[CML 019796] ■あぜん発言 原発の安全守る2人のトップ(20120216)モーニングバードより。(動画)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 9月 12日 (水) 16:52:57 JST


M.nakata です。重複おゆるしください。
 メールをいつも送らせていただきありがとうございます。
     
 (以下転送拡散歓迎)
◆--------------------------------------------------------------------------------------◆
 ■「あぜん発言 原発の安全守る2人のトップ 」(モーニングバード)
   http://p.tl/hErQ
 ●原発事故の国会版事故調査委員会が開かれた様子が放映され、2月16日に
  TV【モーニングバード】がきちんと番組で検証番組を11分間取り上げ放送しました。
  みなさま、ご存じかも知れませんが、これをあらためてご視聴ください。
 ◆--------------------------------------------------------------------------------------◆
 
■原子力安全委員会・保安委員会の組織がまさに無責任。でたらめ,班目委員長、寺坂保安院長。

 班目:「私は何を助言したのか覚えておりません、、、、」
 寺坂:「私は、事務系の人間ですので、、、、私は知識がない。
     大きな事故の時は、技術的知見が、極めて重要になってくると思う」 

●その頃の無残な日本国家の中心のドタンバタ劇です。2月19日に録画映像ががデイリーモーションで保存されて、
  ツイッターで流れたので、その日に手元に保存しておきました。 
 
●ところで、2012年2月には、すでに事故を起こした、この原子力安全委員会・保安院組織が、次の動きへ始めていました。
  この頃から、★「原子力規制委員会」に名称が決まり、、4月の国会事故調報告を待たないで
  原子力・放射能関係者によって、すでに綿密にスタートの策動を始めていたようです。
 
  悪名高い=『原子力規制委員会』(原子力ムラ)の人選メンバーがすでに既定路線で決まったいた、!!
 
●これを 細野環境省大臣の人選をチエックする。(嘘!!能力なし、ありえない、、3文芝居(笑))
  (●悪辣な経産省官僚・文科省の官僚・OB、原子力ムラメンバーが着々布石、どこまでも図々しい!)

  ●これ以降 新聞・NHKや他のTVなども。マスメデイアを含めて、学者たち,識者も、
  この役員人選問題をなぜか蓋をする。記者からも名前の追及情報は出てこなかった⇒
 
<何が、この頃、TV・新聞の目くらましとして、スピンの手法の話題が使われたのでしょうか、、、、?>
  ●その後どんな話題・ニュースに日本社会は、目を奪われて、盛り上がっていたのでしょうか?
  
  ■「事故当時の政府と会議碌が、すべて日本では記録に保存されていなかった!!」(驚き!ありえない)強引に隠ぺい。
    アメメリカとの民主主義のちがい。
   
  ★アメリカ原子力規制委員会は、東京電力福島第一原子力発電所の事故発生直後の委員会内部のやり取りを、
   記録した議事録を公表した。   
    今回、議事録と合わせて、事故発生直後の電話会議のやり取りを録音した音声も公開 された。NHKニュース

  ■橋本の 「維新八策宣伝」と「年金掛け捨て?」問題をとりあげていた。(朝ズバ)
      http://www.dailymotion.com/video/xopx04_20120216-yyyy-yyyyyyy_people
     (16日)
  ■「オセロ中島の問題」で、日本中一色だった。
------------------------------------------------------------------------------
  ★情報洪水であふれて、国民が立ち止って、きちんとものごとを考えられない日本は、
   社会体質がどんどん劣化するのではないでしょうか。チエック機能が働かない日本。
   
   ショックドクトリンで、思考がばらばらになり、刺激に過剰に反応する人間が増えて、
   戦前の30年頃の時代に、よく似ている風潮と心配されています。
   テレビを切って、プロパガンダの新聞を先ず止めましょう。
   
  (貼り付け開始)
*******************************************************************************************
【詳細】11分<モーニングバード>●保存動画

http://www.popscreen.com/v/6bPY4/20120216%E3%80%80%E3%81%82%E3%81%9C%E3%82%93%E7%99%BA%E8%A8%80%E3%80%80%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%85%A8%E5%AE%88%E3%82%8B%EF%BC%92%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97

 【抜粋】11分<モーニングバード>●短縮保存動画
http://www.dailymotion.com/video/xoq46f_20120216-yyyyy-yyyyyyyyyyyyy_news?ralg=behavior-metadata#from=playrelon-4


▲20120216 あぜん発言 原発の安全守る2人のトップ 
 投稿者 PMG5

<モーニングバードより書き込み>

去年3月の原発事故発生当時、●原発の安全を担当していた原子力安全・保安院の院長が
●「私は事務系の人間なので、専門知識がない」と驚きの発言をしていた。

きのう国会で、●原発事故の国会版事故調査委員会が開かれた。
これは一般傍聴も可能で、「斑目さんがどのくらい責任を感じているのか聞きに来た」という傍聴者。
質問するのは、国会議員ではなく学者や弁護士などの事故調査委員。

冒頭、●原子力安全委員会の斑目春樹委員長は「今までの安全審査指針に瑕疵があったことは認めざるを得ない」と陳謝した。
その後、●安全審査基準について自ら認めた欠点を棚に上げ、東電などを批判。また質問に対して、●「覚えていない」という言葉を繰り返した。
責任は逃れつつも専門家としての自負を見せつけた斑目委員長。

一方、●原子力安全・保安院の前のトップ、寺坂前院長は、●震災発生後、官邸に部下を残して立ち去ったことを追及されると、
●「私は事務系で専門的な知識がないので‥」と驚きの発言をした。

●保安院は3日前に大飯原発の再稼働について、ストレステストは妥当と報告したばかりだが、●ストレステストを導入した経緯については心許ない。
●事故調委員の田中三彦氏の「今のストレステストをやっていれば、3.11の事故を防ぐことができたか?」という質問に対し、
●寺坂前院長はしばらく考え込んだあと「私自身、正直言ってよくわからない」と答えた。

約3時間で閉会したあと、●傍聴者の感想は「あんな人たちに私たちは命を預けていたんだとがっかりです」と。

*********************************************************************************************


CML メーリングリストの案内