[CML 019915] 科学することの誠実さと民への誠実さ

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2012年 9月 19日 (水) 16:02:27 JST


みなさまへ   (BCCにて)松元

一昨日配信しました矢ケ崎克馬さんの二つの警告リポートを Peace philosophy
が、【尿中のセシウム、具体的な事実から科学すれば「安全・安心」とはいえな
い:矢ケ崎克馬氏の警告】としてブログに掲載してくださいました。

3・11後の放射能汚染の現実と原子力ムラの「専門家」たちがふりまく「安
全・安心」論が、いまフクシマの子どもたちをめぐって拮抗する最前線と なっ
てい ます。圧倒的多数の市民は、そうした「専門家」の「安全・安心」論に疑
いの眼をもち、もはや従来のように安易に信じることはなくなっていますが、
メディア をふくめ「専門家」の発言をふりまく陣地とシステムは依然、国家と
原子力ムラが牛耳っています。市民が、繰り返される「専門家」の誘導にその都
度 批判的に 対処することは容易ではありませんし、市民の側に立つ科学者が圧
倒的に少数であることも事実です。

3・11後一年半の現実が先鋭的にふくしまの子どもたちを襲っていますが、矢ケ
崎さんの警告リポートは、科学的に反論する批判的対処の典型例とい えます。
私たち市民は、原発事故とデタラメな安全・安心論という「科学」に幻滅してい
ますが、矢ケ崎さんは、「科学することの誠実さ」と「民への誠実さ」 はかな
ら ず一致すると信じ行動している数少ない科学者の一人です。ぜひ、下記のリ
ンク先を拡散していただきたいと思います。

【転載・転送自由】
■尿中のセシウム、具体的な事実から科学すれば「安全・安心」とはいえない:
矢ケ崎克馬氏の警告
http://peacephilosophy.blogspot.ca/2012/09/blog-post_19.html


-- 


===================
Palestine Solidarity in Sapporo
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19 
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538  
===================



CML メーリングリストの案内