[CML 023509] 【報告】第716目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 4月 5日 (金) 07:13:06 JST


 青柳行信です。 4月5日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第716日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 4月4日現在2796名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月4日1名。
        谷島光治
★ さよなら原発!5・6福岡集会
 ホームページ:http://bye-nukes.com/fukuoka 
      
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
九電の 横柄なやり方に憤りを感じる方も多いようです。
役員報酬を 一向に下げない。 コストダウンに対しての企業努力が足りない。
九電グループで ぬくぬくとしているさまは 猫に炬燵です。
原資に困ったら、関連企業の持ち株を 売りに出したり、九電不動産の持っている地
所を売り払って、博多湾の埋め立て地に行けば いいのです。
そのほうが 福岡市にとっても 地域の経済にとっても、大きな投資になります。
もちろん原発も止めて、玄海に ガス・コンバインド発電設備を設置すれば、電力網
はそのまま使えて新たな雇用の創出にもなります。

週末はお天気が崩れるそうですね。
あんくるトム工房
日本列島 週末大荒れ  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2360

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆普天間の返還九年先延ばし核攻撃の危険も続く(左門 4・5−252)
※長沼裁判第一審の「自衛隊違憲判決」は、武器を持つことと共に、町中(馬追山)に 
ミサイル基地があることで仮想敵国の攻撃目標になるという平和的平和的生存権の侵害も断罪されました。普天間でも、騒音・航空機墜落の危険とともに、北朝鮮の核攻撃の標的に
なっていることを忘れてはならないことを、先日知らされました。これを北が一方的に悪いように政府もマスコミも喧伝していますが、休戦協定いらい、アメリカの原子力潜水艦、
B52核爆撃機が四六時中、北の主要標的に標準を定めて運行していたという事実が根底にあります。米日の反憲法的政権が、北朝鮮の核武装を促進させたことを反省しなければな
りません。それだけではなく、またまたトルコにまで原発を輸出するという、狂気としか言いようの無い日本政府と財界の動向です。人の心を持った市民がもっともっと多く立ち上
がらなければ!

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
福島第一事故現場では、電源喪失事故の後も単純ミスが次々と、これから先何十年何百年と絶対事故が起きないとはいえない状況ではないですか。
1.「放射能低減装置が停止=誤操作、福島第1−東電」時事通信04/0413:24 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013040400250
記事「東京電力は4日、福島第1原発で発生した汚染水に含まれる大半の放射性物質を大幅に低減できるとされる「多核種除去装置(アルプス)」が作業員の誤操作で停止したと発
表した。先月30日の試運転開始以降、停止したのは初めて。・・・東電によると、アルプスは4日午前5時25分ごろ、作業員がボタンを押し間違えたことにより停止。」
原因は、
1’.「タッチパネルで操作ミス=ペン先太く、放射能低減装置停止−福島第1時事通信04/0421:41 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013040400933
記事「・・・東電は4日、装置のタッチパネルを操作するペン先が太く、作業員が誤って別のボタンを押したことが原因だったと発表した。同社によると、装置を開発した東芝社員
がデータを取るため押そうとしたところ、本来選択するボタンと別のボタンにペン先が触れた。画面が切り替わるのが遅いため、社員は同じ所を連打。途中で画面が切り替わり、別
の操作が選択されたが、未使用の設備への指示だったため『工程異常』の警報が出て停止したという。」
2.「放射性物質測定器が誤警報 福島第一原発正門」福島民報 (04/04 15:20)⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/04/post_6827.html
記事「・・・同社は同日午後8時55分ごろ、警報は測定機器の故障だったと発表した。」
3.「あらゆるトラブル想定 マニュアル策定要求 第一原発停電県監視協調査 」福島民民報(04/04 15:19
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/04/post_6826.html
記事「・・・専門委員の岡島成晃日本原子力研究開発機構安全研究センター副センター長は『停電が起こることを予測していれば防げたトラブル』と指摘。仮設の設備を本格的な設
備に移行するまでの作業マニュアルの見直しの必要性を訴えた。」
・・・・マニュアルの徹底・・・、先の記事にあるタッチパネル事件などはどう防ぐ、使用する道具から決めておく・・・・、マニュアル人間ばかりつくっても、いざという時に応
用がきかないし・・・・。
4.「5月までに電源多重化 冷却停止で再発防止策」福島民友04/04 10:00
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0404/news10.html
・・・・電源のバックアップ対策です。
5.「使用済み燃料を移送=容器で保管、共用プールから−福島第1」時事通信04/0421:26 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013040400891
記事「・・・福島第1原発の共用プール内の使用済み核燃料を空冷式容器(乾式キャスク)に入れ、仮設保管設備に移送する作業を始めたと発表した。共用プールの空いたスペース
には、水素爆発で原子炉建屋が大破し、安全性を懸念する声が出ている4号機プール内の使用済み燃料を移す予定。共用プールには、燃料集合体6414体が保管されていた。」
その東電では、
6.「新石炭火力が試運転=燃料費削減で前倒し−東電」時事通信04/0417:20
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013040400723
記事「東京電力は4日、常陸那珂火力発電所2号機(茨城県東海村)の試運転を始めた。今月中旬には広野火力発電所6号機(福島県広野町)も続く。ともに最新鋭の石炭火力で、
出力は計160万キロワットと大型原発の約1.5倍。」
規制委では、
7.「火山の影響、評価義務付け=原発新基準で具体案−規制委」時事通信04/0420:16 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013040400883
記事「・・・・・専門家検討会が4日開かれ、原発から半径160キロ以内にある火山が噴火などを起こした場合の影響評価を、電力会社などに義務付ける案が示された。国内のほ
とんどの原発で評価が必要になる可能性があるという。使用済み核燃料を敷地外に移す必要に迫られる事態に備え、搬出にかかる時間も試算させる見通し。」
8.「危うい40年廃炉 特別点検すれば最長20年延長」東京新聞4月4日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013040402100005.html
記事「・・・七月に特別点検制度が始まると、まず日本原子力発電敦賀原発1号機、関西電力美浜1、2号機、同高浜1、2号機(いずれも福井県)と中国電力島根原発1号機(島
根県)、九州電力玄海原発1号機(佐賀県)の運転四十年前後の七基が特別点検の対象になる。」
・・・昨日既報。
被災地フクシマでは、
9.「福島・双葉町『の町』 いわきなど3市に分散設置へ」河北新報4月4日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/20130404t61020.htm
記事「福島県双葉町の復興まちづくり委員会は3日、役場移転先の埼玉県加須市で会議を開き、避難住民が集団移住する『仮の町』を福島県いわき、郡山、南相馬の3市などに分散
設置する町の案に同意した。・・・・町側が仮の町候補地として3市を支持する声が多かった町民意向調査の結果を踏まえ、仮の町を3市を中心に設ける案を委員会に示した。一部
の委員から異論が出たが、最終的には『住民の生活再建を図る上で仮の町の整備は必要』とおおむね了承した。・・・・『仮の町』整備 最大5000戸の住宅が必要/復興相」
・・・・町の分断が固定化する・・止むを得ない?? でも、2014年にわずかに500戸しかできない。
10.「第二部 安全の指標(20) 検査の意義 『安心』個人の判断」福島民報4月4日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/04/post_6813.html
・・・いろいろな思いはあっても、検査は継続して受けておいてほしいです。
政府は、
11.「住民帰還へ新安全指針 被ばく不安解消へ模索」福島民友(04/04 10:00)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0404/news11.html
記事「政府は東京電力福島第1原発事故による避難区域のうち比較的、空間放射線量が低い地域の避難者の帰還に向け、新たな『安全指針』を設ける」
・・・・・“安全”という言葉が元々あやしい、先に今のほんとうの実態を明らかにすべきではないですか。
原発企業では、
12.「トルコ原発受注、最有力に=三菱重工・仏アレバ」時事通信 04/0412:09
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013040400365
記事「・・・受注が実現すれば三菱重工にとって、海外で初の原発建設案件となる。」
13.「九電と伊藤忠、インドネシアで地熱発電 収益安定狙う」日本経済新聞 電子版4/4 2:00 
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD030DB_T00C13A4MM8000/
記事「・・・・総事業費1000億円強で同国最大の発電所を建設、2016年末にも現地電力会社に売電する。日本の電力会社による海外での地熱売電事業は初めて。」
・・・・よその国への援助と同時にそれ以上に日本国内ですすめてほしい。
13’.「初の海外地熱、16年稼働へ 九電がインドネシアで売電契約」西日本電子版04月05日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/15252/1/
・・・こちらの記事のほうの資料が分かりやすい。

今朝の西日本新聞では、一面に特集記事、
14.「【再転換 原発政策】 (4)「ムラ」体質変わらず」西日本電子版04月05日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/15236/1/
記事「東京電力は福島第1原発の事故現場をわざと隠したのか?。東電が設置した第三者検証委員会の結論は、疑惑の残る『シロ』だった。・・・・『事実と異なる説明は誤解による
もので、故意ではない』・・・・・・・経済界を挙げて原発推進する姿勢は、事故前と変わらない。」
13面器材欄に、13’.の記事、26面に“福島”の活字が見える記事があります、
15.「福島の被災親子を描く 映画「リトルウイング」(福岡県)宮若市出身の井上さん制作 7日地元で上映」
・・・新聞社のネット記事はありませんが、ネット検索してみると次のようなURLがありました。
⇒http://www.seishin-kaikan.com/little-wing/index.html
5面国際欄に、タイの電力事情の記事があります、ミャンマーのガス電の保守工事で電力不足・・・・興味のある方はネット検索してみてください。
きょうも紙面には記事はこれだけです。

★ 木村(雅)さんから:
首相官邸「裏」からの抗議行動
(2013年4月5日、12日、19日、26日(金)、18時〜19時)
4月も反原連有志が呼びかける金曜の首相官邸前抗議行動に同期しながら、
官邸「裏」からも行動します。
(名前) 首相官邸「裏」からの抗議行動
(目的) 首相官邸により近いところで脱原発他を訴える
(呼びかけ) 木村(連絡先:080-5062-4196)
(日時)4月5日、12日、19日、26日(金)、18時〜19時
(集合場所)首相官邸「裏」官邸西側(地下鉄銀座線・南北線の溜池山王駅7番出口すぐ)
(抗議内容)脱原発(被災者を救え・再稼働反対・新規制基準反対・大飯原発止めろ・大間原発造るな、自民党は原発推進の責任をとれ、原発廃炉、関西大弾圧抗議)、戦争反対
(オスプレイ配備・訓練反対、普天間閉鎖・撤去、辺野古新基地建設反対、憲法改悪反対、集団的攻撃権反対)など。
(注意)「表」の行動とは全く独立の行動です。
警察の不当な「誘導」や規制や「お願い」には非暴力で毅然と抵抗します。

<テント日誌 特別版 <報告とお礼>> 
東京地裁の仮処分に対して、3月21日(木)記者会見と3月22日(金)抗議集会を開催しました    

3月14日(木)に東京地裁が経産省前テントひろばに対し行った仮処分の公示に抗議し、3月21日(木)に記者会見、3月22日(金)に抗議集会を経産省前テントひろばで開
催しました。遅くなりましたが、ご報告させていただきます。
3月21日(木)の記者会見には、テント側からは、今回の仮処分の公示の中で、債務者(国から見た場合の民事訴訟の係争相手)として特定された淵上さん、正清さんの他、長谷
川弁護士、「さよなら原発1000万人アクション」の鎌田慧さん、たんぽぽ舎の柳田さん、「原発いらない福島の女たち」の二瓶和子さんが出席されました。
会見では、まず始めに淵上さんの方から、これまでの経緯についての説明と今回の処分に対する経産省前テントひろばとしての見解が示され、続いて長谷川弁護士から法律的な観点
から見たお話、鎌田さんと柳田さんから経産省前テントひろばの意義についてのお話、正清さんから、テント設置当時の経産省とのやり取りと公示とは別に届いた使用料の請求につ
いての説明、その後、取材者との間で質疑応答が行われ、二瓶さんが自らの体験を元にテントひろばの必要性をお話されました。
淵上さんは、「自らの意思でこのテントを撤退する気はない。国と経産省が堂々と立ち向かって来たわけだから、我々も堂々と戦っていく」と、今後に向けての決意が表明されまし
た。長谷川さんは、「経産省前テントひろば」は人民の正当な抵抗権の現れとし、裁判で徹底的に争っていきたいと述べられました。鎌田さんは、テントひろばを「霞ヶ関のへそ」
「平和のシンボル」「峠の茶屋」と例えられ、福島第一原発事故後、誰も責任を取らず、真実が隠されるという不正義がまかり通っている中、絶対に守っていかなければならないと
訴えられました。
柳田さんは、「地方で反原発運動をやられている人達にとって、官邸前行動とテントひろばは心の支えである」と脱原発運動全体にとってもテントを守る事が重要であると訴えられ
ました。二瓶さんは、「テントひろばによって、多くの人と繋がる事が出来、避難されている多くのお母さん達が利用している」とテントの必要性を訴えられました。会見の最後に
は、テントひろばの江田さんが、記者の方に対して、報道の重要性を述べ、多くの人に報道をしていただきたいと記者の方を激励しました。
平日の14時〜という時間帯だったため、一般の方はあまりいらっしゃいませんでしたが、報道は、時事通信、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、東京新聞、TBSが取材に来ていま
した。時事通信社、朝日新聞社、東京新聞が報道してくれています。
翌22日(金)の「あおぞら放送テントひろばカラー」の放送終了後に引き続き開かれた抗議集会には、前日の記者会見に出席された淵上さん、正清さん、長谷川弁護士、柳田さん
の他に、首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさん、Foe Japan満田さん、福島市在住の菅野さん、「原発いらない福島の女たち」から、黒田さん(郡山市在住)、大河原さん
(田村市在住)、椎名さん(福島市在住)、歌手の制服向上委員会の皆さん、橋本美加さん、中川五郎さん、双葉町から避難された亀屋さん、南相馬市から避難された村田さん、反
原発自治体議員・市民連盟の布施さん、福島原発事故緊急会議の杉原さん、タレントの落合恵子さん、社民党の福島みずほ党首に参加していただきました。
当日参加出来なかった「原発いらない福島の女たち」、福島原発事故告訴団団長の武藤類子さんからは、メッセージを頂戴し、司会が代読をさせていただきました。橋本美加さん、
中川五郎さんの歌を交え、約1時間半に渡ってテントの重要性を訴えた後、テントひろばの江田さんの方から、テント前の鎖の撤去を経産省に求める要請署名を呼び掛け、最後に園さ
んの「テントを守ろう」「テントが必要」「原発不要」のコールで締めくくりました。集会終了後、多くの方に鎖撤去の署名にご協力をいただきました。
定例の金曜集会の前という事もあり、テントひろばを埋めつくすくらい多くの方(新聞報道では約300人)にお集まりいただき、メディアでも報道されました。
記者会見・集会にご参加いただいた皆様、お集まりいただいた皆様には、心よりお礼申し上げます。これから裁判所での闘いとなりますが、引き続きご支援賜りますようお願い申し
上げます。なお、テント前に座り込んでいる人がいる事自体が防衛に繋がります。お時間がある時には、テントへお越し下さい。特に人が少ない土曜日、日曜日はたいへんありがた
いです。宜しくお願いいたします。

以下、記者会見・抗議集会についての報道などのリンクを掲載しておきます。
【第二テントブログ「原発いらない女たちのテントひろば〜福島とともに」】
http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/
【3月21日記者会見報道】                        
<IWJ> ※期間限定
(記事)http://iwj.co.jp/wj/open/archives/68939
(映像)http://www.ustream.tv/recorded/30148815
<時事通信>「テントでつながった」=福島から避難の母ら、存続訴え−経産省前                           http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013032100623
【3月22日抗議集会報道】
<映像>
「2013.03.22経産省前テントひろば〜仮処分抗議集会〜」https://www.youtube.com/watch?v=b3hH2F8OUwI&feature=youtube_gdata_player 
「20130322 UPLAN 明け渡し請求訴訟に向けての決意を表明する抗議集会 」http://www.youtube.com/watch?v=x-OwDBND01Y 
 「IWJ8『国のテント撤去は許さない』テント前抗議集会」http://www.ustream.tv/recorded/30203013 
<朝日新聞>「脱原発」テント撤去姿勢に抗議 経産省前に300人http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201303220547.html
(Toku-san)

★ 黒木 さんから:
たんぽぽ舎です。【TMM:No1796】2013年4月4日(木)その2 午後 9:20より転載
┏┓
┗■2.官邸まえ抗議行動を映像で追い続けて1年、
│   UPLAN(ユープラン)さんのメッセージに共感し、その活動に感謝。
└───  さとみ(たんぽぽ舎ボランティア)

「3・11」後、福島の姿と、数え切れないほどの市民活動を撮り続けている人が
いる。たんぽぽ舎開催の学習会でも時々お世話になっているユープランさん。
彼が、官邸前抗議行動から一年の節目に書いたメッセージを紹介したいと思う。
(3月29日の官邸前抗議の映像とメッセージ全文はYoutubeサイトで
 見ることができます  http://www.youtube.com/watch?v=psM_3chiMo4)

○<2013年3月29日 警察官のみなさまへ UPLAN>
官邸前抗議行動を開始してから1年目の今日まで、多くの報道人が現場の映像を
ネットで全世界の人びとに配信してきました.これらの記録はアーカイブとして
残り、10年後、20年後の人びとの眼にも触れることになります.私自身はジャー
ナリストではなく歴史?に係わる研究をしてきた人間なので、自分の映像を歴史
資料として後世の歴史研究者のために残したいと考えています.戦時中の日本人
が、カミカゼが吹いて神国日本がアメリカに勝つと信じていたことを今の私たち
が理解できないように、未来の研究者は、なぜ2013年の時点で日本人がこのよう
な状態で原発を廃絶せずにいるのか、その愚かな選択の理由が恐らく全く理解で
きずにいるでしょうから、そのことを考えるための材料として私の映像資料を未
来に提供したいと願っています.

警察官の皆さんのお子たち、あるいはお孫さんたちもその映像で、アップでとら
えた皆さまがたの制服姿を発見するかもしれません.お父さんは、おじいちゃん
はあの時あそこで何をしていたの?と問われて、胸を張って答えることができる
でしょうか?

今日の集会では郡山に住む女性から、同じ町内に住む24歳の女性が急逝し、ま
た3ヶ月の白血病闘病ののち中学生のこどもが亡くなったという報告がありまし
た.これがこの1年の結果です.

官邸前で福島の母たちやその支援者たちは「普通の暮らしをさせて下さい」「家
族を奪わないでください」そして「こどもを殺さないでください」とあたりまえ
のことを訴えているに過ぎません.「たすけて」と泣く幼児と「子どもを殺さな
いで」と叫ぶ母がいたとき、その母子を取り締まり、手助けしようとする人々を
逮捕するのが誇り高くあるべきあなたがた警察官なのでしょうか.身を楯にして
加害者を守ることは警察官の仕事なのでしょうか?
(中略)
上官の命令だったと言い逃れることは、あなたがたには許されないのです.どう
かあなたがたご自身の人生を大切に、仕事を誇れるような生きざまを選んでくだ
さい.そうするべきなのです.なぜならあなたがた一人ひとりも父として子とし
てまた夫として、愛するひとにとっての大切な存在であるからです.
--
このメッセージを紹介すると同時に自らも振り返って、重みが増していく年月を
想い、ときに反省し、まだ闘いが続くという事、でもあきらめてはいけないとい
う事をあらためて心に刻んだ一日だった。

★ 栗山次郎(ベトナム在住)さんから:
青柳さん、
ご無沙汰しております。
このMLに参加されてる方々も TPP そのものや安部首相の参加表明
についてさまざまなご見解をお持ちと思います。
とは申しましても、どうも内容のよく分からない(、と言いますか、得体の
知れない)この協定へ「ぼんやりとした不安」を感じている向きも多かろ
うと思います。

「TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会」が、TPP =
「平成の不平等条約」として、この不平等条約締結に突き進む安倍首
相宛に「TPP参加交渉からの即時脱退を求める要望書」を提出しよう
として、現在、この要望書への賛同者を募っています。

期限は8日までです。
要望の趣旨、呼びかけ人、要望書の文面、賛同メールの送付先や記載
事項などにつきましては下記をご覧ください。
http://atpp.cocolog-nifty.com/

どなたでも賛同者になれるというわけではありませんが、要望書を読ん
でみますと「TPP へのぼんやりとした不安」のモヤが少しは晴れるかも
しれません(逆に、一層不安が広がると感ずる方がいらっしゃるかもしれませんが・・・)。
TPP に関心をお持ちでしたら、上記 URL をご覧いただきたく思います。

★ 倉掛直樹 さんから:
青柳様
ごぶさたしています。集会の案内です。
 現在、国会で審議されている「マイナンバー(共通番号制)法案」に反対する集会を行いますので、この法案を知らない方もご自由にご参加ください。この軽い名前の法案に対し
て、「番号を一本化すると便利になるからいい」とか言われますが、その目的は異なります。私たちのいろんな情報を一本化して、取り締まろうというものです。情報の流出の問題
もあります。

<「共通番号制」法案に反対する!集会>
お話: 小笠原みどりさん(元朝日新聞社会部記者)
日時:4月7日(日)午後1時
場所:ふくふくプラザ(福岡市市民福祉プラザ)201会議室
     福岡市中央区荒戸3−3−39 地下鉄「唐人町」駅から10分
     (当仁小学校向かい)
主催:平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡
     筍娃坑押檻僑毅院檻苅牽隠

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● 沖縄と連帯し「4・28主権回復の日」に反対する集会 ●
   <沖縄の歌と踊り(予定)/沖縄からの声:知花昌一さん>
第一回実行委員会
4月9日(火) 18時30分〜  あすみん
    福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」
   福岡市中央区大名2-6-46 TEL:092-724-4801
         福岡市立青年センター5F
    地図:http://tinyurl.com/cd4fgvs

● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:4月11日(木)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   地図: http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内