[CML 020078] オスプレイ緊急抗議

FURUSHO furusho at mail.hinocatv.ne.jp
2012年 9月 27日 (木) 21:01:41 JST


古荘です。

Bccで送ります。

政府は問答無用とばかりに、明日にもオスプレイを沖縄に配備しようとしていま
す。
普天間ゲート前の抗議座り込みも始まっています。
年配の方々も多く集まっている、ということです。
基地は、憎悪の対象でしかありません。

「配備強行すれば、全ての基地は閉鎖」と沖縄県知事は言いました。
沖縄の怒りがますます高まる中で、なぜ、日本政府は、攻撃のための、戦争のた
めのオスプレイ配備を、アメリカに断らないのですか。
政府は、沖縄を、私たちをアメリカに貢いだ「売国奴」ですか。



(拡散歓迎!)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
沖縄へのオスプレイ配備を許すな!
−−−−−−−−−−−−−−−
緊急抗議行動へ集まろう
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
<スケジュール>
◆9月28日(金)PM6時30分〜
      防衛省正門前(東京・市谷)
(JR市ヶ谷駅、地下鉄有楽町線、南北線、都営新宿線各市ヶ谷駅下車7分)

◆10月4日(木)PM6時〜8時
      首相官邸前(国会記者会館前路上に集合)
(東京メトロ地下鉄千代田線・丸の内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)

辺野古実月例行動  (抗議文を各自持参してください)
◆10月1日(月)PM6時30分〜
防衛省正門前(東京・市谷)
この日は主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会

★沖縄への配備が9月28日以降に延期された場合、
配備された日の夜に防衛省正門前に集まり、6時半〜抗議行動を行います。★
(上記以外にも9月28日以降随時有志による抗議行動が行われますので、問い合わせてご参加をお願いいたします)

 9月21日、オスプレイが試験飛行を強行した。多くの国民が反対しているにもかかわらず、政府は一方的に安全宣言を出し、試験飛行にGOサインを出した挙句の暴挙だ。
 政府は、これまでの墜落事故は人為的ミスと決め付け安全宣言を出したが、なぜ墜落事故が多発するのかという根本的な疑問に全く答えるものではない。いつ墜落するかもしれないという沖縄の人々の不安と恐怖を払拭するものでは全くない。運用に関する日米合意があるにもかかわらず、試験飛行では下関の市街地上空を飛行したという。
 28日にも沖縄への配備が強行されるのではないか、ということに対して、沖縄では、26日から県民大会実行委員会は第1ゲート前で早朝1時間の抗議集会を取り組み、労働組合や市民団体は終日ゲート前で大規模な抗議集会を開催し、阻止行動に取り組もうとしている。
 このような沖縄民衆のオスプレイ配備阻止行動への決起に応えて、我々首都圏でも最大限の取り組みで応えていこうではないか。そのために以上のような緊急抗議行動を呼びかけます。多くの皆様の参加を訴えます。

★案内チラシをダウンロードできます。
http://www.jca.apc.org/HHK/2012/928Noosprey_urgencyact.pdf

******************************
主催:オスプレイの沖縄配備に反対する首都圏ネットワーク
 (「沖縄県民大会と同時アクション」改め)
問い合わせ先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックTEL090-3910-4140
          沖縄意見広告運動 TEL03-6382-6537
          ピースボートTEL03-3363-7561
******************************


-- 
FURUSHO <furusho at mail.hinocatv.ne.jp>



CML メーリングリストの案内