[CML 023793] 【報告】第730日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 4月 19日 (金) 07:10:12 JST


青柳行信です。 4月19日。

本日、19日(金)午後1:30から、
★原発とめよう!九電本店前ひろば★は2周年!(1日早め)
私たち・皆様の声と行動で、九電6基の原発を止め続けてきました。
各自一品・飲み物持参で午後7時迄の間、来れる時間、テントに居れる時間で
ささやかなお疲れ様・励まし・祝いをご一緒しましょう!!
 (4月20日は土曜日でひろばテントはお休み)

【転送・転載大歓迎】
   ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第730報告☆
2011年4月20日から 呼びかけ人賛同者2013年4月18日2808名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
     
★ さよなら原発!5・6福岡集会
 ホームページ:http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。 
今日は 日本共産党の志位さんの話しを聞きにいきました。
志位さんは 東京での原発反対の市民行動、小平市での市長選の勝利に
見られるように 新しい共闘の動きが出ていることを紹介しました。
ここ、九州でも一致する要求に基づいて新しい流れをつくることを
期待します。
あんくるトム工房
アベノミクス    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2383

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆文殊の智慧を汚す「もんじゅ」にMOXを運ぶ企業も傲慢の罪(左門 4・19)
 ※仏様の戒めを破る罪を「傲慢」と言います。驕り高ぶりです。
  その罪がこれまで酷く自然と人間を破壊しているのに、
  さらに破壊に破壊を重ねる罪を繰り返そうというのです。
  暴風雨で船が転覆したらどうなりますか?!
  無事に到着すれば、若狭湾の放射線が激増します。

★ 田中輝子 さんから:
青柳さま
ご報告日数が365の倍になる日が近いなあと指折りながら読ませていただいています。 
2年ものあいだ充実したご活動を続けていただき本当に頭がさがります。

 4月18日(第729日目)では、特に「石垣敏夫 さん」ご報告の「1.たかだか汚染水も防げない原発−鎌田さとしさん演説 原発は【反命】、生命の声で訴える−1人でラッパ
を吹いて いる人」「2.明治公園での逮捕」を印象強く読みました。「2.」は連載とのこと、前後の文章も気になります。

13(土)の朝日新聞・声欄に西山進氏のご投稿が掲載されていましたが、アップされていたでしょうか。見つけられませんでしたので、ご紹介いたします。
>「肥田医師の活動に勇気もらう」 漫画家 西山 進(福岡市南区 85)
 広島で被爆し、戦後一貫して被爆医療に携わってきた96歳の医師、肥田舜太郎さんが「非核・脱原発」を訴えて全国で講演を続けています。3月には車いすで韓国を訪ね、その
信念を語ったという記事(9日ひと欄)を読み同じ被爆者として、誇らしさと頭の下がる思いがしました。
    <途中略>
 「復興」から遠くなりつつある福島の現状に私は被爆者として焦燥を感じています。広島で被爆した肥田先生も、きっと黙っておられなくなったのではないかと思います。
 日本には広島、長崎の被爆者が20万人以上もいます。被爆者は原発をめぐって起こる様々な出来事に対して私と同じように神経をとがらしているに違いないと思います。あの地
獄の業火の中をくぐり抜け、被爆後も放射能に脅かされてきた私たち被爆者は核の怖さ、とりわけ放射能の怖さを身をもって体験しています。
 肥田先生の活動を知り、原発、憲法改定など戦争につながるものは一切拒否しなければと強く思いました。>以上引用終わり。

投稿欄の隣では有田町の前田凡夫氏が、「政府は国民の暮らしを守れ」と生活保護に関しては受給のあり方を改善すべきとの説を述べられています。月1回くらいは載っておられ並
び数字でいらしたのが印象的でしたが、このたび78歳と掲載されていて、ご無事にお誕生日を迎えられたことを慶んでおりました。

そこへ西山氏のお歳を拝見してびっくり。そして肥田医師の96歳というお歳。
私は40代前半ですが、先輩方のお話をうかがって、年下の人たちに伝えていかねばとの思いも抱きました。

いつもテントを守り、活動し、メールマガジンに情報をお寄せくださる諸先輩にあらためて感謝申し上げます。
今後ともどうかお身体を大切に、ご活躍をお祈りいたします。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝届いた西日本新聞には、驚いたことに、被災地フクシマ・原発・電力という言葉は見出せませんでした。
それでは、ネットにある記事から、今朝も福島第一の危うい現場の実態から始めます。
1.「福島原発、汚染水6百トン消える 東電は大量漏えいを否定」 西日本4月18日 09:53
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/358984
記事「・・・・東電は『外部に流出した明確な兆候はない』と、大量漏えいを否定している。」
・・・・毎日、毎日おかしな事実が明らかになります。
現地に近い地方紙では、
2.「汚染水処理破綻寸前 福島第1原発漏えい」河北新報(4/18 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/20130418t63007.htm
記事「・・・・将来的に飽和状態を迎えるのは確実で、急場しのぎの策にとどまっている。・・・・汚染水は放射性セシウムを取り除いた水。東電は試運転中の『多核種除去設備
(ALPS)』を本格稼働させ、汚染水から62の放射性物質を除去するとしているが、トリチウムは残り、完全浄化はできない。・・・<海洋放出に現実味>・・・・・原子力規
制委員会・原子力規制庁と経済産業省・資源エネルギー庁が連携を強めていることについて、規制委の田中俊一委員長は17日の記者会見で『政府一体の取り組みを住民は望んでい
る』と述べた。」
・・・・少し長い記事だが重要、規制委の独立性も危ぶまれる危機に直面している。
こちらも手詰まり、
3.「仮置き場最低142ヘクタール必要 環境省算出 確保は不透明 浪江の国直轄除染」福島民報4月18日
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201304187915
・・・・・“除染したら帰れる”といい続けると確保は難しいと思う。正直に帰れないから国が買い上げるとして土地を確保してはどうですか。
4.「IAEA」が第1原発で現地調査 廃炉作業確認」福島民友(04/18 10:15)
http://www.minyu-net.com/news/news/0418/news9.html
記事「・・・調査団は17日、現地調査のため同原発に入った。調査は19日までの予定で、22日に評価結果を公表する。」
東電は、
5.「原賠機構から2235億円交付=東電」時事通信04/1812:05 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041800422
記事「・・・・5月末までの賠償金の支払総額は2兆5748億円に達する見込み。家財に関する賠償金支払いは開始されており、不動産についても早ければ4月末ごろから支払い
が始まるとみられる」
被災地フクシマでは、
6.「園児や小中生の甲状腺検査開始 福島・飯舘村」河北新報(4/18 09:19)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/20130418t63024.htm
記事「・・・・飯舘中の2年生37人が提携先の福島市の医療機関で検査を受けた。木幡沙也加さん(13)は『受診して健康に問題のないことを証明し、差別を受けることなく生
活したい』と話した。・・・・対象は原発事故で福島市と同県川俣町に移転している計六つの村立幼稚園、小中学校の園児、児童、生徒計約370人で年1回実施する。ほかの幼稚
園、小中学校に通う村民の子どもも対象に入れる。」
・・・・中学生のコメントが胸を打つ。
規制委では、
7.「大飯原発『新基準に適』=関電が報告書提出−規制委、19日に確認開始」時事通信04/1816:40 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?k=2013041800605&g=eqa
記事「・・・関西電力は18日、全国で唯一稼働中の大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について、「新基準に適合することを確認している」などとする報告書を原子力規制委
員会に提出した。」
8.「東北電反論、受け入れず=規制委側、活断層判断の東通原発で 」時事通信04/1813:37
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041800050
記事「・・・・規制委の島崎邦彦委員長代理は、同社の主張を認めた旧通商産業省の判断について『われわれは変えるという認識を持っている』と述べ、事実上受け入れない考えを
示した。」
8’.「東通原発『活断層ない』と東北電 議論継続求める」東京新聞4月18日 14時27分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013041801001430.html
一方、こちらの原発では、活断層の疑い、
9.「新たに4基、活断層疑いも=柏崎刈羽原発−東電」時事通信04/1820:54
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041800930
記事「・・・・東京電力は18日、柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の敷地内断層の調査結果を発表した。原子炉建屋の下に20万年前以降に動いた断層はないが、三十数万
年前までさかのぼると、3号機と5〜7号機直下の断層に動いた可能性があるという。
 柏崎刈羽原発は7基の原子炉のうち、1、2号機直下の断層で二十数万年前以降に動いた疑いが浮上している」
・・・・原発では“疑わしきはすぐに廃炉”でいいと思う。
電力会社は、
10.「値上げ、24日にも申請=9月から家庭向け1割−北海道電力」時事通信 04/1816:28
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041800669
11.「MOX燃料輸送船が出港=仏 」時事通信04/1800:41
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041800092
関連記事、
12.「貿易赤字、過去最大の8兆円=輸出不振、円安も影響−昨年度」時事通信04/1811:48 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041800149
・・・・火力の燃料購入増加だけが要因ではない、円安・対中輸出減など・・・。
13.「『大飯停止なら関電余力1%』 経産省が夏の電力見通し」朝日4月18日⇒http://www.asahi.com/special/news/articles/TKY201304170056.html
記事「・・・・ピーク時でも電力をまかなえるものの、関電管内での余裕(予備率)は1・0%にとどまり、『万が一』に備えて必要とされる3%を下回る見通しという。・・・・
この日の電力需給検証小委員会で示した。2010年夏並みの猛暑で、8月に電力使用がピークになる時を想定して電力各社が見積もり、経産省がまとめた。」 
・・・・どう計算しても原発なくても足りているのです。
次に、政府の動き、
14.「政府、放射性物質拡散予測の運用改善へ民間参入 SPEEDI 」日本経済新聞 電子版4/18 14:00 
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS18002_Y3A410C1MM0000/
記事「・・・早ければ2015年度から大手システム会社などが参入できるようにする。コスト低減と運用の改善を狙う。」
・・・・残念ですが、有料ページです。何でもかんでも“民間”、いったい誰が責任を持つ???
昨夕の西日本新聞夕刊では、1面トップが12.の記事、9面社会欄のトップが、1.の“汚染水ゆくえ不明”の記事、すぐその下に8.8’.の記事がありました。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信様
 <原子力の「安全神話」と原子力保険料率>をおしらせします。
http://www.asahi.com/national/update/0403/TKY201304030396.html
 
2013年4月3日の朝日新聞デジタル版に 
「原発の大規模事故「百万年に1回に」 規制委目標設定へ」
「原子力規制委員会は3日、放射性物質を大量放出するような原発事故の発生確率を、原発1基につき100万年に1回以下に抑えるとする安全目標を定める方針を決めた。国の規
制機関が、事故発生確率の数値目標を正式に示すのは初めて。国や電力会社が安全対策をとる上で達成すべき指標となる。 
 安全目標では、原子炉の炉心損傷確率を1万年に1回以下、大規模放出を100万年に1回以下と定める。大規模放出の際に放出される放射性物質をセシウム137で100テラ
ベクレル以下とする。東京電力福島第一原発事故の放出量の約100分の1にあたる。 
 安全目標は各国が定めている。今回規制委が定めた発生確率は、米国が原発を新設する際の目標とほぼ同じ。日本では福島事故前は事故発生の危険性を認めることになるとして、
安全目標を正式に示していなかった。 」とのっています。
http://www.keio-hoken.jp/column/776/
<原子力の「安全神話」と原子力保険料率>
「  原子力損害を定性的・定量的に把握するのに長い時間を費やした。次いで、どれくらいの頻度で発生するかが問題となった。解決の糸口となったのが、1975年の「ラムッセン報
告(WASH1400)」である。同報告書で、原子炉の重大事故の発生率は10-6年(原子炉1基あたり100万年に1回)であるとされた(もちろん現在ではもう少し精度が上がっている)。こ
うして原子力損害に対する保険のメドがついたが、同時に原子力発電の「安全神話」も生まれた。しかし、そのわずか3年後にスリーマイル島原発事故、6年後にチェルノブイリ原発
事故(1981年)が発生し、この「安全神話」は瞬く間に世間から忘れ去られた(はずであった・・・)。
  東日本大震災における福島第一原子力発電所の事故で、政府は補償金1,200億円を支払ったが、この結果、政府の原子力損害賠償補償契約について、2013年4月1日から補償料を約7
倍(現行の補償料率を「1万分の3」から「1万分の20」に改訂。対象は全国54か所中20か所)に引き上げることを閣議決定した。具体的には、これまで原発1か所につき年3,600万円の
補償料が2億4,000万円に引き上げられることになる。
  他方、民間の原子力損害賠償責任保険契約は、2013年1月15日に契約(1年更新)が終了するが、日本原子力保険プールは、海外の再保険プールが引き受に難色を示したため、東
京電力に対して契約を更新しない方針を通知した。仮に海外の再保険が成立するとしても、保険料は7倍以上になることは確実と思われる。」
 「海外の再保険プールが引き受に難色を示したため」とあるのはイギリスのロイド保険会社の事だと思われます。損害保険会社は事故の確率計算の正確さにより、会社の経営が成
り立っており、ロイド保険会社は世界のトップレベルの事故確立の算定能力を持っていると思われます。
 この会社が原子炉の事故確率の算定ができないといっているようですが、原子力規制委員会は算定ができると言っています。
この事は、福島第一原発の地下貯水槽から放射性排水が漏洩したが、地面に穴を掘り、ビニールシートを敷いて、8400トンもの放射性排水を保管すれば、放射性排水が漏洩する
事は専門技術者でなくても、普通の人がわかることです。原子力規制委員会が算定ができると言っているのは、まったく同じ事と思います。

★ 安間 武 さんから:
-----------------
反原発行動
-----------------
★全国原発関連デモ開催情報
http://www47.atwiki.jp/demomatome/

■定例!4月毎週金曜! 首相官邸前抗議
5日、12日、19日、26日:18時〜20時
大飯原発を停止せよ!
呼びかけ:首都圏反原発連合
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=2971

■官邸抗議は2年目に突入! 今年こそ原発ゼロに!
http://coalitionagainstnukes.jp/wp-content/uploads/2013/03/MCAN_A4_13Apr.pdf
----------------
原発関連情報
----------------
■ドケチ東電 「自主的避難等対象区域」外の住民に和解金
(田中龍作ジャーナル 4/18)
http://tanakaryusaku.jp/2013/04/0007000

■【官邸前エクスプレッション】 3月10日 福島の惨劇から2年
(田中龍作ジャーナル 4/15)
http://tanakaryusaku.jp/2013/04/0006989

■原発メーカー巡礼 「一番札所」は日立、二番は東芝
(田中龍作ジャーナル 4/13)
http://tanakaryusaku.jp/2013/04/0006982

■「極秘命令」:秘密裏にフクシマ後初のMOX燃料輸送に踏み切る日本政府
米英仏軍を動員/ルモンド紙(4月15日)
(フランスねこのNews Watching 4/16)
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/mox415-3be5.html

■原発避難、「藩主」ら集団移住構想 相馬から広島へ
(朝日新聞デジタル 4/16)
http://www.asahi.com/national/update/0411/OSK201304110144.html

★ 朝日新聞労働組合西部支部 さんから:
「NHKディレクター・七沢潔さん講演会 朝日新聞プレ5・3集会」
日時:4月20日(土)14時、福岡市博多区博多駅前2−1−1 
   朝日ビル4階、4BC会議室。無料。
 朝日新聞労働組合 西部支部 電 話:092−414−6211

◆朝日新聞労働組合西部支部は4月20日、NHKのディレクターで、放送文化研究所・主任研究員の七沢潔さんを講師に招き、講演会「原発報道を問う〜情報は誰のものか」を開き
ます。5月3日に神戸市である「第26回言論の自由を考える5・3集会」のプレ集会です。幅広いご参加をお待ちしております。
2011年5月に放送された番組は、放送終了後からツイッターなどで大きな反響が広がっていきました。その反応に支えられ、シリーズ化されていくETV特集「ネットワークでつく
る放射能汚染地図」です。そこには「棄民」ともいえる住民の姿が映し出されていました。
3月下旬、福島第一原発から北西27キロ圏にある浪江町赤宇木地区。一帯には屋内退避指示がだされ、メディアも自主規制で立ち去っていました。しかし、木造平屋の小さな集会所
には、10人あまりの避難民が肩を寄せあっていました。手元の測定器は、空間放射線量で1時間あたり80マイクロシーベルトを指し示します。24時間屋内退避しても、3日もせずに
平常時の一般人の年間被ばく限度量1ミリシーベルトを超える値でした。
国や自治体からの情報はなく、孤立する住民たち。七沢さんら取材班は「ここは危険だ」と伝え、さらなる避難を決意させます。国が、この地域で異常な放射線量が検出されている
ことを知っていたことも、のちに明らかになりました。
チェルノブイリ、東海村、そして、福島――。30年近く原子力を追い続けてきた七沢さんはなぜ、重要な情報をいち早くつかみ、最も知らされるべき住民、そして私たちに届けるこ
とができたのか。そこからみえる原子力大国・ニッポンの姿とは。現在も福島通いを続けている七沢さんに語っていただきます。(西部支部新研委員長・木村司)
【七沢潔さん略歴】ななさわ・きよし 1957年、静岡県生まれ。81年NHK入局、チェルノブイリ原発事故をきっかけにディレクターとして、原子力をテーマにした番組づくりにか
かわってきた。福島原発事故後は、放射能汚染の実態を独自に計測し、ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」として放送。シリーズ化された番組は文化庁芸術祭大賞
などを受賞した。取材活動は朝日新聞の「プロメテウスの罠」「原発とメディア」でも報じられた。著書に「東海村臨界事故への道」。論文に2009年の科学ジャーナリスト賞「テレ
ビと原子力」など。現在はNHK放送文化研究所・主任研究員。

★ 野平晋作 さんから:
昨日の院内集会の記録をお送りします。
 IWJ Independent Web Journal 2013/04/17
天皇を政治利用する安倍総理は「首相失格」 高橋哲哉氏。
「主権回復の日」式典を批判―院内集会「4.28主権回復の日」を問う
  〜繰り返される「沖縄切り捨て政策」〜
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/74565

★ 佐野美斗 さんから:
* * * *みどりの “出張”カフェ* * * *
来週水曜日の みどりのカフェは、
九電本店前ひろば・テントへ ”出張”  します!!
話し合いのテーマは、”脱自民!!どうする、参院選!?” です。
皆さん、ふるってご参加ください〜

と き:4月24日(水)10:30~12:00
ところ:九電本店前ひろば・テントにて
   (福岡市中央区渡辺通2-1-82)渡辺通り1丁目バス停そば

テーマ:7月にせまる、参院選をどう戦う?? 
    ”脱自民!”〜参院選対策会議^^
    意見・情報交換、各人の取組みをシェアして頂きながら、
    これから私たちに何ができるか?を探りたいと思います。

その他:お子さん連れ勿論可・お弁当持ち込み可
(ひろば世話人・青柳さんより、話し合いの後は皆でお弁当食べて 
もいいしね!と言って頂いてます〜)

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● 沖縄と連帯し「4・28主権回復の日」に反対する福岡集会 ●
日 時:4月28日(日) 14時〜15時 
場 所: 須崎公園 福岡市中央区天神5-2
       地図:http://tinyurl.com/8oyyexl
   15時〜デモ行進 須崎公園→天神を周回 警固公園まで。
 <沖縄からの声:知花昌一さん>
主 催:沖縄と連帯し「4・28主権回復の日」に反対する福岡集会実行委員会 
連絡先: 080-6420-6211(青柳)
デモ後●(知花を囲んで)懇親会
場所:十徳や大名店(大名2−9−5グランドビル2F)
    電話:092-713-6544  あすみん 向かい側
      地図:http://tinyurl.com/cfxemyf
   ・会費:3,000円。(どなたでも懇親会のみでも歓迎)
4/28集会のビラ・ちらし ひろばテントにあります。

● 未来への決断!私たちの選択〜渡されたバトン〜さよなら原発〜●
    ――九州初公開!――
日 時:5月6日(月・祝日)10:30〜13:00 13:30〜16:00
 ´回とも ☆福島からの声〜釋尼・倶會(シャクニ・クウエ)さん
       ☆池田博穂監督 挨拶
場所:福岡市民会館大ホール
    福岡県福岡市中央区天神5丁目1-23 電話 092-761-6567
     地図:http://tinyurl.com/c47am3d
主 催:さよなら原発!福岡5・6上映実行委員会 
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    原告数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内