共死、最後ま
で戦う!」と叫ぶ陸海軍部隊と県民の要望の間で板挟みになりながら、県知事と
しての任務を果たそうとしました。

 そして、アメリカ軍の沖縄上陸。
 島田は県民の安全を守るために、砲弾の雨をかいくぐって戦場を駆けまわりま
した。最後まで県民の命を守ることに全力を尽くした島田は、戦場に消えました
・・・。

 今も沖縄県民から「神様のような人だった」と慕われる官僚の軌跡を描くドラ
マが8月7日に放送されます。

 TBS
「報道ドラマ 生きろ 戦場に残した伝言」
http://www.tbs.co.jp/ikiro2013/intro/
 

放送日:8月7日
放送時間:21時〜23時9分

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内