[CML 023968] 【報告】第741日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 4月 30日 (火) 08:21:17 JST


青柳行信です。 4月30日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第741日目報告☆
   呼びかけ人賛同者4月29日2815名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
      
★ さよなら原発!5・6福岡集会
 ホームページ:http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
昨日は、スーパー銭湯に行ってゆっくり体を温めました。
いつものデモと違って、幾分か疲れがたまっていたようです。
あったまった後、よく眠りました。
安倍内閣の右傾化はひどいですね。
保守の友人の奥方でさえ、あれは軍国主義の復活だと心配をしていました。
あんくるトム工房
安倍自民 右へ右へ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2401
廃炉は30年〜40年では不可能  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2400

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首連作> から:
 ☆いわき海星・浜松高校野球部の勝負を超えた試合嬉しき(左門 4・30−277) 
   ※浜松の高校の野球部がいわき海星高校のグランドの瓦礫撤去に奉仕してくれた。
     両校の親善試合はいわきの圧勝であった。そして、いわき海星は甲子園に出場できた。
     勝ち負けの前に、野球部同士として、人間同士としての絆が結ばれている。
    本来の価値基準だ。

★ 原 勢津郎 さんから:
青柳 様
 連日座り込み御苦労さまです。

★ 前田 朗 さんから:
「4・28政府式典に抗議する『屈辱の日』沖縄大会」
http://ryukyushimpo.jp/photo/storyid-205973.html

★ 東本高志@大分 さんから:
「4・28政府式典に抗議する『屈辱の日』沖縄大会」と
「沖縄に(を)返せ」の歌 附:「沖縄県民の屈辱も痛みも日本国民の屈辱・痛み
ではないのか」(星英雄さん)(弊ブログ 2013年4月29日)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-564.html

★ 崔 勝久 さんから:
今岡さん、安倍首相のモンゴル訪問の隠された意図を語る
http://www.oklos-che.com/2013/04/blog-post_30.html
参議院選での勝利に自信を持ち始めた安倍首相は経済問題をてこに、ナショナリズムを鼓舞し、
植民地支配を進めようとしています。彼は一体、何のためにモンゴルに行ったのでしょうか?

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
連休の合間の平日となるきょうも記事はわずかです。
昨日、開催された「首長会議」の報道、こういう見方をしている記事もあります。
1.「首長『脱原発』 広がる」東京新聞4月29日 朝刊
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013042902000116.html
記事「全国の市区町村長や元職の有志でつくる「脱原発をめざす首長会議」は二十八日、設立一周年を迎えた。会員数は十六人増加し、この一カ月だけで現職五人が新加入した。東
京電力福島第一原発事故から二年が経過し、安倍晋三首相が原発再稼働を明言するなど、脱原発をめざす動きが正念場を迎える中、危機感を背景に首長の輪は広がりつつある。 会
議は一年前、三十五都道府県の首長や元首長計七十人で発足。これまでエネルギー基本計画作成をめぐり政府に『原発ゼロ』を要求したり、勉強会を開いたりしてきた。・・・・こ
の間、会員数はじわじわと増加。今月には二人のほか、東京都多摩市の阿部裕行市長、滋賀県米原市の平尾道雄市長ら三人が入り、三十八都道府県、八十六人に達した。」
・・・・政権が変わっても、会員数がじわじわと増加していると。。
福島第一の汚染水問題、
2.「<福島第1原発>汚染水漏れ 仮設対応、もう限界 現状に迫る」毎日新聞 4月29日(月)10時54分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130429-00000000-maiall-soci
長文記事「・・・・・膨大な汚染水は、廃炉を含めたさまざまな作業の妨げとなり、廃炉作業を検証した国際原子力機関(IAEA)も「汚染水は最大の難題」と指摘する。汚染水
の現状に迫った。・・・・・・・・まもなく梅雨期を迎え、汚染水が増える恐れがあり、移送先には、5、6号機の原子炉建屋内にある「圧力抑制室」の活用も視野に入る。綱渡り
状態を回避するため、あらゆる手段を総動員する状況が続いている。」
・・・・と結んでいる。
被災地フクシマ、中間貯蔵施設問題で二つの地元紙の報道、
3.「「設計図は最終処分場」 中間貯蔵施設会議 専門家が不備指摘」福島民報04/29 09:19
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201304298131
記事「(福島)県の『中間貯蔵施設に関する専門家会議』の第1回会合は28日、福島市の杉妻会館で開かれた。専門家からは東京電力福島第一原発事故に伴う汚染土壌を将来的に
中間貯蔵施設から最終処分場に運ぶための掘削方法の説明が不十分などとする意見が出された。」
3’.「周辺道路の整備必要」 中間貯蔵施設、初の専門家会議」福島民友4月29日
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0429/news5.html
記事「・・・・施設の候補地として調査が進められている双葉、大熊、楢葉の各町には主要道路として国道6号などがあるが、いずれも復旧工事で交通量が増大。施設が稼働すれば
全県から汚染土が搬入されることから対策は不可欠との声があった。また、周辺の環境への影響がないよう調査地周辺の水脈を把握することの重要性なども指摘された。」
次に、東電賠償問題、
4.「東電賠償責任免れぬ 大門氏『3年時効後も』 参院復興特」しんぶん赤旗4月29日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-04-29/2013042904_03_1.html
記事「・・・・・大門氏は、事故後3年までに請求手続きができないとのあきらめの声や、十分な賠償期間の保障を求める福島県の要望書を示し、東電はこの声にどうこたえるのか
と問いました。・・・・チェルノブイリ原発事故で25年たっても健康被害が出ていることをあげ、時効が長期に過ぎた場合でも対応が求められると指摘。内藤氏は『晩発性の障害
も、因果関係がはっきりすれば賠償する』と答えました。・・・・大門氏は、多数の被災者が賠償申請をあきらめたりしていることをあげ、『被災者の現状を見て、必要があれば国
が時効対策の立法措置を検討する必要がある』と主張。根本匠復興相は『被災者の事情を十分踏まえて対応する』と答えました。」
・・・・法律で定めても、手続きは賠償をもとめる被害者側の作業が必ず前提になる、被害者はどこまでも被害者・・・。
節電になるか?、
5.「家電の電源ON、スマホでもOK 経産省、安全基準見直し」朝日4月29日
⇒http://digital.asahi.com/articles/OSK201304280162.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_OSK201304280162
記事「・・・スマートフォンで家電の『電源オン』が可能になる。経済産業省が5月の連休明けにも家電を遠隔操作する際の安全基準を改める。スマホ向けの専用アプリで、外出先
から自宅でインターネットにつながっているエアコンをつけるような使い方もできるようになる。・・・・改めるのは電気用品安全法についての通達。」
・・・火事等が増えなければよいが。

今朝届いた西日本新聞には、5月1日を迎える前に載せておかないと思っての記事が二面上右端に、一件あるだけです、
6.「九電、1日から料金値上げ 使用量多いほど上げ幅は大」西日本電子版04月30日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/16482/1/
記事「・・・・◆燃料価格次第で変動・・・・電気料金は値上げのほか、原油や液化天然ガス(LNG)など燃料価格の変動でも上下する。・・・・九電の、使用電力量300キロ
ワット時のモデル家庭の電気料金は、4月の6634円から5月は6996円に上がり、6月は7092円に上昇する。6月も値上げになるのは、輸入に頼る原油やLNGなどの燃
料価格が高くなったため。円安が進めば、7月以降も上昇する可能性もある。」

★ さとう さんから:
前回送信メール[姫島が官僚の策略にかかっていると思われます。上関ももっと危ない。]
http://anatakara3blog.seesaa.net/article/357098931.html

長いですが、続編の
http://anatakara3blog.seesaa.net/article/357375673.html
最後に、なぜ国東の昆布養殖がつぶれるかを書いています

カーボントレード市場は、世界株式市場の何倍かになっているそうで、
国、東京都以下の地方行政なども入り、マネーゲームをやっているはずです。

石炭やシェールオイルをもやしている中国・米国(今後は日本も多いに)は、
これを相殺する何かを探して、京都プロトコールで認められた「森林」に加え、
「海草・マングローブ・湿地」を新たに見つけました。
だから、姫島ジオパークに指定されれば、国東半島沿岸全体の昆布養殖は禁止となります。

おおげさではありません。 姫島か上関に何か作られてしまいます。
数年後に外資、あるいは日米共同ベンチャー、あるいは中電が、新型炉を設置する。
それは姫島の人たちの想像を超えているものでしょう。

ターゲットにされたところは貧困地域と化す、といくつもの米国ブログが忠告しています。
土地が収奪され、それがいずれ「民営化」され公共サービスもなくなります。
米国ではそれが現実となりつつあります。
<瀬戸内海西南域でお知り合いの地方議会議員がいれば知らせてください。>

★ 吉田典子 さんから:
荒唐無稽は伝染るのか?
バルチック艦隊の足を引っ張り、大儲けしたワンピースなカップル、赤崎伝三郎夫妻。
彼らに触発されたのが、同じ天草出身1896年8月3日生まれの少年、松下光廣、当時数えの16才。
今なら中学三年生。
幸運にも、光廣少年の姉の夫の姉・橋口セキも、ワンピースな女だったのです。
セキ女は、当時、ハノイの南の古都ナムディンで、フランス人向けの日本土産品雑貨の小売店を営んでいて、天草に帰省中。
セキおばさんから、珍しいベトナムの話を聞いて、光廣少年は俄然、一旗揚げる気になります。
当然、両親は猛反対。
「まずは、ちゃんと勉強して…」
平成25年も大正元年も、親の言う事は同じです。
子供には、堅実安全確実路線を選んで欲しいのが、親というもの。
しかし、子供の言う事は、今も昔も同じ。
「学校に行かなくたって勉強はできる!」
にしても、百年前のやんちゃは、今と比べると桁違い。
外国で一旗あげる夢に憑かれた三男坊は、泣いて喚いてハンスト決行。
最初は
「反抗期か。しょーもねぇ。」
と余裕こいてた両親も、息子の強情さに呆れ果てます。
「おセキさんが一緒だし…ま、いいか」
と、なったのは、ラッキー!?
このおセキさんを師匠として、光廣少年のワンピース人生は、スタートします。
「まずは言葉だ!
そして、資本金を貯めるだ!」
と、語学学習と仕事の二足のわらじから始めて、苦節10年。
守銭奴生活して、今の金額で三千万貯めます。
その頃は、タイと日本以外の有色人種国は、長らく白人国の植民地状態。
ところが、日本海海戦で、日本は辛くも大勝利…。
これを見たアジアン達は
「自分達だって頑張れば、滅茶苦茶搾取される状態から、脱け出せるのでは?」
と希望を持った時代です。
若くて貧乏な光廣少年の頑張りようは、周囲のベトナム人にとって
「こうあって欲しい御手本にしたい日本人」
を、体現していました。
そんな人々に囲まれて、光廣少年にもベトナムの状況が、解ってきます。
「ベトナムのフランスからの独立に協力する!」
光廣少年の侠気に火が点きます。
「それには、まず稼ぐだ!!」
他人の懐を当てにしたんではベトナム独立支援は無理!!
現実的な光廣少年は、1922年鮫島ホテルを買い取り、カラユキさん・キヨと結婚。
ベトナム人が裸足で入れる店・大南公司を設立。
貿易商になって稼ぎます。
そして、その金でジャロン帝直系の王子クオン・デ候を支援。
ベトナム独立を支援する侠客商人・松下光廣の誕生です。
大南公司には、日本人やベトナム人だけでなく、中国人・タイ人・マレー人・フランス人・
イギリス人・イタリア人・ユダヤ人・インド人・カンボジア人と、様々な国籍の社員がいたそうです。
故郷を後にして松下の下で働く彼らも、またワンピースな奴らでした。
どんな時代どんな国にも、生まれ故郷に納まれない人間は、いるんですね。
にしても、20世紀は厳し〜い世界的大荒れ波浪注意報時代。
ワンピースな奴らの運命やいかに?
続きは、また。

★ 味岡修 さんから:
テント日誌 4月28日(日)経産省前テントひろば 596日目 
〜座り込みを強化し、規制委や廃炉対策推進会議を監視しよう〜

雲ひとつない快晴、やっと陽射しも強くなりルンルン気分でテントに着くと、なにやら見慣れぬ人が数人立ち話をしていたのでギョッとした。暫くして脱原発、「主権回復の日」反
対の保守系の方たちだと判明し一安心。彼らはテントで預かっていたのぼりなどを取りに来て官邸方向に向かって行った。のぼりには「まだ主権は回復していない」と言うような事
が書かれていました。依然収束していない福島の事故や処理できない高レベル廃棄物などのことを普通に考えれば誰でも当然原発は廃炉に!と思うはずだし、またアメリカ追従のま
ま沖縄では「屈辱の日」とされている日に式典なんて考えられないはず。保守の中にもまともな考えを持っている人たちもいるのですね。11時過ぎ昨年脱原発のため一ヶ月ハンスト
をなさったFさんが新大久保から帰ってみえた。彼は明日から今度は在日の人たちへの差別・排外デモに抗議し、皆で平和をつくっていこうと5日間新大久保でハンストをするため上
京されました。そしてまず座り込める場所を探しに行ったけれど適当な場所が無く「みんな在日・地球人」と書いたゼッケンをつけ、新大久保の周辺を歩いて意思表示をするとのこ
と。声明文も書いて話しかけられたらお渡しするとか、気持が伝わるといいですね。どうぞお身体に気をつけて!

12時少し前「主権回復の日式典」抗議デモがテント前を通過皆でエールを送りました。式典に賛成の保守系集会もあるとのことで彼らの訪問を恐れていましたが、5時過ぎまでは無事
でした。2時から第2テントでは川柳の会があり多くの参加者でにぎわっていました。今日のお題は「汚染水」と「ハンスト」だったとか、傑作は生まれたでしょうか?

既に紙版の署名を始めている*「テント「土地明渡請求訴訟」取り下げを求める請願書*」の、Webでの署名 フォームを作成しました!
☆Web版締切(一次)は5月10日(金)朝6時。是非、*署名&拡散をお願いいたします!*
署名はこちらから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e87a29a6245860
 (I.K)
集会<誤った戦後国家のスタート「主権回復の日」(4.28)を今こそ問う!―沖縄・安保・天皇制の観点から>で、新崎盛暉さんが、沖縄戦後史・安保史を振り返り、東西冷戦が終
了した折になぜ沖縄に基地が必要かの議論が足りなかったと話された。同様に、フクイチ後2年経過してなぜ原発が必要かの議論を今しっかりやるべきだと思った。未だに総ての原
発を廃炉にできない日本の今の状態は実に嘆かわしい。しっかりパブコメを書いて出そう。原子力規制委員会や廃炉対策推進会議や汚染水処理対策委員会をしっかり監視して、全原
発の廃炉化を押し進めさせよう。  (K.M)

◇◆◇◆◇◆ 「脱原発テントといのちを守る闘い」今後の日程 ◇◆◇◆◇◆

5月10日(金)迄「訴訟取り下げ」署名
5月10日(金)「訴訟取り下げ」を求める抗議集会・署名提出 経産省正門前
5月16日(木)「明渡請求訴訟」抗弁書提出
5月23日(木)「明渡請求訴訟」第一回公判
◇◆◇◆◇◆ 「脱原発テントといのちを守る闘い」テントからのお願い ◇◆◇◆◇
★ 「土地明渡請求訴訟取り下げ署名」への協力・拡散のお願い>
現在、テントひろばでは、「土地明渡請求訴訟の取り下げを求めるための署名」を経産省前テントひろば受付と、インターネットでお願いしております。

「土地明渡請求訴訟」取り下げを求める請願署名 
http://tentohiroba.tumblr.com/post/48968694817

署名への協力、ツイッター、フェイスブック、メーリングリスト、ブログ
などでの拡散も宜しくお願いします。今回の署名は、情報を削除の上、請願の形で、5月10日(金)経済産業省に請願の形で提出します。
署名提出とテントからの連絡以外には一切使用しない事をお約束いたします。
◆「かんぱ」のお願い
裁判にかかる費用を捻出するためにカンパへの協力をお願いしています。
以下の口座まで、皆様のお気持ちをお寄せ下さい。
郵便振替口座
00160−3−267170
ゆうちょ銀行
【店名】〇〇八【店番】008(普)5289163
【口座名義】経済産業省前テントひろば

★ そら、なんね?プロジェクト池野 さんから:
 ● ○ ● TPP ● ○ ● 
そら、なんね? トーク
 〜ベストセラー「戦後史の正体」の著者・孫崎享氏が語る、ニッポンの過去と未来〜
〜弁護士・元農林水産大臣 山田正彦氏も参戦! TV・新聞ではわからないアレやコレや、何でも喋ります!〜
  
と き:5月5日(祝) 13.30開場 14.00〜16.30
ところ:福岡市立中央市民センター(3F大ホール)
 
講師:孫崎享氏 ・山田正彦氏
会費:1000円 *要申し込み(当日会費は1200円)
申込方法:こくちーず 
http://kokucheese.com/event/index/82312/
 
●託児有り(2才以上 料金500円)要予約、詳細はこくちーず右下お知らせ欄をご確認。家族席も有ります。
●イベント終了後に、孫崎さん、山田さんを囲んだ懇親会を予定。(懇親会参加は、講演会参加者/協賛者 限定)
 お問い合わせ:「そら、なんね?」プロジェクト
電話  092-201-4192 (10:00~12:00)
メール: sora.nanne1355 at gmail.com
 *詳細「こくちーず」よりご確認頂けます。

★ 三好永作 さんから:
JSA福岡は下記の要領の講演会を開きます.ご関心のある方の多数の皆様のご来場を期待します。
        記
日 時:2013年5月12日(土曜日)開場15:00 開始15:30〜17:00
場 所:大丸エルガーラ 6F 久留米大学・福岡サテライト(国体道路側入口より)
講 演:「立憲主義からみた自民党改憲案の問題点」
講演者:星野圭弁護士(福岡第一法律事務所)
入場料:無料
       【講演の要旨】
 立憲主義とは何か.簡単に言えば,生まれながらに対等平等な国民が,相互の
社会契約に基づいて,憲法によって立つ統治体制を作り,それによって自分たち
の基本的人権を守ろうという考え方です.立憲主義のもとでは,国民の基本的人
権の擁護こそが国家の最大の義務であり,そのために国家が存在していると言っ
ても過言ではありません.
 ところが,2012年4月27日に自由民主党が公表した憲法改正草案では,
国民自身が自助,共助の精神の中で基本的人権を尊重する義務を負うものとされ,
さらには国民自身に憲法尊重擁護義務が課せられています.自民党改憲案では,
国民の基本的人権の擁護が,国家の義務から国民の義務へと置き換えられている
のです.
 自民党改憲案を貫く思想は,人類が,そして我われ日本人が歴史の中で実践,
形成してきた立憲主義を根本から否定するものとなっています.なぜそのように
評価できるのか,その点を指摘していきたいと思います.

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● 未来への決断!私たちの選択〜渡されたバトン〜さよなら原発〜●
    ――九州初公開!――
日 時:5月6日(月・祝日)10:30〜13:00 13:30〜16:00
 ´回とも ☆福島からの声〜釋尼・倶會(シャクニ・クウエ)さん
       ☆池田博穂監督 挨拶
場所:福岡市民会館大ホール
    福岡県福岡市中央区天神5丁目1-23 電話 092-761-6567
     地図:http://tinyurl.com/c47am3d
主 催:さよなら原発!福岡5・6上映実行委員会 
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    原告数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内