[CML 019835] 【報告】第514日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 9月 15日 (土) 08:42:21 JST


青柳行信です。9月 15日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第514日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 9月14日現在 総数2526名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月14日2名。  
      村岡良太 匿名者1名
★ さよなら原発! 9・23福岡集会
http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
ココロンセンターでの印刷の件ありがとうございました。
おかげさまで スムーズに印刷することが出来ました。
18:00からの抗議集会 で チラシを配布することがしました 

本日から四王寺の県民の森で、音楽会、フリーマーケットがあります
もちろん写真展もやります。
お時間のある方は是非 四王寺においでください。

あんくるトム工房
来んしゃい 金曜 脱原発 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2050
森の音楽祭        http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2049
  先ほどからすごいどしゃぶりになりました。 本日が 心配です。

★ 橋本左門 さんから:
  無核無兵・毎日一首
☆財界と一味同心のマスコミが原発亡国の露払い役(左門 9・14−49)
  ※(朝日新聞「原発とメディア」9・10より)

★ ペンネームむっちゃん から:
 はじめまして
電来年4月度の電気料金値上げ反対!!
十分な企業努力も無しに、使用料金の値上げにしてしまうなどは許せません!!値上げが権利などありえない!!総括原価方式の値上げは、承知出来ません!!

9月13日(木)放送KBCTVモーニングバードそもそも総研で石炭より安い燃料もあると言っていました。
そもそも、自然エネルギーに変えていく為の努力をするつもりが無い!のでは!?国策・独占企業のいいなりに、させておく訳にはいきません!!

国や国民・子供の未来を考えず、原子力村の利益だけしか考えないやり方は福島・チェルノブイリ・スリーマイルの教訓を無視したものデス!!
原発0に向けて、ドイツの決断はなぜあんなにも早いのでしょうか?
海外視察に、国会・地方議員さん達は、今までさんざん、大金を投じ何にも学んではいない!?

★ 池永修 さんから:
 <原発なくそう!九州玄海訴訟 かすや原告の会>
8月19日に開催されたかすや原告の会の初イベント、釋尼倶曾(しゃくにくうえ)さ
んトークライブには34名の方が参加していただきました。福島県西郷村から志免町
に避難してこられた倶曾さんからは、福島にいながら原発事故のことをは何も知らさ
れず、喉が痛い、咳が止まらない、身体がだるいと訴えていた西郷村の人々の姿、福
島にとどまることが福島のため、道徳的に正しいことと今も福島に幽閉され放射能に
怯える人々の姿、家族と離ればなれになり今も福島と福岡を行き来するご自身の生活
など、生々しい福島の今をお話しいただき、会場からは驚きの声が上がっていました。
イベント後は、倶曾さんをはじめとする新しい原告さんにも加わっていただきました。

9月15日の会では、8月19日のイベントの振り返りと、今後の取り組み
について意見交換したいと考えています。参加しやすい時間に開催いたしますので、
これまで時間の関係で参加できなかった皆さんも是非ご参加ください(原告さん以外
でも参加できます)。

とき  2012年9月15日 14:30〜 
ところ サンレイクかすや(粕屋町立生涯学習センター)
    福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁一丁目6−1(粕屋町役場向い)
お問合せ先 弁護士 池永修(弁護士法人奔流)
    TEL 092(642)8525
    FAX 092(643)8478
    Email  osamu_i at bengoshi-honryu.com

★ ハンナ&マイケル さんから:
皆様、9.23のデモの準備でお忙しいことでしょう。どうぞ夏バテしませんよう、体調第一でがんばってください。
先の8月17日、九電本店前ひろばに、多数の警官、公安が来て、異様な雰囲気でした。そこに偶然通りかかり、市民の権利について、おまわりさんたちに懇々と説き聞かせてくれ
た素敵なヒーロー、弁護士の後藤さんを覚えていらっしゃいますか?その弁護士さんを囲んで「市民運動と私たちの権利」というテーマで勉強会があります。

「権対」なんかを念頭にデモを組織している側の人はもちろん、初めてデモに参加してみようかなとお考えの方も、みんなに来てほしいけど、会場は先着50名ですので。講演が始
まる30分前から開場なので、同時展示の、あんくるトムさんの「さよなら原発この一年」の写真展もお楽しみください。

勉強会「みんなでデモればこわくない \(^o^)/ 市民運動と私たちの権利」
日 時 9月27日(木18:00開場 18:30〜お話と質議
場 所 軽食喫茶みらい2F(日赤前バス停前。マクドナルド向かい側)
講 師 弁護士 後藤富和さん
参加費 資料代300円
展 示 「さよなら原発この1年」写真展示
主 催 「脱原発・うさぎとカメ」。 
懇親会 20:00〜 1F軽食¥1000+ドリンク代各自(21時閉店)
目下、この勉強会を「支援してます」の賛同者、団体、店舗など(賛同金300円でチラシに名前掲載)募集中。
問合せ 090-4801-6515(横田)

★ 崔 勝久 さんから:
原発の再稼働とともに、原発輸出を止めさせましょう
http://www.oklos-che.com/2012/09/blog-post_183.html

日本政府が打ち出した30年「原発ゼロ」が大きな矛盾を暴露しています。
そのまま再稼働を続け、従来通り再処理はやめないというのですから、これは
大きな問題にならざるをえません。

しかしこれは3・11を経験した日本から、戦後の世界の原発体制を根底
から問い糾していく機会にすべきだと考えます。しかし日本の再稼働反対の声は、
 日本政府が打ち出した原発輸出を反対し、モンゴルに使用済み核燃料を持ち
込むことに反対する声になっていません。
今、私たちは世界に向かってその声を発そうと思います。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日夕方以降、重大な記事がネットに貼り付けられています。次の三つの記事をみて、あきれてしまいます。またまた国民をだますための政府・民主党の共同作業かな、と。
1.「 『30年代に原発ゼロ』=福島第1事故受け政策転換−新エネルギー戦略策定・政府」時事通信09/14-20:32
⇒http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012091400699
記事「・・・・原発について、・・・・・当面は、安全性が確認された原発を重要電源として活用する・・・・・・戦略は(1)40年運転制限の厳格適用(2)原子力規制委員会が安全
を確認したもののみ再稼働(3)新増設を行わない−を原則とした。」
2.「原発輸出は継続=政府」時事通信 9月14日(金)20時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120914-00000161-jij-pol
記事「・・・・『2030年代に原発稼働ゼロ』を目指す過程で安全性が確認された原発を『重要電源として活用する』と同時に、『諸外国が希望する場合には、世界最高水準の安全性
を有する技術を提供していく』と明記し、原発輸出を継続する方針を示した。」
3.「原発争点化を回避=政権、衆院選を意識−新エネルギー戦略」時事通信09/14-20:41
⇒http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012091400973
記事「・・・・・『これなら『維新』にも負けないよな』。政府方針の調整が大詰めを迎えた今月上旬。都内のホテルでひそかに開かれた政権幹部の会合で、出席者の一人がこうつ
ぶやいた。集まったのは仙谷由人民主党政調会長代行、枝野幸男経済産業相、細野豪志原発事故担当相ら。民主党が既に打ち出していた『30年代の原発ゼロ』を政府が踏襲するこ
とは、この場で事実上決まった。・・・」・・・つぎのような言葉も付け加えら得ている・・・・「・・・・・実現性は不透明だ。民主党内の脱原発派からは『工程表のない原発ゼ
ロなど、ただのお題目』との声もある。」
・・・・・記事に「解散・総選挙後の政権次第では戦略が見直される可能性もある。」とある、「ワル」ですね、結局選挙のためだけの文章を作ったということだけです。
4.「原発再稼働基準は緊急課題 規制委発足へ準備会合 」西日本9月14日 20:06
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/324063
・・・・着々と再稼働準備です。
5.「原発事故の影響どこまで 保安院、試算初公表へ 全国マップ作成」産経新聞 9月14日(金)7時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120914-00000090-san-pol
記事「・・・・全国の原発で、東京電力福島第1原発のような過酷事故(シビアアクシデント)が発生した場合、どの範囲まで影響が及ぶかについて、経済産業省原子力安全・保安
院がシミュレーションマップを作成し、近く公表する方針を固めたことが13日、分かった。原発事故の影響範囲の試算を国が示すのは初めて。」
・・・・いつ発表になるかは書いてない、まじめにつくっているか確かめないと。
被災地の動き、
6.「福島市民、9割超が依然『不安』 放射能意識調査」福島民友9月14日 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0914/news11.html
記事「・・・市民を対象に今年5月に実施した「放射能に関する市民意識調査」の結果をまとめた。調査結果によると、市民の9割以上が依然として、放射線による健康不安を感じ
ており、内部被ばくについて回答者の44.8%、外部被ばくについて37.4%が「以前よりも不安が増した」と答え、『食べ物の線量と産地に気を付けている』とした割合は
69.9%、『線量の高い場所に近づかない』は58.4%に上った。・・・・」
・・・・福島第一原発から60キロの福島市での結果です。
7.「東電回答書『通報したが通じず』 浪江町長『納得できぬ』福島民友9月14日 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0914/news5.html
記事「・・・・福島第1原発事故直後からの東電の浪江町への通報が遅れ、通報連絡協定違反かどうか見解が対立していた問題で、東電の石崎芳行常務は13日、二本松市の同町役
場を訪れ、馬場有町長に正式な回答書を提出した。回答書によると「事故後から連絡をしたが通じなかった。努力しており、協定違反ではない」とし、これまでの主張を変えなかっ
た。」
・・・・相変わらず高飛車です、会長・社長が変わっても何にも変わりません。玄海でも九電は同様の態度で臨むでしょう、「住民対応は自治体の仕事」と言ってのけるわけですか
ら。
8.「双葉町が『健康手帳』配布へ 内部被ばく量など記録」福島民友9月13日 
⇒http://www.minyu-net.com/news/topic/0913/topic2.html
「既に町民に同様の手帳を配布している浪江町の協力を受け作成・・・・・・・全町民を対象に10年間の記録を残せるよう検討している。」
9.「福島県の避難者に高速無料化延長 1月15日まで原発事故で 」西日本9月14日 19:14
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/324051
・・・これくらい当然です。
原発施設の動き、
10.「半月ぶりに『正常』=福島原発の注水量低下―東電」時事通信 9月13日(木)20時24分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120913-00000180-jij-soci
・・・・・・何が「正常」なのか、さっぱり不明です。
11.「浜岡原発配管に施工不良見つかる 留め具なし」 西日本9月14日 19:14
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/324050
12.「志賀原発『文献なく見落とし』 『断層』審議外しで保安院」 西日本9月14日 13:08
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323997
・・・・・まだまだありそうです。
さて、西日本新聞紙面ではどうなっているか、昨夕刊には関連記事は皆無、きょうの朝刊のトップは当然、1.〜3.の記事、2・3面政治蘭も紙面の大半が、38・39面社会欄も、
14・15面も、それぞれ両開きで関連記事があり、さらに九州の関連記事が加えられています。ネットにもある記事を交えて紹介します。
13.「脱原発に転換、30年代ゼロ 政府が新エネ戦略決定」 西日本9月14日 20:11
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/324015
14.「川内3号機増設困難 『30年代に稼働ゼロ』で 」西日本9月15日 00:31
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/324102
・・・・・作りかけのどこかのダムのように工事再開とならなければよいが・・・・。
次に、市民の声を交えた内容の記事が三つ、
15.「脱原発社会初の政府方針 難題今こそ向き合う」 西日本9月15日 00:30
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/324101
記事「・・・・・・九電本店前の金曜デモに参加した同市の労組役員、藤江明世さん(62)は『財界寄りの野田政権が本当に進めていけるとは思えない。原発推進の自民党政権と
なったら、後退するのは明らかだ』と声を荒らげた。」
16.「核のごみ行き場なく 」西日本9月15日 00:28
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/324100
記事「・・・・佐賀県玄海町の新雅子さん(78)は『電気供給という大義名分があったから原発を受け入れてきた。さらに核燃料を押しつけられるなんて、もってのほか。玄海町
を“ごみ捨て場”にしないで』。
17.「『川内3号機増設困難』に地元複雑」 西日本9月15日 00:28
18.社説「脱原発政策 きしみも増すのは当然だ」明日以降に、
社説検索⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/
・・・・・・お祭り騒ぎのようにそんなことあったかな?というようにならないとも限らない紙面構成です。

★ 木村幸雄 さんから:
唯一の原発差し止め判決を出した元裁判長・井戸謙一弁護士の、あるMLに送信されたメールを転送します。
 //////
皆さん 井戸です。
 私たちは,福島の環境は,子供たちを育てる環境ではない,国や行政が責任を持って集団避難させるべきだと主張してきました。

 昨年公表された福島県の子供たち3千数百人の甲状腺の検査結果では,その35%に結節や嚢胞が発見されました。今までのデータでは,子供の甲状腺の結節や嚢胞は,せいぜい
1%程度みられるだけだったのです。それでも,福島県は,問題ないとの態度を崩しませんでした。

 本日,今年に入ってからの子供の甲状腺検査の結果が発表されました。結節及び嚢胞がある子供が43%でした。昨年の検査は,浜通りの福島第一原発に近いところの子供たちでし
たが,今年の検査の対象は大部分が福島市内です。 また,とうとう,福島で甲状腺ガンの子供が一人発生しました。子供の甲状腺ガンは,通常は数十万人に一人という珍しい病気で
す。 結節や嚢胞は,直ちにガンに結びつくものではないとはいえ,福島の多くの子供たちの甲状腺に異常が生じているのは明らかです。 暗澹たる気持ちになります。 この大
ニュースが今のところ大手マスコミではほとんど報道されていません。 マスコミの偏向ぶりは,3.11を経ても,全く変わりませんね。 私が弁護団に入っているふくしま集団
疎開裁判(郡山の子供たちが,郡山市に対して集団疎開させるよう求めた裁判)は,10月1日に仙台高裁で審尋期日が開かれます。 注目していただければ幸いです。
http://tinyurl.com/9h56ocg

★ 松元 さんから:
みなさまへ    
久しぶりに小出先生の「たね蒔きジャーナル」を紹介させていた だきます。日
本学術会議の地層処分見直し提言について、「あたり前のことを、なぜ今まで
黙っていたのか?」と、きびしい感想です。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。
http://hiroakikoide.wordpress.com/

●小出裕章講演日程一覧
http://healing-goods.info/koide/
http://tinyurl.com/8ckvgr7

======小出先生、9月13日のお話====== 

永岡です、毎日放送ラジオのた ね蒔きジャーナル、今日は千葉猛さんの司会、
毎日新聞大阪本社論説委員の池田昭さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、関電は値上げで、20% の値上げ、また九州電力も原発の再
稼動がないと値上げです。池田さん、家庭用は経産省の許可が必要で、コスト
カットが要る、納得でき ない。政府が脱原発なら、関電は原発が多く、構造改
革が必要+節電も必要とのことです。

  政府のエネルギー核燃料戦略、使用済み核燃料を利用するというのです。再
処理の最終結論は先送りで、再処理を止めたら放射性廃棄物の 保管所に六ヶ所
村がさ れる、ここから廃棄物を出さないといけないからです。しかし使う当て
のないプルトニウムを抱えるのです。池田さん、これは原発を増や す政策の一
環であり、 しかし原発は減らすわけで、矛盾する。原発を増やす政策の一環を
先送りして、最終処分地の問題は待ったなしで、先延ばしできないと言 われま
した。またプル トニウム維持は、日本の核兵器開発の技術維持のための、一部
の議員の動きがあり、その疑念をもたれないようにしないといけないので す。
2030年代ゼロを準備不足の絵に描いたもちになる、道筋が見えないので す。

  新たなエネルギー戦略で、イギリスは日本に放射性廃棄物を受け入れよと、
フランスも同じことを言っています。日本への返還が不透明に なるのが懸念さ
れ、前 原氏、アメリカからそんなことをしたらアメリカに影響ありと言われて
いるのです。池田さん、外交の力が試される。イギリスとフランス は、再処理
したものを 日本は使い、廃棄物は六ヶ所村とかで引き受け、原発ゼロでも廃棄
物の問題が残り、イギリス、フランスの言うのは当然で、アメリカへの 道筋を
示すのも必要な のです。

 そして、小出先生のお話、日本学術会議、300m以 上の地下に高レベル廃棄物
を埋める方法は火山のある日本では無理と言っており、これについて、「当たり
前のこと」をようやく学術会議 が言った、「あまりに 遅すぎる」、日本の学問
を背負ってきた人が、核廃棄物を容認しており、なぜ今まで黙っていたのか、な
のです。何十年も前から分かって おり、日本の地震国に 放射能のゴミを受け入
れる場所はないのに、原子力を進める人は遮二無二にやってきたのです。学術会
議、悲しいが、善は急げ、言ったの はいいものの、なぜ今 か、なのです。

  世界で、最終処分法は何もないのです。一時的に保管するものの、「とてつ
もなく難しい」、学術会議゛の言ったのは、小出先生何十年も 前から言ってお
り、目 が届くところで保管するしかないが、何百年、何千年かかるか不明、
「一時的」とは無意味。学術会議の言うのは高レベルの廃棄物で、低 レベルの
ものは膨大な 量、六ヶ所村に埋め捨てにされ、管理をしなくて言い日まで300年
かかり、み んな死んでいる、自民党も民主党もなく、誰がどう責任を取るの
か?まして高レベルは10万 年100万年隔離がいり、誰がどういう権限で生み出し
ているのか、なのです。

 高レベル廃棄物は広島原爆120万 発分あり、使用済み燃料プールの底とか、
六ヶ所村のプールにあり、一部はイギリス、フランスでガラス固化され、いずれ
全て日本に戻る のです。

 イギリス、フランスとは契約があり、戻るのです。

 廃棄物、処分しないといけない。10万 年保管できる容器が要り、10万年持つ
容器を作る技術は「ない」、最終処分地 は10万年付き合う土地であり、安全保
安院、埋め捨てにする場所を20年探し、候補地を金をもって探してもアウト、モ
ンゴルに捨てる案まで出ているので す。

 学術会議、10万年保管できると か、結論の先延ばしであり、小出先生すらど
うしていいか分からない。学術会議は日本のトップなのに、それを今まで何も言
わず原子力の やりたい放題をさせてきたのです。

 廃棄物の総量規制、今までは廃棄物は出し放題であり、原子力はトイレのない
マンション で、ゴミの始末は出来ず、いつか何とかなるだろうとして、再稼
動、2030年 に何%と、やるほど始末できないゴミが出るのです。

 東京新聞、福島原子炉を監視するものが壊れて、2号 機の温度計が壊れてしま
い、圧力容器の底に温度計があり、温度により融けた炉心の場所、再臨界の目安
にしていたのに、壊れたら難しく なる。もともと、東電 はこんな事故は起きな
いと思っており、温度計も事故のときのために設置したものではなく、通常運転
のためのものであり、事故の現在の 状況のためではない、 もともと不十分な情
報しか得られず、事故の収束が難しくなる。温度計の修理は無理、圧力容器に新
しいものをつけるのも無理なのです。 限られたデータから今 までも推測でや
り、たまたまある測定器から推測し、その情報すら奪われていくのです。
 今日も小出先生の厳しいお話をお送りいたしました。

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 9・23福岡集会実行委員会 ●  
日 時: 9月20日(木)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 9・23福岡集会 ● 
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発(サウンドデモ)
場 所:福岡市・冷泉公園 
トーク・ゲストとして毎週金曜日でお馴染みの首相官邸前アクションの
主要メンバーであるミサオ・レッドウルフ(首都圏反原発連合)さん参加

 さよなら原発! 福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 
    チラシ・ダウンロードコピーできます。↑

ツイッター、フェイスブック、mixi、メルマガ、ブログなどでもぜひ拡散お願い
します。
↓↓↓↓ツイッター用告知文↓↓↓↓
【拡散】さよなら原発9・23福岡集会/9月23日(日)14:00集会開始@福岡市・
冷泉公園(博多区上川端町)http://bye-nukes.com/fukuoka 打楽器募集!太鼓など
買わなくても、金属片(フライパンやスチール缶等)とスプーンさえあれば、サンバ
風な楽器に。

● 元原発労働者の梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判 ●
    第3回口頭弁論期日
10月10日(水)14:30 福岡地方裁判所303号法廷。

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内