[CML 020066] 【ロイター記事/今こそ気候正義を!コチャバンバ合意こそが答えだ!】 気候変動で2030年までに1億人死亡も=報告書

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 9月 27日 (木) 08:58:16 JST


「地球温暖化の解決策は原発」という根本的に誤ったイデオロギーを打ち砕くためにも(日本政府は「途上国への原発輸出こそが温暖化対策」と異常な主張を展開しています)、第三世界民衆の声を反映した公正な真の解決策が求められています。

気候変動で2030年までに1億人死亡も=報告書
http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPTYE88P00F20120926?rpc=165 

2012年 09月 26日 09:44 JST 

[ロンドン 26日 ロイター] 国際援助に関する非営利組織DARAは26日、気候変動に対する適切な対策が講じられなければ、2030年までに世界で1億人以上が死亡し、国内総生産(GDP)を3.2%押し下げる要因になるとする報告書を発表した。

この報告書は、発展途上国20カ国で構成する「気候変動に脆弱性を持つ諸国会議」の委託でDARAがまとめたもの。

同報告書は、地球温暖化ガスの排出で世界の平均気温が上昇するのに伴い、氷床の減少や異常気象、干ばつや海面上昇などが起こると指摘。気候変動がもたらす大気汚染や飢餓、病気による死者は毎年500万人に上ると推計し、化石燃料の使用ペースが現在の水準のまま推移すれば、この数字は2030年までに600万人に増えるとしている。

報告書の発表を受け、バングラデシュのハシナ首相は「気温が1度上昇すれば、農業では10%の生産性損失につながる。わが国にとっては穀類約400万トン、金額にして25億ドルを意味する。GDPの約2%だ」と指摘。それ以外の要因も含めると、気候変動による経済的損失はGDPの3─4%になると述べた。

(参考記事)

【連続学習会第6回】「コチャバンバ合意」(南側諸国の民衆合意)からコチャバンバ会議の成果を考える
http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20100514/1273816970 

【コチャバンバ会議】「気候の悲劇から人類を救う方法は、グローバル民主主義の実施しかない」(パブロ・ソロン・ボリビア国連大使)
http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20100422/1271907951

【世界民衆運動の表明】気候変動交渉には人々の声(コチャバンバ合意)が反映されなければならない
http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20101125/1291299439

【米国社会フォーラム】「コチャバンバ合意」を気候変動交渉プロセスに盛り込むことを要求する
http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20101125/1291305309

【COP16現地速報】COP16におけるモラレス大統領の演説(翻訳の一部抜粋と映像)
http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20101210/1291985781

【COP16に関するFoEインターナショナルの声明】「ボリビアの勇敢な姿勢に拍手喝采を送ります」「コチャバンバ合意は・・・大切なカウンターバランスだ!」「クライメート・ジャスティス(気候の公平性)の実現を!」
http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20101216/1292874386

【COP17に関する「クライメートジャスティス・ナウ!」の声明】2011年COP17は気候アパルトヘイトに屈した!解毒剤はコチャバンバ会議の合意文書だ!
http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20111213/1323762298



 		 	   		  


CML メーリングリストの案内