[CML 020075] ◆9/29イラク・バスラ労働者連帯全国ツアー第1回関西実行委員会

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2012年 9月 27日 (木) 18:17:52 JST


こんにちは、 
イラク平和テレビ局inJapan川島です。 
 
*************転送歓迎**************** 
 
9/29イラク・バスラ労働者連帯全国ツアー第1回関西実行委員会 
 
興味のある方是非、ご参加ください。 
 
◆9月29日(土)13時 場所:メディアスタジオSANA 
 
アクセス: 
〒540-0004 
大阪府大阪市中央区玉造2丁目26-70 
ニエモンビル1階 
地図http://www.geocities.jp/mediastudiosana/map.html 
 
JR環状線「玉造駅」から徒歩10分/ 
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」 
1番出口から徒歩5分 
大阪女学院北側すぐ ニエモンビル 
<連絡先> 
TEL 090−8162−3004(川島) 
TEL/FAX 06−7493−0230 
メール:info at peacetv.jp 
 
<よびかけ> 
◆2013年1/19〜27イラク南部の石油の”バスラ”からアブワタンさん(全イラク労働組合労働者評議
会連合)の副支部長をお招きして全国で講演会や国会・石油企業などへの要請行動を行います。

イラク占領の結果、イラクでは国民の40%が1日1ドル以下のひどい生活をさせられています。
石油産出量はイランを越えるまでになりましたが、占領が生み出した腐敗国家イラク・マリキ政権は
国民生活を改善しようとせず、外国企業との癒着を強めています。イラクの石油労働者は、外国資本
に50%以上の利益を半永久的に契約する不当な「石油法」の成立を阻止してきました。

しかし、シャハリスタニ副首相などと外国資本は個別契約を不当に結び、日本企業も石油利権略奪に
のりだし、契約内容は明らかにされていません。 
アブワタンさんたちは組合活動を理由に逮捕・ボーナス停止攻撃や9/14には組合事務所が襲撃をうけ
るなど米軍撤退後もグローバル資本とマリキ政権から弾圧を受け、闘い続けています。 
 
この秋いっそう石油利権略奪に乗り出す企業進出をやめさせ、イラクの民主的な政権づくりと労働者
の権利を求めて闘う石油労働者の全国ツアーを多くの皆さんの協力で成功させ
ましょう。その力でイラク戦争検証委員会の設置を実現させましょう。
私たち99%の市民による国際連帯を強めましょう。 
 
 
<実行委員会の内容> 
・レポート:イラクの石油を分捕るな、日本の石油企業の動き 
・映像:2009年アブワタンさん経産省要請行動映像 
・10/4 石油企業要請・抗議行動など 
 
<参加費> 
 
300円 
 
★上映開会最中! 
  「日本はイラクで戦争をしたー問われる謝罪と補償」 
  「立ち上がる市民・労働者、占領が生み出した腐敗国家、イラクを変える」 
  詳細はこちらで⇒http://peacetv.jp/nihonwairaqde.html 



CML メーリングリストの案内