[CML 020034] 橋下徹氏、竹島問題で「日韓共同管理を」と発言

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 9月 25日 (火) 15:51:16 JST


紅林進です。
 
橋下徹大阪市長は、その真意、意図はわかりませんが、
竹島の「日韓共同管理」を提言したとのことです。
 
日本による韓国・朝鮮併合、植民地化と密接に結びついている、
日韓の歴史的経緯からいって、竹島(独島)が、日韓の「共同管理」
に適当かどうかは、疑問に思いますし、実効支配している側(竹島=
独島は韓国、尖閣諸島=釣魚島(釣魚台)列嶼は日本が、北方諸島
はロシアが実効支配)が言うならばともかく、実効支配をしていない側
が言うのは、相手の実効支配を覆そうとして主張していると、勘繰ら
れる恐れはありますが、しかし一般的には紛争地をお互いに自国の
領土だと言って争い、双方のナショナリズムをエスカレートさせてゆく、
それによって、それぞれの国の国内矛盾(日本であれば、原発問題
や格差問題、沖縄軍事基地問題等、中国であれば格差問題等、
韓国であれば、李明博政権の不人気など)を覆い隠す役割を果た
させるのではなく、「共同管理」や「共同開発」によって、相互の利益
になるように平和的に解決するのも、賢い政治的知恵です。
 
ヨーロッパでは、フランス、ドイツ間で歴史的に争ってきた、世界大戦
まで招いた仏独間の歴史的係争地アルザス・ロレーヌ地方を地域自体
の「共同管理」とは違いますが、その地から産する石炭と鉄鉱石を国際的
に共同管理・共同利用することにより、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が
始まり、それが、今日のEUにつながっっていった成功事例もあるのです。
このように彼らは紛争地を互いに争うのではなく、共同利用することにより、
平和と共存共栄の道を選んだのです。(もちろん、欧州石炭鉄鋼共同体
にしろ、今日のEUにしろ、もう一方では大資本間の国境を越えた共同利益
という面も見落としてはならないが)
 
東アジアでも、かつて中ソが1969年にアムール川(中国語名は黒竜江)
の支流ウスリー川の中州であるダマンスキー島(中国語名は珍宝島)の
領有権を巡って大規模な軍事衝突を起こしたが、ソ連崩壊の直前の1991
年には、両国は、中ソ国境協定(中露東部国境協定)を結び、「共同管理」
とは違うが、平和裏に国境を確定させている。
 
日本の場合、周辺諸国を侵略し、植民地化したという歴史があるわけで、
その反省を踏まえたうえでなければ、「共同管理」「共同利用」を言っても
相手の反発を買うわけで、そこらへんの配慮は非常に必要ですが。
その意味で、「慰安婦」問題発言や差別発言を繰り返す橋下徹のような
人物が竹島(独島)の「共同管理」を言うことは、かえって韓国の人々の
反発を買う側面はありますが・・・。
 
 
(以下転載)
 
橋下市長、竹島を「日韓の共同管理に持ち込め」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120923-OYT1T00495.htm
 
橋下氏、竹島問題で「日韓共同管理を」と発言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120923-OYT1T00628.htm
 
橋下氏「竹島、日韓で共同管理」提言
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012092390214854.html
 
「竹島は日韓共同管理を」 橋下氏、政府の立場と異なる見解
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120924-00000504-san-pol
 
「維新」、外交・安保政策の不安露呈 橋下氏「竹島の共同管理」発言
http://news.livedoor.com/article/detail/6982603/
 
【韓国ブログ】「竹島は日韓で共同管理」橋下氏の発言にあ然
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0924&f=national_0924_064.shtml
 
「橋下市長がまた妄言」、竹島の日韓共同管理を主張=韓国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120924-00000009-scn-kr


CML メーリングリストの案内