[CML 019664] 陳述諸を書くために

FURUSHO furusho at mail.hinocatv.ne.jp
2012年 9月 6日 (木) 09:24:58 JST


皆様

古荘です。

Bccで送ります。
以前、第2次福島原発告訴団への参加・支援を呼びかけたメールを送りました。

告訴に向けて陳述書を書くために、何回か、何人かの方たちと意見をやりとりし
てきました。

昨夜の「おしゃべり会」で、事故当時の流れを時系列で書いてある本について、
話題になりました。
思いつくものを、ここにあげます。
情報を補強できる方、どうぞお願いします。


◇デイズジャパンの4月号増刊号「検証 原発事故報道」

◇「ドキュメント テレビは原発事故をどう伝えたか」伊藤守 平凡社新書

◇検証 福島原発事故 「官邸の100時間」木村英昭 岩波書店


当時、私は「御用学者」の名前をメモできなかったことを悔しがっていました。
2番目の本は、ほぼ、どのマスメディアも扱っていて、実名も出てきて痛快です。
1番目のが、全部網羅していないのを、補完してくれるでしょう。


ついでに。
「告訴状」(6月11日)は買わないと手に入りませんが、ぜひ、お読み下さい。
私たちの「東電代表訴訟」の「訴状」(3月5日)とダブっているところもあり
ますが、当然ですね。
「告訴」と「裁判」という、形は違いますが、あの原発震災の責任を問う、とい
う目的は全く同じです。




-- 
FURUSHO <furusho at mail.hinocatv.ne.jp>



CML メーリングリストの案内