[CML 020155] 【報告】第529日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 9月 30日 (日) 07:51:28 JST


青柳行信です。9月 30日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第529日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 9月28日現在 総数2558名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月29日3名。
    松下能文  柴田芳昭 安武博子

★さよなら原発! 福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 橋本左門 さんから:
  無核無兵・毎日一首
☆原子力規制委員会は名のみ良し報道規制で先は見えたり(左門 9・29−64)
 ※政府も財界もなかなか、図々しく、破廉恥にシブトイから、
  それ以上にシブトク行こう! 

★ 松下能文 さんから:
青柳行信様
初めまして。
去る23日のパレードの折、旧知の須藤伊知郎くん(西南大学神学部)と落ち合い、
話をしている内に紹介されました。
自分も昨年以来脱原発活動に微力ながら参加していますが、
福岡で日常的に出来ることをしたいと考えています。
呼びかけ人の一人に加えて頂ければ幸いです。

★ 近藤嘉昭 さんから:
 9月29日の「手島さん」からのメールはすばらしい。大賛成です。
「原発反対の力は、労働者が自らの職場で闘いを起こすことだと確信している」に全く賛成です。
この職場闘争こそ、原発ゼロの決定打になります。

 今それが欠けている、或いは充分でないのも、それは「労働者が闘わないのではなく、連合のように
闘わせない」と言うご指摘も、全く正しいと思います。
 「連合」や「原発推進の電気労組」のくびきから離脱して、一人、一人の労働者が「原発ゼロ」に
向かって、団結して、立ち上がって下さい。

 かつて半世紀前、小生は「総評」傘下の「九州電力労組」の学習会の講師を務めた経験が
ございます。あのころの戦闘性を再び「電力労組」が発揮する日の来ることを信じています。
 電気労働者よ!立ち上がれ!原発ゼロの光栄ある、歴史的任務のために!乳飲み子を「放射線」
から救うために!

★ 川崎順哉 さんから:
青柳様
日々のテント設営、ご苦労様です。
遂に大間原発建設が動き出したようです。
2014年11月営業運転開始予定ですので、
単純に計算すれば2054年までは原発依存となります。
これによって「2030年原発ゼロ」というヴィジョンは、
完全に崩壊する事を意味すると受け止めるべきなのでしょうか。

私は2011年3月12日、長崎の市民講座に参加していました。
この講座が終わり高實理事長と話していて判った事は、
戦後アメリカの国家ビジネスは、
日本に原発と旅客機を売り込む事であったと知りました。
日本の戦後処理という「尻拭い」をして貰ったアメリカ。
ここにアメリカに「ノー!」と言えない日本の原点があると思います。
福島1、2号機はGEですが、後は国産として製造されていると聞きます。
要するに原発の心臓部の【パテント】がアメリカにとってはオイシイ話。
この延長線上に日本に次々と原発が建てられたと察しています。
しかし、その原発も「フクシマ」を機に世界的に見直す世相となりました。
その状況下でもアメリカとしては利権を求めているのではと。
戦後日本の経済発展は、朝鮮戦争に於ける「朝鮮特需」。
これを基盤にして一気に「アジアの一等国」にのし上がった。
その意味ではアメリカの意向に逆らえない日本が存在するのだろうと。

これは「オスプレイ」配備にも言えるのではないかと。
欠陥機と呼ばれる輸送機なのですが、何としてでも日本に配備したい。
設計から開発に膨大な予算を費やしてしまったアメリカ。
そのアメリカとしても今更「リコール」の対象にはしたくない。
これがアメリカの本音ではないかと思っています。
そして九州で配備される沖縄。
かつて沖縄は日本の敗戦間際、「捨て石」とされた歴史があります。
そして戦後は米軍の「押し付け」を強いられた事実。
これらを総合的に観た場合、
沖縄だけに「オスプレイ」を押し付けて好いものやらと。
もし九州(本島)でも引き受けが可能ならば、引き受けるべきではと。
本来ならば「オスプレイ」を完全否定したいところなのですが、
上述の理由により極めて不可能に近いのではないかと。
以上、簡単に我が私感を書き記します

★ 金子 譲 さんから:
【Oneness TV:来んしゃい金曜!脱原発(第12回 2012年9月28日)】
毎週金曜日の東京の官邸前抗議行動にリンクする形で福岡で始められた、
九電本店前の抗議行動「来んしゃい金曜!脱原発」の12回目、中継アーカイブです。
http://youtu.be/neHv_HX3_Z4 #脱原発

★ 西山進 さんから:
青柳行信様
 金曜日の九電前、午後6時司会者が歌えっていうので「赤とんぼ」を歌いました。
ひさしぶりにすがすがしい気分でした。
 横田さんがまめに写真を撮り、ブログに載せてくれるので様子がよくわかり、励まされます。
老体に鞭打ったのはいいのですが、歌っているとき金5000円なりのバンドがぷつんと切れて、
下がりそうになり、あわててズボンを手で持っていました。
誰もわからなかったようですが、ブログの写真を見ればよくわかります。
 九電のみなさんも我々がいかにたのしく心を一つにたたかっているか、
よく知ってもらいたいものです。
これから子どもたちが放射能の心配をしながら生きなければならない事を静かに考えましょう。
一握りの企業家のエゴからこれだけ多くの被害を生みだすことを、
人類という視点から考えてください。
 企業内告発がどんなに人々を勇気づけることでしょう。
期待します。
元九電・松尾会長は人間の皮をかぶっているだけだと思います。
家族とじっくり話し合ってみてください。
原発再稼働なんてきっと賛成はしないと思います。    
さて変わりのバンドはギリシャ・アテネの100円ショップで買ったバンドを着用しました。
造りは無骨ですがもう30年締めてめています。
こんな他愛のない話も時にはお許しください。

★ 崔 勝久 さんから:
大阪大学の今岡良子さんの講演です。
彼女はモンゴルの現状に最も通じている研究者で、
最新の情報を伝えていらっしゃいます。
【IWJ_OSAKA2】9月29日14時半〜、大阪Ch2にて「モンゴルに核ゴミ輸出?!
ー ウラン開発、原発建設、使用済 み核燃料処分場」を中継。
詳細 http://t.co/OyIfAGnD
 大阪Ch2→http://t.co/kifyRFU3
#IWJ_OSAKA2<http://twitter.com/#search?q=%23IWJ_OSAKA2>

★ 清水 満@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
原発関連情報72(再開5回目)をお送りします。
全部は協会のページで読めます。
http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html

1,「核戦争防止国際医師会議」共同代表ら30人の医師・学者が福島県を視察し、「年間1mSv以上の被曝をしている子どもや妊娠可能期の女性に対する移住支援」等を求める勧告書
を発表したという記事です。週刊金曜日がソースです。
http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/b366720865dbc6eb7c9d96b1315e6da9

2,その週刊金曜日のサイトは、脱原発基本法案提出の記事を掲載しています。
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=2478

3,23日にNHKで放送された「ETV特集 チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告(2)ウクライナは訴える」の動画です。
http://www.at-douga.com/?p=5927

4,これに関連して、ICRPが認めないウクライナの政府報告書を紹介した南相馬市市議大山こういち氏のブログです。
http://mak55.exblog.jp/16880275/

5,チェルノブイリ関連では、河北新報の関連記事で「偏見と差別」、「心の半減期」があります。チェルノブイリ事故の被害を受けたウクライナでは、原発が16基も動き、脱原発
の声がないというのは前からよく知られてはいますが、それでも気が重くなります。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1107/20120819_01.htm
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1107/20120820_01.htm

6,原子力規制委員会の広報課長は「福島県民に無用の被ばくを避ける権利があるかどうかは分からない」と県民にのたもうた官僚だという記事と証拠動画です。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2388.html
 この課長が記者会見をとりしきるといかに形骸化しているかを木野龍逸さんのツィッターが明らかにしています。
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-882.html

7,東京では経団連前でも脱原発デモがなされ、次は自民党本部前も計画されているということです。
http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0005160
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012092902000091.html
グリーンピースも経団連会長に公開書簡を出しています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012092902000091.html

8,その新総裁安部氏は原発推進ですが、妻の昭恵さんは原発反対ということは飯田氏の知事選出馬のときからいわれていました。彼女にがんばってもらいましょう。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120926/stt12092622490026-n2.htm

9,東電株主総会で会社側に賛成した企業のリストを東電株主運動が明らかにしています。九電も、九電株主の会が閲覧したところ、似たような状況だったということです。
http://todenkabu.blog3.fc2.com/blog-entry-187.html

10、政府の原発ゼロを打ち出したエネルギー戦略会議はたった19分の会議だったことが議事録請求で明らかになりました。
http://www.alterna.co.jp/9902

11、大間原発再開の動きが進んでいますが、それに対し、函館市が訴訟も辞さないという強い決意で反対し、住民と差し止め訴訟をやるかも、という記事です。
http://www.ehako.com/news/news2011a/5135_index_msg.shtml

12、文科省が放射性物質分布状況調査のデータベースを公開しています。参考値として利用して下さい。
http://radb.jaea.go.jp/mapdb/selectdata.html

★ 黒木 さんから:
<枝野氏、原発国有化を著書で提案 脱原発を進める狙い 朝日新聞デジタル2012年9月30日00時01分>
関連トピックス枝野幸男原子力発電所. 枝野幸男経済産業相は28日発売の著書で「事故が起こったときのコスト負担を考えれば、原発の運営は民間企業に任せることはできない」
と記し、原発の国有化を提案した。「脱原発」や電力会社の発送電分離を進めやすくする狙いだ。 

 著書は「叩(たた)かれても言わねばならないこと。」(東洋経済新報社)。脱原発の必要性を訴えて、「国がリスクを負担する代わりに、稼働や廃炉の時期をコントロールでき
る決定権を持つようにする」という国有化を掲げた。脱原発は、(1)安全確認できた原発は再稼働するが、安全基準に達していない原発は廃炉(2)安全度ランキングの低い順に
計画的に廃炉――の2段階で進めるとしている。(後略)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
ニュースでは、あいかわらず永田町周辺の自分たちのことばかりで奔走する人たちの動きが伝えられています。
フクシマの被災地では。先ず、福島民友から、
1.「私の責任で判断」 知事、中間貯蔵調査受け入れで」 (09/29 10:25) 
http://www.minyu-net.com/news/news/0929/news8.html
2.「『5年かけ帰町実現』 浪江町策定委が復興計画」 (09/29 10:25)
 http://www.minyu-net.com/news/news/0929/news10.html
・・・気持ちはわかりますが、難しい選択になりそうな気がします。浪江町−福島第一から北の10キロ圏内です。
3.「原町火力発電所3月末再開へ 復旧急ぎ工程前倒し」 (09/29 09:55) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0929/news5.html
記事「現在復旧中の原町火力発電所(南相馬市、定格出力1・2号機、計200万キロワット)の試運転を年内に始め、来年3月末から営業運転を再開すると発表した。」
・・・・福島は元々東北電力の管内なのです。
4.「8カ月で23%減少 原発80キロ圏の空間線量調査」 (09/29 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0929/news6.html
記事「文科省が・・・今年6月に実施した80キロ圏内の調査では、空間線量が前回(昨年11月実施)と比較し、約23%減少した」
・・・・一方では、ホットスポットはたくさんできていると思いますが・・・
他紙では、
5.「医療費免除、福島打ち切りへ=26市町村、国負担終了で―被災3県、岩手・宮城継続」時事通信 9月29日(土)5時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120929-00000015-jij-soci
・・・・・「福島県では26市町村が財源不足のため、免除打ち切りを決めた」とあります、福島こそ必要なはずなのに・・・・。
6..「解除1年、帰還進まず=除染にインフラ、課題多く−旧避難準備区域・福島」時事通信09/29-15:20
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012092900195
・・・福島第一から20キロ以内のところ・・・。
「福島の牛肉で150ベクレル 3例目、出荷を自粛」 西日本9月29日 19:29
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/326664
他の関連記事、とんでもない話も・・・・・・・読めば腹が立ちます。
7.「復興予算に『流用』疑惑=被災地優先へ基準見直し−政府」時事通信
09/29-15:35
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012092900205
政府等の動き、
8.「大間原発 建設再開へ 『新増設せず』骨抜き」東京新聞9月29日
・・・・・・早速縄張り争い・・・規制庁、規制委委員長、経産相などの言動を引用しての記事になっています。
9.「首相、福島第1原発視察へ / 来月7日で調整」佐賀新聞09月29日 13時14分
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/global/corenews.0.2298797.article.html
・・・どこかの通信社の配信記事と思うが、西日本新聞のネットにも同文の記事がある。・・・「行くこと」で原発問題の本質を摩り替えるな。
反原発の動き、
10.官邸前の原発抗議行動、半年に 「大間やめろ」コールも朝日デジタル9月28日22時2分
http://www.asahi.com/special/energy/TKY201209280556.html
11.「脱原発デモ 自民へ拡大 推進姿勢反発」東京新聞年9月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012092902100004.html
記事「金曜日夜に首相官邸前で脱原発を求める抗議活動を主催している「首都圏反原発連合」は、十月二日夜に自民党本部前でデモを行う。」・・・自民党の「政調会長には、経済
産業省への影響力が強く、原発維持派の有力議員である甘利明元経産相が就任」したため。
・・・・火曜日の経産省前の行動拡大に続く変化です。福岡でも九電本店前だけではない行動がありえます。
さて、きょうの西日本新聞が届きましたが、原発・電力関連記事はまったくありません。

★ 宇野 朗子さんから:
福島原発告訴団・福岡説明会公開イベント
福島原発事故の責任を問うため、勝俣東京電力会長、斑目原子力安全委員会委員長など
責任者を刑事告訴・告発するものです。告訴団の参加を呼びかけます。
参加費は無料ですが、託児を希望される方は事前に申し込んだ下さい。
お子様一人につき託児料として500円いただきます。

日時 10月7日(日) 午後2時〜4時
会場 福岡市市民福祉プラザ「ふくふくプラザ」 視聴覚室
 福岡市中央区荒戸3丁目3−39 電話092−731−2929
    地下鉄唐人町駅から徒歩5分 西鉄バス黒門バス停から徒歩5分

プログラム
13:30 会場
14:00 福島の現状及び告訴団について
      大賀あや子さん(福島の現状)
      うのさえこさん(告訴団について)
15:10 質疑
15:45告訴団加入受付
 当日印鑑を持参していただき、一口千円、一口以上の会費を払って
 いただければ手続きは終わります。
託児の申込先 090−6426−0901(本河)
託児は10月5日まで連絡をお願いします。
*大賀あや子さん・・・95年より福島県大熊町在住。自給農や脱原発福島ネットの活動に取り組んできた。
3/11から5ヶ所目の避難先で、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
ハイロアクション福島、大熊町の明日を考える女性の会などで奔走中。

★ 太田光征 さん:
福島県の子ども甲状腺検査:結節・嚢胞とは何か
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/294773184.html

福島の子ども甲状腺検査の結果が公表されても、その意味するところを客観的なデータで説明すべき責任を、福島県立医大の山下俊一氏、鈴木眞一氏が果たそうとしない。
福島で行われている超音波検査の検出下限が何mmなのか、関心のあるところなのに、自ら進んで一般に説明しようとしない。それは、核戦争防止国際医師会議(IPPNW)のカラモスコス
医師の質問によって、1mmであるということが分かった。

2000年代の諸論文によれば、子どもの甲状腺nodule(結節・嚢胞)の有病率は超音波検査の場合、おしなべて数パーセントであるが、超音波検査におけるサイズの基準は判然としな
い。
ただ、2000年の論文で既に高周波(7?10-MHz)による解像度1?2 mmの超音波診断装置が取り上げられている。

福島の子ども甲状腺検査ではnoduleのサイズが重要な診断基準になっているが、noduleの悪性度はそのサイズに関係がないことを示す研究(むしろ福島検査でA2判定として原則的に
切り捨てている2?4 mmのリスクが一番大きい)もあり、米国内分泌学会などによる診断ガイドラインでは、穿刺吸引細胞診(FNA)を実施すべきカテゴリーの1つとして、noduleサイ
ズに関係なく「小児期または青年期に頸部放射線照射の既往歴を持つ患者」を挙げている。

こうした点でも山下氏らによる検査の信頼性に疑問を抱かざるを得ない。
また、嚢胞よりも充実性結節の影響が心配されるが、原爆生存者の甲状腺がん発症率は、有意性はないものの、嚢胞群が結節なしの対照群と比べて高いという結果になっている。
以下、甲状腺異常に関して、福島県の子ども甲状腺検査との関係で重要だと思われる論文等を紹介したい。

(1)nodule(「結節」と翻訳)は日本語の「結節」(しこり)と嚢胞(液胞)を含む概念
(2)ほとんどのnoduleは部分的に嚢胞性で充実性要素を伴い、純粋な嚢胞はnoduleの約1%のみ
(3)noduleの超音波検査による有病率は、子どもで数パーセント、大人で数十パーセント
(4)放射線全体照射を受けた小児における甲状腺noduleの発生率は28%(照射:5.7-11.4歳、最後の超音波検査:11.2-17歳)
(5)外部放射線療法を16歳未満で受けた子どもでは、甲状腺noduleの数・サイズと悪性リスクの相関関係はなく(nodule数によって悪性率は一定だが、個人におけるがん発症リスク
はnodule数が多いほど高く、むしろ2?4 mmのリスクが一番大きい)、サイズのみでは悪性リスクを予測できない
(6)原爆生存者の甲状腺がん発症率は、有意性はないものの、嚢胞群が結節なしの対照群と比べ高い(放影研の研究)
(7)米国内分泌学会などによる甲状腺noduleの診断ガイドラインでは、穿刺吸引細胞診(FNA)を実施すべきカテゴリーの1つとして、「小児期または青年期に頸部放射線照射の既往
歴を持つ患者(全サイズ)」を挙げている
(以下、略)

山下俊一氏による長崎、福島での子ども甲状腺検査の結果を比較できるのか?
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/294787509.html

山下俊一氏による長崎、福島での子ども甲状腺検査の結果を比較できるのかできないのか、論争になっています。

長崎での検査:
Urinary Iodine Levels and Thyroid Diseases in Children; Comparison between Nagasaki and Chernobyl
https://www.jstage.jst.go.jp/article/endocrj1993/48/5/48_5_591/_pdf
福島での検査:
福島県の子ども甲状腺検査:嚢胞有病率の上昇と被ばくレベルの関係http://2011shinsaichiba.seesaa.net/article/293739672.html

この問題で重要なのは、比較できないと主張するなら、そのように論評して済ますことでなく、福島の子どもたちの甲状腺の状態を正確につかむことができるよう、そのような検査
をしろ、説明責任を果たせ、と山下氏に迫ることのはずです。

参考情報・「深川市立病院関係者からの、重要情報です。」に関連して
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/78b471136874dc23e81164cfb7fddf42

「つまり二つの調査は、同じ結果を示しているということになります。『現在時点においては、福島の子どもに何ら異常は見られない』というのが、長崎のデータと比較した結論に
なるはずです。」
「私の投稿は「結節」と「のう胞」を取り違えているとの指摘でした。その通りですので、訂正します。ただし、この訂正で結論全体が左右されることはありません。」
「5mm未満が含まれていないゴメリデータや長崎大学調査データと、5mm未満が含まれている福島データを比較しても無意味であるというのが、私の意見です。この結論は、いまも変
わりません。」

放射線の健康影響をめぐる誤解 片瀬久美子
http://webronza.asahi.com/synodos/2012071900001.html

片瀬氏の場合は、「長崎の調査では250人と被験者数が少ないので、結果の誤差がその分大きくなっている」と認め、全体として比較できないのだ、という論旨でありながら、「分類
の基準を合わせてデータを比較してみると、福島と長崎の検査結果の差はほとんどないことが分かりました」で終わっています。

見た目の数字の差はその通りですが、ご自分の論に従えば、実態は分からない、だから明らかにすべきだ、ということになるのが、当然でしょう。

★ 田場祥子 さんから
<9・9沖縄県民大会と高江の座り込みに参加して>
忙しさにまぎれ沖縄報告が遅くなりました。
9月8日に宜野湾市に入り宿泊しました。

「オスプレイ配備反対 9・9県民大会」が10万人を上回り成功裏に終わったことは 

テレビ・新聞報道でご存じのことと思います。

赤一色のカラーが新聞に満載されていましたね。
今までは黄色の地に黒い字で「怒」と表現していましたが、もう黄色の注意信号の
段階ではなく、真っ赤な色で危険そのものを表しているのだと聞きました。

私はこの大会で気になったことがありました。
大会決議によれば「我々は、本日、日米政府による垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ
強行配備に対し、怒りを込めて抗議し、その撤回をもとめるためにここに結集した。」 
とあります。

さらに日米両政府は危険な普天間基地に「構造的欠陥機」であるオスプレイを配備すると
通告し、すでに山口岩国基地に陸揚げされている。嘉手納基地や北部訓練場など
沖縄全域での訓練と運用を実施することを明らかにしているとあります。

何人もの人が登壇して挨拶が続きました。
大会の実行委員会が作られて5人の共同代表がそれぞれオスプレイが最も危険と
言われている普天間基地に欠陥機が頭上を飛ぶことの危険性を訴えていました。

沖縄県知事の挨拶は欠席のためメッセージの代読となりました。
代読された方には気の毒ですが、代読やめろ!そんな挨拶は要らない!と
怒号!怒号!でした。

が、そのうちの誰一人としてヘリパッドが造られる高江の住民の被害に言及した人は
いませんでした。閉会の挨拶に立った人だけが高江にヘリパッドが造られることを
憂慮され造らせてははならないと訴えました。

私は辺野古の人たちと一緒にいましたので、高江の人たちがどこに座っているのか
判りませんでしたが、写真を取りに会場を歩いたところ会場のステージの正面に
高江の人たちは座り込んで居ました。彼らはどんな思いでこの集会の高江抜きの
挨拶を聞いていたでしょうか。
正面のステージには高江の建設を請け負った大米(だいよね)建設の社長の弟・
下地幹夫議員が座っていました。

この集会で掲げているスローガンは「オスプレイの配備に反対」なのに、オスプレイの 

着陸帯(ヘリパッド)の工事が行われている高江の人たちの存在を見ていないのかと、 
怒りとギャップを感じました。

県民大会終了後、辺野古へ向かい1時間ほど海を前に座ってきました。
その日は名護どまり、翌朝5時40分に友人の車で高江に向かいました。
集合時間の7時に間に合い、ミーティングに参加しました。
今まではN4ゲートやN1ゲートで業者が入り込まないように見張っていましたが
この夏から守備の方針が変わったようです。

7月のQABの空撮により、ヘリパッド工事の現場には相当の土砂が運ばれて
いることを知りました。現場で阻止行動の指揮をとっているY氏は今までそんな砂利トラを
入れさせた覚えがないので不思議に思って調べたところ、米軍基地のメインゲートから 

入ったのが判ったそうです。
以前、メインゲートに座り込んだ時に、基地の日常に支障が出るとして、メインゲートは
工事のためには使わせないと米軍側と約束ができていたそうです。
それがが破られたことが7月に判り、今までの沖縄防衛局との攻防は全てダミーだったと
怒り心頭、メインゲートをターゲットにすることになりました。

朝、ミーティング終了後、N1a, N1b, メインゲートに分かれ持ち場を守ります。
ヤンバルの空気は澄んでいておいしいのですが、その分日差しは半端ではなく、
7時前から夕刻まで、国道沿いの路上で待機するのは本当にきついことでした。
8月に具合が悪くなられた方もいましたので充分な水分補給を行い、日陰を探して
つかの間の休憩。
思惟行動としてゲート前で、基地との境界線ぎりぎりのところまで進み、円を描くように
シュプレヒコールを発しながらぐるぐる歩きます。歩みを止めると座り込みと
取られてしまうので歩き続けなればなりません。

警備のMPが写真を撮ろうとしたり、腰の拳銃に手をかけて脅しますが、
みなひるまずに抗議行動を続けました。
10日〜15日までの予定でしたが台風のため1日早めて帰りました。

3月に行われた高江の通行妨害罪のスラップ訴訟裁判は起訴された2人のうち、
1人が無罪、1人が有罪という住民の分断を測る許しがたい判決でした。
控訴をして、9月11日にその第1回控訴審が那覇地裁で行われました。
私も出かけて行きたかったのですが高江の現場が手薄になりますので諦めました。

高江は台風のため横断幕をすべて取り去っています。
台風の後、みなさんでまた貼り直したと思いますが、手薄で気がかりです。
人数がが足りず、作業員に入られているようです。
昨日の総評会館でのオスプレイの集会には別件が入り参加できませんでした。
何方か参加された方の報告をお待ちしています。

ご都合の付く方、高江に直行をお願いします。

また仲間から、できるだけ早く、できるだけ長く高江に来て下さい!と
メールがはいるかもしれません。

★ 小林アツシ さんから:
沖縄では台風の中、市民が普天間基地のすべてのゲートを封鎖しました。
車を何台も停めて封鎖しているので、簡単には排除できないようですが、
機動隊やレッカー車が来ているそうです。
まとめ
http://togetter.com/li/381624

生中継
http://tinyurl.com/938aqfu

★ −−オスプレイ沖縄配備に反対する集会−− 
日 時: 10月21日(日)14時00分〜15時00分(集会)
              15時00分〜(デモ)天神周回          
場 所:福岡市・須崎公園(福岡市中央区天神5-8)
   地図:http://tinyurl.com/9xwsevj

主 催:オスプレイ沖縄配備に反対する集会実行委員会
連絡先:小笠原みどり(080-1775-0596)・原口くに子(090-2963-6736)
    青柳行信(080-6420-6211)y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
呼びかけ人(9月29日現在)
酒井嘉子、藤原紀代子、小笠原みどり、原口くに子、久保多美子、高柳英子、吾郷成子、真砂友子、柳青ゆかり
堤 和子、柴田一裕、長谷川禎一、岡本茂樹、藤岡正明、いのうえしんぢ、筒井修、長能正義、郡島恒昭、青柳行信

 −−オスプレイ沖縄配備に反対する集会−− 
  
世界で一番危険な沖縄・普天間基地に、世界で一番危険なオスプレイが配備されようとしています。
沖縄では先日9月9日10万1千人のオスプレイ配備反対の県民大会が開催されました。

オスプレイの沖縄北部訓練場は
やんばるの森で、ヤンバルクイナやノグチゲラなど、世界でもここしかいない貴重な動植物の宝庫です。

ここで、オスプレイ−ヘリパッド建設反対、非暴力の家族ぐるみで座り込みをしている
沖縄北部・高江から伊佐真次(いさ まさつぐ)さん(沖縄県国頭郡東村高江在住
 「ヘリパッドいらない」住民の会 50歳)を招いて1000名規模の集会とデモを
私たち、福岡の地で、−−オスプレイ沖縄配備に反対−−集会を開催したいと思います。

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発!福岡集会実行委員会 ●  
日 時:10月2日(火)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
☆9・23集会の振り返り
☆11・11集会・デモの取り組み
☆12・9集会・デモ(ピースボートからの呼びかけ)

● 元原発労働者の梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判 ●
    第3回口頭弁論期日
10月10日(水)14:30 福岡地方裁判所303号法廷。

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
   原告数 4923名(9月14日現在) 
   連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内