[CML 023516] 明日4/6(土)「宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る」@渋谷(PeaTiXからの前売り購入締切は本日4/5(金)19時

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2013年 4月 5日 (金) 11:45:59 JST


紅林進です。

先日もご案内させていただきましたが、「宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る」
の開催が明日4月6日(土)に迫りましたので、再度ご案内させていただきます。

先の都知事選で、脱原発や憲法擁護、人にやさしい都政の実現などを掲げて
闘った宇都宮健児さん(日本弁護士連合会前会長)と福島第一原発事故後、
町民をいち早く県外に避難させた福島県双葉町の前町長井戸川克隆さんとの
対談イベントです。

なお「PeaTiX」からの前売り購入http://ptix.co/130fG9Wは 本日4月5日(金)
の19時までで終了します。その場合、クレジット決済のみ可能です。
 
皆様、明日、是非ご参加ください。

なお井戸川克隆さんは、経産省前の脱原発テントから放送する「テントひろばから~」
に、本日4月5日(金)の16時から20分間出演し、「反原発でいこう」と題して、
今の日本の原子力政策やこれからの原発ゼロ時代に向けて、ご意見を話される
とのことです。明日の話の内容とあわせてお聴きください。また本日の官邸前抗議
行動に参加される方は、経産省前の脱原発テントにもお立ち寄りください。

視聴アドレス: http://www.ustream.tv/channel/tentcolor 

                                                              

(以下、転送・転載・拡散大歓迎) 

「宇都宮健児・井戸川克隆 未来を語る」
日本弁護士連合会前会長と福島県双葉町前町長との対談 

日時:4月6日(土) 18:30開場  19:00開演
会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(渋谷駅から徒歩5分)
    地図http://www.shibu-cul.jp/access.html
参加費:チケット前売り700円、当日800円
対談:宇都宮健児(前日本弁護士連合会会長)、井戸川克隆(前福島県双葉町長)
司会:マエキタミヤコ
主催:市民グループ「私が東京を変える」
    http://watashiga.org/

協賛:『週刊金曜日』 『えこ&ぴーすActio』

賛同団体:
「平和への結集」をめざす市民の風
地域から未来をつくる・ひがし広場
世田谷から未来をつくる会
山口あずさと原発ゼロにする会
地球の子ども新聞
アジェンダ・プロジェクト
電気代一時不払いプロジェクト
アジア太平洋資料センター(PARC)
プロジェクト99%
地球を清める会
都政わいわい勉強会

賛同個人:
西村 トシ子(もんじゅ・西村裁判の元原告)

予約方法
3月上旬チケット販売開始 前売り700円(当日800円)

電子チケットPeaTixで前売り販売中! (下記で購入できます)
 http://peatix.com/event/10669
※「PeaTiX」からの前売り購入http://ptix.co/130fG9Wは 本日4月5日(金)の
19時までで終了します。その場合、クレジット決済のみ可能です。

メールでの予約受付
 20130406 at watashiga.org

※詳細は「私が東京を変える」ホームページ http://watashiga.org/
 
会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
    (渋谷区桜丘町23-21)
※ホールには駐車場がございません。公共交通機関をご利用ください。
アクセス1
渋谷駅から徒歩5分
地図http://www.shibu-cul.jp/access.html
アクセス2
大和田シャトル(ハチ公口-文化総合センター大和田)直行バス
ハチ公バス(夕やけこやけルート)コミュニティバス
※どちらもバス停「渋谷駅ハチ公口」から乗車、次のバス停
 「文化総合センター大和田」下車

山口代表の訴え

「福島を風化させてはいけない」という宇都宮健児氏、「多くの人に聞いてほしい」
と願う井戸川克隆氏の対談が実現!
 聞くということ。忍耐強く耳を傾けるということ。宇都宮健児氏のこれまでの活動
は実に忍耐強く「聞く」ことから始まった。真実の声を聞き逃さない、そして権力に
立ち向かう姿は、わたしたちにとって「真のやさしさに裏打ちされた強さ」を感じ
させてくれる。現代社会においてこれほど頼りになる人物を他に思い浮かべる
ことができない。
 「風がどちらに吹いているか」… 福島第一原発が危ないと聞いたとき、井戸川
克隆町長は風を読んだ。「町民を被曝させてはならない」その一念で県外への
避難を決めた。強い意志が町民を放射能から守った。そして井戸川克隆氏の
闘いは始まった。
このお二人の対談は、私たちの未来に一筋の光をもたらしてくれる。そんな
予感がする。

市民グループ「私が東京を変える」代表 山口あずさ    


CML メーリングリストの案内