[CML 019974] Re: 原発国民投票の会の説明会に出席して(2012年9月19日)

萩谷 良 liangroo at yahoo.co.jp
2012年 9月 22日 (土) 23:53:15 JST


佐藤さん、どうもご意見ありがとうございます。

国民投票を目指す運動自体もまた、日本の市民の前進のひとつだとは思います。
それでも、憲法改悪を誘発していいのか・・非常に惜しい気持で批判しています。




On 2012/09/22, at 19:53, Sato Keyko wrote:

> 萩谷さん、みなさま
> 
> 
> 甲斐市の佐藤袿子です。
> 
> 私も、憲法9条が改憲される可能性が高まっている時期に、それにレールを引くようなことは
> 
> すべきでないと思います。都道府県別の住民投票を実施させるための、レールをどう引いていくのか
> 
> それぞれ、知恵を絞って行くことの方が大事ではないかと、思えてきました
> 
> 市民の間から出されてきていないことを、プロパカンダで、実施しても市民のほんとうの声を
> 
> 吸い上げるのは難しいと思います。
> 
> 
> 経産省前の脱原発パレードが、全国に波及して、地域でこれからの社会の在り方、
> 
> 人間としてどう生きるべきか、脱原発後の社会の道筋等、模索が続いています。
> 
> この作業こそが、民主主義を自分たちのものにしていく、とっても需要な仕事なのだと 
> 
> 気づきました。 国民投票を実施しても、市民の一人一人が、今後の生き方について、社会について
> 
> 模索することもなく、相変わらず他人任せだとしたら、脱原発が選択されたとしても、 
> 
> うまく社会が回っていくとは思えません。
> 
> 地域、地域、一人一人の模索なく、新しい社会を作り出すことは不可能です。
> 
> 
> --------------------------------------------------
> From: "萩谷 良" <liangroo at yahoo.co.jp>
> Sent: Saturday, September 22, 2012 4:33 PM
> To: "CML" <cml at list.jca.apc.org>; "PMN" <pmn-ml at jca.apc.org>
> Subject: [CML 019971] 原発国民投票の会の説明会に出席して(2012年9月19日)
> 
>> 萩谷です。
>> 標記の文章を個人ブログ「在日宇宙人Bassemの脱ニッポン・ブログ」http://blogs.yahoo.co.jp/liangroo およびFacebookのウォールにアップしました。 
> 



CML メーリングリストの案内