[CML 019802] 【報告】第512日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 9月 13日 (木) 07:31:24 JST


青柳行信です。9月 13日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第512日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 9月12日現在 総数2524名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月12日2名。  
      江藤成一 石橋幸子

★ さよなら原発! 9・23福岡集会
http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
今日は久し振りで 深江さんや歌野さん、木村京子さんたち
老頭児(ロートル、ベテラン)の面々にお会いしました。

木村さんが 年代物の横断幕を持ってきてくれました。
市民運動の歴史を感じました。
みんなで記念撮影をしました。ブログをご覧ください。

あんくるトム工房 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/
       ここをクリックすると ブログの最新版を見ることができます。
九電株主の会   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2045
ガキのけんか   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2046
           上をクリックすれば その記事がよめます。 

★ 橋本左門 さんから:
  無核無兵・毎日一首
☆マスコミ界重鎮たちが群りて柳の下の泥鰌を脅す(左門 9・12)
  ※朝日新聞「原発とメディア」(9・10)より

★ 上島 さんから:
以下、転送・転載可です。各種のURL等抜粋してご活用下さい。
===甲状腺関連========================
NHK(2012)子ども甲状腺検査で初めてがんの診断 9月11日 19時23分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120911/k10014948531000.html

また、フジTVの特ダネで、甲状腺検査に伴う実態の報道がなされました。

下記で動画を見ることができます。
福島県、子供の甲状腺検査で36%に、異常を発見 前編
http://www.youtube.com/watch?v=9z4NjM_RpTE

福島県、子供の甲状腺検査で36%に、異常を発見 後編
http://www.youtube.com/watch?v=JyCNnXuqJbk&feature=youtu.be

====復興税追跡調査===============
9月9日の午後9時から、「NHKスペシャル9月9日「シリーズ東日本大震災 追跡 
復興予算 19兆円」が報道されました。

NHKの番組についての概要説明は下記です。

「復興は進んでいない。お金は一体どこに使われているのか。」今、被災地から
切実な悲鳴があがっている。大震災後、被災地復興のためつぎ込まれる巨額の“
復興予算”。増税を前提につぎ込まれることになった“復興予算”はいったいど
のように流れ、使われているのか。番組は“巨額のマネー”の行方を追い、その
実態を徹底検証する。

下記で動画を見ることができます。
NHK
http://www.dailymotion.com/video/xtgdwr_yyyyyyyy-yyyyyy-yy-yyyyyyyy_news

★ 茨城の大山嘉夫(よし)さんから:
とうとう福島で小児甲状腺ガンが見つかったというニュースについてです。これについて検査担当の医者は「チェルノブイリ事故では最短で4年後に発病したので、今回の甲状腺ガ
ンは福島原発事故との因果関係は無い」と言ってるようですが、無知か故意かは知りませんが完全に間違っています。チェルノブイリ事故の影響で小児甲状腺ガンが急増し始めたの
は確かに4年後ぐらいでしたが、事故直後から甲状腺ガンが少しずつ出ていた事実がベラルーシやウクライナからとっくに報告されています。専門家なら当然知っているはずだし、
もしそのくらいも知らないような医者なら、この緊急事態に福島の子どもたちの甲状腺検査をする専門家として適格ではありません!もっと真面目で能力あるお医者さんは日本にい
くらでもいるんじゃない?もしかしら日本の甲状腺学会のリーダーのせい?

MLに送られて来た資料を転送させていただきます。以下転送です。
ニュ−ス発表の裏付け資料等を以下に示します。また添付ファイルを開ける人は開い
て確認ください。

ごく簡単に言うと、
H23年度は38114人を検査した。計画的避難区域の市町村。のう胞が認められたのは約36%。
H24年度は45175人。大半は福島市。のう胞が認められたのは43%。→川俣、浪江、飯
館、南相馬  などより、パ−センテ−ジが大きい。

合計83289人のうち、5.1mm以上のしこり(結節)や20.1mm以上ののう胞の子供425人について
は2次検査へ回した。現在までに38人の検査が終わり、1人で甲状腺がん、27人は良性しゅよう
であった。387人の検査はこれからである。
そして、のう胞は通常検査では3mm以下は「ないもの」としているが、3mm以下のも数えると
全体の約81%にのう胞などが認められる。
※ちなみに会津、南会津、県南などの検査は来年になるようです。ヨウ素被ばくの影
響が高かっ たとされる市町村を優先して行われている。

また、県外へ避難した子どもたちの検査も行っているようですが、福島県立医大が指
定した病院(主に各県の大学病院)でとなっています。
---
第8回検討委員会(平成24年9月11日開催)
当日配布資料   次第 <PDFファイル 60KB>
    資料2 「甲状腺検査」の実施状況及び検査結果について  <PDFファイル1.24MB>
http://tinyurl.com/9fcvmez

→添付します。
甲状腺検査のこれまでの結果と今後の検査日程
甲状腺検査県外検査について
甲状腺検査県外検査機関一覧はこちらをご覧ください。
http://fukushima-mimamori.jp/thyroid/thyroid-info01.html

★ 黒木 さんから:
<エネ戦略原案>政府「核燃サイクル維持」 原発ゼロも併記 毎日新聞 9月13日(木)2時31分配信
 東京電力福島第1原発事故を受けて政府が策定する新たなエネルギー・環境戦略の原案が12日分かった。将来の原発政策について、2030年代の原発稼働ゼロを目指す方針を
明記する一方、実現方法の見直し規定を盛り込んだ。焦点の核燃料サイクル政策を巡っては、再処理事業を当面維持する方針を明示し、関連施設を抱える青森県などへの配慮を示
す。
 原案では、「原発に依存しない社会の一日も早い実現」を掲げ、民主党が提言した▽原発の40年運転制限を厳格に適用▽新設・増設は行わない▽原子力規制委員会の安全確認を
得たもののみ再稼働する−−の三つの原則を確認。太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入促進などを念頭に「30年代に原発稼働ゼロが可能となるよう、あらゆる政策資源を
投入する」とした。

 ただ、原発ゼロの実現方法については「不断に見直す」との規定も盛り込み、安全性が確認された原発を当面「重要電源」と位置づけた。経済界などの反発にも配慮したもので、
将来の政策変更に余地を残した。

 また、核燃料サイクル政策については▽中長期的に着実に推進▽青森県を最終処分場としない−−との従来方針を踏まえ、「引き続き再処理事業に取り組む」と強調。高速増殖原
型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)については、政策転換を図り、放射性廃棄物減量化を目指す研究炉としたうえで成果が確認されれば研究を終了する方針だ。

 政府は12日に関係閣僚会議を開き、エネルギー政策を協議した後、原子力協定を結ぶ米国に長島昭久首相補佐官、大串博志内閣府政務官を派遣した。米国の理解を得られれば、
14日にもエネルギー・環境会議(議長・古川元久国家戦略担当相)を開き、政府方針を正式決定する。【小倉祥徳】

 ◇政府エネ戦略の原案骨子
・2030年代に原発稼働ゼロが可能となるよう、あらゆる政策資源を投入する
・40年運転制限制を厳格適用し、安全確認された原発は再稼働する
・原発の新増設はしない
・引き続き核燃料サイクル事業に取り組む
・高速増殖炉「もんじゅ」は、廃棄物削減を目的とした期間限定の研究炉とする
・エネルギー環境や経済影響を踏まえ、原発ゼロに向けた道筋は不断に見直す

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、また一段と気温が低くなったようです。
西日本新聞の昨夕刊ときょうの朝刊では、被災地そっちのけの政争の記事が紙面を取り、「原発」という文言の記事はわずかに2件、無理に拾って3件です。その記事から先に紹介し
ます。
朝刊の一面に、
1.「30年代に原発ゼロ エネルギー戦略原案」 西日本9月12日 21:57
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323638
記事「・・・民主党の提言に沿って、2030年代に稼働原発をゼロにする目標を明記した。」
・・・・「代」ということばでさらに10年の幅が追加されてしまいました。仮に実現されても、私は見届けることが出きないときまで引き伸ばされてます。
2面に民主党総裁選の4氏の政策表明で原発に関する項では、野田首相の発言として、
2.記事「・・・何十年の続いてきた原子力行政のかじを大きく変えることなので、気合だけではいかない、調整しているところだ」と賜ったと、相変わらず国民の声は関係ないと
いわんばかりです。昨夕刊に、
3.「原子力規制庁初代長官に池田氏 前警視総監で透明性狙い」 西日本9月12日 11:41
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323506
・・・・ついに規制庁の事務方のトップの人事まで発表されてしまいました。

以上、紙面では、こんな程度の扱いです。次にネットにある見過ごせない記事を拾っていきます。政府の動きに対して、中央の行動メンバーの動きです、
4.「新エネ計画で原発ゼロ明記を 40団体が首相に要望 」西日本9月12日 19:47
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323636
記事「ルポライターの鎌田慧さんは『私たちの後ろには国民の声があり(野田首相は)素直に聞かなければならない』と強調した。」
次に、被災地の苦悩、
5.「震災関連死1000人超 県内、3月末より300人増 福島民友9月12日 
http://www.minyu-net.com/news/news/0912/news10.html
復興庁は・・・・被災3県で最も多いことについて、東京電力福島第1原発事故が引き上げている要因と分析している。先が見えない原発被災地の避難者の苦悩を反映しています。
東電や永田町は、何を見ているのか。
 6.「高齢者同士助け合う 埼玉・加須の双葉町避難所」福島民友9月12日 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0912/news5.html
記事「全国で唯一、避難所が残る。・・・・・11日現在、避難所に暮らす双葉町民は190人。」・・・・「井戸川克隆町長は『(避難所の存続は)望ましいとは思っていない
が、高齢者の健康管理や孤立化を防ぐことを考えるとやむを得ない』と悩める胸の内を明かし、『国は、本当に責任を感じているのか。いつまでも放置が続く』と憤る。」
7.「住民被ばく量、推計進まず=問診票回収、2割強で頭打ち―関心も低下・福島」時事通信 9月12日(水)11時4分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120912-00000043-jij-soci
記事「算出された線量は今後数十年にわたる県の健康対策の基礎となるが、約206万人の対象者に送付した問診票の回収率は2割強で頭打ち。事故から1年半を経て住民の関心も低下し
ており、県は対応に苦慮している 」・・・・・「県健康管理調査室の小谷尚克主幹は『事故後1年半でも長い目で見ればまだ初期の段階。今後に備え、問診票を返送してほしい』と
話している。・・・・この先、放射線被害の補償問題の先が透けて見えてきます。広島や長崎、他の公害被害もすべて被害者の認定範囲が曖昧にされてきました。
8.「甲状腺がんリスク50年後も 未成年時の被爆者を調査」 9月12日 16:55
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323573
記事「被爆で受けた放射線量に比例し、甲状腺がんの発症リスクが増加すると仮定して統計解析したところ、10歳時に被爆して1シーベルトを受けた人の60歳時の発症率は、放
射線の影響がなかったと考えられる被爆者と比べて約2・28倍との結果が出た。」
・・・・・・被曝の単位が間違っているような気がしますが記事のままです。昨日の福島県の発表とはかけ離れた見解です。やはり、危険なんです。長い期間観察が必要です。
9.「風評被害、全て認定を=原発事故の損害賠償で−宮城、岩手両県」時事通信09/12-21:12
⇒http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012091200978
記事「原発事故による農林水産業や観光業への風評被害を全て損害賠償の対象に加えるよう、東電と国に要請する」
10.「放射線量、大きな変動なし 文科省集計 」西日本9月12日 19:26
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323633
・・・短い記事ですが、気になります。どういう意味があるのか、いつも紙面ぬは出ない。
11.「震災の避難者33万人に 6日時点、復興庁まとめ 」西日本9月12日 17:05
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323574
・・・・・仮設や仮の宿から少しづつ減っているということでしょうが、元の生活を取り戻せている人は少ないと思います。
12.「『賠償に最大限の誠意』 東電会長 避難住民に陳謝河北新報9月12日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2012/09/20120912t73019.htm
・・・・河北新報社の単独インタビューに応じた記事、資料としてみてみよう。再稼働もすると言ってます。被災地に対して言葉だけの「誠意」はいらない。
13.「4号機圧力容器のふた撤去へ 福島第1原発」 西日本9月12日 19:26
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323632
記事「4号機の燃料プールには計1533体の燃料が残されており、東電は来年秋ごろをめどに取り出し作業を開始する。」・・・元々休止中で5階に仮置きしてあったものを移動
するということです。
14.「中部電、営業所に核原料物質 新たに2点 」西日本9月12日 16:34
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323571
・・・ずさんな放射性物質の管理、放射線に関する認識がお粗末な会社が原発なんてダメです。
15.「エネ政策で自治体対応を検討 関係閣僚協議」西日本9月12日 12:39
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323551
・・・・原発ゼロ目標の表現は「決定したわけではない」と、・・・でも何かしています。
16.「大飯原発差し止め求め提訴 原告募集し10月にも」 西日本9月12日 19:10
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/323626
記事「・・・・グループは『京都脱原発弁護団』を結成し、1万人を目指して原告を集め、10月下旬にも提訴する。」
・・・・・・・京都でも一万人の原告を目指すそうです。玄海訴訟でも早く一万人を達成させないと。

★ 河内謙策 さんから:
   原子力規制委員会発足へ向けての閣議決定 川内 茨城など
 既に多くの人が御存知のように、9月19日に原子力規制委員会を発足させるための閣議決定が昨日行われました。私たちは国民の声を無視し、原発再稼動へ向けての新たなスタート
が切られたことに対し、満身の怒りをもって抗議いたします。私たちは、政府の決定に屈することなく、国会での事後承認を求めるとともに、その事後承認の審議において、この人
事が否決されるよう、さらに力を尽くしていくことを、ここに表明いたします。

 まだ詳しくニュースを知られていない方は、以下のサイトにアクセスしてください。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120912/mca1209120501003-n1.htm
  昨日決定された政令は、以下のサイトを見てください。
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/seirei/seirei.html
  霞が関は引越しの準備などで大わらわと伝えられています。規制庁の長官は、前の警視総監だそうです。いやな人事です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120912-00000054-jij-pol

 FoE Japan等が抗議声明を発表しました。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/2012-6bf4.html
  昨日は、経産省前テントひろば1周年と重なり、多くの人が闘いの新たな前進を誓いあいました。
http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0005050
http://www.labornetjp.org/news/2012/0911shasin
  今回の原子力規制委員会の発足が脱原発運動にどのような影響を与えることになるのか、まだ、はっきりしたことはいえません。ただ、脱原発運動がきびしい事態に直面する可能
性があることは念頭におく必要があると思います。

 9月9日、鹿児島県の薩摩川内市で「原発に頼らないまちづくり」を呼びかけた、さようなら原発九州集会が開かれ、1000人の人々がデモ行進をしました。
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20120911ddlk46040689000c.html

  東海第2原発の再稼動をめぐって、村議会の原子力問題調査
特別委員会が住民の意見を聞くための意見聴取会を10月末の開催することを決めました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120912-00000031-mailo-l08

  東京電力は、第三者の有識者組織「原子力改革監視委員会」を設置するなどして、柏崎刈羽の再稼動に全力をあげることを表明しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120911-00000138-jij-bus_all

 岐阜県が敦賀原発事故による放射能拡散の予測を発表しました。関係方面に大きな衝撃を与えています。岐阜と敦賀、事情を知らない人間には関係がないように見えますが、それ
は大きな誤りのようです。
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/79fbc3193163a87614a5f48348c99dc0

★ 松元 さんから:
*みなさまへ  
ふくしま集団疎開裁判からのお知らせ。
いよいよ仙台高裁ですが、矢ケ崎克馬さんと松崎道幸さんの講演です。

■【お知らせ】10.1ふくしまの子どもを守れ!仙台集会・デモ・講演会(概要)
――疎開裁判がふくしまの子どもを守る――
  裁判は大詰め、裁判所に私たちの思いを伝えましょう!*

10月1日(月)午後2時半から、仙台高裁で、仮処分事件としては異例の裁判
(審尋)が開かれます。
この日の裁判にあわせて、現地、仙台で、以下のアクションを起こすことにしま
した。
疎開裁判を支持する大勢の市民がいることを示すとても大切な取組みです。是
非、皆さんのご参加をお願いします。

 当日の夜は、
ふくしまの子どもたちの被ばくによる健康被害の危険を、疎開裁判で一貫して訴
え続けてこられた琉球大学名誉教授矢ヶ崎克馬氏(意見書
<http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/Yagasaki-opinion.pdf>、意見書(4)
<http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou104Yagasaki-opinion4.pdf>など)と、
今、世界で話題になっている(フクシマ・ヴォイス
<http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/07/blog-post_30.html>)、ふくし
まの子どもたちに明らかとなった甲状腺異常について、科学的分析に基 づいて
警鐘を鳴らした松崎意見書を
<http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf>作成された
深川市立総合病院内科部長の松崎道幸氏の両氏の講演があります。

この講演会を通じ、「いま、ふくしまの子どもたちが危ない」理由を、一人でも
多くの方が科学的に確信していただくことを願っています。
                記
*名称:* 「ふくしまの子どもを守れ! 仙台集会・デモ・講演会」
*2012年10月1日(月) のスケジュール*
*12:30〜**13:30** **集会 *
*会場: *仙台市勾当台公園* *地図
http://tinyurl.com/8r4g66m
*13:30〜14:00 **デモ*
*経路: *勾当台公園〜一番町〜肴町公園**
*15:00〜** 交流会*
*会場: *メディアテークシアターホール* *地図
<http://www.smt.city.sendai.jp/info/access/#04>
*18:30〜20:30  講演会*
*会場: *
*講師*:琉球大学名誉教授 矢ヶ崎克馬氏
*演題*:「子どもたちを内部被ばくから守ろう」(仮題)
*講師*:深川市立総合病院内科部長 松崎道幸氏
*演題*:「子どもたちの甲状腺異常について」(仮題)

*主催:*「ふくしまの子どもを守れ! 仙台集会・デモ・講演会」実行委員会
*連絡先:*ふくしま集団疎開裁判の会
    代表  井上 利男  電話 024−954−7478
   子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 国、県への対応部会
    世話人駒崎ゆき子  携帯電話 090−2608−7894
メール sokai*song-deborah.com (メールは*を@に差し替えて送信ください) 

★ 柳瀬(以前テントでお世話になっていた)さん:
お久し振りです!
粘り強い皆さんには感謝。

さて、北九州市が今月の17日から行おうとしている宮城県の震災瓦礫の件でのメールです。
皆さん既に勉強されていると思います。
瓦礫に含まれている放射性物質が微量だから、人には影響がなさそうだから?
今、皆が問題にしている放射性物質、もし仮に人には影響がないとしても小さな動植物には大きく影響があるのではないでしょうか?

宮城県から明日太刀の浦に到着する震災瓦礫には確実に放射性物質が含まれています。
宮城県は県内処理出来ると初めは言っていたのに、国からの指示でうやむやに…北九州まで瓦礫を運ぶコストを考えると県内で処理したほうが安価に出来ると言っていたのに。
莫大な国のお金(皆の税金)を使い、国は又とんでもないことをやろうとしています。
この問題をほったらかしにしてはいけません!

かの小出裕章さんは、放射性物質が含まれている瓦礫を安全に焼却出来る焼却施設は現在この日本には存在しない、パグフィルターにしても放射性物質を目的にしてつくられた物で
はなく…と。
北九州市役所の言い分では99.9%放射性物質を除去できると言っていますが、そのパグフィルターを作っている会社は、そんな保証は出来ないと言っています。
2014年までに燃やされる瓦礫62500トン、24時間365日毎日燃やし続けられ、焼却灰は響灘に埋め立てられようとしています。

僕は今山口県にいるのですが、北九州市に非常に近い。
山口県宇部市の市民団体が、山口県知事に対して北九州市が行おうとしている瓦礫焼却に反対の意思表示をしてもらうために署名を集めています。
福岡県内で起きている問題なんです!
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/8fcb3b6cb9994da54ceb9ac8f6e3abdc

★ 高橋 さんから
▼▼情報サイト▼▼
・脱原発系デモ拡散
http://demojhks.seesaa.net/
・脱原発系デモ情報拡散
https://twitter.com/demo_jhks
・デモ日程別一覧
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
・脱原発系イベントカレンダー
http://datugeninfo.web.fc2.com/
・【大飯原発‐放射能汚染シミュレーション】
http://iohome.web.fc2.com/osenmap/

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 9・23福岡集会実行委員会 ●  
日 時: 9月13日(木)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)研修室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 9・23福岡集会 ● 
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発(サウンドデモ)
場 所:福岡市・冷泉公園 
トーク・ゲストとして毎週金曜日でお馴染みの首相官邸前アクションの
主要メンバーであるミサオ・レッドウルフ(首都圏反原発連合)さん参加

 さよなら原発! 福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 
    チラシ・ダウンロードコピーできます。↑

ツイッター、フェイスブック、mixi、メルマガ、ブログなどでもぜひ拡散お願い
します。
↓↓↓↓ツイッター用告知文↓↓↓↓
【拡散】さよなら原発9・23福岡集会/9月23日(日)14:00集会開始@福岡市・
冷泉公園(博多区上川端町)http://bye-nukes.com/fukuoka 打楽器募集!太鼓など
買わなくても、金属片(フライパンやスチール缶等)とスプーンさえあれば、サンバ
風な楽器に。

● 元原発労働者の梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判 ●
    第3回口頭弁論期日
10月10日(水)14:30 福岡地方裁判所303号法廷。

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内