[CML 020157] フィクションで福島原発事故の真相を描く

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 9月 30日 (日) 08:14:57 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 福島第一原発から半径20キロ圏の境界線によって、突然住んでいる町が分断
され、フェンスから中は立ち入り禁止、外側はは今まで通り、しかし、放射能は
フェンスを越えて降り注ぐという不条理な事故の現実を描いた映画
 
 「きぼうの国」
 http://www.kibounokuni.jp/
 
が10月21日より全国で順次上映されます。

 監督は「冷たい熱帯魚」。「ヒミズ」を製作した日本映画界の鬼才、園子温
です。

 被災者とのインタビューと現地取材を重ね、そこから家族ドラマというフィク
ションの形で福島第一原発事故の真相を描きました。
 
 映画は福島第一原発事故とどう向き合うのかを問う園子温監督の姿をNHK教
育のETV特集が描きます。
 
 NHK教育
 
 ETV特集
 「映画にできること 園子温と大震災」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0930.html
 
 放送日:9月30日
 放送時間:22時〜
 
 再放送
 
 放送日:10月7日
 放送時間:午前0時50分〜
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 
 


CML メーリングリストの案内