[CML 019833] 【要申込】本日9/15(土)「原発のつくり方~原発恫喝訴訟の被告が語る生々しい実態~」(第43回草の実アカデミー)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 9月 15日 (土) 04:13:12 JST


紅林進です。
 
 私も会員になっています「草の実アカデミー」が本日9月15日(土)に開催
します「原発のつくり方~原発恫喝訴訟の被告が語る生々しい実態~」
という講演のご案内を転載させていただきます。
 
※席に限りがあるため、参加希望の方は下記のメールまで必ず申し込んで
 ください。
 E-mail kusanomi at notnet.jp
 
(以下転載)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
【□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■第43回草の実アカデミー(9月15日)
原発のつくり方
~原発恫喝訴訟の被告が語る生々しい実態~
講師:田中稔氏(ジャーナリスト・社会新報編集次長)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
「最後の大物フィクサー」白川司郎氏 東電原発利権に食い込む――。
『週刊金曜日』11年12月16日号にそうしたタイトルの記事を書かれた白川氏は、
今年3月16日、執筆者で今回の講師・田中稔氏(ジャーナリスト、『社会新報』
編集次長)に対し、名誉毀損だとして、損害賠償や弁護士費用など実質6700万
円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。
 これは言論封殺のための恫喝訴訟(スラップ=SLAPP)ではないか、と大問題
になっている。
 そもそも原発とは、どのようにして建設されるのか。
 場所を選定し、土地を得、関係者がどのように動いて利害関係を調整し・・と
原発ができるまでには様々な人物や組織、企業が動く。このような流れを把握
したうえで、今回問題となった裁判の背景などについて語ってもらう。
 
 原発の闇を暴くことは、日本の闇の一端に触れることになる。
 (林克明  草の実アカデミー代表)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:2012年9月15日(土)午後2時開場、2時15分開演 4時45分終了
場所:喫茶室ルノアール 新宿3丁目ビックスビル店マイ・スペース 6号室  
   東京都新宿区新宿2-19-1 ビッグスビル地下2階
   http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2103
電話:03-5379-2766
参加費:500円(会員無料)+飲み物代実費
    会員は飲み物代実費のみ
主催:草の実アカデミーhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/
 
※スペースはあると思いますが、念のため(席の確保のため)、参加希望の方は
 下記のメールまで申し込んでください。
 E-mail kusanomi at notnet.jp


CML メーリングリストの案内