[CML 023475] 『戦争責任研究』79号が発行されました

戦争責任資料センター cxm00507 at nifty.com
2013年 4月 3日 (水) 02:03:08 JST


<転送歓迎>『戦争責任研究』79号が発行されました

                            2013−3
 
                                   
                                 日本の戦争責任資料センター 事務局

 当資料センターでは、このほど『季刊・戦争責任研究』79号および付録パンフ
レット「レッツ」79号を発行しましたので、その目次をお知らせします。
どうか会員になって当資料センターの活動をご支援ください。

なお、当資料センターの東京事務所は3月末で移転しました。
今後の連絡先は以下の通りです。これまで以上の御支援をお願い致します。
         

ーーーー  季刊「戦争責任研究」 第79号 2013年−春季号 ーーー

<特集 機 岼岼舵悄很簑蟆魴茲悗猟鷂澄

 日本軍「慰安婦」問題に関する日韓交渉・仲介を前進させる国際シンポジウム
                       ー2012 922−から
 
  日本の条約義務不履行を是正する国際行動の可能性
                           ティナ・ドルゴポル   
                             訳・岡田泰平

 「慰安婦」問題の解決と国際法の手続き
   −地域の平和と信頼関係の醸成のためにー        戸塚悦朗

  日本軍「慰安婦」問題、今何をなすべきか         金 昌禄


<特集 供〆瀑と戦後処理>

 関東大震災時の朝鮮人虐殺の歴史的・思想的意味
  −日本人社会主義者や先進的労働者の植民地解放の問題意識の誕生とその挫折
                              山田 昭次

 戦後日本のなかの外国人学校ー主に朝鮮学校をめぐってー
                              朴 三石

 差別煽動国家における在日朝鮮人(上)
  −国際人権法から見た日本                前田 朗

 自治体と国籍条項                     大石文雄


     −−−−−−−−−−以上 特集です。−−−−


陸軍中野学校と沖縄戦(上)                 川満 彰

<資料紹介>
 第32軍(沖縄) 臨時軍法会議に関する資料        林 博史

<資料紹介>
 ラワグデ事件可決(2) ー判決文全文ー         訳・高橋茂人

[連載] 歴史観×メディア=ウォッチング No54 
  お気に入りで固めた安倍政権で早くも露呈した脇の甘さを衝く
                              高嶋伸欣

編集後記

   ーーーーーーーーーーーー次号80号予告ーーーーーーーー

  <特集>
   在日と戦後処理

                    
 ーーーーーーー  付録 「レッツ」79号 目次ーーーーーー

         
時評    戦争責任感の欠落と広島            田中利幸       

戦争の記憶                       雁屋 哲    

日韓併合100年以降に残された課題(7)
     「未来」を育てる――日韓学生交流      大澤文護    

Net Cafe 日本製鉄元徴用工裁判    夏淑琴・名誉回復実現裁判    

人骨の会・フィールドワーク「東大と医学」から
       医学部標本にされた妊婦と胎児      平野利子   

映画 『はちみつ色のユン』が射抜くもの         稲塚由美子   

戦争犯罪論ノート(47)
      国連平和への権利宣言をつくるために           前田 朗    

風刺漫画  TPP この世の沙汰も金次第
       大人が率先してイジメ・差別         壱花花   

国会図書館調査体験記 「慰安婦」の声を聴く(下)   矢部富仁子  

クリップボード 編集後記  

以上


   ------------- <戦争責任資料センターのご案内> -----------


 日本の戦争責任センターは、戦争責任の「資料センター」と「祈念館」
の創設を願い1992年に設立されました。
 研究者、弁護士、専門家の立場から歴史と大戦を検証し報告する紀要と
して『季刊・戦争責任研究』を発行しています。
 また戦争責任に無関心ではいられない市民ボランティアが編集する、
付録誌「Let's 」を同時発行しています。

       Let's find out
        Let's think about
        Let's talk about
       Let's do something about
            Japan's War Responsibilities !

 戦争の真実を伝え続けるために、会員になって当資料センターを支えて
ください。一緒に戦争責任の灯を、戦後補償の灯を、さらに高く掲げまし
ょう。

 当戦争責任資料センターの会員要綱の詳細は下記HPをご覧ください。 
会員には一般会員 シルバー会員 学生会員 および維持会員があり、
この4種の会費は以下のようになります。
会員になってセンターを支えてください。

     維持会員     ¥20000 
     一般会員      ¥7000
     シルバー会員    ¥5000 (65才以上)
     学生・院生     ¥4000


会員のお申し込みや季刊誌のご注文は   
             jwrc at mua.biglobe.ne.jp  までどうぞ。

会員のお申し込みがあれば、季刊誌をお送りいたしますので、
「何月から」と明記し、お申し込みください。
『季刊・戦争責任研究』は1部からご注文をお待ちします。
                (この場合、送料をご負担下さい)

 一般書店では「地方出版取次」とお申し出くだされば、1冊¥1020 
でご入手できます。この場合ボランティア誌 「 Let's 」の付録はあ
りません。

 多くの図書館や大学図書館、あるいは女性センターなどの公的機関
での定期購読を希望します。お近くの、あるいは勤務先の図書館など
に購入をおすすめください。

     ************************************************************

                  日本の戦争責任資料センター
      〒195-8799 東京都町田市大蔵町446 鶴川郵便局局留    
        jwrc at mua.biglobe.ne.jp TEL&FAX 03-6324-5737
       
                  http://space.geocities.jp/japanwarres/
  
  Center for Research and Documentation on Japan's War Responsibility
         
 *************************************************************




CML メーリングリストの案内