[CML 023722] 【報告】第727日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 4月 16日 (火) 07:16:32 JST


青柳行信です。 4月16日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第727日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 4月15日現在2807名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月15日1名。
     山中恵子 
★ さよなら原発!5・6福岡集会
 ホームページ:http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さま
一昨日の風船は 玄海町から北に飛び、玄界灘で 西風に乗り、
下関の上空を飛んで、瀬戸内海に沿って、光市、柳井市、広島の江田島まで
飛んでいきました。
時速80Kmくらい出ているようです。
とても 速かったですね。
もし、原発事故が起こったら、逃げる時間もありません。
原発をなくすしかありません。
あんくるトム工房
風船は瀬戸内海に     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2380

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆官僚は切実な声を「ムード」と見る「原発ゼロ」は命の声なり(左門 4・15−262)
 ※プロメテウス「原発維持シナリオ」を読んで。「命の声」が聞こえぬ者に政治を任せてはならない。
  60年安保の時の「国民の声」を聞きたくない岸首相は「声なき声」が私を支えていると嘯いた。
  彼らに聞こえる「声」は日本を滅ぼす声なのだった。その女系の孫が今の首相なのだ! 

★ 溝越 さんから:
 青柳様
講演会のご案内です。
皆様ご参加よろしくお願いします。

○「NHKディレクター・七沢潔さん講演会 朝日新聞プレ5・3集会」

 NHK・ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」のディレクターで、
チェルノブイリ、東海村、福島と30年間原子力を追い続けてきた七沢潔さんが講演。

 日時:4月20日(土)4時、福岡市博多区博多駅前2−1−1 
    朝日ビル4階、4BC会議室。無料。

 【七沢さんの経歴】1957年静岡県生まれ。
81年NHK入局。チェルノブイリ原発事故を契機にディレクターとして
原子力をテーマにした番組作りに関わる。福島原発事故後は放射能汚染を
独自に計測したETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」を制作。
シリーズ化された番組は文化庁芸術大賞などを受賞した。
現在はNHK放送文化研究所・主任研究員。

★ 男の独り言・オールドルーキ さんから:
さよなら原発
ねずみで冷却水の電源が止まったり、地下冷却水槽から375トンもの汚染水が漏れたかと思えばその汚染水を
別に移す移送配管から今度は漏れたと言う。
こんなに国民を馬鹿にしていながら、なんとか再稼動を唱える安倍政権の対応を国民は冷静に考えなければいけません。
本来潰れているはずの東電株が上りだすなんて皆さんはどう感じますか?

先日、九電本店前のさよなら原発を掲げたテントに始めて訪れ私も原発反対ですし次回は私の原発に対する意見をお持ちしますと
約して再訪し、原発とめよう!活動のリーダーの青柳行信さんにお会いした。

もともと好奇心旺盛な私ですから原発反対の共通認識とは別に700日以上も実活動をなされている青柳さんの人物像に興味が
ありました。何故なら人は自分に無いものに興味をもちます。

私も一時期「我が辞書に、不可能は無い」と自己催眠的に頑張り、自分でも信じられないことを成したつもりです。
その源は両親からの正直の教えです。私の辞書には本音か嘘しかありません。「たてまえ」と言う
言葉は嘘に集約されるべきです。

人の心を動かし掴むには真実、誠実、真心、熱意、感謝だと考えています。
そんな私でしたが青柳さんみたいにテントを張って今日で727日なんて尊敬に値する凄い活動は出来ません。

会うと物静かで温厚な信念の方だとは感じましたが到底このように長期間反対活動を
なされている人とは私の勝手なイメージ像とはかなり違っていました。
私などはせいぜいこのブログで未来の子供達に借金と捨て場のない原発の放射能破棄物を絶対に残してはいけないと訴えるぐらいな
ものです。始まりは週一回の落書き日記からの始まりです。
そのうち忘備録的に政治や色々な記録やコラムに変わりました。

日銀の黒田総裁にしても2年で物価目標2%を達成出来なければ、責任をとつて辞めるなどと言っていますが、そんな無責任な責任の
とり方はありません。物価は上げ年金は下げ消費税はあがり、円安で1部の企業だけ恩恵を受け肝心な食生活の負担の輸入品は
上がれば格差社会がますます広がるばかりだと思います。
黒田総裁の責任のとり方は、失敗したら私財を投げ出し破産すべきであり、それを任命した安倍総理は政治家を辞するべきですし
自ら決断しない時は選挙でもつて国民は自公に対して厳しい判断行動をしないといけません。

内容のない言葉だけのバブルに踊らされず自分の生活を冷静に見直して下さい。本当に好景気の波が感じられますか?
世界の色々な有識者から、短期間で円安をしたアベノ・ミクスは凄いとそれなりの評価をしているようですが最後に必ず財政維持が
もつかどうかと付け加えられています。

一兆円の借金に上乗せした借金で成り立つかどうか、福島の原発の後処理の見通しさえ立たない現在しかも原発再稼動をしなくても
電力は去年も今年も大丈夫だと言うのに原発再稼動にこだわるのは何故か、
原発の安全性に金をドンドン流し込むのを止め(ベントなんて放射能漏れ事故があった時の想定であつてはならないのです)

総括原価方式の見直しをすれば如何に原価の追求意識が不足しているか、
さよなら原発と同時に電気料金の原価追求運動も平行していくべきだと考えます。
    さよなら原発!  電気料金値上げ反対!
最後に青柳さんの名刺の裏の詩を紹介します。
           
         みんな つながっている
           信頼 絆 希望
        大地 水 空 生きとし生けるもの

         いのち むすぶ さよなら原発
            私たちの声と行動で
           ゆるぎない平和を築こう

★ 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)さんから:
◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 16日(火)大飯原発仮処分裁判の判決が出ます
  13:30に大阪地裁の正面玄関前に集まり、一緒に判決を迎えよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇
皆さまへ
いよいよ、大飯原発仮処分裁判の決定(判決)となりました。
16日(火)は13:30に大阪地裁前に集まり、一緒に判決を迎えましょう。

◇IWJさんが中継されます。
【IWJ_OSAKA1】 大飯原発3.4号再稼働差し止め訴訟判決
http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1

◆4月16日(火)
・13:30 大阪地方裁判所の正面玄関前に集合
・14:00 判決(決定)受け取り
・14:15 大阪地方裁判所の正面玄関前で旗出し
・14:30 司法記者クラブで記者会見

★ 金子譲 さんから:
【Oneness TVアーカイブ:九州玄海訴訟 風船プロジェクト 第二弾】
市民の手による放射性物質の「見える化」に挑戦する「風船プロジェクト」第2弾。
今回も千個の風船に「原発なくそう!」の想いを乗せて大空に放ちます!
http://t.co/YrRtUpv7CX

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
休刊日明け、14日に玄海町であった風船プロの記事は地元紙にはなく朝日新聞ネットにありました、下方で紹介します。
さて、きょうも福島第一の汚染水事件から始めます。
1.「汚染水16日にも地上タンクへ 東電、設備の安全確認後」東京新聞4月15日 21時22分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013041501002261.html
記事「大量の漏えいが確認された2号貯水槽から地上タンクへの汚染水の移送を16日にも始めると発表した。・・2号貯水槽には汚染水約900トンが残っている。配管に漏れが
ないかなど設備の安全性を確認した上で移送を始める。(共同)」
2.「地上タンク「仮設的」と不安示す 規制委員長、抜本的対策を」河北新報4月15日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/2013041501001968.htm
記事「・・・・今後の水の移送先となる地上タンクについて『やや仮設的なところがある。地下貯水槽よりはしっかりできているが、何十年も持つものではない』と述べ、将来的な
耐久性に不安があるとの見解を示した。」
・・・・廃炉作業は東電任せではもう限界なんではないか。
3.「(福島)県漁連、東電に『根本的対策を』 汚染水漏えいで要望」河北新報4月15日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/2013041501001507.htm
記事「・・・・福島県漁業協同組合連合会の野崎哲会長が15日、東電福島本社の石崎芳行代表と事故対応拠点のJヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で面会し『絶対に汚染水が
海洋に放出されない根本的対策を国と確立してほしい』とする要望書を手渡した。・・・・要望書は『漁業の本格的操業がいつになるのかと落胆は大きい。汚染水が海洋に放出され
れば福島県の漁業は復旧・復興への途を断たれかねない』と、東電への不信感をあらわにした。」
福島第一の現場では、
4.「福島第1で転落、重傷=作業員、清掃中−県警」時事通信04/1522:55 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa#jmp_news
記事「・・・・東京電力福島第1原発5号機のタービン建屋地下1階で、電源盤の清掃作業をしていた東電の協力企業社員・・・・・が、配管の上から転落した。奥野さんは約2
メートル下の床に落ち、左かかとを骨折する重傷。」
東電では、
5.「昨年度の退職700人超=1.5倍に増加−東電」時事通信 04/1520:38
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041500825
記事「・・・・東京電力の2012年度の自主退職者が約710人となり、11年度(465人)比で約1.5倍に増加したことが15日、明らかになった。経営の先行きをめぐり
将来への不安が影響していることに加え、収入の減少も退職に拍車を掛けているとみられる。」
規制委では、
6.「再処理施設の新基準検討=『想定超え』など法規制化−規制委」時事通信04/1519:41 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041500792
記事「・・・・・従来の基準の強化に加え、再処理施設や核燃料加工施設では想定を超える災害やテロなどに備えたシビアアクシデント(過酷事故)対策も検討する方針が示され
た。12月までに新規制基準をまとめる。」
7.「<福島第1原発>IAEA、廃炉に向け評価作業」毎日新聞 4月15日(月)12時14分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130415-00000041-mai-soci
記事「・・・・国際原子力機関(IAEA)の調査団が来日し15日、東京電力福島第1原発の原子炉冷却や汚染水対策など、廃炉に向けた取り組みが妥当かどうかの評価作業を始
めた。17〜19日に現地調査し、22日に結果を公表する。」
・・・・助言をするそうです。期待はしないほうがよいでしょう。
脱原発の行動は、
8.「脱原発提言の市民団体発足=福島事故調元メンバーも−東京 」時事通信04/1517:43
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013041500645
記事「・・・・・脱原発を目指し、原子力規制委員会など政府の関係機関に対して政策提言を行う市民団体「原子力市民委員会」(東京・新宿)が15日発足し、都内で記者会見を
開いた。原子力に批判的な立場から活動を続けた在野の核物理学者、故高木仁三郎さんの遺志で発足したNPO法人「高木仁三郎市民科学基金」が資金面などで支援する。・・・・
吉岡斉九州大副学長らが名を連ねた。・・・・同原発事故の被災者支援や使用済み核燃料の管理、処分など四つのテーマについて議論し、半年後に「脱原子力政策大綱」の骨子案を
発表する。」
9.「風船飛ばし2度目拡散調査 佐賀・玄海原発そば」朝日デジタル4月16日
http://www.asahi.com/area/saga/articles/SEB201304150046.html
・・・・有料ページです、写真は見ることができます。

今朝の西日本新聞では、2面右側に、1.6.8.の記事が上から下に連続してあります。
13面経済欄に、
10.「九電、夏ボーナス支給見送りを妥結」04月16日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/15708/1/
記事「九州電力は15日、一般社員の夏のボーナス支給を見送ることで、労働組合と妥結したと発表した。」
11.「新出光、メガソーラーを北九州市に建設」[04月16日 03時00分 更新]
⇒http://qbiz.jp/article/15707/1/
記事「・・・・・出力約2900キロワット・・・・・・9月に着工し、12月に発電開始の予定。」
12.「九電工、西村次期社長を発表 九州外での拡大課題」04月16日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/15709/1/
・・・社長交代の記事は、既報。
12面経済欄、
13.「佐渡沖で資源試掘開始 石油やガス対象に政府主導で9年ぶり」04月16日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/15703/1/
記事「・・・・愛知県沖で3月にガス産出試験に成功した探査船「ちきゅう」が今月14日夜、佐渡島の南西約30キロの海域にある水深約1100メートルの海底で掘削を始め
た。」
・・・・・・きょうは、これだけです。

★木村(雅)さんから:
テント日誌 4月12日(金)経産省前テントひろば579日目

4月12日(金)15時〜経産省に対して、テントひろばに設置されているバリカー撤去の申し入れを行い、17時〜経産省正門前で、テントひろばに対する提訴の取り下げを求め
る抗議集会を開催しました。
 15時〜バリカー撤去の申し入れは、事前に情報をつかんだ経産省から、当日の朝に「受け取らない」旨の連絡が入っていたので、急遽「請願」という形に変更して行うことにな
りました。15時にテントにいらした15名程度の方と弁護士の方で経産省に申し入れに行きましたが、正門のところで、警備担当の職員の方に止められ、担当者が出てくる迄、待
たされました。その後現れた担当者に対し、淵上さんから申し入れの主旨を説明し、中に入れて話をさせて欲しいと要請をしましたが、担当者からは、「ここで受け取ります」と言
われ、約30分に渡って「入れろ」「入れない」で、経産省の正門前で押し問答となりました。20分くらい経った段階で、「代表だけ中に入れる」と言われましたが、その理由が
「(経産省側が)1名しかいないので」という事だったので、それもおかしいという事で、更に10分近く押し問答を行なった結果、最終的に弁護士の方を含む5名が経産省の中に
入って、話をする事になりました。
 経産省の中では、請願の主旨と内容についての説明を行った上で、経産省の担当者に対し、請願書を手渡し、「原発事故、バリカーの問題、本日の対応の問題は、経産省の体質的
な上から目線に繋がっていて、その点について反省して欲しい。きちんと経産大臣に伝えて欲しい」と伝えたところ、担当者からは、「上司には伝える。その後はわかりません」と
言われたという事です。こちらから、「(請願について)4月22日までに返答をして欲しい」と伝えたそうですが、担当者からは「答える義務はない」と言われたそうです。
このバリカーは、約1000人のヒューマンチェーンで経産省を包囲した2011年11月11日の翌日の12日に経産省が設置し、それ以来ずっと張られていますが、今まで多く
の人が足をとられ、転倒しています。転んだ際に骨折する事や、打ちどころが悪ければ、命に関わる事態にもなりかねません。一刻も早く撤去する事を望みます。
17時〜経産省正門前で、テントひろばへの訴訟に抗議をし、訴訟の取り下げを求めるための抗議集会「経産省によるテント明け渡し訴訟を撤去せよ!」が開催されました。
 冒頭の淵上さんからの挨拶に引き続き、鎌田慧さん、長谷川弁護士、原発いらない福島の女たちの黒田さん・椎名さん、双葉町から避難された亀屋さん、原発いらない全国の女た
ちの木村結さん、原発民主法廷事務局の矢野さん、東海村村議の相沢さん、たんぽぽ舎の横田さんがアピールし、国の原子力政策に対する批判、テントひろば存続の意義などを訴え
ました。その後、司会の方から、「明け渡し請求訴訟を撤回する事を求める」文書についての説明が行われ、参加者の拍手で決議した上で、請願の形で経産省にて提出する旨が伝え
られました。集会の最後は、テントひろばの正清さんからの挨拶と淵上さんのシュプレヒコールで締めくくりました。
平日の早い時間帯からの抗議集会だったにも関わらず、数百人の方にお集まりいただき、経産省に対し、抗議の意思を伝える事が出来たと思います。参加された皆様、ありがとうご
ざいました。これからも宜しくお願いします。
 当日の記事・映像は、以下でご確認下さい。
<請願書提出>
・UPLAN
20130412 UPLAN 危険な鎖撤去の請願と経産省の非礼な対応
http://www.youtube.com/watch?v=iWmCeOzzI3Y
・IWJ
2013/04/12 経産省前テントひろば有志、テント使用に関する請願書提出―経産省前テントひろば 経産省に対する申し入れ
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/73709
<抗議集会>
・UPLAN
20130412 UPLAN 脱原発テントといのちを守る闘いへ 経産省前 
http://www.youtube.com/watch?v=lp9HBx9UOUs
・IWJ
2013/04/12 さよなら原発1000万署名運動・鎌田慧氏「今、私たちはこの運動を全面的に支持して、一緒に戦っていく」―経産省前テントひろば 抗議集会
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/73717
・レイバーネット
写真速報 :国民には 国の間違いを正す権利がある!〜鎌田慧さん 経産省前で怒りのアピール
http://www.labornetjp.org/news/2013/0412shasin
写真報告(shinya) : 経産省抗議と50回目の官邸前抗議行動
http://www.labornetjp.org/news/2013/0412shinya?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
(Toku-san)
★ 栗山次郎 さんから:
青柳 様、
お元気でご活躍のことと思います。

先般、TPP参加表明への批判的な団体を紹介させていただきました。
その続きではありますが、政府が12日に発表した日米事前協議内容
が欺瞞的である旨の趣旨のブログを紹介させていただきます。

Acts for Democracy の15日の記事
http://uchidashoko.blogspot.jp/
をご覧ください。

内容を簡単に申しますと、内閣官房TPP政府対策本部発表の「日米協
議の 合意の概要」と米国が発表した英文原文を比較した上で、とりあ
えずは

  1 合意文書は米国からの一方的な「通達」
  2  項目が十分に反映されていない
  3  意図的な項目の削除
  4  「日本の農産物への配慮」など合意文書には一言もない

と論じています。
TPPに関心をお持ちの方は上記URLを見ていただきたく思います。

★ 永田 さんから:
カンパ禁止法が 改正されるようです
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/31841/32945/76027568
市民運動などに恣意的に適用されるおそれがあるそうです

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● 沖縄と連帯し「4・28主権回復の日」に反対する福岡集会 ●
日 時:4月28日(日) 14時〜15時 
場 所: 須崎公園 福岡市中央区天神5-2
       地図:http://tinyurl.com/8oyyexl
   15時〜デモ行進 須崎公園→天神を周回 警固公園まで。
 <沖縄からの声:知花昌一さん>
主 催:沖縄と連帯し「4・28主権回復の日」に反対する福岡集会実行委員会 
連絡先: 080-6420-6211(青柳)
デモ後●(知花を囲んで)懇親会
場所:十徳や大名店(大名2−9−5グランドビル2F)
    電話:092-713-6544  あすみん 向かい側
      地図:http://tinyurl.com/cfxemyf
   ・会費:3,000円。(どなたでも懇親会のみでも歓迎)
4/28集会のビラ・ちらし ひろばテントにあります。

● 未来への決断!私たちの選択〜渡されたバトン〜さよなら原発〜●
    ――九州初公開!――
日 時:5月6日(月・祝日)10:30〜13:00 13:30〜16:00
 ´回とも ☆福島からの声〜釋尼・倶會(シャクニ・クウエ)さん
       ☆池田博穂監督 挨拶
場所:福岡市民会館大ホール
    福岡県福岡市中央区天神5丁目1-23 電話 092-761-6567
     地図:http://tinyurl.com/c47am3d
主 催:さよなら原発!福岡5・6上映実行委員会 
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    原告数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内